ムラウチドットコム社長・村内伸弘のブログが好き😍

ブログ三昧♪♪ ムラゴン、にほんブログ村、スポリート、ムラウチドットコム運営の CEO(調子イイおじさん)がブログに恋し、ブログに狂う☆

muragon(ムラゴン) にほんブログ村 inkrich(インクリッチ) スポリート ムラウチドットコム  決意53才

村内 伸弘(むらうち のぶひろ)村内伸弘の彼女

2020長崎ランタンフェスティバル ランタンが最も美しかった瞬間の連写!

真っ赤なランタン!長崎ランタンフェス新地中華街会場の奇跡的な光景!!

うつくしい中国ランタン(中国提灯)
令和2年(2020年) 2月1日 村内伸弘撮影



皇帝パレードの出発を見て、それを追いかけてきました。


せっかくなので、到着も見ようと思って、歩いて皇帝パレードの到着式が行われる湊公園(みなとこうえん)に向います。



やりました!やりました!!


ランタンフェスのメイン会場である湊公園に向う途中、新地中華街で奇跡の瞬間を目にすることができたのです!!!!



見て下さい!この赤いランタンのうつくしさを!


見て下さい!この紅いランタンのあでやかさを!!


僕のカメラはランタンが最も美しかった瞬間を連写でとらえました!


ランタンは夜だけじゃないんです!


昼間でもお日様のさじ加減でこんなにも芸術的な表情を見せてくれるんです!!


ワンダフル長崎!


ビューティフル長崎!!


ファンタスティック長崎~ぃ!!!!


真っ赤な中国提灯と太陽の光の偉大なコラボ


日本三大中華街の長崎中華街は今、超魅力的な別世界となりました♪♪



(参考)
ちなみに・・・
新地中華街のランタンはもちろん夜もメチャクチャきれいですよ~♪♪

(新地中華街目の前)銅座川の桃色のランタン


幻想的な光あふれる春節の夕べ、その名は「長崎ランタンフェスティバル」

新地中華街の赤色のランタン


ほらね!めちゃくちゃキレイでしょ♪♪



長崎ランタンフェスティバル

もともとは長崎新地中華街の人たちが中国の旧正月(春節)を祝う行事だった長崎ランタンフェスティバル。1994年に規模を拡大してから、長崎の冬の一大風物詩として全国的にその名が知られるようとなりました。15日間の期間中、街中に飾られる約1万5000個の極彩色のランタン(中国提灯)と、各会場の大小さまざまなオブジェたちが一帯を幻想的に彩り、訪れる100万超の人々の心を深く魅了します。

長崎市公式観光サイト「 あっ!とながさき」より引用

長崎中華街 発祥の話

中国との貿易が行われていた江戸時代、中国人の居留地「唐人屋敷」が長崎にあった。居留地は、現在の新地中華街から少し離れた唐人屋敷跡(唐館)周辺。唐人屋敷は高塀で囲まれ、出島と同じように出入りがチェックされていた。唐船からの積荷を保管する場所を海を埋め立てて作った新地蔵所を造成。しかし、明治維新後、唐人屋敷・新地蔵所が廃止され、在留中国人達は新地蔵所跡に移り住み、現在の中華街へと発展してきた。

長崎ランタンムック2020より引用



▼あわせて読みたい関連記事

長崎旅行記(長崎ブログ)の一覧

【長崎旅行記 決定版!】おすすめ長崎旅行ブログ記事一覧 長崎観光の写真たくさん有♪♪



×

非ログインユーザーとして返信する