ムラウチドットコム社長・村内伸弘のブログが好き😍

ブログ三昧♪♪ ムラゴン、にほんブログ村、ムラウチドットコム運営の CEO(調子イイおじさん)がブログに恋し、ブログに狂う☆

無料ブログサービス muragon(ムラゴン) ブログランキング にほんブログ村 ECサイト ムラウチドットコム 決意54才

村内 伸弘(むらうち のぶひろ)村内伸弘の彼女

伊勢神宮 外宮へ令和のおかげ参り!&神都バスに乗って外宮から内宮へ移動

お伊勢さん 外宮(げくう)は豊受大御神が鎮座する日本人の心のふるさと♪ 神都バスは明治36年~昭和36年に伊勢を走っていた路面電車・神都線を再現したバス♪

伊勢神宮外宮 正宮  豊受⼤神宮/とようけだいじんぐう


伊勢神宮外宮 古殿地前で記念撮影する僕・村内伸弘


神都バス(しんとばす)
令和4年(2022年)11月13日 村内伸弘 撮影


日本人の心のふるさと

伊勢神宮(いせじんぐう)

古くから「お伊勢さん」 と親しまれている伊勢神宮。ゆたかな緑に包まれた、すがすがしい参道を歩けば、神域の自然の美しさ、あふれでる生命力が心にうるおいを与えてくれます。いつの時代も変わらない姿で、わたしたちを迎えてくれる "日本人の心のふるさと"を訪れてみませんか。

伊勢志摩観光ガイドブックより


美しい鳥羽に別れを告げて、"日本人の心のふるさと" 伊勢神宮へ令和のおかげ参りです!


近鉄鳥羽駅の近鉄時刻表


鳥羽の PRディスプレイ


鳥羽駅(当駅)から伊勢市まではたった 5駅です。電車に乗っちゃえばすぐ近くです


鳥羽駅で買ったドリップコーヒー
この海女さんのイラストがとってもかわいくって買っちゃいました


おお!さすが全国旅行割の日曜日。しまかぜ満席です!大阪難波行き、名古屋行き、京都行き、すべて満席です


心に傘を。
心に悲しみの雨が降り続いて、つらくて苦しいときはお電話ください。


今僕は旅行を楽しんでいますが、世の中には心に悲しみの雨が降り続いている人たちがいる。このポスターを見てそういうことを忘れてはいけないと思いました。


というか、旅行なんかしてていいのか?、、、
菩薩(ぼさつ)を目指すなら、こういう人々を助ける行動を今すぐ起こさなくてはいけないんじゃないだろうか?、、、
自問自答しています・・・


鳥羽駅はポケモンのミジュマルだらけ~ 笑


鳥羽の絶景へ またお越しください。
鳥羽グランドホテルは僕が宿泊して感動したステキなホテルです
ハイ!また来まーす!!


中川駅行きの普通列車がやってきました


伊勢市駅に向かう車窓


アッという間に伊勢市駅です

近鉄と JRを結ぶこの跨線橋(こせんきょう)があまりにも劇的です!!
よくぞ現役で残ってます
改修するのに、費用を近鉄が持つのか、JRが持つのか?割合はどうするのか?的な感じで塩漬けになっちゃってる感じもしますねー 笑


外宮(げくう)がある JR側出口に向けて歩いています
お伊勢参りは先に外宮に参拝し、その次に内宮へ行くのが正式な順序です


JR伊勢市駅


伊勢市駅の名所案内

豊受大神宮(外宮)  とようけだいじんぐう/げくう

祭神の豊受大御神は、五穀豊穣・産業の守護神

皇大神宮(内宮)  こうたいじんぐう/ないくう

皇室の祖、天照大御神が祀られている、ご神体は八咫鏡(やたのかがみ)


伊勢の特産品
ショーケースが木枠なのがいい感じ(^^)


気になったマスヤしょうゆおにぎりせんべい


さあ、昔からの習わし通り、外宮からお参りスタート♪♪ 伊勢市駅から伊勢神宮外宮へ歩いて向かいます。

ここにも「赤福」の看板がぁ


外宮は伊勢市駅から歩いてすぐです


「ようこそお伊勢さんへ」というド派手なハッピを来たボランティア?の人たちが駅前にいました


伊勢市駅から出ると駅前に早くも鳥居がありました


すぐ参道につながります

伊勢神宮外宮参道


日の丸が描かれた伊勢和紙の行灯に「外宮参道」の文字
伊勢は情緒にあふれています


歴史を感じる古い建物が参道の両脇にズラリと並んでいます!


