ムラウチドットコム社長・村内伸弘のブログ

ブログ漬け♪♪ ムラゴン、ブログ村、イエツク、スポリート、ムラウチドットコム運営の CEO(調子イイおじさん)がブログに狂う☆

muragon(ムラゴン) にほんブログ村 イエツク スポリート ムラウチドットコム  決意49才


 ⇒ おすすめ無料ブログサービス muragon (ムラゴン)

シャクナゲの花がら摘みと芽かき、来年の花付きはこれでバッチリ~

シャクナゲの花がら摘み

花がら摘みしたシャクナゲの花がら
平成29年(2017年)5月25日 村内伸弘撮影





かわいいシャクナゲの花の画像 つぼみから開花まで



上のリンクのように可愛らしく咲いたシャクナゲも花のシーズンが終わりました。来年の開花に備え、シャクナゲの花がら摘みと芽かきをやってみました。


シャクナゲ(石南花)の花がら摘み

写真中央左寄りのように、シャクナゲは花が終わって花がらがついたままになっています。


シャクナゲ(石楠花)の花がら摘み

「花がら摘み」剪定ばさみで花茎の基部から花がらを摘み取ります。こうすることによって、新梢が伸び始めるのが速くなり、枝が充実して、花芽がつきやすくなるようです。この花がらをつけたままにしておくと、すぐにタネができてしまい新梢が伸びにくくなってしまい花芽が少なくなってしまうそうなのです。


シャクナゲの花がら摘み用の剪定ばさみ

このように花茎の基部に剪定ばさみを当てて、パチンパチンと花がらを切り落としていきます。


「カ・イ・カ・ン」(薬師丸ひろ子風)


シャクナゲの花がら摘み

剪定ばさみで花がらを切り落としたあと(=花がら摘みしたあと)


切り落としたシャクナゲの花がら

切り落とした花がら


シャクナゲの花がら

摘み取ったシャクナゲの花がら

シャクナゲの花がら

別の花がら


シャクナゲの花茎の基部

今度は剪定ばさみを使わず、手でダイレクトに花茎の基部から摘み取ってみます。


シャクナゲ(しゃくなげ)の花がら摘み

ちょっとだけ力を入れてひねってみるとカンタンに摘めました。


花がらを摘んだあとのシャクナゲの枝先

花がらを摘んだあとの枝先。ここからあ何本も新しい枝が出てきて、来年花開く花芽を形作ります!僕はまさに花咲かじいさんですw



今年開花しなかったシャクナゲの枝

この枝は今年開花しなかった枝です。1本しか新梢が伸びていないので、「芽かき」をして新梢がここから何本も伸びるようにしていきます。芽かきを行う時期は花の終わった後、できるだけ速い時期がよいそうですのでタイミングぴったりです!


シャクナゲ(しゃくなげ)の芽かき

付け根から手で芽をかき取ります。花がら摘み同様、手でちょっとだけひねるとカンタンに取れました。これをすることでそこから複数の腋芽が出て、枝数が増え、樹形がよくなり、もちろん花付きもよくなります。


芽かきをした後のシャクナゲの枝先

芽かきをした後の枝先。脇芽がいくつか残ってますので、これが複数伸びると思います。


芽かきでもぎ取ったシャクナゲの葉芽

芽かきでもぎ取った葉芽


地面に落ちたシャクナゲの花がらや葉芽

地面に落ちた花がらや葉芽


生まれて初めてシャクナゲの花がら摘みと芽かきをやったんですが、コレ癖になります(笑) プチプチをつぶしたり、かっぱえびせんを食べたりと「やめられないとまらない」ものが世の中には沢山ありますが、この花がら摘みと芽かきも同じで一株分ぜんぶやるのがぜんぜん苦になりません。楽しかったです!ストレス解消ですw


咲き誇るシャクナゲは圧倒的にキレイですばらしいですが、この花がら摘みと芽かきがあることで、よりシャクナゲへの愛情が湧いてきます。手がかかる子ほど可愛いという格言は植物の世界にも当てはまりそうです。


今まで何十年も見向きもしなかったこの木をこれからは手塩にかけて育てたいと思います♪♪


花がら摘みと芽かきを終えたシャクナゲの木(シャクナゲの株)

花がら摘みと芽かきを終えたシャクナゲの木
これから夏に向けて盛んに枝を伸ばし、枝先に来年咲く花芽が付きます。そして、蕾は寒い秋~冬を乗り越えて来年の春、花開きます。


僕が花がら摘みと芽かきをしたので、来年は今年より間違いなく花数多くうつくしく咲くと思います。早くも来年の春が楽しみです(^^)



▼あわせて読みたい関連記事



石楠花(シャクナゲ)の花 - 炎のように、燃えるように、赤く咲く!


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。