ムラウチドットコム社長・村内伸弘のブログが好き😍

ブログ三昧♪♪ ムラゴン、にほんブログ村、スポリート、ムラウチドットコム運営の CEO(調子イイおじさん)がブログに恋し、ブログに狂う☆

muragon(ムラゴン) inkrich(インクリッチ) にほんブログ村 ムラウチドットコム  決意54才

村内 伸弘(むらうち のぶひろ)村内伸弘の彼女

悟りの木 スリーマハー菩提樹の写真集 仏教三大聖樹(仏教三霊樹)

観葉植物として圧倒的にオリジナルでスペシャル!スリーマハーボダイジュの先が伸びたうつくしい葉っぱにうっとり♪♪

うつくしいスリーマハー菩提樹の葉っぱ
令和4年(2022年) 7月14日 村内伸弘撮影


スラリと尾状に細長く伸びたスリーマハー菩提樹の個性的な葉先
令和4年(2022年) 6月21日 村内伸弘撮影


朝の光を浴びるスリーマハー菩提樹の新葉
令和4年(2022年) 7月24日 村内伸弘撮影



ポット苗から鉢上げしたスリーマハー菩提樹の様子をご覧ください。可愛くって可愛くって、毎日写真に撮りました♪♪


インドボダイジュ(印度菩提樹)

釈迦がこの木の下で悟りを開いたとされます。葉は光沢があり、10cmほどの葉柄がつき、葉の先端は尾状に長く伸びます。花が咲かずに果実ができるようにみえますが、果実のようなものの内部には空洞があり、内側に小さな花が密生します。これが後に熟して果実になります。

新宿御苑 温室の説明板



▼6月3日 スリーマハー菩提樹

ムラウチドットコム本社の僕の机の真後ろに飾ったスリーマハー菩提樹


▼6月4日 スリーマハー菩提樹

ムラウチドットコム本社の応接室に飾ったスリーマハー菩提樹



▼6月13日 スリーマハー菩提樹

葉先が細長いのがとくかく印象的。それから、やっぱりお釈迦さまがこの樹の下で悟りを開いたという歴史が最高にエキサイティングです。


これから僕の仕事ぶりをこの樹が見つめてくれるのでとてもうれしいです♪♪


新しい芽も出ています


▼6月21日 スリーマハー菩提樹

応接室の机の上。背景が茶色になって、更にステキに撮れています♪♪



おっ!

こっちは小指の先ぐらいの小さな葉っぱが出てきています!


▼7月5日 スリーマハー菩提樹

みずみずしい新しい葉っぱが展開し始めています


▼7月7日 スリーマハー菩提樹

スリーマハー菩提樹!"菩提樹"だけでも特別な響きを持っているのに、この樹は人間の手によって植樹された樹木では最古という "スリーマハー菩提樹"なんですから劇的です!



▼7月8日 スリーマハー菩提樹

こんなに小さいのに、葉先はすでに長いんです。可愛いですよね(^^)/



▼7月11日 スリーマハー菩提樹

机の後ろも新しい葉っぱが出てきそうです


▼7月12日 スリーマハー菩提樹

指が透けています!誕生したばかりのスリーマハー菩提樹の葉っぱに感動~☆


▼7月13日 スリーマハー菩提樹

机の後ろもアッという間にちっちゃな葉っぱが展開しています。スリーマハー菩提樹の生長はとても速いです♪♪


▼7月14日 スリーマハー菩提樹

すばらしいです!この真新しい萌え出たばかりのやわらかな緑色に乾杯~い!


現地ではスリーマハーボダイジュからお数珠が作られたりもしているようです。この樹は聖なる樹なんです。



葉っぱを展開中

上から見ると写真中央上の葉っぱはすでに開ききっています


▼7月16日 スリーマハー菩提樹

スリーマハー菩提樹は貴重な株なので、眺めているだけで楽しくなります


ホント変わった葉の形です。「変わってる」というのは、"オリジナル"であり、"スペシャル"という意味で僕の最大の誉め言葉です。


開いた開いた!


開いた開いた!!


