ムラウチドットコム社長・村内伸弘のブログが好き

ブログ三昧♪♪ ムラゴン、にほんブログ村、スポリート、ムラウチドットコム運営の CEO(調子イイおじさん)がブログに恋し、ブログに狂う☆

muragon(ムラゴン) にほんブログ村 スポリート ムラウチドットコム  決意50才

村内 伸弘(むらうち のぶひろ)村内伸弘の彼女

長崎・本河内ルルド(前編) ルルド参道のロザリオの十五玄義レリーフ

コルベ神父が開いた聖母の騎士修道院(無原罪の園)・カトリック本河内(ほんごうち)教会

ルルド参道のロザリオの十五玄義レリーフ

主十字架上に死したもう - ロザリオ第5玄義 苦しみの玄義5
平成30年(2018年)8月25日 村内伸弘撮影



長崎市内からコルベ神父が開いたルルドの泉「本河内ルルド(ほんごうちルルド)」へ向かいます。


蛍茶屋停留場を通過中


「本河内ルルド」がある聖母の騎士につきました

聖母の騎士案内図。案内図の一番上がルルドです。
教会や幼稚園、高校などがこの一箇所に集まっているようです。
この案内図一枚からも実に長崎らしい雰囲気を感じます。


聖母の騎士高等学校、聖母の騎士中学校(休校)、聖母の騎士幼稚園




聖母の騎士高等学校


宗教的バックボーン

2000年の歴史を持つローマ・カトリックが本校のバックボーンです。祈りに始まり祈りに終わる習慣が大切にされており、目に見えない神への畏敬の念を忘れない謙虚な姿勢をもった、情操豊かな人間性の育成に尽力しています。


心の騎士を育てる教育

男子校である本校は、高校時代を、真の友人づくりの時期としてとらえています。また校名から騎士道につらぬかれた忠誠心(ロイヤリティ)・奉仕の心を身につけ、創立者が身をもって示してくれた無償の愛をもって、価値観が多様化した現代を強く生き抜く勇気と謙虚さを学びます。


聖母の騎士高等学校ホームページより引用



ミッションスクールが長崎にはとにかく多いです。すばらしいです。
僕も生まれ変われたらミッションスクールに行きたいなと最近思っています!


無原罪の聖母マリア像


長崎は坂の街。この階段を登っていくとルルドがあるようです。


メチャクチャ暑いんですけど、行ってみましょう


ルルドという看板がありました。


ご案内

聖母の騎士学園


本校は昭和11年聖マキシミリアノ・コルベ神父によって神学校として創立された男子中学・高等学校です。


その高い理想と恵まれた教育の場を広く一般にも開放してほしいとの声に応え、昭和43年度より普通校として制度を変え、現在はカトリック信者、未信者を問わず入学を認めています。


創立当初から少人数制をとり、家庭的な暖かい雰囲気を大切にし、信仰心に支えられた心豊かな人間教育を守ってきました。


経営母体である修道会の創立者、アシジの聖フランシスコが、すべての被造物に対して「兄弟よ、姉妹よ」と呼びかけたやさしさといたわりの心、聖コルベの崇高な愛の心は、価値観が多様化した社会の中で迷う現代人、特に若者たちにとっては貴重な道標となるものと信じています。


聖母マリアをはじめ両聖人を模範として、長崎はもとより沖縄を含む九州全域、関西、関東など各地から志をもつ多感な少年たちが集まり、現代の"騎士"をめざして学んでいます。


すばらしい教育方針ですね!
現代の騎士かぁ~
うらやましいなー!!


僕もこの学校には今から入ることはできないけれど、現代の騎士になれるよう自己研鑽に励みたいと思います。


聖コルベ(コルベ神父)の銅像が途中にありました。


なぜ、僕が今日ここを訪れたか?
それはコルベ神父の精神に触れるためなんです。
皆さんもぜひ僕の今回と次回の記事をご覧頂き、コルベ神父という聖者が日本にいたことを覚えてみてください。


聖マキシミリアノ・マリア・コルベ(1894~1941)の胸像


聖マキシミリアノ・マリア・コルベ(1894~1941)


隣人のために大きな愛を貫いた聖人

ポーランド生まれの神父。1930年 36歳の時、宣教のために来日し、長崎に本校(当時は神学校)を設立。積極的に宣教活動を行いました。その後第二次世界大戦が激化する中、帰国しますが 1941年ナチスに捕らえられアウシュビッツ収容所へ送られます。強制労働に従事していたある日、死刑を言い渡されていた一人の若い父親の身代わりを申し出、自らが死刑となりました。キリストの御言葉「隣人愛」を身をもって示した彼に、1982年教皇ヨハネ・パウロII世は、「聖人」の栄誉を与えられました。


