ムラウチドットコム社長・村内伸弘のブログが好き😍

ブログ三昧♪♪ ムラゴン、にほんブログ村、ムラウチドットコム運営の CEO(調子イイおじさん)がブログに恋し、ブログに狂う☆

無料ブログサービス muragon(ムラゴン) ブログランキング にほんブログ村 ECサイト ムラウチドットコム 決意54才

村内 伸弘(むらうち のぶひろ)村内伸弘の彼女

伊勢神宮 内宮へ令和のおかげ参り!おはらい町、おかげ横丁も散策

お伊勢さん 内宮(ないくう)は天照大御神が鎮座する日本人の心のふるさと♪ おかげ横丁は江戸時代のおかげ参りの頃の伊勢の様子を再現した町♪

伊勢神宮内宮 正宮  皇大神宮/こうたいじんぐう


伊勢神宮内宮


伊勢神宮内宮 宇治橋 別名: 御裳濯橋(みもすそばし)


五十鈴川


おかげ横丁 海老丸
令和4年(2022年)11月13日 村内伸弘 撮影


日本人の心のふるさと

伊勢神宮(いせじんぐう)

古くから「お伊勢さん」 と親しまれている伊勢神宮。ゆたかな緑に包まれた、すがすがしい参道を歩けば、神域の自然の美しさ、あふれでる生命力が心にうるおいを与えてくれます。いつの時代も変わらない姿で、わたしたちを迎えてくれる "日本人の心のふるさと"を訪れてみませんか。

伊勢志摩観光ガイドブックより


"日本人の心のふるさと" 伊勢神宮へ令和のおかげ参りをしています


伊勢市駅の名所案内

豊受大神宮(外宮)  とようけだいじんぐう/げくう

祭神の豊受大御神は、五穀豊穣・産業の守護神

皇大神宮(内宮)  こうたいじんぐう/ないくう

皇室の祖、天照大御神が祀られている、ご神体は八咫鏡(やたのかがみ)


バス停「外宮前」から乗ったバスが内宮前のバス停「内宮前」に着きました

僕が乗ってたバスの松坂牛の広告


内宮さん周辺図


伊勢神宮内宮(ないくう)

内宮(ないくう)

檜の鳥居をいただいた宇治橋を渡ると広がる内宮の宮域。 五十鈴川のほとりの広大な宮域には、天照大御神が鎮座する御正宮のほか、2つの別宮と所管社10社が祀られています。

伊勢志摩観光ガイドブックより


約2000年前に鎮座!
気が遠くなるような年月ですね!!!!


2000年ですよ!2000年!!


宇治橋
日本百名橋です、趣(おもむき)がすさまじいです!
心鎮め、襟を正して、渡ります


五十鈴川(いすずがわ)
五十鈴川が見えました。禊(みそぎ)こそしませんが、僕・村内伸弘はこれから伊勢神宮の神域に入っていくのです!!


宇治橋の上から見えた風景


皇大神宮(内宮)宮域図


内宮 手水舎


御手洗場(みたらし)


五十鈴川で手を清めろってことなんです

要するにやっぱり禊(みそぎ)です


前回 15年前に来た時も、僕はこの川の流れの中に手を浸(ひた)しました。今回ももちろんお清めします


お伊勢さんに雨が降っています


雨の模様。五十鈴川の川面が幻想的です!!


2000年の間に、一体雨は何回降ったのでしょうか?途方もない時の流れにただただ称賛に値します


伊勢おもてなしヘルパーというハッピを着た人が車いすの人をやさしく案内していました
すばらしい精神ですね!おかげ犬をみんなで助けた精神とまったく同じだと思います!(拍手)


内宮 お神札授与所


すごい人です!!


荘厳です


杉の老樹が印象的


正宮 皇大神宮 こうたいじんぐう

皇室の御祖神であり、国民から総氏神のように崇められる天照大御神をお祀りします。約2000年前に御鎮座されました。


2000年ここに鎮座されている天照大御神(あまてらすおおみかみ)にお参りです!!皇室の祖先で、天皇陛下も皇后陛下もここにお参りします。


正宮のお参り完了~☆


せっかくです荒祭宮に向かいます

すんごい大樹!!ピンクの傘さした子供と較べてみてくださ~い!!


