ムラウチドットコム社長・村内伸弘のブログが好き😍

ブログ三昧♪♪ ムラゴン、にほんブログ村、スポリート、ムラウチドットコム運営の CEO(調子イイおじさん)がブログに恋し、ブログに狂う☆

muragon(ムラゴン) にほんブログ村 inkrich(インクリッチ) スポリート ムラウチドットコム  決意53才

村内 伸弘(むらうち のぶひろ)村内伸弘の彼女

長崎市十人町の石段/階段は "日本一の坂の町"の象徴

学問の道(学問ロード)、ユダヤ教会堂(シナゴーグ)跡など十人町の坂段は長崎の情緒が見事にあふれ出ています!!

十人町の石段(長崎市十人町)


斜面地移動支援機器「電動手すり」
手すりに買い物袋等の荷物をかけられるため、両手を塞ぐことなく安全に歩行が可能


長崎市十人町の地図


うつくしい長崎の石段
令和2年(2020年) 7月19日 村内伸弘撮影



今回は "日本一の坂の町"の象徴のような長崎市十人町の石段/坂段を歩きます!前に何度か通ったのですが、今回隅から隅まで歩いて写真を撮りまくります。


出島を通過


出島橋(出嶋橋)


出島町と阿蘭陀船


湊公園


東山手に近づいています。

長崎ランタンフェスティバルのメイン会場であるここ湊公園の近くに十人町の石段/坂段はあります。


十人町の石段の登り口


いきなりこんな跡がありました

ユダヤ教会堂(シナゴーグ)跡


明治、大正の頃の十人町の石段いいかんじですね~



いきますよ!今と昔、2枚の写真を見較べてみましょう


似てますねぇ!!



すり鉢状の地形で平地が少ない長崎じゃ当たり前の光景なんですが、こういう風景に心いやされます。ガタガタしてるのがいいです。


右上の建物には「天本六神丸」という長崎の薬の名前がありました。

天本六神丸(天本愛命堂)

創業とともに自家製剤の誕生のきっかけとなったのは明治17年のコレラ大流行に遡ります。同年長崎でも何千人という市民がこの病にかかり、初代愛儀の養父儀平もその病にかかった一人でした。そこで『六仙丸』という薬の素晴らしい効果を体験。その薬を購入した華商に出向いて販売の相談を持ちかけました。もちろん、その秘法を会得するため配合分量の研究にも熱心で、効能の優れた六神丸が創製されました。

効能は現在、心臓病(動悸・息切れ)・下痢・胃痛・胃腸病・攪乱(急性下痢症状)・驚風(小児のひきつけ)・眩暈(めまい)・気付けとなっています。

長崎しにせ会ホームページより引用


この灰色のレンガの塀もいい味出し過ぎ(^^)/


長~い 笑


晴れてたら、夏だし 100%心臓破りの坂ですよ、ココは!


各段の石がちょっとづつ位置や形状、素材が違うのがマジで嬉しい。いつも書いてますが不規則こそが美しいと思うんですよ。同じ形状のものが、同じ素材のものが規則的に並んでいるとそれはもう芸術ではないんです。


現代の休石。石段途中のベンチがありがたいです


石段の途中にあった面白い貼り紙


学問ロード(学問の道)
この坂段は「学問の道」だそうです!


学問ロード


十人町の天満宮(天神様)


斜面地移動支援機器「電動手すり」
手すりに買い物袋等の荷物をかけられるため、両手を塞ぐことなく安全に歩行が可能だそうです!


まさに長崎ならではの機械ですねっ


斜面地移動支援ですよ、斜面地移動支援!


十人町の地図



正真正銘の日本一の斜面市街地です


あなたはどっちへ行きますか?

この二股の分岐も最高です!どっちに行こうか悩ませてくれて、ホント有り難いですw


一日だけを咲く 一日だけを生きる


本古川町の御座船(ござぶね) 長崎くんちで奉納されます


コロナ禍を早く流して下さい 世界の平和を心より願います


「よってかんね」だれもが住みよい町づくり


長崎も尾道も呉も、坂の町ってホントいいなー


中でも特に長崎は坂の密度、高低差、そして歴史などすべてレベルが高いです。長崎は間違いなく我が国 No.1の坂の街です!!


更に分岐が。。。


右でしょ、右!
右に行ってみるしかなーい 笑


みのり園という福祉施設でした。


振り返るとこんな光景がぁ!!
石段の "斜め"が実に心地がいいです。


長崎市のマンホール


はははw この左の石段も長いな~ 登るしかなーい♪♪


ところどころ積まれているレンガを味わいながら登ります


後ろを振り向いたところ


婦人防火クラブ


ここ十人町の石段は、歩くだけで深い味わいを楽しめます。左側のブロック塀がギザギザしてるのも良い感じ~


どこにでも階段がある 笑


活水女子大学 東山手キャンパスに出ました。有名なオランダ坂のすぐ上の場所です。


この辺りは東山手と言って、昔「領事館の丘」と呼ばれていました。


C・M・ウィリアムズ宣教師館跡


英国聖公会教会堂


鎮西学院発祥の地


居留地境石標柱


居留地ですよ、居留地(きょりゅうち)。


「歩いて気分のよい雰囲気のある街」(建築家 黒川紀章)


コレ正しいです!
   ↓↓↓↓↓
長崎を歩く=楽しい気分になる。


間違いないです。
あなたも十人町の石段ぜひ上ってみてください♪♪



▼あわせて読みたい関連記事

長崎大迷路 - 長崎の斜面市街地は日本一の巨大迷路


長崎旅行記(長崎ブログ)の一覧

【長崎旅行記 決定版!】おすすめ長崎旅行ブログ記事一覧 長崎観光の写真たくさん有♪♪



×

非ログインユーザーとして返信する