ムラウチドットコム社長・村内伸弘のブログが好き😍

ブログ三昧♪♪ ムラゴン、にほんブログ村、スポリート、ムラウチドットコム運営の CEO(調子イイおじさん)がブログに恋し、ブログに狂う☆

muragon(ムラゴン) にほんブログ村 inkrich(インクリッチ) スポリート ムラウチドットコム  決意53才

村内 伸弘(むらうち のぶひろ)村内伸弘の彼女

田上長崎市長がハトシを買う場面に遭遇! 長崎ランタンフェスティバル 新地中華街会場

まさに春節祭(中国の旧正月)!長崎ランタンフェスはこの新地中華街から始まった

新地中華街前を流れる銅座川


ピンク色のランタンを水面に映す銅座川


夜の長崎中華街を彩るランタン


赤と黒の芸術!幽玄な長崎燈会ランタン


長崎ランタンフェス 新地中華街会場
令和2年(2020年) 1月31日  村内伸弘撮影



長崎ランタンフェスを楽しんでますよー!
歩きで中島川公園会場から新地中華街会場へ向かってきました。


ランタンに彩られた長崎ホテルマリンワールド


銅座川の上にかかる銅座橋


ピンク色のランタンに記された長崎燈會(灯会)の文字


銅座橋の上から見たところ


ワンダフル!ビューティフル!!


桃色に染まったうつくしい長崎の町


左向きの矢印のようにランフェスの新地中華街会場に向かいます


熱烈歓迎 NAGASAKI LANTERN FESTIVAL


ヤバーーーイ!


中華街目の前の新地橋広場に到着


中華街北門(玄武門)
中華街には東西南北 4つの門がありますが、やはりこの門が長崎新地中華街を代表する風景です


真っ赤なランタンオブジェ


新年(旧正月)を祝うオブジェ


それでは長崎中華街の中に入っていきます

うわっ!ランタンがキレイ!!


うれしいです!こういう道を歩けるなんて僕は幸せです!!


あなたも歩いてみたいでしょ?

無数の赤色ランタンが連なる道の上を!!


この街に集った多くの人が行き交います


このうつくしいランタンが人々をこの街に呼び寄せたのです


ノスタルジック長崎!!!!


いろいろな中華商品も売っていますよ~♪♪


さまざまな中華グルメも食べられまーす


中華街西門(白虎)に向かう路
この路は両脇に商店が少なく、明かりが少ないため北門と南門をつなぐメインストリートとはまたひと味違った見え方をしていました。


赤と黒の世界。この路のランタンも非常に味わい深いです!!


少年ラグビーチーム「長与ヤングラガーズ」のポスター



おーーーーっ!


中華街で長崎市長を発見~ん!!


田上富久(たうえ とみひさ)長崎市長


「市長、1枚ください!」ってお願いして撮らしてもらいました(笑)

長崎名物ハトシを手にする田上市長


長崎市長が買ったハトシ屋さん


「ハトシ」は明治の頃、中国から長崎に伝わった海老のすり身などを食パンで挟み、油で揚げた食べものです。


このハトシ屋さん、2009年と2015年の福山雅治稲佐山ライブの食事と弁当を担当したみたいです。


僕もハトシを買い、食べ歩きで中華街を歩きます。


楽しいなー、楽しいなーーっ


ははは ハトシを食べたあとは、タピりました~


新地中華街を満喫中~☆
長崎はうつくしー
長崎はおいしー


長崎中華街 発祥の話

中国との貿易が行われていた江戸時代、中国人の居留地「唐人屋敷」が長崎にあった。居留地は、現在の新地中華街から少し離れた唐人屋敷跡(唐館)周辺。唐人屋敷は高塀で囲まれ、出島と同じように出入りがチェックされていた。唐船からの積荷を保管する場所を海を埋め立てて作った新地蔵所を造成。しかし、明治維新後、唐人屋敷・新地蔵所が廃止され、在留中国人達は新地蔵所跡に移り住み、現在の中華街へと発展してきた。

長崎ランタンムック2020より引用



▼あわせて読みたい関連記事

令和元年長崎平和宣言 - 長崎市長 田上富久(たうえ とみひさ)

平和を、平和を、平和を。「令和元年長崎平和宣言(宣言文)」


長崎駅かもめ広場のクリスマスツリー、長崎名物 生カラスミとハトシ

長崎駅かもめ広場のクリスマスツリー、長崎名物 生カラスミとハトシ


長崎旅行記(長崎ブログ)の一覧

【長崎旅行記 決定版!】おすすめ長崎旅行ブログ記事一覧 長崎観光の写真たくさん有♪♪



×

非ログインユーザーとして返信する