御稲御倉(みしねのみくら)


外幣殿(げへいでん)



雨の伊勢神宮。かえって神秘性が増して、本当にすばらしいです!!


神々しいです!!


別宮 荒祭宮(あらまつりのみや)


濡れた石段も一段とうつくしいです


内宮第一別宮 荒祭宮にもシッカリお参りしました
ご祭神は天照大御神の荒御魂(あらみたま)です


確かに荒々しいご神威を感じます


御池


三重県産清酒奉納


華やかな積み樽!いろんなお酒が三重にはあるんですねー


鈿女(うずめ)ですよ、うずめ!!
絶対、日本神話の女神・天鈿女命(あめのうずめのみこと)ですよ。天の岩戸に天照大御神がお隠れになった時、岩戸の前で舞い、踊り狂った女神です!!


神楽(かぐら)というお酒もありますね


伊勢神宮とともに生きてきた人々の心意気を感じます!!


横から見た宇治橋
木造の橋ワンダフルです!
この橋を渡り、僕は聖界から俗界へと還っていくのです 


お伊勢参り。来てよかったなー
ホント来てよかった!!


五十鈴川、人智を超えた太古からの流れです


神宮の博物館めぐり。
したいんですけど、時間が、、、
次回、この道もめぐりたいと思います



お参りを終えたので、あとはグルメです(笑)

おはらい町
伊勢神宮(外宮)の門前町として発達してきた参道を歩きます
雨なのに、石畳の通りにはたっくさんの人が集まっていました


おはらい町

明治のはじめまでは、たくさんの「御師の館」があり、神宮に代わりお神楽をあげていました。このことから、この町を「おはらい町」と呼ぶようになったと言われています。

伊勢おはらい町会議 公式サイトより


参道って楽しいです!


僕、こういう路地大好きです(笑)


うおーっ!

大店(おおだな)ですね!ものすごい存在感をこのお店は示していました


岩戸屋!天の岩戸からとったネーミングでしょうか?
お多福のお面がめっちゃキャッチーですw


お多福の木像まで "鎮座"しています


「ゑ」 おもしろい暖簾(のれん)


全国旅行割真っ最中、実にたくさんの人がココおはらい町を闊歩しています!


すごいすごい!伝統的な建物が続いています!


人出もすごいすごい

通りを人が埋め尽くしてます!


白鷹は伊勢神宮の御料酒(ごりょうしゅ)だそうです

伊勢神宮御料酒

私たちが朝晩の食事をとるように、伊勢の神々にも古くから朝晩の食事が供えられてきました。伊勢神宮ではこれを日別朝夕大御饌祭(ひごとあさゆうおおみけのまつり)と呼び、伊勢の大神の御饌(みけ)は、豊受大神宮(外宮/げくう)の御饌殿(みけでん)という御殿で供されます。


大御神にそなえる大御饌(おおみけ)は、鯛、昆布、御飯、鰹節、野菜などがあり、専用の土器(かわらけ)には酒が入っています。


白鷹は 、全国数ある酒蔵の中よりただ一つ、この神宮御料酒に選ばれ、以来一日も欠かすことなく献上をつづけ、神宮の神々に供えられています。

白鷹 公式サイトより


白鷹(はくたか)恐るべし!ですね~☆



スターバックスコーヒー 伊勢内宮前店
スタバも伊勢に来るとこうなっちゃうんです♪♪


伊勢内宮前おかげ横丁

ようこそお越し下さいました。伊勢は二千年の昔から神様がご鎮座されるところです。ここに住む私たちは、暮らしのすべてが神様のおかげと感謝しております。 おかげ横丁はそんな想いから誕生しました。江戸時代のおかげ参りの頃の伊勢の様子を再現した町で、じっくりと見ていただきたいものがたくさんございます。どうぞごゆっくりお過ごし下さい。


おはらい町からおかげ横丁に入ります

おかげ横丁


赤福本店
あの "赤福"の本店です!以前、表示偽装事件で大問題になって店を閉めてたことがありましたが、完全に復活していました!!そして大人気です!!
店の中に人が入り過ぎてて、入店を断念しましたw


おかげ横丁の太鼓櫓


伊勢うどん!食べた~い!!


