ムラウチドットコム社長・村内伸弘のブログ

ブログ漬け♪♪ ムラゴン、ブログ村、イエツク、スポリート、ムラウチドットコム運営の CEO(調子イイおじさん)がブログに狂う☆

muragon(ムラゴン) にほんブログ村 イエツク スポリート ムラウチドットコム  決意49才


 ⇒ おすすめ無料ブログサービス muragon (ムラゴン)

樹齢2000年 山高神代桜の満開を激写!(山梨県実相寺)


山梨県実相寺 山高神代桜(やまたかじんだいざくら)

山梨県実相寺 山高神代桜(やまたかじんだいざくら)撮影:村内のぶひろ



国指定天然記念物 山高神代ザクラ
山高神代桜は樹齢2,000年ともいわれるエドヒガンの古木です。
1922年に桜として初めて国指定の天然記念物となりました。
北杜市教育委員会


日本三大桜の神代桜をとうとう見てきました!
2000年間、人々を見守ってきた桜が
まだ見事に咲いています。
ものすごいエネルギーを発していました!
ものすごい存在感でした!
桜の前で手を合わせている人もいました。
満開で咲き誇っている姿が神々しく感じるほどでした。
間違いなく生まれてから見た
最も美しい桜です。
この桜はいのちそのものです。


▼English(英文)
Yamataka Jindai Zakura, National Natural Monument.
Yamataka Jindai Zakura is an old Edohigan cherry tree (prunus
spachiana), estimated as old as 2000 year-old. 
This tree is the first cherry tree designated as a natural
monument by Japanese government in 1922. 
The Hokuto City Board of Education


At last, I saw Jindai Zakura, the three Major sakura in Japan.
The sakura is just blooming beautifully which continue to live
for 2000 years. It emits energy intensely! Its presence is majestic!
There are some person who clasp their hands in prayer in front
of it. I really felt its appearance is divinely. There is no doubt
this Jindai Zakura is most beautiful cherry tree in my life. This
living sakura is life itself.


山高神代桜のノボリ


山高神代桜


山高神代桜


山高神代ザクラの変遷


天然記念物山高神代櫻


山高神代桜


山高神代桜


山高神代桜


山高神代桜


甲斐駒ヶ岳と山高神代桜


山高神代桜の幹


山高神代桜の太い幹


山高神代ザクラ 国指定天然記念物


山高神代桜のつっぱり棒


山高神代桜の支え棒


山高神代桜を拝む家族連れ


神々しい山高神代桜


満身創痍の山高神代桜


力強く咲く山高神代桜


山高神代桜のサクラの花


山高神代桜のさくらの花


山高神代桜


観光客に囲まれる山高神代桜


山高神代桜の花


太陽に照らされる山高神代桜


ピンク色の山高神代桜












▼ここから下は実相寺境内のその他桜


実相寺境内の桜



実相寺境内の菜の花


実相寺境内


実相寺境内のさくら


実相寺 - 菜の花と甲斐駒ヶ岳


実相寺境内の菜の花


実相寺境内の桜


実相寺の桜


実相寺の山門


実相寺の桜


境内の神代桜を見られる方にの看板


春のうつくしい山梨


実相寺境内のしだれ桜


実相寺のしだれ桜


実相寺の桜の棚



実相寺の満開の桜


実相寺本堂



実相寺の灯ろう


観桜する人々 - 山高神代桜


実相寺の水仙(スイセン)




甲斐駒ヶ岳

後ろに見える山は甲斐駒ヶ岳


実相寺から見えた甲斐駒(甲斐駒ヶ岳)







実相寺境内案内図

実相寺境内案内図



手作りソーセージ

手作りソーセージ、ウマい!


狼煙焼き

狼煙焼き、ウマい!


焼団子

焼団子、ウマい!



(参考)

山梨県北杜市

山梨県北杜市 あの素晴らしい春がやってくる


山梨県・実相寺ホームページ
永い時の流れにじっと耐え、2000年もの間、
ただ一度さえ休むことなく花を咲かせてきた「山高神代桜」。


日本三大桜のひとつである。日本武尊が東夷征定の
折りにこの地に留まり、記念にこの桜を植えたのだ
という。その後、日蓮聖人がこの木の衰えを見て、
回復を祈ったところ再生したため、「妙法桜」とも
いわれている。神代桜は、村の小高い山高地区に
ある実相寺で生きてきた。根回り13.5mは、
日本一、エドヒガンの古木である。大正11年
10月に国指定天然記念物に指定されている。
この桜だけが持つ、長く生き続けてきた誇り、
逞しさ……。私たちに与えてくれるものは、花の
美しさだけではない。懸命に生きる力とその尊さに
美を感じ、感動するのである。日本一の桜が
生きる、実相寺。実相寺 住職  松永直樹


実相寺の山高神代桜|山梨県 北杜市(ほくとし)
武川町山高の実相寺境内にあり、日本三大桜の一つ。
野生のエドヒガンザクラで、推定樹齢は1800年とも
2000年とも言われ、想像を絶する悠久の時を超えて
咲き続ける様は、神々しく、見る人は思わず手を
合わせるとも言われ、全国の桜を愛でる人たちの
崇敬を集めてきました。また樹高10m、目通り幹周
12mほどもあり、日本で最古・最大の巨樹として、
大正時代に日本最初の国指定天然記念物となりました。


伝説では、神話の武将日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が
東征の折に植えたと言われ、名前の由来になっています。
また13世紀ごろ、日蓮聖人がこの木の衰えを見て、回復を
祈ったところ再生したため、「妙法桜」ともいわれています。 
また、「新日本名木百選」にも選定されています。
〒408-0306 山梨県北杜市武川町山高2763



▼関連記事(あわせて読みたい)


樹齢2000年!パワースポット熱海・来宮神社の大楠(大樟)



ケアンズ旅行: 土ボタルと神秘的な「聖堂の樹(Cathedral Fig Tree)」



沖縄・西表島 サキシマスオウノキ (1997年撮影)



紅葉で黄金色に染まる巨大なユリノキ - 百合の木が見事な東京国立博物館



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。