ムラウチドットコム社長・村内伸弘のブログ

ブログ漬け!muragon(ムラゴン)、にほんブログ村、イエツク、スポリート、ムラウチドットコム運営の CEO(調子イイおじさん)がブログに狂う!

運営サイト: muragon(ムラゴン)にほんブログ村イエツクスポリートムラウチドットコム 決意49才


 ⇒ おすすめ無料ブログサービス muragon (ムラゴン)

旭川3・6街(サンロク街)、井上靖のナナカマド文学碑、旭川ラーメン

旭川の繁華街 3・6街(サンロク街)のイルミネーションタワー「ツインピラー」

旭川の繁華街 3・6街(サンロク街)のイルミネーションタワー「ツインピラー」
平成29年(2017年) 6月21日 村内伸弘撮影



旭川空港からバスに乗って、JR旭川駅前に着きました。


JR旭川駅


駅前と言っても、東京の駅と違って人の数はとても少ないです。


それほど寒くはありません。


プロ野球 旭川開催のノボリ旗がなびいていました!


JR旭川駅


せっかくですので、旭川駅前をちょっくら探検してみましょう。


あさひやまどうぶつえん(旭山動物園)が 50周年を迎えているようです。


夜の旭川駅前の町並み - 平和通買物公園(恒久歩行者天国)


宿泊するプレミアホテル -CABIN(キャビン)- 旭川


飛行機を予約した後、ネットで旭川駅前のホテルを予約したのですが、旭川のホテルどこもこの夜(6/21)は満席で、なんとかこのホテルの 1室を押さえました。旭川って、ホテルの数が少ないのでしょうか??焦りましたよ~


プレミアホテル -CABIN- 旭川の入口


ホテルのロビーに置いてあったグラフ旭川



繁華街の「3・6街(サンロク街/さんろく街)」が近いので夕飯を食べに行ってみます。夜の街の徘徊は楽しいですからネ!


旭川の繁華街「3・6街(サンロク街)」
緑色のイルミネーションタワーは「ツインピラー」というそうです。


3・6街(サンロク街)はなんというか、歓楽街とか、繁華街っていうイメージじゃない感じです。昭和チックな感じが漂っていて、郷愁を感じるような街だと思いました。


オレンジ色の「ツインピラー」


飲み屋さんがいっぱいあります。古今東西、みんなお酒やお姉さんが好きなんですね~


今津ひろし(北海道6区選出 衆議院議員)


大好きなマンウォッチングをしながら、ぶらぶら夜の旭川を探索中。


旭川信用金庫本店のみんなのコーナー


旭川信用金庫本店前の井上靖の文学碑
井上靖も旭川生まれだったんですね!「天平の甍」はホントすばらしい歴史小説でした!もう一度、遣唐使で大陸に渡った留学僧たちのドラマを読み返したいなぁ~~
この詩は北海道に多い街路樹であるナナカマド(七竈)を詠っています。


私は十七歳の、この町で生れ、

いま、百歳の、この町を歩く。


すべては、大きく変ったが、

ただ一つ、変わらぬものありとすれば、

それは、雪をかぶったナナカマドの、

あの赤い実の洋燈(ランプ)。


一歩、一歩、その汚れなき光に、

足許を照らされて行く。


現実と夢幻が、

このように、ぴったりと、

調和した例を知らない。


ああ、北の王都・旭川の、

常に天を望む、凛乎たる詩精神。

それを縁どる、

雪をかぶったナナカマドの、

あの赤い実の洋燈(ランプ)。


井上 靖



旭川信用金庫本店前


旭川信用金庫本店前の街角


希望(1989年) 笹戸千津子作
さすが彫刻の街・旭川!!


昭和の頃のあの酒場
あゝもう昭和には戻れないんだ・・・・


は満長(はまちょう)本店 北海道旭川市3条通6丁目左10号
昭和4年創業の老舗そば屋さんだそうです。旭川の中心地に店を構えています。


ノスタルジックな店がたくさんありますよ、旭川には!!


「お一人様でもお気軽にどうぞ」って書いてあるので、よっぽど入ろうかと思いましたが(笑) このユニバーサルビル、すごい"城"ですねっ!



結局、この旭川ラーメン大賞受賞という旭川らーめんのお店「まつ田」さんにたどり着きました。ホテルの近くに戻ってきてしまい、もう夕飯を食べる店の選択肢がなくなってしまいましたw


すごい金額~! らーめん一杯が 1300円、しかも旭川で。。。


悩みましたが、せっかくなので「とんとろチャーシューめん」の醤油いきました!


略して「トロチャ」


旭川らーめん、出てきました!


おいしかったです。飛び切りうまいって感じではないですが、旅の思い出になりました。


ご馳走様です!!


旭川ラーメンのルーツは、札幌発の元祖北海道ラーメンと中国の各種麺料理が融合したものとして、昭和初期にまでさかのぼることができます。戦後には、ラードをスープの表面に浮かせて冷めにくくする工夫や、豚骨に煮干等の海産物のだしを加えた醤油味、色白で水分の少ない縮れ麺といった要素がミックスされ、旭川独自の麺文化となったようです。

あさひかわラーメン村パフレットより



ホテル(プレミアホテル-CABIN-旭川)に帰ります。



▼今回の旭川旅行
旭川出身・三浦綾子「喜んで生きていける」 京成で羽田空港へ、出発遅延したAIR DOで旭川へ

旭川3・6街(サンロク街)、井上靖のナナカマド文学碑、旭川ラーメン

旭川のソウルフード 旭川名物「新子焼き」を焼鳥専門店・ぎんねこで食す & 旭川空港のレルヒ像



▼あわせて読みたい関連記事

平成13年(2001年) 北海道・長万部の旅
真っ白な北海道!白銀のオホーツク!!
ガリンコ号から見た紋別の流氷 (クリオネ画像も有り)
バンザーイ!!すばらしき紋別流氷まつり
硫黄が効く効く北海道・川湯温泉
ホワイトなホワイトな北海道
冬の摩周湖で奇跡が起きた
白鳥集う、うつくしき屈斜路湖
オホーツク流氷まつり、そして網走監獄(網走刑務所)
まだらに雪残る十勝岳連峰の麓へ

 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。