ムラウチドットコム社長・村内伸弘のブログが好き😍

ブログ三昧♪♪ ムラゴン、にほんブログ村、スポリート、ムラウチドットコム運営の CEO(調子イイおじさん)がブログに恋し、ブログに狂う☆

muragon(ムラゴン) にほんブログ村 inkrich(インクリッチ) スポリート ムラウチドットコム  決意53才

村内 伸弘(むらうち のぶひろ)村内伸弘の彼女

"南の隣国" フィリピンのマニラ(ルソン島)へ 9年ぶりに訪問

どうしようもなく I LOVE PHILIPPINES!どうしようもない程に I LOVE MANILA!!

Philippines!フィリピン地図


飛行機から見えたフィリピンの海岸線


ニノイ・アキノ国際空港 ターミナル2
平成31年(2019年)2月7日 村内伸弘撮影



マニラ

フィリピンの首都。国内最大の港を持ち、産業都市として発展。下町の風情を残す街並みと近代的なビルが立つオフィス街とが隣り合わせの大都会。西洋と東洋の文化が融合している。


いつもいろいろ一緒に活動している仲間10数人と一緒にフィリピンのマニラ研修旅行に行ってきました。平成31年(2019年)2月7日~10日の 4日間、僕は成長し、躍動するフィリピンを体感してきました!


9年前にフィリピンは訪れているのですが、当時に比べてだいぶ発展していました!部分的には日本に負けないような進化も目にしました。


反面、9年前と変わらないような光景にも出くわしました。


フィリピーナやフィリピーノ、様々なフィリピン人にも出会い、話し、手を振り合いました。


50歳の僕・村内伸弘が見たフィリピン。
みなさんにぜひお伝えしたいと思います!


羽田空港 国際線ターミナル

2020年の東京オリンピックを目指して、羽田空港の国際線ターミナル増築(拡張)中です。


やっぱり、成田もいいですけど、羽田が便利ですよね。特に東京の西に住んでいる僕らは羽田の便利を実感します。


羽田空港国際線ターミナル 3階出発ロビー


ここにみんなで集合しました。
いやー、最近国内線ばっかり乗っていたので、国際線ターミナルにこんなにたくさん外人さんがいるの知りませんでした!インバウンドすごいですね!訪日外国人旅行者数が 3000万人を突破したって、これもこの国際線ターミナルにいると実感できますよ。


羽田空港国際線ターミナルのメインストリート 江戸小路
「和」や「江戸」をテーマにした飲食店とショップが並んでいますが、まだ朝早いのでほとんど開店していませんでした。



みんなで朝飯を食べました。


9時35分発、全日空(NH) 869便


セキュリティーチェックポイントを通過しました。


残念ながら撮影禁止で中は写せません。


「逆流禁止」
張り紙がありますが撮影だけじゃなくって逆流も禁止だそうです 笑


日本出国のスタンプ


羽田空港の国際線、顔認証ゲートが本格的に導入されていて普通だとパスポートにスタンプを押してもらえないらしいので、顔認証が終わった後、特別に押してもらいました。


パスポート取り直したばかりなので、パスポートの中身が真っ白だったので、このスタンプが初のスタンプです。どうでもいいことですけど、嬉しいです(^^)


春節2019だって~


いっそのこと、日本も中国に合わせて旧暦に戻しちゃってもいいかもねっw
沖縄もまだ旧暦中心らしいし~



いよいよマニラに向かいます。

9時35分発、マニラ行き。


飛行機は信頼の ANA


やっぱり、ANAとか JALは高いけど信頼感が違います♪♪


僕たちを乗せた ANA、フィリピンのマニラに向けて離陸しました。


ANAの朝食

ビーフハンバーグステーキデミグラスソース


一応、空港で朝ご飯食べたんですが、出てくれば僕は食べます 笑


機内食も進化してますよね。とっても美味しかったです!
ビーフハンバーグステーキデミグラスソースを飛行機の中で食べられるなんて、嬉しい気分です♪♪




フィリピンの海岸線が飛行機から見えてきました


フィリピンの山々も飛行機から見えています


上空から見るフィリピンは緑が多いです!
陽光が明るいです!