こういうお店もシビれます 笑


やっぱりお伊勢さんですね。歴史の長さが違います。参道は魅力たっぷりです♪♪


この旅館の年季の入りぶりもスゴイ!参詣道歩き、うれしいです!たのしいです!


柄杓童子(ひしゃくどうじ)

古来より、神宮参詣は人々の憧れでしたが、実際にお詣りができない人たちの願いを叶えたのが、犬の代参でした。柄杓を背にした犬が、たくさんの善意に守られながら道中を続けたといいます。犬に跨っている童子は、優しいこころの象徴です。

籔内佐斗司


波と貝?個性的な鬼瓦です


風情がありますね!


伊勢神宮外宮(げくう)

外宮(げくう)

産業と衣食住の神様、豊受大御神を祀る御正宮を中心とした、約89ヘクタールの宮域はゆたかな緑に覆われています。降り注ぐ木漏れ日を感じながら、のんびりと参道を歩くことができます。

伊勢志摩観光ガイドブックより


外宮域内案内図


いよいよ伊勢神宮を参拝します

外宮の域内はとても清々しいです!


外宮 お神札授与所


古殿地(こでんち)

正宮と同じ広さがあり、前回の遷宮まで御殿が立っていた場所です。古殿地は次の遷宮まで静かにその時を待ちます。

伊勢神宮公式サイトより


正宮 豊受大神宮 とようけだいじんぐう

天照大御神のお食事を司る神であり、衣食住を始め産業の守り神でもある豊受大御神をお祀りします。

伊勢神宮公式サイトより


お参りしました!
いろんな人が次々にお参りしていてさすがです!初詣級の混み具合w


変に飾ったりしてなくて、本当に 1500年間何も変わっていないんだと思います。ここに鎮座した 1500年前まんまの姿がいまにそのまま伝わっている強烈な神社です!!!!


日々を無事に過ごせている「おかげさま」を感謝しながらお参りしました。これぞ「おかげまいり」です(^^)/


杉の木がうつくしい


別宮にもお参りします

別宮 風宮(かぜのみや)


風宮にお参りしました


別宮 多賀宮(たかのみや)


多賀宮のお参りも完了です


神社の石段ってなぜか味わい深いんですよね。下りてきた石段を下から見上げてパチリ♪♪


外宮、心洗われました!

火除橋(ひよけばし)を渡って、外宮を後にします




外宮から内宮への移動はバスを使います


おーーっ!
「外宮前」バス停にすんごいレトロな感じのバスが停まってる~☆

神都バスです!
乗ろう!乗ろう!乗るぞ~!!


神都バス(しんとばす)


半世紀の時を越えて、神都・伊勢に復活。

はるか昔より「神都」と呼ばれ、人々の信仰の聖地として崇められてきた伊勢。かつて明治36年から昭和36年の間、この地にはその名をいただいた路面電車・神都線が走っていました。伊勢神宮への参拝客を乗せ、多くの人々に愛されたその参宮電車が惜しまれつつ姿を消して五十余年。20年に一度の式年遷宮のこの年に、路面電車型バスとなって生まれ変わります。懐かしさと新鮮さを乗せて、あなたを乗せて。

三重交通


昭和35年頃の路面電車の写真がめっちゃノスタルジーですね♪♪


神都バスの車内


神都バスから見えた神宮会館


内宮前のバス停「内宮前」に着きました


さあ、順番通り、今度は伊勢神宮内宮にお参りです!!


▼あわせて読みたい関連記事

琴平: しあわせさん。こんぴらさん。 ご利益求め苦しいけど神々しい絶景の金比羅参り。

琴平: しあわせさん。こんぴらさん。 ご利益求め苦しいけど神々しい絶景の金比羅参り。


日本三大稲荷・祐徳稲荷神社(佑徳さん)にご参拝 - 佐賀県鹿島市

日本三大稲荷・祐徳稲荷神社(佑徳さん)にご参拝 - 佐賀県鹿島市


熊野旅行記(熊野古道ブログ)の一覧

【熊野古道旅行記 決定版!】おすすめ熊野古道ブログ記事一覧 熊野詣での写真たくさん有♪♪


神社仏閣・教会参拝記(神社仏閣・教会ブログ)の一覧

【神社・寺院・教会参拝記 決定版!】おすすめ神社・寺院ブログ記事一覧 神社・寺院の写真たくさん有♪♪


×

非ログインユーザーとして返信する