下から見るとスラっと伸びた枝も個性たっぷりです♪♪



▼7月17日 スリーマハー菩提樹


▼7月20日 スリーマハー菩提樹


▼7月21日 スリーマハー菩提樹

ホラっ!小指の先と較べてみてください(^^)
ちっちゃくってメチャメチャかわいらしいでしょ~☆


応接室の株は落葉が目立つようになってきました。ちょっと心配です。でも、このように新葉も吹き出してきています。


新しく萌え出たテッカテカのスリーマハー菩提樹の葉っぱ、どうぞジックリご覧ください


▼7月24日 スリーマハー菩提樹

応接室に差し込むガラス越しの光がスリーマハー菩提樹を一層うつくしく見せてくれています


目を閉じるとこの樹の下で、お釈迦さまが悟りを開いた様子が目に浮かびます!!


"悟りの木・スリーマハー菩提樹"
存在が圧倒的すぎます!!!!
こんなスピリチュアルであたたかい雰囲気の植物はなかなかありませんよ。


仏教の起源は、紀元前 4~5世紀のインドである。釈尊(釈迦牟尼世尊)が、菩提樹の下で悟りを開いて、そこで自覚した真理に基づき説いた教えが仏教である。

日本仏教のあゆみ 信と行「はじめに」 竹村牧男より引用


仏教は、言うまでもなく釈尊を開祖とする。釈尊が苦行を経て、菩提樹の下で坐禅を修していたとき、はからずも悟りを開き、その後、その立場から説いた教えが、仏の教え、すなわち仏教である。

日本仏教のあゆみ 信と行「禅 - 自己を求めて」 竹村牧男より引用


釈尊は菩提樹の下で悟りを開かれて、涅槃に入られたのです。故にその時「不死を得た」と言われています。

大乗仏教のこころ 平川彰より引用


お釈迦さまはこの樹の下で静かに坐ったのです


やりました!うつくしい一枚が撮れました
     ↓↓↓↓↓


写真右下に大注目!

この細長い葉先が芸術的でしょ!!最高にアートしちゃってます!!!!


▼7月25日 スリーマハー菩提樹

それにしても、この樹、どんどん葉っぱを出してきます(^O^)


すでに込み入っちゃってます(笑)


"いのち"の象徴なんだと思います!活き活きとした生命力が溢れ出しています!!!!


▼7月26日 スリーマハー菩提樹


▼7月27日 スリーマハー菩提樹


▼7月29日 スリーマハー菩提樹


▼7月31日 スリーマハー菩提樹

明暗が分かれたスリーマハー菩提樹
左: 僕の机の株は葉っぱを見事に茂らせています
右: 応接室の株は葉っぱをほとんど落としてしまっています、、、


落葉してしまった株から最後に芽吹いている新芽
この若葉を大事に育てて、落葉してしまった株はなんとか復活させたいと思っています!



いかがでしたでしょうか?
スリーマハー菩提樹は寒さに弱いらしいんで、どちらも冬が正念場だと思っています。大切に育てます。僕の机の株は超元気なのでこれからズッと仕事場の椅子の後ろにこのスリーマハー菩提樹を飾っていきたいです。この樹の下で悟りを開く日を夢見て。


新宿御苑 温室のインドボダイジュ(印度菩提樹)

インドボダイジュ




大乗仏教のこころ 平川彰 大法輪閣の表紙に使われていたインドボダイジュ



▼前の記事を読む

スリーマハーボダイジュ(劇的な仏教三大聖木)!お釈迦様が悟りを開いた菩提樹の分け木を育てます

スリーマハーボダイジュ(劇的な仏教三大聖木)!お釈迦様が悟りを開いた菩提樹の分け木を育てます



▼あわせて読みたい関連記事

釈迦苦行像/釈迦断食像 - 仏教聖地・インド ブッダガヤにて購入

釈迦苦行像/釈迦断食像 - 仏教聖地・インド ブッダガヤにて購入


仏教誕生の地 ブッダガヤ & 求法の道 シルクロード

仏教誕生の地 ブッダガヤ & 求法の道 シルクロード


観葉植物 ベンガル菩提樹(フィカスベンガレンシス)が到着~♪♪

観葉植物 ベンガル菩提樹(フィカスベンガレンシス)が到着~♪♪


観葉植物ブログの一覧

【観葉植物 決定版!】おすすめ観葉植物ブログ記事一覧 観葉植物の写真たくさん有♪♪


×

非ログインユーザーとして返信する