大東亜戦争の激戦地、コレヒドール島近くを通過しているようです!


残りの飛行時間 6分


僕らを乗せた ANA869便、マニラに接近しています。もうまもなく着陸です。


ルソン島上空です


もうマニラだと思います!!


赤い屋根が多いかな~
バラック小屋もまだまだ残ってるぅ


フィリピン、久しぶり~☆


今回はマカティに宿泊して、マカティを起点に 4日間を過ごす予定です。前回、マカティにはちょっとしか行かなかったので、マカティ自体も楽しみです♪♪



ニノイ・アキノ国際空港

ニノイ・アキノ国際空港に到着しました!!
9年ぶりのフィリピンです!


おーっ
気温が高い!暖かーーい!


一緒の飛行機に乗っていた人は長袖のヒートテック着てきちゃったって言ってました(大爆笑)


フィリピンの入国カード(ARRIVAL CARD)


パスポートのフィリピン入国のスタンプ


別にコレクションしているわけじゃないんですけど、真っ白な面にスタンプを押してもらうのって実に嬉しいです♪♪


MAR 9 2019だから、3月9日まで滞在できるみたいです。
滞在しちゃおうかな~ 笑


日本との時差は -1時間
※マニラの方が 1時間遅れている(サマータイムはなし)


朝一出て、お昼過ぎに着く便なのでカラダが楽々!
フィリピンは近いです。


ニノイ・アキノ国際空港内に日本のミツトヨの大きな宣伝がありました。


電飾看板やそれが反射する床など、昔のフィリピンとは違うフィリピンがここにはあります。どの国もどんどん発展していますねっ


僕のスーツケースも無事フィリピンに着いてました。


気温30℃以上の南国だとオーバーとかがいらないので荷物が少なくて助かります。みんな、機内持ち込みできる大きさのバックにまとめてました。


団体旅行なのでゆっくり自分のペースで構えて写真が撮れません。。。
ピンボケが多くなりますが、ご理解の程を(^^)


Filipinos(フィリピン人/Filipinoの複数形)の看板


ニノイ・アキノ国際空港 ターミナル3


いろんな人が乗客を出迎えていました


ベトナムもそうでしたが、こういう出迎えの人が多いのは東南アジアの特徴ですね(^^)


ニノイ・アキノ国際空港の両替所


僕たちはバスの中で旅行会社が両替してくれるってことなので、空港では両替しませんでした。


ちなみに僕の今までの経験だと成田や羽田で両替すると高いので、基本的には現地で両替することにしています。あと ATMでキャッシングするのも意外と便利で安いです。


2009年には行き帰りターミナル2だったので、このターミナル3は初めてです。


広々としていて、明るくて、キレイで新しいフィリピンの玄関口として最高ですね!



それではみんなでバスに乗り込みます。

フィリピンは今乾季だそうです。


晴れています。


シンガポールにいた時に感じましたが、乾季は過ごしやすいベストシーズンです。この青空のように今回のフィリピンの旅の前途は洋々です♪♪


ニノイ・アキノ国際空港 ターミナル3



すごい!40年前にフィリピンを訪れていた先輩が、40年前にあまったペソの紙幣を持ってきました!!


でももうこの紙幣使えないそうです 笑



そういえば、別の先輩は 35年前にフィリピンに来たそうなんですが、その時はマラリアとかデング熱とかの予防接種を何本か打ってからフィリピンに入国したそうです。


ハエがぶんぶん飛んでいて、町の中も汚い水たまりがたくさんあったそうです。


今回、僕たちのグループでは誰一人マラリアやデング熱を予防する注射は打っていません。フィリピンは清潔になったみたいです。


少なくとも空港から見える景色ではそう感じます!


