ムラウチドットコム社長・村内伸弘のブログが好き

ブログ三昧♪♪ ムラゴン、にほんブログ村、スポリート、ムラウチドットコム運営の CEO(調子イイおじさん)がブログに恋し、ブログに狂う☆

muragon(ムラゴン) にほんブログ村 スポリート ムラウチドットコム  決意50才

村内 伸弘(むらうち のぶひろ)村内伸弘の彼女

コルベ神父について - 長崎・聖母の騎士社 聖コルベ館館長 小崎登明館長

あなたに質問です。あなたは他人の身代わりになって死ぬことはできますか?

聖コルベ(コルベ神父)は人の身代わりになって死んだ

コルベ神父は人の身代わりになって・・・人の身代わりになって死んだ


コルベ神父は人の身代わりになって・・・・・・

人の身代わりになって死んだ

ガーン

そんなことがキリスト様以外にできるのか・・・・・・?

この事件は小崎修道士の心を大きく揺り動かしたのです。



【動画】長崎・聖コルベ館 小崎登明館長



すばらしい動画ですが、いつネット上から消えてしまうかもしれませんので僕が必死に文字起こしをしてテキスト版もご用意しました。現在、そして未来の人々にこの小崎登明修道士のお話を伝えられれば嬉しいです!



【文章】聖コルベ館 小崎登明館長


子供たち 17歳だからね


子供たちに自分私は 17歳の時に


あなたと同じ歳の時にね


大きな体験をしたと


それはどういう体験かって言ったらね


原爆の丘で


自分は生き延びたんだけどね


生き延びたんだけど


その原爆の当日ね


その当日原爆が落ちた日ですよね


日の時にその原爆の丘を


さまよっていた時に


自分が 3つの体験をしたということを語るわけね


その一つはね「助けなかった」ということね


小学6年生の男の子を助けなかったっていうこと


それから二番目に


女子学生を助け、一応助けたは助けた


助けて担架に乗せたんだけども


アメリカの飛行機が飛んできたらね


ほったらかしにして「逃げた」ってことね


この逃げるということね


3番目にね


たまたま私を叩いた先輩に


出会って


その人が重症


お腹が裂けて重症だったのちょうど出会ってね


でその時に


叩いた人間だったのでね


許すことができなくて


まあいい気味だというなね


ざまみろってな感じで


傷ついた先輩をね


上から目線で


「許さなかった」ってことね


それがね原爆の日に体験した


3つの大きな出来事だったんだけど


それが今考えてみたらね


これはね人間の本性でね


人間が持っている


君たちもあるんだよと言いたいんだな


クラスにもあるんだよって


だから「助けない」とか


困難が来たら「逃げる」


それからこの仇のある人間は「許さない」


これはね


あの人間の本性だから


誰にもあるんだと


あなたたちのプラスにもなり


君たちの心にもあるんだってね


でこれがね


やっぱり


なくならなければ平和は来ないってことはね


そこを私語りたいんだね


これで


自分の家に帰って来たらもう


私の家は爆心地から 500mだから


だから家もないし母親も行方不明なってね


もう全部燃えてしまって



残ったのが「命」だったんだな


で、命は大事だということをその時初めてね


自分の命ということ


すべて原爆の丘で全部失った時に初めて


残ったものは破れたズボンと汚れたシャツとね


命だったっていうのね


そして


私はすぐこの


聖母の騎士の神学校に入ったのね


それがその神学校作った人がコルベ神父だったわけよ


で、そのコルベ神父いう人の生き方はどういう生き方をしたかって言った時にね


そのコルベ神父さんは長崎で 6年生活したんだけど


非常に苦しい生活をね、したんだけど


ポーランドに帰ってね


最終的にアウシュヴィッツに入られて


どん底ですよね


その生活の中で


彼は


アウシュヴィッツの中でどういう生活したかって言うた時に


みんなを助けながらね


少しは貰った


食事若い人に分け与えてね


自分はもう


年とってるからいいから


そしてナチの兵隊からもいじめられても


重労働させられてもね


ナチの兵隊に対しても優しい目を向けてね


彼らはもう許してあげてね


そしてどんな困難が来ても逃げないで


で、最後は「命」でしょ


命までも捧げたということ


結局、私はその原爆で体験した


そのいろんな人間の課題というのが


