ようこそムラウチイ! 黄色い花を咲かせる非常に貴重な原種ツバキは史上最高の誕生日プレゼント!

ベトナムの原種椿「ムラウチイ」 学名: murauchii

原種椿の「ムラウチイ」 学名: murauchii

ベトナム原産の黄花椿「ムラウチィ」 学名: murauchii

ベトナム原産の黄花椿「ムラウチィ」



Welcome!
ようこそムラウチイ!


私が最初に分けていただいた方が師匠でもありましたが亡くなる前にムラウチイは非常に貴重な類で愛情を持って接してくれるであろうと思われる方にだけ分けてあげなさいと言われておりました。


王子園 園主


僕・村内伸弘が49歳になった今日2月15日(誕生日)
ムラウチイが僕の家にやってきました!!
史上最高の誕生日プレゼントです!!!!


ムラウチイとはたぶん、一生一緒に暮らしてくことになると思います。
園主の師匠の遺言を守り、愛情を持って接して大切に大切に育てたいし、生きている間、僕は様々な気づきやインスピレーションを「ムラウチイ」からもらい続けるんだと思ってワクワクしています。


福岡県久留米市の植木屋さん「王子園」さんから貴重な原種椿の苗木を購入させていただきました!「王子園」さん、本当にありがとうございました!!!!


【種名】ムラウチイ【学名】murauchii

キンカチャなどの類で原種ツバキ!

ベトナム北部にて自生

1月~3月に淡い色の花を頂芽に着ける

葉に特徴があり表面は硬くゴワゴワする

まるで一見すると造花の葉に見えるほど

それに葉に光沢があり薄暗いところでは黒光りするほど!

成葉になる前は特に顕著!

1998年「村内重幸氏」が発見。


植木屋 王子園さんのブログより引用)




ムラウチイというベトナム原産の黄花椿のことを知っている日本人はたぶん、本当にごくわずかだと思います。村内(ムラウチ)という姓を持つ僕が自宅でムラウチイの種を保存し続け、株を増やし続け、このブログを使ってムラウチイを PRするのは宿命であり、使命だと感じています。


王子園さんは 2007年の挿し木から 10年間も育成しているようですので、日本で一番「ムラウチイ」に詳しいと思います。今回、ムラウチイを譲って頂くやりとりの中で色々ムラウチイの特性について教えて頂きましたので自分自身の備忘録も兼ねて、インターネット上にこの貴重な情報を保管しておきたいと思います。いつかどこかでだれかがムラウチイを育て始めるときの参考になれば幸いです。


ムラウチイは本来は極めて丈夫な類だと思っています

ただ一番の欠点が直射日光下はまるで駄目な様です(極度の陰樹)


自生地の様子を聞いた時は、

ジャングル状態で空は殆ど見えないくらい鬱蒼としているそうです

その中で黒光りしながら自生しているムラウチイが育っていると云う事でした


私もできる事なら庭園材料として世に出したく思い

陽光の下で育つ物ならと色々テストしてみましたが

やはり夏の日差しを越すのは無理ではと感じました

(根までは枯れませんがかなり衰弱します)

現在の栽培環境は外側に寒冷紗(遮光率50~60%程度)

+内側80cm下部にビニール被覆の二重張りで

両サイドは真冬でも少しは開放していますので

ハウス内の温度は、夜は鉢土が2~3晩は凍り付いています


室内に置く場合は窓際からはチョット離すかカーテン越し!

鉢へのタップリの散水と、霧吹きなどでの葉水は必須かと思います。

以上の経験から、耐えて生き残った物からの苗更新を繰り返していますので

寒さはかなり耐性は出来ていると思います。

(王子園さん)

現在は持ち出し禁止?の規制が掛かっているみたいですが

発見当時は合法的?に持ち込んだとの話でした。

(王子園さん)

お送りしたムラウチイは 2014年に初めて一輪だけ開花に至った物です

(葉の周囲が少し焼けているのが確認できますが、朝日だけ1時間ほど当てて育てた時です)

テストとして生育させていますが周年開花する習性じゃないのかもです??

(王子園さん)


キンカチャの類の原種ツバキでムラウチイと云うのが極めて薄暗いところにも強い様です

日照をこれほど嫌うかと思えるほどです!

我が家も玄関がドアを締め切るとかなり薄暗いのですが

何らかの植物をおきたいと色々置いては見ましたが

中々順調に手の掛からずに育ってくれるものはありませんでしたが

その中でムラウチイなる物だけは別格で外と言うか雨降りに散水代わりに出しただけでそのとき雨が上がりいきなり日が差し込んだときには葉が焼けました

これは特に日陰ばかりで育てていたために特に酷かったのかも知れません?

それと日陰ばかりと言う事で幹が間延びする感じに生育するのは今後の剪定(ピンチ)などの検討課題ですが!

王子園さんの掲示板「納戸の植物」より引用)


▼ムラウチイ開封の様子

ムラウチイ(murauchii)とアザレアツバキ(別名:彩夏/サイカ - 中国名杜鵑紅/トケンコウ)

人生最高の誕生日プレゼント!ムラウチイ(murauchii)
※ガムテープで巻かれた根元の小さな苗はおまけで頂いたアザレアツバキです。別名: 彩夏 (サイカ)、中国名: 杜鵑紅(トケンコウ)。アザレアツバキは夏場に真っ赤な大輪で開花するツバキです。



ムラウチイ(Camellia murauchii)

村内ぃ!? ムラウチイ(murauchii)- ベトナム産の原種椿/黄花椿!