ニノイ・アキノ国際空港のエアポートループバス(Airport Loop Bus)


イスラム系のフィリピン人もいるようです


旅行会社がチャーターしてくれているバスにみんなで乗り込みました。


出発進行~


一旦ニノイ・アキノ国際空港とはお別れです


空港近くの料金所


バスの車窓


ニノイ・アキノ国際空港のターミナル2に到着した仲間がいたので、みんなでバスに乗ってその仲間を迎えに行きました。


スカイブルーの管制塔がステキです♪♪

ニノイ・アキノ国際空港 ターミナル2


1月ですが、フィリピンは常夏です。白い花が咲いていてとてもキレイです。


ターミナル2で仲間を拾えました。無事合流。


南国の風に翻るフィリピン国旗


フィリピンの国旗 フィリピンの国旗は 4つの色からなる国旗である。 白は平等と友愛を、青は平和、真実と正義を、赤は勇気と愛国心を象徴し、黄色い太陽は自由を意味している。


3つの星は主な島であるルソン島・ミンダナオ島・ヴィサヤ諸島を象徴している。

Wikipedia「フィリピンの国旗」より引用


フィリピンの国旗、カッコイイですよね!
日の丸のようにシンプルではないのですが、国旗っぽくって僕は好きです。


南国の花・プルメリア


うつくしい花ですね!
清楚で!可憐で!


バスの車窓


日本円 20,000円分を現地通貨ペソに両替します。

ザックリ、1フィリピンペソは 2円です。


フィリピンの 20ペソ札(約40円)


フィリピンは枕銭が必要みたいなので、この 20ペソ札が大活躍しそう 笑


フィリピンの 1000ペソ札(約2000円)


フィリピンの 500ペソ札(約1000円)


フィリピンの 100ペソ札(約200円)


フィリピンの 50ペソ札(約100円)



ガイドさんによると、フィリピンの人口は日本と変わらない。


そして、フィリピンは下記のようにいろんな国が入ってきて、いろんな国に植民地にされたり、統治された経験がある国だそうです。


・スペイン時代  333年間
・イギリス時代  2年間(1762年-1764年)
・アメリカ時代  45年間
・日本時代  3年間(1941年-1945年)



ガイドさんはだからいろんな顔の人がいるのがフィリピン人って言ってました。
そして、ガイドさんはアメリカからもらった最高のものとして「English(英語)」をあげていました。メトロマニア(マニラ首都圏)では 96%の人が英語ができるそうです、フィリピンの第二言語である英語は各民族間や各島の間を結びつける "リンガフランカ"としても使われているようです。


※リンガフランカ=異なる言語を使う人達の間で意思伝達手段として使われる言語
※ちなみに、現地の別の方は「米軍の基地撤退後フィリピン人の英語力は落ちている」「マニラはタガログ語だけで生きていける」って言ってました


気温は30℃を超えています。
日本との温度差 約30度!
常夏の国・フィリピンの旅、始まりました!!



PS
フィリピンで日本人がよく殺されますが、あれはほぼ怨恨で観光客が殺されることはまずないそうです。無差別殺人ではなく、怨恨が原因だそうです。


"誘拐され、指を切られたように見えたけど、実際は切られていなかった" あの若王子さんもブログに詳しくは書けませんが、怨恨に近いようなことがあったそうです(現地事情通の方より)


それと地面師とかがよくフィリピンに出国し、潜伏するのは犯罪協定がないからだそうです。


要するにイメージと違って、フィリピンは安全な国なのです。



▼今回のフィリピン・マニラ旅行


"南の隣国" フィリピンのマニラ(ルソン島)へ 9年ぶりに訪問


世界三大夕日!フィリピン・マニラ湾のきらめく夕陽。プラザ・モリオーンズとサンチャゴ要塞


マニラのニューワールド・マカティ・ホテル到着→パサイ・ウルフギャングで Tボーンステーキ


気持ちいいマニラの朝。マカティ散歩でアーナイズ通りを歩く


フィリピン工場見学とフィリピン料理 - ラグナ州の工業団地「ラグナテクノパーク」


マニラ・マカティのグリーンベルトとランドマークデパート&スーパーマーケット(The Landmark)


マカティでスリにやられた!ジープニー行き交う夜のフィリピン・マニラ


フィリピン・ラスピニャス教会のバンブーオルガン 竹製パイプオルガンの音色に感動!