コルベ神父さんの中で解決があったんだよな


で、そこまではいいんだよ


そこまではね


ほいで解決があったから


じゃあ今度君たちに向かって


君たちに今度何を


そこまで話すんだけど


じゃあ君たちはどういうふうに生きなければならないかっていう


最後の


ところに来た時に


そこに


あのここでね私 20年間ね


その


ずっと今まで話をしてきたんだけどね


難しいんだね


それはね


どういう答えをね


与えなければいけないかって言ったときに


まあ普通私があの


原爆資料館で


語り部やっていた時はね


あの公(おおやけ)の


原爆資料館でやっていた時


平和推進協の方で


言われていた


テーマに掲げていたのは


人間の


痛みを分かる心を持つことがね


平和の原点だという


ひとつのね掲げているわけ


推進協のね


人間の痛みをわかる心を持つこと


それが平和の原点だから


そういう痛みがわかる人間になろうという


いうことを言ってはいるんだけど


果たして本当に人間っていうのはね


人の痛みを分かることができるだろうかっていう


ことのテーマは掲げているんだけども


果たして本当にそれができるんだろうかって言う


ことを思うわけよね


うーん


で、私の母親はね


原爆で死んだ母親はね


いつも私にこう言っていたの


人間の痛みっていうのはな


3年でも堪えるって


人の痛みはね


3年でも堪える


あの我慢するって


言ってたのよね


だからあんまりね


他人から同情とか何とか受けるのはね


期待するんなっていうなことを


原爆で死んだ母は言ってた


それいつも思い出すんですよね


だからね


女子高校生たちにね


コルベ神父の


何をねー


その、語ったらいいのかなぁってことでね


まあ私が


言ってるのは


ガイオニチェクさんのね


命をもらった人がね


やっぱり生かされている「命」


生かされた「命」


感謝


というところが一つとね


それからもう一つは


コルベさんのね


お礼を求めない


命を捧げてあげてもね


ありがとうっていうのはいいよって


大丈夫だって


心配要らないよって


そういうお礼を求めない心


それともう一つはねぇ


悪に負けない勇気


餓死の地下室に入れられてもね


最後まで生き抜いたというのはね


そういう悪に、ナチのその悪に負けないね


そういうその人間のプライドを保ちながら


その平静に死を引き受けていたという


そういうね


悪に負けない勇気というのね


そういうことをね柱にしてね


女子高校生たちに語って


生かされている感謝


お礼を求めない心


そして悪に負けない勇気


それを語ったときに


女子高校生たちにね


通じるかな~っていう


まだね


その確信が持てないんだな


うーん


まっ、大体そういうとこですよね



▼あわせて読みたいコルベ神父の関連記事

聖人マキシミリアノ・コルベ神父像

長崎・聖母の騎士の聖コルベ像 「コルベ神父は美しい魂を神に返した。」


長崎・聖コルベ記念館(聖者コルベ師資料室)

長崎・聖コルベ記念館(聖者コルベ師資料室)で "愛の殉教者"コルベ神父の生き様と死に様を知る


大浦聖コルベ館

「身代わりの愛」 大浦聖コルベ館でコルベ神父の「愛」を知る



▼あわせて読みたい関連記事

長崎平和公園の平和祈念像(北村西望作)

死者73,884人 - 長崎平和公園で世界平和を願う。平和祈念像とチリンチリンアイス


マザー・テレサ

マザー・テレサ 愛と祈りのことば / MOTHER TERESA IN MY OWN WORDS


ダライ・ラマ14世

ダライ・ラマ14世 いのちの言葉 写真/篠山紀信


仏教聖典

「仏教聖典」のブッダの教え(言葉)


ソーシャルビジネス革命 ムハマド・ユヌス

利他の心&貧困の終焉!「ソーシャルビジネス革命」 ムハマド・ユヌス(ノーベル平和賞受賞者)


毒蝮三太夫さんの「毒蝮三太夫のミュージックプレゼント」

おい! ジジイ、ババア、元気か!? 聴いて幸せ☆ 毒蝮三太夫「ミュージックプレゼント」 


梅原猛の仏教の授業 法然・親鸞・一遍 PHP文庫

梅原猛の仏教の授業 法然 親鸞 一遍 "すべての人は必ず救われる!"


吉田松陰 留魂録

吉田松陰 留魂録

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。