ムラウチドットコム社長・村内伸弘のブログが好き😍

ブログ三昧♪♪ ムラゴン、にほんブログ村、スポリート、ムラウチドットコム運営の CEO(調子イイおじさん)がブログに恋し、ブログに狂う☆

muragon(ムラゴン) にほんブログ村 inkrich(インクリッチ) スポリート ムラウチドットコム  決意53才

村内 伸弘(むらうち のぶひろ)村内伸弘の彼女

名水百選 島原湧水群!水の都・しんわの泉の湧き水が超ウマい!!お飲み湯(島原温泉飲泉所)も飲みました

長崎県の水の町・島原「こんなに うまい 水が あふれている 山頭火」。島原吉田松陰来訪の地も。

親和銀行島原支店の敷地内にある「しんわの泉」の湧き水を飲む僕・村内伸弘


島原市「しんわの泉」の湧き水


島原市「しんわの泉」


お飲み湯(島原温泉飲泉所)


鯛を抱えた漁業の神・恵比寿さま
令和2年(2020年) 7月20日 村内伸弘撮影



島原市内に「吉田松陰先生来訪の地」という看板がありました。

吉田松陰先生来訪の地


西行さん、松尾芭蕉など日本全国に多くの足跡を残している偉人に負けず劣らず松陰先生も日本各地に足跡を残しています。松陰先生が島原で何を感じ、何を学んだのか歴史ロマンは尽きません。


島原藩士屋敷図


吉田松陰の島原での足跡

嘉永3年(1850年)

12月2日 天草の二重から南有馬の大江に渡る

12月3日 原城跡を巡検する。

                 島原城下に入り、鉄砲町の宮川源之助を訪ねる。

12月4日 宮川度右衛門を訪ねる。

                 生駒勝助が来て、兵法について語り合う。

                 夜に再び宮川氏を訪ねる。

12月5日 豊嶋喜左衛門が来る。一緒に護国寺の三十番神に詣で、再び宮川氏を訪ねる

12月6日 宮川氏を訪ねる。夜、豊嶋氏が来る

12月7日 温泉岳に登る。小地獄の湯に入る。

12月8日 出帆しようとしたが、雨が降り、一日延期する。

12月9日 島原を出帆する。

島原市ホームページより引用


島原市のマンホール


水神と書かれています。猿田彦大神とこの水神がとても多いです。町中にあふれています。


紫色のサルスベリ


おーーっ!夏の眉山(まゆやま)がスゴーーーーい!!!!!


島原って日本の宝物のような街ですね!
日本って、こんなにも美しい国なのです!!!!!!!


石積みの塀


椿の実も赤く熟し始めています


恵比寿さまがエアコンの室外機の真横にいました。


このお顔、近くのおじさんっぽいwww
どこにでもいそうで、人なつっこいんで神様っぽくないです 笑


でもこうやって、昔からこの場所にいらっしゃるはずなのでご利益はありますよ~♪♪

左手に鯛を抱えた恵比寿さま


大手川と眉山(まゆやま)


今坂徳衛之墳墓
ひときわ大きな墓石でした。


赤が 2.82mで氾濫危険水位



いやー!すごい写真が撮れましたぁ~!!


しんわの泉が近づいています。

街路樹のサルスベリも満開~い!!


日本で最も有名な六文字言葉「南無阿弥陀仏」と眉山(まゆやま)


掌(て)を合せ すくすく育て 佛の子
我ら全員、仏の子です!


僕・伸弘も仏の子です。
伸弘 → イ申弓ム → イム → 仏



(写真左)しんわの泉に到着しました

しんわの泉 長崎県島原市堀町
親和(しんわ)銀行の緑色の看板見えますよね?だからしんわの泉です



おばさんが水を汲んでいます!


しんわの泉の右横にはお飲み湯(島原温泉飲泉所)

源泉名:  島原温泉(2源泉の混合泉「元池源泉」「観音島源泉」)
源泉の泉質:  マグネシウム・ナトリウム炭酸水素塩温泉
適応症: 1. 胃十二指腸潰瘍  2. 逆流性食道炎  3. 耐糖能異常(糖尿病) 4. 高尿酸血症(痛風)


みるからに効きそうですね!