でも、伊勢うどんはホテルのバイキングで既に食べたので今回は本場の「伊勢海老」にします

漁師料理の店 海老丸


このお店に入ります!


よっしゃ~☆ 「三重県産伊勢海老入荷致しました」だって~


お客さんいっぱいで、すこし待ちました。雨のおかげ横丁を楽しむ人たちのマンウォッチングも楽しいです♪♪


伊勢男衆料理。男衆って書いて "びと"って読むんですね、初めて知った(^^)


店内にいましたよーー!!

伊勢えび
伊勢えびの本場・伊勢の伊勢えびです 笑


これを僕は食べるんです!!


もちろんコレ全部は食べられませんよー はっはっはw



でも、現実問題、伊勢えびはお値段が。。。


ってことで、大妥協して、海鮮たたきめしに作戦変更(苦笑)

でも、売り切れでした、、、


海老天丼に再度切り換え~

伊勢丸の海老天丼


伊勢えびではありません。伊勢に来たんだけど、普通のえびですw


でもでも、さっすが伊勢!この海老天丼、極めておいしかったです♪♪
海老天丼、大当たりでした!おいしかったー☆


トイレに行った時、海老丸の 2階から見えたおかげ横丁の風景


この景色は伊勢神宮へのおかげ参りブームが起こった江戸時代から明治時代の伊勢路の景色そのまんまなんです


伊勢えびの絵


海老丸猫 作家 もりわじん
伊勢えびとまたたび酒を抱えた猫、ユーモラスですね


うつくしい雨が降り続く伊勢


この餃子屋さん「営中」 漢字が笑えるw



さようなら伊勢神宮

「内宮前」バス停からバスに乗りました


停まってるバスの数がハンパな~い


五十鈴川駅を通過中


向かう先は近鉄宇治山田駅です


▼あわせて読みたい関連記事

琴平: しあわせさん。こんぴらさん。 ご利益求め苦しいけど神々しい絶景の金比羅参り。

琴平: しあわせさん。こんぴらさん。 ご利益求め苦しいけど神々しい絶景の金比羅参り。


日本三大稲荷・祐徳稲荷神社(佑徳さん)にご参拝 - 佐賀県鹿島市

日本三大稲荷・祐徳稲荷神社(佑徳さん)にご参拝 - 佐賀県鹿島市


熊野旅行記(熊野古道ブログ)の一覧

【熊野古道旅行記 決定版!】おすすめ熊野古道ブログ記事一覧 熊野詣での写真たくさん有♪♪


神社仏閣・教会参拝記(神社仏閣・教会ブログ)の一覧

【神社・寺院・教会参拝記 決定版!】おすすめ神社・寺院ブログ記事一覧 神社・寺院の写真たくさん有♪♪


伊勢神宮 外宮へ令和のおかげ参り!&神都バスに乗って外宮から内宮へ移動

お伊勢さん 外宮(げくう)は豊受大御神が鎮座する日本人の心のふるさと♪ 神都バスは明治36年~昭和36年に伊勢を走っていた路面電車・神都線を再現したバス♪

伊勢神宮外宮 正宮  豊受⼤神宮/とようけだいじんぐう


伊勢神宮外宮 古殿地前で記念撮影する僕・村内伸弘


神都バス(しんとばす)
令和4年(2022年)11月13日 村内伸弘 撮影


日本人の心のふるさと

伊勢神宮(いせじんぐう)

古くから「お伊勢さん」 と親しまれている伊勢神宮。ゆたかな緑に包まれた、すがすがしい参道を歩けば、神域の自然の美しさ、あふれでる生命力が心にうるおいを与えてくれます。いつの時代も変わらない姿で、わたしたちを迎えてくれる "日本人の心のふるさと"を訪れてみませんか。

伊勢志摩観光ガイドブックより


美しい鳥羽に別れを告げて、"日本人の心のふるさと" 伊勢神宮へ令和のおかげ参りです!