ジープニー工場見学!フィリピン・ラスピニャスの極上ジープニー達


"フィリピンの軽井沢" タガイタイ観光 - マニラ近郊の避暑地へ日帰りバスツアー


タール湖とタール火山。世界一低い活火山をフィリピン・タガイタイで見物


フィリピンのオカダマニラ/岡田マニラでカジノ!ルーレットとブラックジャック両方負けw


フィリピン・マニラの MRTの乗り方はカンタン。マニラの電車は楽しいです。


バクラランマーケット!フィリピン・マニラの巨大なローカル市場に突入、探検


家族一緒の幸せ。フィリピンの赤ちゃんや子どもたち、フィリピン人の家族。


楽しいフィリピン!マニラの路地裏の教会やそこで遊ぶ子供たちの笑顔


美しいフィリピン!昭和なフィリピンのこどもたちを、平成の土門拳が撮る。やさしい眼差しで撮る。


フィリピンの自転車タクシー トライシクルの料金はたった 50ペソ(100円)


アキノ大統領の銅像。フィリピン土産は世界最大の果実「ジャックフルーツタルト(ランカタルト)」




▼平成22年/2010年8月のフィリピン・マニラ旅行


フィリピン・マニラ旅行記 01 ニノイ・アキノ国際空港、マビニ通り


フィリピン・マニラ旅行記 02 トライシクル(三輪車タクシー)、サンミゲルビール


フィリピン・マニラ旅行記 03 マラテ教会、カレッサ(1頭立ての二輪馬車)


フィリピン・マニラ旅行記 04 イントラムロス地区・マニラ大聖堂、カーサ・マニラ


フィリピン・マニラ旅行記 05 世界遺産 サン・アグスチン教会


フィリピン・マニラ旅行記 06 狂犬病、汚くて臭いドブ川


フィリピン・マニラ旅行記 07 キアポ・マーケット、キアポ教会


フィリピン・マニラ旅行記 08 チャイナタウン、ビノンド教会、ジプニー


フィリピン・マニラ旅行記 09 リサール公園、サンチャゴ要塞


フィリピン・マニラ旅行記 10 シシグ、ランブータン、LRT(高架鉄道)


フィリピン・マニラ旅行記 11 バクララン・マーケット


フィリピン・マニラ旅行記 12 MRT(首都圏鉄道)、マカティ地区


フィリピン・マニラ旅行記 13 全身が真っ赤なコブで覆われてしまった人


フィリピン・マニラ旅行記 14 PICC、SMXコンベンションセンター


フィリピン・マニラ旅行記 15 The 4th Internet and Mobile Marketing Summit 2010


フィリピン・マニラ旅行記 16 モール・オブ・アジア


フィリピン・マニラ旅行記 17 LSD(スロージョギング)、米軍記念墓地


フィリピン・マニラ旅行記 18 パコのダンス大会、高山右近像、ニノイ・アキノデー




▼あわせて読みたい関連記事

フィリピン旅行記(フィリピンブログ)の一覧

【フィリピン旅行記 決定版!】おすすめフィリピンブログ記事一覧 フィリピンの写真たくさん有♪♪


東南アジア旅行記(東南アジアブログ)の一覧

【東南アジア旅行記 決定版!】おすすめ東南アジアブログ記事一覧 東南アジアの写真たくさん有♪♪



×

非ログインユーザーとして返信する