聖母の騎士高等学校ホームページより引用



赤文字の部分、ぜひもう一度読み返してみてください。




コルベ神父のお顔


僕が、コルベ神父のことをなぜ知ったかというと前回長崎に来た時に長崎市永井隆記念館で「焼けたロザリオ」という記念館の蔵書まんがを読んだからです。


身代わりの愛 - コルベ神父

コルベ神父は人の身代わりになって・・・人の身代わりになって死んだ


人の身代わりになって死んだ人。
涙が出ます。



「大迫半端ないって」じゃないですけど、


あんなんできひんやん普通!!
そんなん出来る?
言っといてや…できるんやったら…


って感じですよ。
ふざけてスミマセン(^^;


できないです、普通。
人の身代わりになって死ぬなんて、
絶対できないです。


死刑を言い渡されていた一人の若い父親の身代わりを申し出、自らが死刑となりました。




ルルドの泉への道(参道)



一人の父親の身代わりを自ら申し出てアウシュビッツ強制収容所で餓死刑に処せられた聖コルベ。。。


「友のために命を捨てる、これ以上の大きな愛はない。」というイエス・キリストの教えを身をもって実践した聖者のことを考えながら僕はこのルルドへの参道を上っていきました。



参道の途中にはロザリオの十五玄義レリーフ(五玄義レリーフ)がありました。


第一玄義、第二玄義、第三玄義、第四玄義、第五玄義にそれぞれ喜びの玄義、苦しみの玄義、栄えの玄義があって十五玄義のようです。要するにキリストの生涯の 15の主な出来事のことのようです。


以下ご覧ください。


ロザリオ 第1玄義

ロザリオ第1玄義


喜びの玄義 1 聖母おん告をうけたもう



栄えの玄義 1 主のご復活


苦しみの玄義 1 ゲツセマニのご心痛



長崎市内(蛍茶屋)方面を望む


ああ、空が青いです。雲が白いです。長崎の夏は本当にうつくしいです。


ロザリオ 第2玄義

ロザリオ 第2玄義


よろこびの玄義 2 聖母エリザベットをご訪問


よろこびの玄義 2 聖母エリザベットをご訪問


栄えの玄義 2 主のご昇天


苦しみの玄義 2 主答うたれたもう


ロザリオ 第3玄義

ロザリオ 第3玄義


よろこびの玄義 3 わが主のご降誕


よろこびの玄義 3 わが主のご降誕


栄えの玄義 3 聖霊の降臨


苦しみの玄義 3 茨の冠をかむらせらる


レリーフはこんな感じの場所にそれぞれ設置されています。ルルドへの参道の途中に設置されています。すばらしい空間です!!


ホント生まれ変われたらこの聖母の騎士で学びたいなっ・・・


ロザリオ 第4玄義

ロザリオ 第4玄義


よろこびの玄義 4 主を聖殿に奉献する


栄えの玄義 4 聖母の被昇天


苦しみの玄義 4 十字架をにないたもう


ロザリオ 第5玄義

ロザリオ 第5玄義


よろこびの玄義 5 聖母、主を聖殿に見出だす


よろこびの玄義 5 聖母、主を聖殿に見出だす


栄えの玄義 5 聖母、天地の元后にたてらる


苦しみの玄義 5 主十字架上に死したもう


苦しみの玄義 5 「主十字架上に死したもう」


主十字架上に死したもう

主が十字架にくぎ付けにせられて死し給いたるを黙想し、聖母の御取り次ぎによりて救霊の恵みをこい願わん。 


▼後編へ行く
長崎・本河内ルルド(後編) ルルドの洞窟 / ルルドの泉



▼平成29年7月の長崎旅行


シーボルト先生の長崎へ シーボルト宅跡(鳴滝塾跡)&シーボルト記念館


長崎の昼景 360度パノラマの稲佐山展望台から望んだ長崎市内の様子


長崎 南山手の国宝・大浦天主堂 ブルーアワー、ライトアップされた日本最古の教会(世界遺産候補)が美しく煌めく!


