ムラウチドットコム社長・村内伸弘のブログが好き😍

ブログ三昧♪♪ ムラゴン、にほんブログ村、スポリート、ムラウチドットコム運営の CEO(調子イイおじさん)がブログに恋し、ブログに狂う☆

muragon(ムラゴン) にほんブログ村 inkrich(インクリッチ) スポリート ムラウチドットコム  決意53才

村内 伸弘(むらうち のぶひろ)村内伸弘の彼女

赤色ランタンの波、龍が乱舞する蛇踊り!長崎ランタンフェスティバル 浜んまち会場

長崎ランタンフェス浜んまち会場(浜の町商店街)が極彩色の中国ランタンに彩られる幸せな瞬間っ!

幸せの赤いランタン ー「幸(しあわせ)」字のランタン装飾


赤色ランタンの波


2020長崎ランタンフェスティバル 浜んまち会場


浜んまち会場の蛇踊り


浜んまち会場の蛇踊り(レディース蛇踊り)
令和2年(2020年) 1月31日 村内伸弘撮影




2/1 動画撮影&制作: 村内伸弘(ムラウチドットコム)


龍踊り(蛇踊り/じゃおどり)

中国の雨乞いの神事を再現

もともと中国の雨乞いの神事だった龍踊り(じゃおどり)。唐人服の龍衆が約20mの龍体を操り、その様子を再現します。

長崎市公式観光サイト「 あっ!とながさき」より引用



中島川会場のランタンに大感動!
でも、すぐ近くの浜んまちもすごかった!!!!


おびただしい数のランタンに照らされる商店街「はまんまち」の様子をご覧ください。


はまんまち(アーケード商店街)に入ってきました


いろいろランタンのオブジェが飾ってあって、自然にたのしい気分になります


もちろん "食い気"も満たしてくれます。
アーケードの道の真ん中でかんころ餅などが売ってました。


この桃の形をした求肥桃(ももぎゅうひ/桃菓子)を買って食べました(^^)


ピンク色がかわいらしいです。桃の形がチャーミングです。


彌勒仏・皆大歓喜(チューターファンシ)


このようにオブジェには一つ一つ意味があるんです。
長崎ランタンフェスはテキトーにでっち上げたお祭りではなく、歴史的な意味がある由緒あるお祭りなのです


アーケートの天井から何かぶら下がってます


「幸」の赤いランタンです!

見つけました、幸せの赤いランタン!


「幸」の字、見ているだけで本当にステキです♪♪


元祖茶碗蒸し 吉宗(よっそう)本店
この赤い提灯はいつもの通りです 笑
吉宗は年がら年中ランタンフェスティバルってことですね~ はっはっはw



おや??
なんだか人だかりが!
そして長喇叭や太鼓、銅鑼の音(ね)が!!


蛇踊り(龍踊り/じゃおどり)です!!


はまんまちのど真ん中に蛇踊りがやってきています!!


最高に長崎です!
最高に長崎している瞬間です!!


アーケートの天井でも龍が躍動してました


龍がところせましと乱舞します!!


風の音が、雷の音が、雨の音が、そして龍の鳴き声が、様々な楽器で表現される中で龍はいきいきと踊り回りました!すばらしいです!!



レディース(鶴鳴学園 長崎女子高等学校龍踊部のみんな)が操る龍もやってきました!

長崎女子高校龍踊部の龍衆(じゃしゅう)の赤い龍


長崎女子高校龍踊部の宝珠衆(玉持ち)が持つ玉


美少女たちと勇壮な竜のギャップもまた長崎です


誰もが魅せられ、誰もがスマホを構えます。


長崎や、ああ長崎や、長崎や。


ちびっ子龍もやってきた~(^^)

五穀豊穣!この踊りは龍が雨を降らせるために、雲を呼び、月(玉)を飲み込もうとする姿を再現しているそうです!



最高潮!2020長崎ランタンフェスティバル!!


突然の蛇踊り、見られてよかったです(^^)



仙人みたいな人もいました

縁結びの神様、月下老人

縁結びの神様、月下老人


両脇の紐に無数の赤い糸が結びつけられています。2本入りの「赤い糸お守り」を買って、願いを込めながら 1本はこの紐に結び付け、もう1本は縁結びのお守りとして自分自身で持っておくそうですよ~


あと左手に持っている巻物には、これから結ばれる男女の名前が書かれているそうです(^^)



はまのまちを後にします


長崎芸術祭 ステージの部のポスター


春雨通り 一口ギョーザ 思案橋 宝雲亭あたりの風景


春雨通り沿いの眼鏡橋をかたどったガードレール


思案橋(しあんばし)


思案橋でもランタン装飾が揺れています。


カステラ本家福砂屋 本店


「福砂屋(やさ久ふ)」


長崎警察署丸山町交番


丸山公園 坂本龍馬之像


長崎はわしの希望じゃ」by 坂本龍馬


創業寛永19年 史跡料亭 花月


長崎の歴史と花月

江戸時代、長崎の丸山は江戸の吉原、京都の島原とともに天下の三大遊郭とうたわれ栄えた場所です。花月(引田屋)は、寛永19年(1642)に誕生しました。日本永代蔵では、井原西鶴が「長崎に丸山という所なくば、上方の金銀、無事に帰宅すべし」と当時の繁栄ぶりをうたっております。


江戸から幕末、明治と長崎を舞台に活躍した国際人の社交場でありました。文人墨客も数多く訪れ、なかでも頼山陽は3ヶ月にわたって逗留し、花月を「養花山館」と名付け、篆刻(てんこく)も残しております。昭和35年には長崎県の史跡に指定され、全国的にも珍しい「史跡料亭」として営業いたしております。


花月ホームページより引用



完全予約制らしいのでここまでしか入れませんが、気分は幕末の志士です!


ああ、僕も幕末に生まれたかった。。。



丸山公園の脇にこんな店がありました

幕末にタイプスリップして龍馬と一度飲みたいな~
さぞかしすごい迫力なんでしょうね、龍馬とか幕末の志士たちって。。。


勅使坂(ちょくしざか)


忍び坂(丸山遊郭の帰り道、人目を避けるための裏階段w)


ランタンで埋め尽くされたホテルマリンワールド



▼あわせて見たい関連動画

動画撮影&制作: 村内伸弘(ムラウチドットコム)
令和元年(2019年)7月24日 村内伸弘撮影



▼あわせて読みたい関連記事

長崎くんち踊町 籠町の龍踊(じゃおどり)の練習風景

長崎くんち踊町 籠町の龍踊(じゃおどり)の練習風景


岩崎本舗の長崎角煮まんじゅう

長崎・浜市アーケードを「浜ぶら」、岩崎本舗の長崎角煮まんじゅうを一気に飲み込む!うまい!!


長崎・浜町 カフェオリンピックの龍馬パフェと長崎ビビンバ

長崎・浜町 カフェオリンピックの龍馬パフェと長崎ビビンバ


長崎旅行記(長崎ブログ)の一覧

【長崎旅行記 決定版!】おすすめ長崎旅行ブログ記事一覧 長崎観光の写真たくさん有♪♪



×

非ログインユーザーとして返信する