ムラウチドットコム社長・村内伸弘のブログが好き😍

ブログ三昧♪♪ ムラゴン、にほんブログ村、スポリート、ムラウチドットコム運営の CEO(調子イイおじさん)がブログに恋し、ブログに狂う☆

muragon(ムラゴン) にほんブログ村 inkrich(インクリッチ) スポリート ムラウチドットコム  決意53才

村内 伸弘(むらうち のぶひろ)村内伸弘の彼女

草津温泉はにっぽんの温泉100選 17年連続第1位!の「湯畑」&岡本太郎「草津の未来をえがく」

泉質主義 オンセンイズム(ONSENISM KUSATSU)- 草津よいとこ何度でもおいで♪ お湯の中にもコーリャ 花が咲くよ~♪♪

草津温泉 にっぽんの温泉100選  17年連続第1位 - 観光経済新聞


"温泉天国" 草津温泉(群馬県吾妻郡草津町)


草津温泉 湯畑(ゆばたけ)


かおり風景100選: 草津温泉「湯畑」の湯けむり
令和2年(2020年)2月28日 村内伸弘撮影



草津バスターミナルに着きました。


ターミナル内にこんなポスターがいきなり貼ってありました。

草津温泉 にっぽんの温泉100選 17年連続第1位


そうそうたる顔ぶれが続きますが、17年連続で草津はナンバーワン!
さすが天下の草津温泉!!


第33回/2019年度 にっぽんの温泉100選

総合ランキング


1位 群馬県/草津温泉

不動の17年連続第1位

温泉の自然湧出量は日本一。泉質は強酸性で殺菌力が高い。名物の湯もみは、温泉の効能を薄めずに温度を下げるために考案された。


2位 大分県/別府八湯温泉

源泉数・湧出量日本一

別府市内の温泉地の総称「別府八湯」。JR別府駅を中心に、交通アクセスが良く日帰り入浴も楽しめる。地元の人が集まる共同温泉も魅力的。


3位 鹿児島県/指宿温泉

指宿といえば「砂むし風呂」

指宿温泉、摺ヶ浜温泉、弥次ヶ湯温泉、二月田温泉などの温泉群からなる県内有数の観光地。砂むし風呂にはデトックス効果も。


4位 兵庫県/有馬温泉

日本三大古湯のひとつ

鉄分を含んだ茶褐色の「金泉」、ラドン泉の「銀泉」が特徴的。日本書紀にも記され、日本三大古湯に数えられる有名な温泉地。


5位 愛媛県/道後温泉

小説「坊ちゃん」の舞台

日本三古湯のひとつ。泉質はアルカリ性単純泉。夏目漱石の小説「坊ちゃん」にも描かれ、愛媛県の代表的な観光地。


6位 岐阜県/下呂温泉

日本三名泉のひとつ

「日本三名泉のひとつ」と称された名泉。泉質はアルカリ性単純泉で、なめらかな肌触りが特徴。硫黄を含んだ香りを楽しむことができる。


7位 北海道/登別温泉

噴煙を上げる地獄谷が名物

9種類の泉質を有し、泉源も多い温泉地。最も大きい源泉「地獄谷」は、遊歩道を散策することもできる。


8位 大分県/由布院温泉

由布岳山麓の人気温泉地

由布岳の山麓にある人気温泉地。オシャレな商店やレストランが建ち並ぶ。近年ではアジアなど海外からの旅行者も多く訪れる。


9位 神奈川県/箱根温泉

大小17の温泉地が集結

それぞれ泉質の異なる「箱根十七湯」の湯量は国内屈指。芦ノ湖など観光資源にも恵まれた日本有数の温泉街。


10位 兵庫県/城崎温泉

1400年以上の歴史ある温泉地

1400年以上の歴史をもつ城崎温泉。ぜひとも体験したいのが、7つの外湯巡り。歴史ある温泉地を、浴衣で湯巡りしてみては。


にっぽんの温泉100選ホームページより引用


まあ、草津以外にもあるある、あるある、有名温泉地がぁ!ニッポンは世界最高の温泉大国です!!


