ムラウチドットコム社長・村内伸弘のブログが好き😍

ブログ三昧♪♪ ムラゴン、にほんブログ村、スポリート、ムラウチドットコム運営の CEO(調子イイおじさん)がブログに恋し、ブログに狂う☆

muragon(ムラゴン) にほんブログ村 inkrich(インクリッチ) スポリート ムラウチドットコム  決意53才

村内 伸弘(むらうち のぶひろ)村内伸弘の彼女

大阪のみんぱく(国立民族学博物館)で色鮮やかなビビッドカラーの勉強

民博はカラフルです!実にカラフルです!めちゃくちゃカラフルです!!博物館は、未来をつくりだすポップな装置です♪♪

トゥ族衣装(土族衣装) 青年女性用盛装

トゥ族衣装(土族衣装) 青年女性用盛装
Young woman's fine dress, Tu


托鉢僧


みんぱく(国立民族学博物館) 大阪府吹田市


みんぱく(国立民族学博物館)の館内
令和3年(2021年) 2月5日 村内伸弘撮影



国立民族学博物館(みんぱく)は、世界の人びとの暮らしや文化にふれることができる世界最大級の民族学博物館です。世界各地の衣食住に関わる生活用具や、儀礼や信仰に使う道具などを展示しています。



みんぱくに行ってきました!
大阪だし、なかなか行きたくても行けなかったんですが、今回大阪に野暮用があったついでに観に行っちゃいました。


感想は?
ハイ!みんぱくはすっごくカラフルでした。
僕は色彩の勉強(特に衣装の色彩について)をしたいと思っていたので、目的が叶いました。


それではみんぱくの様子をご覧ください。


国立民族学博物館 National Museum of Ethnology


岡本太郎の「太陽の塔」から歩いてすぐです

良く晴れています


WELCOME TO MINPAKU


大学共同利用機関法人 人間文化研究機構と書かれていました


トーテムポール


さすが "国立(こくりつ)"!立派な作りです!!黒川紀章の設計みたいです



さあ博物館の中に入ってみましょう

みんぱくのパンフレット


ミクロネシアエリアでシャンティングという航法を初めて知りました


赤銅色のカッコいい背中!!
これこそが地球の上で躍動する人類の背中です!感動しました!!



それではここからは僕が注目した色彩鮮やかな展示をいくつかご覧ください

アマゾン(ペルー)の衣装


南米の民族衣装はカラフルですが、この服もめちゃめちゃカラフルです♪♪


この色の重ねが芸術的です!オレンジとか、ターコイズブルーとか、イエローとか、あまりに美しい色で食い入るように見入ってしまいました!!


大主教祭服(ギリシャ)


コロン人形(ガーナ)


レッド、イエロー、スカイブルー。すべて僕が好きないい色です(^^)/


「サプール」世界一お洒落なコンゴの男たち(コンゴ)


赤、黄色、緑。コンゴのオシャレ紳士ども、カッコよすぎる。。。


シンガポールのムスリム女性服


確かにシンガポールに住んでいた時にこういう服たくさん見ました!あー、久しぶりにシンガポール行きたいなぁ


看板「もか」 東京都武蔵野市にあったカフェの看板らしいです


このコインが付いた帽子も衝撃的ですね!すばらしいです!



女工と托鉢僧


制服を着てオートバイで出勤する若い女性と托鉢僧(たくはつそう)


凛とした托鉢僧がイケてます!


僧侶は色鮮やかなオレンジ色の衣を身に纏い、街中を歩き、人々から施しを受けるのです


真オレンジな修行僧たちの後ろ姿が神々しいです!!!!!


ホンダのドリーム号に乗った女工たちはすれ違う托鉢僧には最上級の敬意を示すそうです!


目にまぶしいです!鮮やかなオレンジ色の僧衣が!!



絵画「サラスワティ女神」(インド)


僕は赤・黄・緑の明るい陽気なラスタカラーが大大大好きなんですが、赤・黄・水色の三色もいいなあ~


ちなみに右側の女性のお腹の膨れ具合が艶めかしくって、スカイブルーと金がよく似合ってます!!


これを見ても赤・黄・水色の三色はやはりグッドです♪♪


ナヴァラートリ祭礼用男性用衣装(インド)


緑とオレンジの組み合わせがいいですね♪♪


神父用祭服(インド)


聖トマス像(インド)



女性用長衣(ラオス)


鮮烈な赤がすばらしい!!紅白の部分が目に飛び込んできます。赤と白のマッチングって日の丸と同じで最高ですね!


ムラゴンのカラーはオレンジです。僕はどうしようもなくオレンジ色が好きなんです(笑)




お隣の韓国登場!

韓国も僕が好きな国の一つですが、服飾の色彩の美しさは群を抜いています!
朝鮮の「鮮」は色鮮やかの「鮮」だと思いました♪♪


袖の多色ぶりには目を見張らされます。強烈な印象を受けますねこの服は。


女性用喪服(韓国)


喪服でこの色!お隣の国なのに、真っ黒な喪服しかないニッポンとは大違いですね


ビューティフル!


トゥ族(土族)衣装 (中国)


中国の少数民族・トゥ族の袖も面白い。微妙に各色の面積が違うんです。


この面積の違いにどんな意味があるのか興味津々です、僕は。


トゥー族(土族)の新郎新婦


中国青海省互助県、婚礼用の盛装が最高のアートしちゃってます!!
大感動です!!!!


