ムラウチドットコム社長・村内伸弘のブログが好き😍

ブログ三昧♪♪ ムラゴン、にほんブログ村、スポリート、ムラウチドットコム運営の CEO(調子イイおじさん)がブログに恋し、ブログに狂う☆

muragon(ムラゴン) にほんブログ村 inkrich(インクリッチ) スポリート ムラウチドットコム  決意53才

村内 伸弘(むらうち のぶひろ)村内伸弘の彼女

石牟礼道子「苦海浄土 わが水俣病」の感想 魂の文学、命の文学

魂の詩人が残した "文明病" 水俣公害の人間の記録!極限状態にあっても輝きを失わない人間の尊厳の記録!!

「新装版 苦海浄土 わが水俣病」石牟礼道子
令和3年(2021年)8月12日 村内伸弘撮影


人の尊厳とは何か いまこそ心打つ<声>を聞いてください


工場廃水の水銀が引き起こした文明の病・水俣病。この地に育った著者は、患者とその家族の苦しみを自らのものとして、壮絶かつ清冽(せいれつ)な記録を綴った。本作は、世に出て30数年を経たいまなお、極限状況にあっても輝きを失わない人間の尊厳を訴えてやまない。末永く読み継がれるべき<いのちの文学>の新装版。


1972年12月に刊行された講談社文庫『苦海浄土‐わが水俣病』の新装版です。新装版刊行にあたり、原田正純氏の解説「水俣病の50年」を加えました。

講談社BOOK倶楽部ホームーページより引用



「苦海浄土 わが水俣病」を読み終えました。
人間の尊厳を激しく問うた魂の文学、命の文学でした。
昭和30年代、40年代に水俣に生きた人々の応援歌であり、鎮魂歌であり、その壮絶な筆致にただただ圧倒されました。凄まじい出来事に見舞われた熊本県水俣市に暮らす戦後の日本人たちの生々しい生き様と死に様が激しく交錯していて息を呑み、目がくらむような衝撃を受けました。


本作は、極限状態にあっても輝きを失わない人間の尊厳を訴えてやまない。


水俣病の現実を伝え、魂の文学として描き出した作品



殺さるるもね

死ねばうちも解剖さすとよ

杢の方に、はようお迎えの来てくれらしたほうが、ありがたかことでございます。寿命ちゅうもんは、はじめから持って生まれるそうげなばってん、この子ば葬ってから、ひとつの穴に、わしどもが後から入って、抱いてやろうごだるとばい。

(中略)

なむあみだぶつさえとなえとれば、ほとけさまのきっと極楽浄土につれていって、この世の苦労はぜんぶち忘れさすちゅうが、あねさん、わしども夫婦は、なむあみだぶつ唱えはするがこの世に、この杢をうっちょいて、自分どもだけ、極楽につれていたてもらうわけにゃ、ゆかんとでござす。わしゃ、つろうござす。

(中略)

ほおら、抱いてもらえ。

魂もなか人形じゃと、新聞にも書いてあったげなが・・・。(中略)いうみゃいうみゃ。・・・魂のなかごつなった子なれば、ゆりはなんしに、この世に生まれてきた子じゃいよ


作品の中、水俣弁で語られる悲劇の数々。
胸締め付けられる不幸な物語の数々。
涙なしでは読めません。。。


異常事態の中で、救いようのない現実を突き付けられた昭和の人間たち
その絶望や叫びを記録して訴えた石牟礼道子さんの鬼気迫る文章、淡々とした冷徹な事実の羅列


うつくしい水俣の風景や人々の何気ない暮らしの描写が逆に涙を誘います
人間とは何か?人間の尊厳とは?


運命の荒波に、翻弄され必死にもがき苦悩する水俣の人たち
魂を抜き取られ、引き裂かれ、悲しく、寂しく、そして錯乱状態に陥り、狂いながら死んでいく水俣病患者の方々。。。(涙)



繋がぬ沖の 捨小舟 生死の苦海 果もなし


おとなのいのち十万円

こどものいのち三万円

死者のいのちは三十万


人間について
人間の尊厳について
そして人間愛やヒューマニズムについて知りたい方、考えたい方は購入して、ぜひ読んでください。「苦海浄土」は日本文学史、日本社会史に残る傑作作品です。


PS
石牟礼道子さんはこの「苦海浄土」を昭和43年に書き終えたようです。昭和43年。1968年。僕・村内伸弘はこの年、この世に生を享けました。



▼公式サイト

『新装版 苦海浄土』(石牟礼 道子):講談社文庫|講談社BOOK倶楽部



▼あわせて読みたい関連記事

四大公害水俣病の記録「僕が写した愛しい水俣(塩田武史)」の感想

四大公害水俣病の記録「僕が写した愛しい水俣(塩田武史)」の感想


宝子たち 胎児性水俣病に学んだ50年 原田正純 - 誠実な医師の全生涯をかけた良書


「忘れられた日本人」 - 宮本常一の最高傑作

名著「忘れられた日本人(宮本常一)」に深く驚嘆!感激!


「日本人の死生観」五来 重 … 死後の世界、そして人間とは何か?

「日本人の死生観」五来 重 … 死後の世界、そして人間とは何か?


国立ハンセン病資料館(東京都東村山市全生園内) - 隔てなく命輝くその日まで

国立ハンセン病資料館(東京都東村山市全生園内) - 隔てなく命輝くその日まで


美しいフィリピン!昭和なフィリピンのこどもたちを、平成の土門拳が撮る。やさしい眼差しで撮る。

美しいフィリピン!昭和なフィリピンのこどもたちを、平成の土門拳が撮る。やさしい眼差しで撮る。


昔の八王子!東京府南多摩郡加住村留所(旧留所村)の超古い写真

昔の八王子!東京府南多摩郡加住村留所(旧留所村)の超古い写真


書評ブログの一覧

【本 決定版!】おすすめ本ブログ記事一覧 読んだ本の書評たくさん有♪♪


×

非ログインユーザーとして返信する