長崎レトロ!夜の長崎の街 鉄道発祥の地、長崎新地中華街、浜町アーケード

石畳の路地 - 夜の長崎の街

石畳の路地と志んみちはし(新道橋) - 夜の長崎の街
平成29年(2017年) 7月1日 村内伸弘撮影



長崎は夜が似合う。
いろんな場所を一気に歩き抜けてみて、今僕はそう思っています。


夜の長崎の街、ぶらり旅しています。
さらに歩きます。



我が国鉄道発祥の地


し、新橋じゃなかったんだ~ぁ??
長崎が鉄道発祥の地だったの~!?


我が国鉄道発祥の地跡

慶応元年(1865年)、英国人貿易商トーマス・ グラバーが、ここから松ヶ枝橋の方向にレールを敷いて、英国製の蒸気機関車アイアン・デューク(鉄の公爵)号を走らせました。 集まった人びとは驚きの歓声を上げて見物しました。この運転は営業を目的としたものではありませんでしたが、蒸気機関車の運行としては日本で最初のものでした。この試走は日本近代化の先駆けとなりました。


「蒸気機関車の運行としては日本で最初のものでした。」って書いてあります!


汽笛一声新橋を~♪♪
新橋説は日本で初めての鉄道が新橋〜横浜間で敷かれた時、起点となった「新橋停車場(旧新橋駅)」に由来し、 1872年(明治5年)10月14日がその日付ですので、長崎はそれよりもなんと 12年も前に鉄道が走っていたということになります!


長崎、すごい!!


イオン長崎店前


長崎のチャイナタウン「長崎新地中華街(ながさきしんちちゅうかがい)」西門


ここに中華街があったんだ~~


長崎はヨーロッパの匂いもするし、中国の匂いもする、実にインターナショナルな街なんです!


「長崎新地中華街」北門
日本三大中華街は横浜中華街(よこはまちゅうかがい)神戸南京町(こうべなんきんまち)、そしてこの長崎新地中華街です。


ス、スミマセン、また "3大●●"やっちゃった~ 笑



2階のオシャレなレストランに注目
1階のシャッターとのコントラスト(明暗w)がすばらしい 笑


石畳の道。長崎市銅座町 志んみちはし(新道橋)付近。


橋って驚いたでしょ?
上の写真よ~く見てください。左右に欄干が見えませんか?
写真中央の白いシャツを着たおじさんがちょうど橋の上を歩いています。


銀座じゃないけど、銅座町(どうざまち)という名前もグッドですねっ♪


長崎県長崎市銅座町

銅座町のまちづくり銅座町自治会 – 長崎市の銅座町は長崎くんちの南蛮船、銅座界隈のワクワク感、銅座町にはイベント盛りだくさん!



浜町アーケード(浜んまち商店街)


アーケード前のチンチン電車の観光通電停(観光通停留場)


大行列~
道路の上のホームなので、行列のうしろは道路にはみ出しちゃってます。


浜町商店街(浜の町アーケード)「浜んまち」に入ります。


浜ぶらMAP


ドン・キホーテ浜町店~
長崎一のショッピングスポットである「浜町アーケード「浜んまち商店街」にもドンキがぁ~ 日本中どこに行ってもドンキだねw


ようこそ浜んまちへ!
Welcome to Hamanmachi!


アルコア中通り(長崎 中通り商店街)
「江戸中期から続く長崎で最も古くからある商店街」といっても、時間が時間だけに、どこもやってないと思うけどね(^^;



観光客にはあまり知られてなくって、地元長崎人が多く利用する長崎度の濃い商店街だそうです。 「長崎度」っていうのが笑っちゃいますねっ


当然ですが。全部閉まってます。
ここは昼間来るべきです、大失敗。


時間があれば、こういう路地裏のカフェにも寄るんですが。。。
次はゆっくり来たいです。


電車レストラン(電車食堂) きっちんせいじ
こういう路地裏なら大歓迎~!!
ああ、長崎がまたまた好きになっちゃった~~☆



▼今回の長崎旅行
シーボルト先生の長崎へ シーボルト宅跡(鳴滝塾跡)&シーボルト記念館
長崎の昼景 360度パノラマの稲佐山展望台から望んだ長崎市内の様子
長崎 南山手の国宝・大浦天主堂 ブルーアワー、ライトアップされた日本最古の教会(世界遺産候補)が美しく煌めく!
長崎は港街&斜面都市 1000万ドルの長崎の夜景!グラバースカイロードから見た世界新三大夜景
長崎 東山手の領事館の丘 石橋電停からオランダ坂を登り、長崎外国人居留地時代の石畳の坂道と石垣へ
長崎レトロ!夜の長崎の街 鉄道発祥の地、長崎新地中華街、浜町アーケード
長崎の眼鏡橋は日本三名橋!ライトアップされた美しい石造り二連アーチ橋
長崎の風情 チンチン電車・長崎電気軌道、和華蘭文化、APAホテルで全額返金に当選~ん!
長崎から諫早へバスの旅、夏の大村湾(琴の海)、長崎ちゃんぽん

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。