ちなみに草津温泉は有馬温泉、下呂温泉とともに "日本三名泉"にも数えられています。


草軽軽便鉄道沿線鳥瞰図


泉質主義 ONSENISM KUSATSU

草津の地図


草津温泉バスターミナルから湯畑まで歩きます。


湯畑(ゆばたけ)までたった徒歩 5分みたいです


草津温泉バスターミナルを後にします


白樺の木がステキです


おおっ いきなり情緒満点の古い建物がお出迎え~


ザスパ草津チャレンジャーズ
ザスパ草津チャレンジャーズは、草津町で働きながら Jリーグで活躍するスター選手を目指して頑張っています


草津温泉タウンガイドマップをゲットしました


夜の湯畑の写真です!芸術的すぎ~!!


ややカオスな感じw


不思議な縁で結ばれし 男と女のもつれ合い ばかし合い 許し合う狐と狸 この長い旅のみちづれに 幸あれと祈る
田島屋きし女(満八十八才)


ふ、深い。。。


残雪の白が美しいです


店名の文字がとれた商店 レトロでいい感じです!


草津町民憲章 歩み入る者にやすらぎを 去りゆく人にしあわせを


草津の風景


草津温泉の中心地に入りました


草津温泉 熱乃湯(ねつのゆ) うしろはホテル一井



ジャジャーン!湯畑到着~☆

湯畑


ひっさしぶりの湯畑だぁ~!!

うおーーっ!この湯畑こそが日本一の温泉のシンボルです!


名勝「湯畑」

草津温泉のシンボル「湯畑」は、石柵内の広さ 1,112㎡、52℃の温泉が毎分 4,040L湧出している草津を代表する源泉地の一つです。


中央にある 7本の湯桶は全長 40mあり、ここに温泉を流すことで高温の温泉を冷まし、宿泊施設や共同浴場等へ給湯しています。また、土産物の「湯の花」は、この湯桶から採取されています。


「湯畑」という呼び名は、明治20年(1887年)に湯桶が初めて設置され、湯の花をとるための畑ということから定着していきました。江戸時代には「大池」「湯の花の池」などと呼ばれていました。


享保11年(1726年)と寛保3年(1743年)、江戸幕府の八代将軍徳川吉宗がここから温泉を汲み上げ、江戸城まで運ばせ入浴したと伝わっており、「将軍御汲み上げの湯」とも言われていました。


「湯畑」のような大源泉が町の中心にある例は全国的にもまれで、草津の町はここから発展していきました。昭和50年(1975年)には、岡本太郎が代表を務める現代芸術研究所によって湯畑を囲む石柵が設計され現在に至っています。


源泉から湯桶等を通って、岩盤を流れ落ちる湯滝の様子は独特の風情があり、草津固有の温泉文化を象徴する風致景観が認められ、平成29年(2017年)年10月文部科学大臣から国の文化財である「名勝」に指定されました。


平成29年(2017年) 草津町



案内板によると湯畑を囲む石柵は昭和50年/1975年にあの岡本太郎が設計したんです。抜群のデザインです!さすが岡本太郎っ!!


湯畑を囲む歩道は瓦敷きですね、コレも面白いです!


田中角栄も温泉に浸かりに来ています


草津に歩みし百人

与謝野鉄幹と与謝野晶子も来ています。


グルリと一周して見ましたが、本当にいろんな有名人がここ草津に遊んでいます♪♪


「村内伸弘」っていうプレートも付けて欲しい 笑



独特の風情を誇る草津温泉の湯畑&湯樋(ゆどい)


コロナが流行始めていますが、いろんな人が来ています。


再び草津町民憲章


温泉が下に落ちていってるみたいです!


ぐおっーー!

湯滝(ゆたき)です!!


勢いよく温泉が樋から落ちてきます


圧倒的です!さすが温泉自然湧出量日本一の草津温泉!さすがです!!


すごーーい!!
硫黄の匂い、モクモクとわき上がる湯けむり。すばらしいです!!


湯滝池はエメラルドグリーンに光り輝いています!!