近鉄鳥羽駅の近鉄時刻表


鳥羽の PRディスプレイ


鳥羽駅(当駅)から伊勢市まではたった 5駅です。電車に乗っちゃえばすぐ近くです


鳥羽駅で買ったドリップコーヒー
この海女さんのイラストがとってもかわいくって買っちゃいました


おお!さすが全国旅行割の日曜日。しまかぜ満席です!大阪難波行き、名古屋行き、京都行き、すべて満席です


心に傘を。
心に悲しみの雨が降り続いて、つらくて苦しいときはお電話ください。


今僕は旅行を楽しんでいますが、世の中には心に悲しみの雨が降り続いている人たちがいる。このポスターを見てそういうことを忘れてはいけないと思いました。


というか、旅行なんかしてていいのか?、、、
菩薩(ぼさつ)を目指すなら、こういう人々を助ける行動を今すぐ起こさなくてはいけないんじゃないだろうか?、、、
自問自答しています・・・


鳥羽駅はポケモンのミジュマルだらけ~ 笑


鳥羽の絶景へ またお越しください。
鳥羽グランドホテルは僕が宿泊して感動したステキなホテルです
ハイ!また来まーす!!


中川駅行きの普通列車がやってきました


伊勢市駅に向かう車窓


アッという間に伊勢市駅です

近鉄と JRを結ぶこの跨線橋(こせんきょう)があまりにも劇的です!!
よくぞ現役で残ってます
改修するのに、費用を近鉄が持つのか、JRが持つのか?割合はどうするのか?的な感じで塩漬けになっちゃってる感じもしますねー 笑


外宮(げくう)がある JR側出口に向けて歩いています
お伊勢参りは先に外宮に参拝し、その次に内宮へ行くのが正式な順序です


JR伊勢市駅


伊勢市駅の名所案内

豊受大神宮(外宮)  とようけだいじんぐう/げくう

祭神の豊受大御神は、五穀豊穣・産業の守護神

皇大神宮(内宮)  こうたいじんぐう/ないくう

皇室の祖、天照大御神が祀られている、ご神体は八咫鏡(やたのかがみ)


伊勢の特産品
ショーケースが木枠なのがいい感じ(^^)


気になったマスヤしょうゆおにぎりせんべい


さあ、昔からの習わし通り、外宮からお参りスタート♪♪ 伊勢市駅から伊勢神宮外宮へ歩いて向かいます。

ここにも「赤福」の看板がぁ


外宮は伊勢市駅から歩いてすぐです


「ようこそお伊勢さんへ」というド派手なハッピを来たボランティア?の人たちが駅前にいました


伊勢市駅から出ると駅前に早くも鳥居がありました


すぐ参道につながります

伊勢神宮外宮参道


日の丸が描かれた伊勢和紙の行灯に「外宮参道」の文字
伊勢は情緒にあふれています


歴史を感じる古い建物が参道の両脇にズラリと並んでいます!


こういうお店もシビれます 笑


やっぱりお伊勢さんですね。歴史の長さが違います。参道は魅力たっぷりです♪♪


この旅館の年季の入りぶりもスゴイ!参詣道歩き、うれしいです!たのしいです!


柄杓童子(ひしゃくどうじ)

古来より、神宮参詣は人々の憧れでしたが、実際にお詣りができない人たちの願いを叶えたのが、犬の代参でした。柄杓を背にした犬が、たくさんの善意に守られながら道中を続けたといいます。犬に跨っている童子は、優しいこころの象徴です。

籔内佐斗司


波と貝?個性的な鬼瓦です


風情がありますね!


伊勢神宮外宮(げくう)

外宮(げくう)

産業と衣食住の神様、豊受大御神を祀る御正宮を中心とした、約89ヘクタールの宮域はゆたかな緑に覆われています。降り注ぐ木漏れ日を感じながら、のんびりと参道を歩くことができます。

伊勢志摩観光ガイドブックより


外宮域内案内図


いよいよ伊勢神宮を参拝します

外宮の域内はとても清々しいです!