トゥ族(土族)衣装 青年女性用盛装
地域: 青海省 互助県
年代: 1980年、1995年収集
Young woman's fine dress, Tu
Place: Huzhu, Qinghai
Date: Collected in 1980, 1995


見てください!この色鮮やかなビビッドカラー!!
花嫁は光り輝いています!!!!!!!


民族衣装のカラフルさはトゥ族の花嫁衣裳で極まりましたねっ
感激のあまり、この写真の前で僕は 10分ぐらい動けませんでした。



これは黒と白が混じって、ポップさを引き締めています



僧侶用肩掛け&僧侶用上衣(モンゴル)


儀礼用布(モンゴル)


モンゴルのこの布の鮮やかさ!見事ですね!!ポップな色の組み合わせが僕を元気にしてくれます!!



いよいよ我が日本です

帯(北海道)


津和野の鷺舞(島根県津和野町)


これも衣装ですけど、この抜きん出たひときわ目立つ鷺舞衣装は世界トップクラスでしょうネ!


神島港の正月(三重県鳥羽市)


雛人形(京都府) 大村しげコレクション


狩猟用帽子&狩猟用ベスト(富山県滑川市)


うーん、この黄色とオレンジのベストの配色もすばらしい!山の中で他の狩猟者に誤射される危険性を避けるために(目立つように)と選ばれた明るいカラーなんだと思いますが、僕もこの二色なら普段着で着たいです! 笑



いろりまわりの生活
隔世の感があります。こういうニッポンだったんですね、昔は。。。


エジコの仏ほろし(秋田県仙北市)


神女衣装(沖縄県)
日本というよりも、琉球王国ですね。この文化は!


鮮やかで美しい!紅型(びんがた)は琉球芸術の最高峰だと思います!!


沖縄国際海洋博覧会記念グッズ(沖縄県)


これ着れば、気分は海洋博♪♪
沖縄の文化や気候はとにかく明るい!大好きです沖縄!!


在日中国人のヤンガー用衣装(兵庫県神戸市)


写真下部にピンクの "ジュリ扇"みたいなのがあるw


刺繍(ししゅう)も最高にステキです!!



最後に。
"民族"博物館ですが藤圭子がギターを抱えているポスターも何故かありました 笑


藤圭子は宇多田ヒカルのお母さんですよ~ん

宇多田ヒカルのお母さん 藤圭子: ジャケ写懐かしい古いシングルレコード盤(ドーナツ盤)や赤いソノシートを発見っ!



いかがでしたか?
みんぱくの展示の中から僕が気になったものをピックアップしてみました。みんぱくには膨大な展示物や資料が所狭しと飾られていますので、じっくり見たらとても一日じゃ見切れませんよ


ぜひぜひあなたも自分の目で世界の民族の暮らしや文化に触れて楽しんでみてください♪♪



みんぱくの中央パティオ「未来の遺跡」

中央パティオ「未来の遺跡」

博物館は、未来をつくりだす装置です。未来から見れば、今あなたがいる、この博物館自体が、ひとつの遺跡に見えるかもしれません。博物館のもつ、このような時間を超えるあり方にちなんで、私たちは、この巨大な石積みの中庭を「未来の遺跡」と名づけました。



天井の文様がユニークなみんぱくのお土産物コーナー


みんぱくの館内に貼ってあったポスター

ドリカム曰く「万博公園の太陽の塔 ひさびさ見たいなぁ!」


国立民族学博物館すばらしかったです!また来たいです!!
もっとジックリ見て、いろいろ考えたかったです。
太陽の塔も何度でも見たいし、万博公園はスゴイです(^^)



日も暮れそうです

岡本太郎の大傑作「太陽の塔」をもう一度拝んでモノレール駅に向かいます


OSAKA WHEEL(オオサカホイール)


この観覧車に乗れば、太陽の塔を見下ろせるそうなんですが、今日はパスで次回にします。


大阪モノレールとオオサカホイール


大阪モノレール 万博記念公園駅


ホテルがある千里中央駅まで帰ります


千里阪急ホテル


阪急線路線案内


鈍く光る阪急電車



(おまけ)令和3年のカラフル

青空とチューリップ


イチゴちゃんのスマイル



▼公式サイト
みんぱく(国立民族学博物館)


▼あわせて読みたい関連記事

高さ約70m!岡本太郎「太陽の塔」に太陽の広場でご対面~ん 太陽の顔!黄金の顔!黒い太陽!
高さ約70m!岡本太郎「太陽の塔」に太陽の広場でご対面~ん 太陽の顔!黄金の顔!黒い太陽!


太陽の塔の太陽の顔  (大阪府吹田市 万博記念公園)

太陽の塔! Tower of the Sun 「太陽の顔は爆発だ!」岡本太郎


大阪万博の時の100円白銅貨(昭和45年/1970年)

大阪万博の時の100円白銅貨(昭和45年/1970年)


1963年(昭和38年)のカレンダーの表紙

1963年、1964年、1970年のカレンダー&日本万国博会場パノラマ・ガイドマップ


大阪旅行記(大阪ブログ)の一覧

【大阪旅行記 決定版!】おすすめ大阪ブログ記事一覧 大阪の写真たくさん有♪♪


美術館・博物館旅行記(ミュージアムブログ)の一覧

【美術館・博物館 決定版!】おすすめ美術館・博物館ブログ記事一覧 ミュージアムの写真たくさん有♪♪



×

非ログインユーザーとして返信する