「ムラウチイ」到着前 - 鉢の用意と土作り



「ムラウチイ」到着後、植え替えと霧吹きでの葉水(はみず)



原種椿「ムラウチイ」の黄色い葉っぱ 1枚枯れ落ちてしまいました



到着1ヶ月後、原種椿「ムラウチイ」の葉っぱが折れ曲がってしまいました



原種椿「ムラウチイ」の根元に発芽した謎の新芽を除去 



到着2ヶ月後、原種椿「ムラウチイ」の葉っぱが次々落ちています



▼あわせて読みたい関連記事
僕が植え付けた原種椿

原種椿「ゴードニア・アキシラリス(タイワンツバキ)」

原種椿「ゴルドニア・アキシラリス(タイワンツバキ)」

原種椿「ゴルドニア・アキシラリス(タイワンツバキ)」


千重咲きが美しいつばき 淡乙女(乙女椿)の植え付け


世界に冠たる幻の椿「玉之浦 / 玉の浦(ヤブツバキ)」を植え付け。長崎県五島列島原産の幻の銘花



山茶花(サザンカ)のつぼみはミルキーな紅白



真っ赤なさざんか: タチカンツバキ(立寒椿)の勘次郎




サンノゼ - ベトナム戦争記念碑 「サンノゼの息子たち」

SONS OF SAN JOSE - VIETNAM WAR MEMORIAL(ベトナム戦争メモリアル) 1961-1975


▼ベトナム・ハノイ旅行記
ベトナム・ハノイ旅行記 01 建都1000年に沸くハノイ
ベトナム・ハノイ旅行記 02 朝、ホアンキエム湖を散歩
ベトナム・ハノイ旅行記 03 ホーチミン廟、ホーチミンの家、一柱寺
ベトナム・ハノイ旅行記 04 文廟とそこに咲いた可憐なアオザイ娘たち
ベトナム・ハノイ旅行記 05 バスに揺られて陶器の里・バッチャン村
ベトナム・ハノイ旅行記 06 水上人形劇とハノイビール
ベトナム・ハノイ旅行記 07 世界遺産・ハロン湾クルーズへ
ベトナム・ハノイ旅行記 08 ハロン湾クルーズとティエンクン鍾乳洞上陸
ベトナム・ハノイ旅行記 09 チャーカーラーボンと旧市街歩行者天国
ベトナム・ハノイ旅行記 10 ホーチミン主席のプロパガンダポスターを衝動買い
ベトナム・ハノイ旅行記 11 ベトナム少数民族の民族学博物館、国旗掲揚塔
ベトナム・ハノイ旅行記 12 バインミー、バインゴイ、ドンスアン市場
ベトナム・ハノイ旅行記 13 旧市街をシクロで一周。さようならハノイ


▼ベトナム・ホーチミン旅行記
ベトナム・ホーチミン旅行記 01 タンソンニャット国際空港のスゴイお出迎え
ベトナム・ホーチミン旅行記 02 東洋のパリ、夜の散歩
ベトナム・ホーチミン旅行記 03 朝食はフォー、観光はバイクタクシー
ベトナム・ホーチミン旅行記 04 ベトナム代表!ホーおじさん記念館
ベトナム・ホーチミン旅行記 05 統一会堂(旧独立宮殿)
ベトナム・ホーチミン旅行記 06 (ベトナム戦争)戦争証跡博物館
ベトナム・ホーチミン旅行記 07 チョロン地区・ティエンハウ寺のうず巻き線香
ベトナム・ホーチミン旅行記 08 ホーチミン7区と道端のにわとり屋
ベトナム・ホーチミン旅行記 09 昼下がりサイゴン川
ベトナム・ホーチミン旅行記 10 ノン(菅笠)と天秤棒の女性たち
ベトナム・ホーチミン旅行記 11 聖マリア教会(サイゴン大教会)からぶらり歩き
ベトナム・ホーチミン旅行記 12 バイクの大群!!夕方のラッシュアワー
ベトナム・ホーチミン旅行記 13 ベンタイン市場の夜市、9・23南部抗戦の日ショー
ベトナム・ホーチミン旅行記 14 クチトンネル(鉄の三角地帯・クチ)
ベトナム・ホーチミン旅行記 15 ゴムの木とメコン川名物料理
ベトナム・ホーチミン旅行記 16 これぞメコンデルタ!
ベトナム・ホーチミン旅行記 17 いよいよ茶色いメコン川クルーズ
ベトナム・ホーチミン旅行記 18 旧市場とベトナム伝統舞踊
ベトナム・ホーチミン旅行記 19 暑い~!ホーチミン市内をジョギング
ベトナム・ホーチミン旅行記 20 コムガー、デパート、市場。ありがとうサイゴン!!


INSIGHT GUIDES 「VIETNAM(ベトナム)」
ベトナム産業分析 この一冊でベトナムの今が分かる!
まっぷる(マップルマガジン)2011 ベトナム
ホー・チ・ミン わが祖国の自由と独立 / 日本ベトナム友好協会
正伝 ホーチミン / ベトナム労働党中央党史研究委員会
現代ベトナムを知るための60章 / 明石書店
物語 ヴェトナムの歴史 一億人国家のダイナミズム / 小倉 貞男
人間の集団について ●ベトナムから考える / 司馬遼太郎
泥まみれの死 沢田教一ベトナム写真集
ホーチミン 5日間 67,910円!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。