外宮 お神札授与所


古殿地(こでんち)

正宮と同じ広さがあり、前回の遷宮まで御殿が立っていた場所です。古殿地は次の遷宮まで静かにその時を待ちます。

伊勢神宮公式サイトより


正宮 豊受大神宮 とようけだいじんぐう

天照大御神のお食事を司る神であり、衣食住を始め産業の守り神でもある豊受大御神をお祀りします。

伊勢神宮公式サイトより


お参りしました!
いろんな人が次々にお参りしていてさすがです!初詣級の混み具合w


変に飾ったりしてなくて、本当に 1500年間何も変わっていないんだと思います。ここに鎮座した 1500年前まんまの姿がいまにそのまま伝わっている強烈な神社です!!!!


日々を無事に過ごせている「おかげさま」を感謝しながらお参りしました。これぞ「おかげまいり」です(^^)/


杉の木がうつくしい


別宮にもお参りします

別宮 風宮(かぜのみや)


風宮にお参りしました


別宮 多賀宮(たかのみや)


多賀宮のお参りも完了です


神社の石段ってなぜか味わい深いんですよね。下りてきた石段を下から見上げてパチリ♪♪


外宮、心洗われました!

火除橋(ひよけばし)を渡って、外宮を後にします




外宮から内宮への移動はバスを使います


おーーっ!
「外宮前」バス停にすんごいレトロな感じのバスが停まってる~☆

神都バスです!
乗ろう!乗ろう!乗るぞ~!!


神都バス(しんとばす)


半世紀の時を越えて、神都・伊勢に復活。

はるか昔より「神都」と呼ばれ、人々の信仰の聖地として崇められてきた伊勢。かつて明治36年から昭和36年の間、この地にはその名をいただいた路面電車・神都線が走っていました。伊勢神宮への参拝客を乗せ、多くの人々に愛されたその参宮電車が惜しまれつつ姿を消して五十余年。20年に一度の式年遷宮のこの年に、路面電車型バスとなって生まれ変わります。懐かしさと新鮮さを乗せて、あなたを乗せて。

三重交通


昭和35年頃の路面電車の写真がめっちゃノスタルジーですね♪♪


神都バスの車内


神都バスから見えた神宮会館


内宮前のバス停「内宮前」に着きました


さあ、順番通り、今度は伊勢神宮内宮にお参りです!!


▼あわせて読みたい関連記事

琴平: しあわせさん。こんぴらさん。 ご利益求め苦しいけど神々しい絶景の金比羅参り。

琴平: しあわせさん。こんぴらさん。 ご利益求め苦しいけど神々しい絶景の金比羅参り。


日本三大稲荷・祐徳稲荷神社(佑徳さん)にご参拝 - 佐賀県鹿島市

日本三大稲荷・祐徳稲荷神社(佑徳さん)にご参拝 - 佐賀県鹿島市


熊野旅行記(熊野古道ブログ)の一覧

【熊野古道旅行記 決定版!】おすすめ熊野古道ブログ記事一覧 熊野詣での写真たくさん有♪♪


神社仏閣・教会参拝記(神社仏閣・教会ブログ)の一覧

【神社・寺院・教会参拝記 決定版!】おすすめ神社・寺院ブログ記事一覧 神社・寺院の写真たくさん有♪♪


鳥羽湾・三ツ島の朝焼け、夕暮れ、ライトアップ - 鳥羽グランドホテルの眺望が見事!

小浜湾(おはまわん/鳥羽湾)と一体化!こんな劇的なホテルロビー 日本全国どこにもないのでは!!

鳥羽グランドホテル ロビーのドラマチックな眺望


鳥羽グランドホテル前 鳥羽湾の朝焼け 1


鳥羽グランドホテル前 鳥羽湾の朝焼け 2


鳥羽グランドホテル前 鳥羽湾の朝焼け 3


鳥羽グランドホテル前 鳥羽湾の朝焼け 4


鳥羽グランドホテル前 鳥羽湾の朝焼け 光の道
令和4年(2022年)11月13日 村内伸弘 撮影


鳥羽湾に浮かぶ真珠筏(真珠養殖用の筏/いかだ)


夕暮れ時の鳥羽湾


ライトアップされた鳥羽湾
令和4年(2022年)11月12日 村内伸弘 撮影



スミマセン。
これからのこのブログ記事は始まるんです 笑
もう十分に鳥羽湾(小浜湾)の美しさ、三ツ島の美しさをみなさん堪能しちゃいましたよね!