湯滝池



かおり風景100選

草津温泉「湯畑」の湯けむり


温泉からでる独特の硫黄の湯けむりのにおいが「かおり風景100選」にも選ばれていました。


岡本太郎「草津の未来をえがく」

草津の未来をえがく

大型レジャー時代はすでにひらかれている。現代の人間生活は単なる生産、勤労ばかりでは絶対に充たされない。レジャー産業や観光事業の、社会生活全体の中に占める重みは今後ますます拡大されてゆくだろう。そしてこれは、急速に展開してゆく世界的な現象なのである。


そのような社会の流れの上に立って「草津」を見かえすとき、ここに無限の可能性を見とることが出来る。東京から至近の距離にあるにもかかわらず、まだ荒らされていない雄大な自然。神秘的な白根山を頂き、スケールの大きな高原の変化に富んだ美しさ。快適な気候。そして湧出量の豊富な温泉の町・・・・・・。


健康のための保養地、また人間解放のレクリエーションの場として、疎外され乾いた現代人の心身をいきいきとよみがえらせる絶好の条件をそなえている。


ただ草津の現状はそのよさを十分に生かしているとはいい難い。むしろ、出足が遅れ、時代の要請に適応しにくくなっていると言うべきだろう。とかく、古く栄えた町や行楽地ほど、昔の思い出、その固定観念また既存の施設が逆に悪条件となって、発展から取り残されがちになることは至るところに見る悲しい例だ。草津がそのような道をたどってはならない。


かつての草津が名湯として名を響かせたように、日本全体の新しいレクリエーションセンターとして大きく発展すべきだ。そのユニークな魅力が世界中の人々を惹きつけ、世界の草津として歌われるような、大きなヴィジョンを根底にして、辛抱強く、一歩一歩町づくりを進めるべきだ。この報告書がそれへの有効な踏み石となれば幸いである。


岡本太郎


すごいな!岡本太郎は!!
見事な分析、ほれぼれするような感性ですね。


そのユニークな魅力が世界中の人々を惹きつけ、世界の草津として歌われるような、大きなヴィジョンを根底にして、辛抱強く、一歩一歩町づくりを進めるべきだ。だって~


これって草津だけじゃなくって、どんな会社でも個人でも当てはまりますよ。
ムラゴンも大きなビジョンを根底にして、辛抱強く、一歩一歩サイトづくりを進めるべきですね(^^)/


さすが太郎!名文です!!!!!!!


草津温泉の岡本太郎


ゆもみちゃんのマンホール



▼今回の草津旅行
東京→草津温泉の高速バス「上州ゆめぐり号(上州ゆめぐり5号)」で草津温泉へ!
・草津温泉はにっぽんの温泉100選 17年連続第1位!の「湯畑」&岡本太郎「草津の未来をえがく」
草津温泉グルメの旅。温泉まんじゅう、湯畑プリン、上州和牛。草津を歩き草津を食べる。
草津温泉 夕方の湯畑&夜の湯畑。温泉自然湧出量日本一 湯の街草津のシンボル!
草津温泉 熱乃湯・湯もみと踊りショー&外湯・煮川の湯(煮川源泉)で貰い湯
西の河原公園は温泉の川!草津温泉で大量の源泉が惜しげもなく流れてる!草津2号で帰京



▼公式サイト
草津温泉ポータルサイト


▼草津温泉観光協会の動画

湯もみダンスPRムービー(草津温泉)



▼あわせて読みたい関連記事

東京→草津温泉の高速バス「上州ゆめぐり号(上州ゆめぐり5号)」で草津温泉へ!

東京→草津温泉の高速バス「上州ゆめぐり号(上州ゆめぐり5号)」で草津温泉へ!


草津温泉旅行記(草津温泉ブログ)の一覧

【草津温泉旅行記 決定版!】おすすめ草津温泉ブログ記事一覧 草津温泉の写真たくさん有♪♪


温泉旅行記(温泉ブログ)の一覧

【温泉旅行記 決定版!】おすすめ温泉ブログ記事一覧 温泉の写真たくさん有♪♪



×

非ログインユーザーとして返信する