長崎は港街&斜面都市 1000万ドルの長崎の夜景!グラバースカイロードから見た世界新三大夜景


長崎 東山手の領事館の丘 石橋電停からオランダ坂を登り、長崎外国人居留地時代の石畳の坂道と石垣へ


長崎レトロ!夜の長崎の街 鉄道発祥の地、長崎新地中華街、浜町アーケード


長崎の眼鏡橋は日本三名橋!ライトアップされた美しい石造り二連アーチ橋


長崎の風情 チンチン電車・長崎電気軌道、和華蘭文化、APAホテルで全額返金に当選~ん!


長崎から諫早へバスの旅、夏の大村湾(琴の海)、長崎ちゃんぽん



▼平成30年4月の長崎旅行


空の上から見た笠雲の富士山とディズニーランド。長崎空港到着


長崎港の豪華客船、長崎新地中華街、湊公園、唐人屋敷跡、皿うどん


長崎は鎖国時代の西洋に開かれた唯一の窓口!夜の出島和蘭商館跡と出島橋


夜の長崎柳小路通り、夜の思案橋。福砂屋前でシャボン玉を吹くおねえさん


日本三大花街・夜の丸山界隈(丸山花街)、高島秋帆旧宅など


長崎電鉄(路面電車)の写真撮影会と停留場名称変更情報


死者73,884人 - 長崎平和公園で世界平和を願う。平和祈念像とチリンチリンアイス


浦上天主堂(カトリック浦上教会)は「神の家」、魂のよりどころ


祈りのゾーン。長崎の原子爆弾落下中心地と鉄輪樹の木と折り鶴 - 1945 8.9 11:02


ナガサキ: 長崎原爆資料館で涙しました 悲しき別れ-荼毘(A sad farwell)と永井隆博士の如己愛人


ナガサキ: 国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館で永遠の平和を祈りました


学びのゾーン。長崎市歴史民俗資料館(原爆殉難教え子と教師の像・長崎古賀人形)


キリシタン墓地の聖母マリア像に心打たれる。浦上天主堂を望む風渡る丘の上の経の峰共同墓地で


長崎山王神社の一本柱鳥居(原爆で片方が吹っ飛んだ二の鳥居)


被爆クスノキ 原爆の爆風と熱線に耐えた長崎山王神社の大クス


長崎・浜市アーケードを「浜ぶら」、岩崎本舗の長崎角煮まんじゅうを一気に飲み込む!うまい!!


長崎の坂 7大有名坂の地図と写真 + 長崎喧嘩騒動の天満坂


【長崎世界遺産の美しい動画】必見!祝・世界遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」



▼平成30年7月の長崎旅行


夏の真っ黒な富士山が、長崎行きの飛行機から見えました


通称「よりより」の麻花兒(マファール)、黒崎永田湿地自然公園や永田浜


ドロさまそうめん、長崎の短いしっぽ(短尾)の猫 - 道の駅夕陽が丘そとめ


世界文化遺産 外海の大野集落(大野教会堂)を訪ねました - ド・ロ壁も必見!


世界文化遺産 外海の出津集落(出津教会堂)を訪ねました


世界文化遺産 長崎市ド・ロ神父記念館(旧出津救助院 鰯網工場)


世界文化遺産 ド・ロ神父が設立した旧出津救助院(聖ヨゼフの仕事部屋など)


長崎のうつくしい夕日と長崎電鉄の納涼ビール電車


長崎の忠犬ハチ公「少女と盲導犬の像」 - JR長崎駅前


ツル茶んの真正トルコライスと元祖長崎風ミルクセーキ


ほんとうのオランダ坂と昼の丸山界隈、丸山公園の坂本龍馬像


丸見え長崎電鉄 - 長崎バスターミナルホテルの部屋から見た路面電車


日本二十六聖人殉教地&日本二十六聖人記念館(長崎市西坂公園)


長崎電気軌道 蛍茶屋車庫(蛍茶屋の長崎電鉄車庫)を勝手に見学


長崎の氏神様 お諏訪さん(諏訪神社)へ - 長崎くんちのメイン会場


元祖茶碗むしの長崎「吉宗(よっそう)」で茶碗蒸しと蒸寿しの夫婦蒸しを堪能


JR長崎駅とアミュプラザ長崎のアニバーサリー記念映像の撮影


世界文化遺産 三菱重工長崎造船所資料館(旧木型場)の外観&外部


世界文化遺産 三菱重工長崎造船所資料館(旧木型場)の内部


如己堂(にょこどう)&長崎市永井隆記念館 - 如己愛人 永井隆


長崎市立山里小学校の原爆資料室、あの子らの丘、あの子らの碑


豪華客船 マジェスティック・プリンセス号が日本三大美港・長崎港に停泊していました



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。