でもこの後もすばらしい写真の連続ですよ!連続!
僕・村内伸弘の志摩鳥羽伊勢の旅、今回は鳥羽湾編です。
どうぞお楽しみください♪♪


近鉄鳥羽駅北口から鳥羽グランドホテルの送迎バスに乗りました


送迎バスの車窓の右側に波静かな鳥羽湾が見えています


感じます!心が安らいでいくのを


あっという間に伊勢志摩三景 鳥羽グランドホテルに着きました

鳥羽グランドホテル(三重県鳥羽市小浜町 239-9)
鳥羽の小浜湾を望む高台の大型ホテル旅館です


みえ得トラベル地域応援クーポン
今回、予約した後に全国旅行割が適用になったんですが、それに加えてこのクーポンまでもらっちゃった~ ラッキー♪♪


鳥羽グランドホテルのフロントの絵画「鳥羽三島」


早速、高台にたたずむこのホテルの真ん前の駐車場に出て絶景写真とりまくりです 笑

鳥羽湾(小浜湾)


左奥が「三ツ島」、中央に浮かぶのが真珠筏
あまりにも美麗で、言葉が出ません。鳥羽はこの眺望で僕をおもてなししてくれたのです!


夕暮れが迫ってきています


ロビーから見える三ツ島がどう見ても映画館のスクリーンにしか見えません!

そうです、ここ鳥羽グランドホテルに宿泊すれば、この刻々と光景が変わる劇的なロードショーがすぐに見られるのです!!あなたも泊まってください、このホテルに!!

名勝「三ツ島」

当館のロビーからは、三つ並んだ小さな島をご覧頂け、この小島たちは、「三ツ島」と呼ばれています。いずれも無人島で、小さな島ではありますが地質学的にも珍しく、朝夕、潮の満ち引き、そして季節ごとに姿を変える姿はとても見応えのある風景です。三つの島の左から1番目と 2番目の島の間には一葉観音様が立っており、陶芸家・故柴山清風氏の作で鳥羽の海上安全を願い寄贈されたものです。

鳥羽グランドホテル 公式サイトより


部屋は全室オーシャンビュー!
惜しげなさすぎです(笑)
普通、こういう立地でも "山側"みたいな部屋があるんですが、鳥羽グランドホテルさんは全室海が見えるみたいなんです


決して新しい建物ではないんですが、こんな感じでリフォームしていて、細部に神が宿っています


お部屋もキレイです


ウェルカムスイーツが柿とパインとブドウですよ!
嬉しくって泣きそうになりました(^^)


お着き菓子は "あの" 伊勢えびせんべい!


部屋で少しくつろいで、またロビー劇場に行っちゃった

座ったのはこの特等席(S席) ♪♪♪♪


時々船が通ります。航跡が鳥羽湾の水面を彩ると、風景がさらにうつくしくなるんです!!


対岸のホテルが湾面に映り込んでいます


極上の時間を過ごせることに心から感謝です


角度を変えて、この特等席でも三ツ島と鳥羽湾の変わりゆく表情を堪能しました


しばらくして夕飯のバイキングに突入~

会場の床、ピッカピカ!


ヤバい!メニューが豊富すぎる!!


大量のお刺身!!これ食べ放題(歓喜の涙)


もう自分を抑えられませーん


片っ端からお皿に料理を載っけていきますwww


いやー!感動!!
鳥羽の海の幸、正真正銘おいしいです!!
信じられないほどの量の海の幸を胃袋の中に入れてしまいました。


3食分ぐらい食べた感じです。
ラグビー部とか野球部の学生になった気分です。はっはっは(爆笑)


