村内伸弘のブログが好き😍

ブログ三昧♪♪ ムラゴン、にほんブログ村、ムラウチドットコム運営の CEO(調子イイおじさん)がブログに恋し、ブログに狂う☆

無料ブログサービス muragon(ムラゴン) ブログランキング にほんブログ村 ECサイト ムラウチドットコム 決意56才

村内 伸弘(むらうち のぶひろ)村内伸弘の彼女

ワットパクナムの神秘的な天井画とエメラルド色の仏塔。神聖な祈りの場が映える映える!

神聖で幻想的な大仏塔の 5階で仏教の偉大さを思う♪♪ 隣のお寺・ワットクンチャンにも参拝

ワットパクナムの天井画


ワットパクナムの仏塔



天井画に描かれていた菩提樹の下で悟りを開くブッダ


天井画に描かれていた仏さま


ワットパクナムの横を流れるダン運河
令和6年(2024年)1月7日 村内伸弘撮影


ワット・パークナム

Wat Paknam Phasicharoen

「ワット・パークナム」(正式名称: ワット・パークナム・パーシーチャルーン)は、アユタヤ時代に創設された歴史ある王室寺院として知られていますが、他にもタイ僧侶統制とタイ僧侶のパーリ語教育の中心としての寺院、そして、前僧正ルアンポーソッドと呼ばれたプラモンコンテープムニー師の坐禅・瞑想の理論も全国的に有名になっています。


閑静な寺院の中に足を踏み入れて最上階まで上がるとアートのような仏陀の生涯図(仏伝図)の天井画が目に飛び込んできます。タイの他の寺院とは一線を画す世界観は、息をのむほどの美しさです。寺院内では参拝マナーを守って、静かにお参りしましょう。


2021年には、瞑想の姿勢としては世界で最も高いといわれている高さ69mのブロンズでできた黄金の仏像も完成しました。

タイ国政府観光庁 公式サイトより引用



巨大仏の脇の道からワットパクナムの白亜の大仏塔が目の前に見えました!

高さ 80m!ワットパクナムの大仏塔


この木の右下で靴を抜いて、SNS映えする天井画がある大仏塔の中へ入ってみます


大仏塔に入ります


入口すぐにこの仏さま


とってもいいお顔です


合掌ポーズがステキ!


お尻から太もものハリがなまめかしいです(^^)


大仏塔の中は博物館とか資料館的な感じで、夥しい数の仏像や仏具、タイの美術品など所狭しと飾ってありました

僕が気になった仏さま


そして階段を順番に上って、5階に行くと、、、

うおーーっ!!
これがお寺なのかーー!!


すごーいい!!すごい世界観!!
日本のお寺では考えられないような空間美です!!!!


敬虔な仏教徒や観光客などたくさんの人がいました


ワットパクナムは撮影が自由みたいで、みんな楽しそうにバンバン記念写真を撮ってます

撮った写真を SNSに投稿 → 参拝客激増みたいな図式のようです 笑


日本でいろんなお寺や神社に行ってますが、この息を飲むほどの空間は見たことがないですね。スペシャルです!恐らく仏教界や宗教界の中で賛否両論があると思いますが、これが本当のお釈迦様の世界なのかもしれません。僕はアリだと思いました!!


お釈迦様が説く仏教の世界観を現した天井画


サイケデリックな空間で完璧に異彩を放っています!!大宇宙に吸い込まれてしまうような不思議な錯覚に陥ります


壁に寄りかかって座りながら、ボーっと眺めていましたが妙に心が落ち着きました


菩提樹の下で悟りを開くお釈迦さま


美しい文様です!美しい仏画です!!



天を舞う仏さま


神々が、そして仏たちが遊ぶこの空間こそが、極楽浄土なんだと思います!!



全員が天井ドームの下で大撮影大会 笑



細長いガラスは蛇神 ナーガの像


緑ガラスの蓮(ハス)
誰もが緑の光に包まれます



大仏塔の上からワットパクナムの境内を見下ろします

隣のお寺「ワットクンチャン」が見えています


おーっ!!
デカっ!!

ワットパクナムの大仏さまの黄金の背中


ワットクンチャン


ワットパクナムの大仏塔の中をもう一度よく見ながら歩きます


タイってやっぱり仏教国なんですね!すごく親近感を感じます!

アジアって仏教なんですね、やっぱり!!



大仏塔の外へ出ました。

異空間もいいですが、タイの木陰は気持ちが良くって大好きです!思い出すと、シンガポールも木陰とか木の下が魅力的だったな~

×

非ログインユーザーとして返信する