お飲み湯(島原温泉飲泉所)


飲める温泉がチョボチョボ出ています。


自由に飲めるので、手で温泉をうけて飲んでみます


うーーっ!温かい温泉が胃の中を通っていったのがわかりました。僕は食道や胃が弱いのでバッチリです。

島原温泉

島原温泉は中性ということもあり、肌に優しく、特に切傷、火傷、慢性皮膚病に効果があります。また、飲用もでき、慢性消化器病、糖尿病、痛風、肝臓病に効果があります。市内の 7カ所に飲泉所を設置していますので、気軽に温泉を楽しむことができます。

わお!マップ 島原半島エリアより引用


続いてメインの「しんわの泉」で湧き水を飲んでみます

銀色の柄杓(ひしゃく)に名水百選の新鮮な湧き水を注ぎ込みます。


こんこんと湧き出た島原湧水群「しんわの泉」の清澄な湧き水


湧水めぐりコースの案内には島原の湧水は適度に炭酸ガスを含んだ名水だって書いてありました。


さあ、飲みますっ

うめぇ~~!!!!!!


水ってこんなにウマいんだっ!!
これがホンモノの水なんだ!
ピュアで柔らかくって、すっごい美味しかったです!
写真はポーズです。実際は口をつけずに飲んでいます(^^)


おばちゃんもこのおいしいお水をたっぷりともちかえるようです(^^)


こんな新鮮でやわらかい水を無料で好きなだけ持って帰れる島原市民がうらやましいです


しんわの泉、ピュアで最高にうまい水がわき出ています!!


長崎県島原市

島原湧水群(しまばらゆうすいぐん)


水質・水量

水質は良好な状態を保っており、水量は約50ヶ所で1日平均4万6千トンの流量を有している。


由来・歴史

島原市は古くから「水の都」と呼ばれており、雲仙山系に涵養された水が市内随所から湧出し、50ヶ所以上の湧水スポットが点在している。現在みられる市内の湧水の多くは、寛政4年(1792年)の雲仙岳噴火に伴う群発地震による地殻変動によって誘発されたものといわれている。市街地においては、地下の地層帯が、火山灰層や砂れき層の互層した良好な帯水層となっていて、源水涵養帯としての透水性に富む山体(眉山)が直前に迫っていることから、地下水に強い圧力が加わり自噴しやすい状態となっているため湧出しているといわれている。


環境省 名水百選ホームページより引用



しんわの泉の道路挟んで反対側に足湯もありました

ゆとろぎ足湯


島原温泉 国内有数の炭酸ガス含有量をほこる温泉


天然サイダー!


3条の緑色の温泉の跡がスゴいです!効き目ありそー


坂本龍馬が長崎に初上陸した地「島原」


おしゃれなお菓子屋さんがありました


具雑煮の姫松屋さんの支店(新町店)


7月なのにしめ縄が飾られています。島原や天草でしめ縄を通年で飾る風習はキリシタンではないということを示すためだったという説もあるようです。




令和2年(2020年) 7月21日

島原を後にする前に、もう一度「しんわの泉」に赴き。湧き水でのどを潤し、湧き水をペットボトルに詰めました。



愛のスコールの空のペットボトル(持ち帰り用)に湧水を詰めました。


柄杓(ひしゃく)に入れた湧水をおいしく頂きました!ホント新鮮でやわらかくて美味しいお水です!!




(おまけ)

しまばら湧水館 「こんなに うまい 水が あふれている  山頭火」



ビバ水の都!ビバ島原!!



▼あわせて見たい関連動画

動画制作: 村内伸弘(ムラウチドットコム)



▼あわせて読みたい関連記事

長崎旅行記(長崎ブログ)の一覧

【長崎旅行記 決定版!】おすすめ長崎旅行ブログ記事一覧 長崎観光の写真たくさん有♪♪



×

非ログインユーザーとして返信する