ムラウチドットコム社長・村内伸弘のブログが好き😍

ブログ三昧♪♪ ムラゴン、にほんブログ村、スポリート、ムラウチドットコム運営の CEO(調子イイおじさん)がブログに恋し、ブログに狂う☆

muragon(ムラゴン) にほんブログ村 inkrich(インクリッチ) スポリート ムラウチドットコム  決意53才

村内 伸弘(むらうち のぶひろ)村内伸弘の彼女

湧水の湖 白土湖は眉山の山体崩壊でできたうつくしい湖。「島原大変」で多量の地下水が湧き出しできた湖

長崎県島原市の白土湖(しらちこ)は眉山(まゆやま)の大崩壊とともにできた湖、日本で最も小さな陥没湖、長崎県唯一の非人造湖です。

白土湖と眉山(雲仙岳)
令和2年(2020年) 7月21日 村内伸弘撮影



僕は今島原市内を自転車で旅しています。

7月なのにしめ飾り。しめ飾りを一年を通して飾る島原の風習は「キリシタンではないことを示すため」または「本当はキリシタンなのにそれを隠すため」だったという説もあるようです。


夏のしめ縄は島原の風景です


僕たち八王子(東京)の人間から見ると不思議な感覚にとらわれますが、7月のしめ飾りは島原ではごく普通のようです。


「カメラ作動中」って書いてありますw


野菜の無人販売所のかぼちゃ


消防団員募集  目指そう無火災・無災害!
島原のまちは消防団としまばらんが守る!


みんなでコロナを乗り越えようという大きな看板
株式会社ケーブルテレビジョン島原


すぐ近くには「奇跡」というステキな看板もありました


奇跡

一緒に笑える「奇跡」

いつもいてくれる「奇跡」

今日も生きられる「奇跡」

当たり前の日常に

「奇跡」は溢れている

あとは気づくかどうか

決して失ってから

気づかないように


いろはや


真っ正面に眉山(まゆやま)が!!

島原大変の時に大崩壊を起こした様子がうかがえます!!



白土湖(しらちこ)の畔(ほとり)まで来ました。

白土湖(しらちこ)


空と雲を映す白土湖の湖面


眉山(まゆやま)を映す白土湖の湖面


夏の山ってホントいいですよね。


白鷺(しらさぎ)が飛んでいます


僕が住んでいる八王子市も山並み(やまなみ)が見えますが、島原の人たちはこの雄々しく雄大な眉山の姿を朝な夕なに仰ぎ見ることができるわけですね!ホントすばらしいです!!


田中 田士英の俳句「山崩え(やまくえ)の このかたを湧く 清水かな」


手づくり郷土賞  ふれあいの並木道 三十選


白土湖緑道


島原バス 白土バス停
錆び付いた看板になぜかホッとします


白土停留所は 1日4本(うち 2本は日祝祭日は運休)


島鉄バス停留所一覧図


まさに山崩(やまくえ)です。
寛政4年(1792年)の "島原大変"でこの眉山は大崩壊=山体崩壊を起こしました。土砂や津波で 1万5000人もの犠牲者が出た日本最大の火山災害でした。山面にはその傷跡がまだそのまま残っている感じです。


うつくしさと同時にゴツゴツした感じが、ある意味不気味さを感じさせます。


白土湖の湖面に映った眉山と空と雲


島原には青い空が似合います。
もちろん美しい水も特に似合います。


白土湖(しらちこ)の案内板



白土湖洗い場(白土湖桶川洗い場)

人々と水。島原の人たちは水と一緒に生きています。


白土町洗い場

地元で愛され続ける洗い場

寛政4年(1792年)の島原大変時、このあたりに地割れが生じ、地下から湧水があふれ出して白土湖ができました。

その湧水量はおよそ 5~6万トン/日と言われています。 白土町洗い場は「白土湖桶川洗場」と呼ばれ、湧水槽は、長さ 6メートル、幅 68センチと 63センチのもの二本が南北に並び、白土湖に繋がっています。 この洗い場では、近くの人々が農作物や日用の物を洗っています。また、洗い場には笹竹の生け垣があり、ヤマモモの大木二本が木陰をつくり、風情ある石造構築物の洗い場として人々に親しまれています。

島原市ホームページより引用


うつくしい暮らしだと思います。島原の暮らしは。



▼あわせて見たい関連動画

動画制作: 村内伸弘(ムラウチドットコム)



▼あわせて読みたい関連記事

諏訪湖の湖畔

諏訪湖は 君の名は。の糸守湖? 東洋のスイス!夏の青い空と白い雲と美しい信州の湖。


神社仏閣・教会参拝記(神社仏閣・教会ブログ)の一覧

【神社・寺院・教会参拝記 決定版!】おすすめ神社・寺院ブログ記事一覧 神社・寺院の写真たくさん有♪♪


長崎旅行記(長崎ブログ)の一覧

【長崎旅行記 決定版!】おすすめ長崎旅行ブログ記事一覧 長崎観光の写真たくさん有♪♪



×

非ログインユーザーとして返信する