ムラウチドットコム社長・村内伸弘のブログが好き😍

ブログ三昧♪♪ ムラゴン、にほんブログ村、スポリート、ムラウチドットコム運営の CEO(調子イイおじさん)がブログに恋し、ブログに狂う☆

muragon(ムラゴン) にほんブログ村 inkrich(インクリッチ) スポリート ムラウチドットコム  決意53才

村内 伸弘(むらうち のぶひろ)村内伸弘の彼女

椎名誠のインド本「インドでわしも考えた」がめちゃくちゃ面白~い

「インドに行くことになった。」1983年/昭和58年のインド旅行記。人口がまだ6億5000万人だった頃のインド紀行(インドの人口 現在約14億人!)

椎名誠「インドでわしも考えた」

椎名誠「インドでわしも考えた」 集英社文庫
令和3年(2021年) 9月25日 村内伸弘撮影



めちゃくちゃインドに行きたくなる本です
椎名誠が昭和59年(1984年)2月に書いたインド旅行、最高に面白かった。


笑っちゃった。
インドに行きたくなっちゃった。
めちゃくちゃな国インドに行きたくなっちゃった。


僕はまだインドに行ったことないんですが、おじいちゃんが残したこの文庫本を読んで絶対に 1度は行ってみたいと思いました。


椎名誠の奇妙な軽い感じの文章は読みやすく一気に読み終えました。壮大で猥雑で騒々しい国、雑多な種族や宗教や言葉や文化が混在している国、それがインドです。騒然としたニンゲンエネルギーが街の中に充満している明るくてカオスな国、それがインドです。


カレーライス、カースト制度、ターバンにサリー。ステレオタイプなインドとともに哲学的なインド、聖なるインド、切ないインド、活気と欲望に満ちたインド、こういったものが椎名さんの目を通して心を通して綴られています。



熱風が全身にぶつかってくる凶暴に暑いインド
静かで穏やかな神々の風景が広がるインド
精神の奥の方がふるえてしまう狂った女の叫び声みたいなヒンドゥーの宗教歌が流れるインド


あーすばらしいインド本。
インドを 53歳の今日まで訪れなかったことを今僕は後悔しています。


コロナが終わったら訪れます、必ず。


椎名誠「インドでわしも考えた」のカバー



この文庫本はカラー写真たっぷりで、インド美女の写真もたくさん載ってました
山本皓一さんの写真すばらしかったです!!


169ページのマドラスで見かけた美少女の微笑み
174ページの聖なる河にローソクを流す少女の姿
193ページのインド美人の神秘的な瞳
196ページの不思議そうにこちらをのぞくインド女性の真っ白な目
200ページの走る若い女の子の赤いサリー
217ページの美しい女性の横顔。眉毛がまつげが瞳が唇が神々しいー


約35年経っているので、彼女たちはみな "インドのおばちゃん"になっているのでしょうか?
山本さんが撮影したこれらのステキな写真には 1980年代のインドが閉じ込められていて感動的です!


椎名誠(しいな まこと)


1988年(昭和63年)1月25日 第1刷
文庫本の第1刷です。作品自体は 1984年(昭和59年)に小学館から刊行されたそうです


シーナ部隊が静寂と喧噪の渦巻く混沌の国を半径 3メートルの実感で進む面白リアリズムの人間紀行


イスにもたれながら気楽に読みました(^^/)



道路で生まれ、道路で人生の全てを過ごし、また道路で死んでいくカルカッタの路上生活者たち(つまり早い話が乞食たち)の人生などを知ると、頭の中がグニャリとなります。


最後はガンガー(聖なる河 ガンジス河)のほとりでひたすら安らかに死んでゆくのを楽しみにしているヒンドゥー教の人々。牛の糞から黄金のチンポコまで、ヒンドゥーは凄まじくも自由に幅広い象徴を持つ宗教だそうなんです


仏教の故郷でありながら、日本の価値観とか人生観とはまったく違うものが悠久のインドにはあるようです。


行きたいです!
考えてもわからない混沌の国
インドへ!!


しかしガート(ガンジス河の沐浴場)のすぐ横では厳しい顔をしたバラモンが僧衣を片肌脱ぎにして達磨ふうにどっかと座り眼をむき出し何か全身で叱りつけるようなかんじで巡礼者たちに説教をしていた。「ああ、こういうのが真実のお説教なのか!」とおれはそれを眺めながらコキザミに感動していた。眺めるものがあまりにも目の前にありすぎるのだ。

椎名誠


PS
先日読んだ哲学者・梅原猛さんの本にはインドについてこう書かれていました

釈迦が亡くなって 500年後に釈迦の語ったという経典が出現したといってそのまま信じられるのは、インド以外では不可能だったのではないかと私は思います。インドでは時間の観念がじつに長いのです。大乗経典の出現のようなことは、人間が永遠という時間の中で生活しているインドでしか起こらなかったことかもしれません



▼あわせて読みたい関連記事

書評ブログの一覧

【本 決定版!】おすすめ本ブログ記事一覧 読んだ本の書評たくさん有♪♪


×

非ログインユーザーとして返信する