原種椿「ムラウチイ」の突然変異のハート型の葉っぱが紫色から緑色に変わっていくまで。

ハート型の葉っぱ(ハート型の葉っぱの木)

なんと!ハート型の葉っぱのムラウチイ
平成29年(2017年) 6月8日 村内伸弘撮影


白く輝くムラウチイの葉っぱ
平成29年(2017年) 6月15日 村内伸弘撮影



6月1日

平成29年6月1日のムラウチイの一番上の枝の様子。
広がった葉っぱの色が変わり始めています。引き続き、その一部始終をどうぞご覧ください。


それにしても、見事ですね。よくぞ、ハート型の葉っぱになってくれました!


葉緑体(クロロフィル/葉緑素)が急速に増えているようです。



6月2日

朝、カーテンを開けると太陽光が当たり緑色に見え始めています。


もう緑色に見えますねっ!


カーテンを閉めると、太陽光が届かず、まだ紫色に近いです。




6月3日

朝、カーテンを開けているときの葉っぱの色。


夜、カーテンを閉めているときの葉っぱの色。




6月4日

ムラウチイの新葉の裏側




6月5日

もう紫色ではなくなりました。新しい葉っぱがどんどん深い緑色に変身していってます。



6月6日


葉っぱの大きさはもうこれ以上は大きくならないようです。葉っぱの形もこれで固まったと思われます。僕の手と較べてみてください。




6月7日

新しく伸びた枝のピンク色の部分はまだ残っています。




6月8日

原種椿「ムラウチイ(学名: murauchii)」のハート型の葉っぱ。


(参考)

ベトナム原産の黄花椿「ムラウチィ」 学名: murauchii

2/15に自宅に届いたときにはハート型の葉っぱは 1枚もありませんでした。





ムラウチイの葉っぱが、普通と違う "ハート型"になったため不安を覚えて、ムラウチイを譲ってくださった久留米の王子園さんにアドバイスを求めました。

▼質問

王子園さま

こんにちは。2/15にムラウチイを譲って頂いた東京の村内と申します。


先月、葉っぱが大量に落ちてしまったのですが、水やりの頻度や量を増やしたらだんだん元気になってきました。アドバイスありがとうございました!


頂芽から 3枚の新葉が出てきたのですが、1つだけ葉っぱの形がハート形です。主脈がY字形になっています(添付写真参照)。


王子園さまはムラウチイのハート形の葉っぱを見たことがありますか?この葉っぱは奇形で、何かムラウチイに問題が発生しているのでしょうか?


お忙しいところすみませんが、何か情報があれば教えて頂ければ幸いです。


▼回答

村内様

無事に育ち始めた様で一安心しました。


それにしてもここまで葉脈から二又に変化した葉は他の樹種にしても見たことありませんね

葉脈から片方だけがいびつに変化などは稀に見かける事はありますが

生育上は問題は無いと考えます

そのまま生育させて次の葉も変化してくるようなら

別品種としてその部分から先は挿し木也で苗を作られたら良いかと思います



もしかするととんでもないことが起こっているのかもしれません!!!!
ムラウチイが突然変異して、プロの園芸店の人も見たことがないような"葉脈から二又に変化した葉"に進化してしまったかもしれません!世界のどこにも存在していないムラウチイの新品種(別品種)が誕生したのかもしれませんっ!!


ムラウチイは「原種椿」ですから、もし新品種が誕生すると僕が改良したり、育種したわけではないですし、自然交雑もしていないはずなので、園芸品種ではないまったく別の新しい「原種椿」の品種が地球上に誕生するかもしれません!!!!


大興奮です!!!!



6月9日



6月10日

深い緑色に変身したムラウチイ!


紫のムラウチイもステキでしたけど、深緑のムラウチイもやっぱりステキです!




6月11日



6月12日

夜でも緑色に見えるようになってきました。



6月13日

よかったね!ムラウチイ!!見事、深緑色の葉っぱになりました!!




6月14日



6月15日

白く輝くムラウチイ!


みずみずしい緑がうつくしいムラウチイ!!




6月16日



6月17日

ムラウチイのどアップ~~☆



6月18日

見事なハート型の葉っぱです!


ムラウチイのハート型の葉っぱの裏側


それにしてもここまで葉脈から二又に変化した葉は他の樹種にしても見たことありませんね」と園芸のプロがうなった葉っぱです!


僕の自宅の中でおそらく突然変異が起こったのでしょう!突然変異こそが進化です。遺伝子の変化こそが進化なのです。


この1枚を僕は絶対に枯らしてはいけません。この奇跡の1枚から僕は「ハート型のムラウチイ」を地球上にあまねく広める使命を背負ったんだと思ってその責任の重さに打ち震えています!!



(参考)

お写真を拝見しました。他の葉でハート型になったものは無いようですので、おそらく、2つの葉の原基が、何らかの原因(環境要因など)で非常に接近して形成され、基部が合着したため、本来2枚の葉になるはずだったものがハート型の1枚の葉になってしまったのではないかと考えられます。他の植物でも時折見られる現象です。


Camellia murauchii は、ベトナムと日本の研究者によって20年ほど前の1998年に報告されたベトナムのツバキの仲間です。C. murauchii にこうしたハート型の葉っぱが出やすい性質があるのかについては、申し訳ありませんが情報として持ち合わせておりません。もしも今後芽吹いてくる葉が、全てハート型、あるいはかなりの頻度でハート型になるようでしたら、突然変異(枝変わり)が発生している可能性も考えられるかと思います。


農研機構・ツバキ関連の研究者さま



▼あわせて読みたい関連記事



到着4ヶ月後、原種椿「ムラウチイ」の新葉がグリーンに!



到着3ヶ月後、原種椿「ムラウチイ」は枯死寸前?末期的症状? いいえ 樹勢回復を目指します!! 



酷い!原種椿「ムラウチイ」の新しい葉っぱが枯れました、、緑色の葉っぱになる前に枯れてしまいました。。



原種椿「ムラウチイ」の透き通ったキレイな紫色(パープル)の若葉


原種椿「ムラウチイ」の新しい葉っぱが出てきそうです!


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。