伊勢えびを使った漁師鍋もチャレンジ


伊勢えび汁に使われていた本場の伊勢えび


漁師鍋おいしかったです


3食分ぐらい一気に食べたのに、スイーツは別腹w

もちろんスイーツだって食べ放題♪♪


真珠?が乗ったこのスイーツもバックバクいきました

だって、何個食べてもいいんですよ!
もう自分自身の暴走を止められません
食欲が大暴走してブレーキがききませ~ん♪♪


このホテル、本当にレベルが高い!
昔からあるホテルだと思うけど、絶対やる気まんまんの経営者(息子さんかな?3代目とか?)が一生懸命やってるはず。


僕も世界中、日本中のいろんなホテルに泊まりましたけど、この鳥羽グランドホテル強くお勧めします。


ひゃはははw なんかいたぞー


熟睡中だって(^^)

おかげ参り犬 おさんもいました


この階段のフォルムもおもしろい
左から右に向かって上がっていけるみたいだけど、結構身のこなしが必要かもw
下手すると途中で足踏み外して落っこちそうwww



夕食を終えると、鳥羽湾に夜の帳(とばり)が下りていました

真っ暗になった鳥羽湾


夜の鳥羽湾もキレイです



ロビーで二胡の無料ライブもやってました
宿泊客に楽しんでいただこうというホテルの気遣いをすごく感じます

中国の名曲はもちろん、西城秀樹のヤングマンを二胡で弾いてましたよ
昭和生まれです。YMCAが耳にこびりついて離れませーん


えーーっ!ライトアップまでやっちゃってるのー!!

鳥羽グランドホテル、超がんばってる!
感動です!!


ライトアップされた三ツ島(鳥羽湾)


色がどんどん変わっていきます

すごーーーーーい!!!!!!



来て良かった!
泊まって良かった!


飛び石のように浮かび並んだ 3つの小島を眺めます
お月様も三ツ島を照らしています


アンダー・ザ・ムーンライト
これが鳥羽なんです!これこそが日本が誇る名勝 鳥羽(とば)なんです!!



令和4年11月13日 朝5時52分

早起きは三文の徳。翌朝、目が覚めたら鳥羽湾がオレンジ色に染まっていました!!


ピンボケ大残念、、、


ホテルの前の浜に出て、朝焼け大激写大会を始めます!!

この平和で穏やかな海を僕・村内伸弘は独り占めです!


鳥羽グランドホテルの外観


静かな海に朝日が昇ります


めちゃくちゃキレイでしょ!!


劇的な鳥羽湾!!見てくださーーい!!!!

ヤバーイ!僕、いつからこんなに写真撮るのがうまくなったんだろう??笑


静謐の鳥羽湾、静寂(しじま)の鳥羽湾


三ツ島の濃く黒い島影がうるわしい


見えますか!魚もうれしくって飛び跳ねています♪♪


真珠養殖に携わる皆さんの声も聞こえてきます


鳥羽湾は令和4年11月13日の朝を迎えました



朝焼け、最高潮です

雲も、海も、オレンジ色になった鳥羽湾



ホテルの中に戻ります

映画館のスクリーンのような鳥羽グランドホテルのロビー
お~い、みんな~、早起きしなくっちゃだめだよー
特等席、ガラ空きじゃーんwww


朝日が昇り始めました


オーシャンビューの部屋の中から引き続き大激写



朝7時2分です。約1時間朝日を見てたことになります。
約1時間、写真とりっぱなしでした!


お腹が空いた~

バイキング。この緑色が皆無の僕の朝食を見よw



7時30分、再び朝日を鑑賞

光の道です!!!!


眩しく煌めく鳥羽の海が僕・村内伸弘の眼前に広がります



今日は伊勢神宮参拝です。ホテルとお別れです

お兄さんが赤いハンカチを振って、お見送りをしてくれました。


もう一度言います。
鳥羽グランドホテルに泊まってください。
おもてなしの心、景観、食事、お風呂。ザ・ベストです。


こんな見送られ方されたら、次もココですよ!
僕は大きく手を振り返しました。温かい気持ちで力強く振り返えしましたよ。



▼あわせて読みたい関連記事

有明海が美しくきらめいた - 長崎行きソラシドエアから見た美しい海

有明海が美しくきらめいた - 長崎行きソラシドエアから見た美しい海


遠藤周作文学碑 沈黙の碑「人間が こんなに 哀しいのに 主よ 海があまりに 碧いのです」