ムラウチドットコム社長・村内伸弘のブログが好き😍

ブログ三昧♪♪ ムラゴン、にほんブログ村、スポリート、ムラウチドットコム運営の CEO(調子イイおじさん)がブログに恋し、ブログに狂う☆

muragon(ムラゴン) にほんブログ村 inkrich(インクリッチ) スポリート ムラウチドットコム  決意53才

村内 伸弘(むらうち のぶひろ)村内伸弘の彼女

「明暗の五月二十七日」村内歌子 - 村内村雄追悼集より

僕のおばあちゃんの明と暗の 5月27日。「明」昭和20年/1945年5月27日と「暗」平成5年/1993年の5月27日。

「僕は歌子だけを愛する」 村内村雄(34歳)、村内歌子(20歳)

「僕は歌子だけを愛する」村内村雄(34歳)、村内歌子(20歳) 昭和21年/1946年9月1日



明と暗
昭和20年5月27日と平成5年 5月27日。


去る 10月3日、浄土へと召された歌子おばあちゃんが書いた文章です。
僕の大好きなおばあちゃんが書いたうつくしい文章です。



明暗の五月二十七日 村内歌子


五月二十七日、私にとりましては忘れることの出来ない一日であります。昭和二十年五月二十七日は十八歳と九カ月の花嫁……とはいっても第二次世界大戦も日本の敗色濃い昭和二十年でしたので紺のモンペ姿で、叔母の家に嫁いで参りました記念の日でした。子供の頃より大好きな叔母に是非にと見込まれ、返事をしたのが五月十三日。十四日に村雄が私の実家に来て初めて顔を会わせました。主人は私の三、四歳頃の幼児の顔は知っていたとのことです。私の父とは叔父、甥の間柄ですのですぐに話がはずんでおりましたが、お茶出し等でほとんど私は口をききませんでした。二週間目の五月二十七日にお嫁入りでした。形式だけで、日本が勝利したら親戚、兄妹皆呼んで盛大にとのことにて非常に簡単な顔合わせでした。軍人であったため、新婚の夜もこれから二人で手を取り合って共にしあわせな人生をすごすためにも、これだけは協力して欲しいと、


一、父母と仲良く大切にして欲しい。

これが即ち二人の幸福になるため。
二、おたがいに隠しだてはしないこと。
三、二人の子供(五歳と三歳)は今日から僕と歌子の子供として母と相談しながら育てて欲しい。
そのためには僕は歌子だけを愛するから。

びっくりしました。軍人さんから女学生が説教されているようで……。
でも、この約束書も八王子の大空襲で灰となってしまいました。翌朝は食事の済んだ後、これから共に生活の場となる醤油の工場の中を事細かく説明してくれました。醤油の元の諸味(もろみ)のプップツと発酵しているのを大きな桶に登り眺め、また紋りたての醤油に火を通している大きな大きなお釜を見たり、説明が終わると主人は陸軍省へと出勤してしまいました。終戦までは軍籍に身をおいておりましたので、一日家に帰りますと三日くらいは陸軍省に勤務の連続です。

八月二日未明の八王子大空襲ではすべてのものが焼土となり、バラックの家の中からすべての生活が始まり、さまざまな体験をしました。

終戦となり、主人も軍隊から解放され共に生活することの出来る日々が続き、初めて結婚したのだという実感が湧いてきたように覚えております。焼け跡の片付けでも大変な事、食事が出るからと大勢の方が手伝いに見え、バラック造りの炊事場は朝からフル回転でしたので、甘い新婚時代とはとてもかけはなれた、想像も出来ない毎日でしたのが、かえって夫婦としての絆が固く結ばれて来た理由かもしれません。

それから四十八回目の今年(平成5年)の五月二十七日、百歳までは必ず生きて大勢の方に、素晴らしい絵を描くようになったね……と誉められる画家になりたいといっていた主人、村内村雄は突然たった一人ぼっちで、あの世とやらへ旅立ってしまいました。私を残して……。どうして………なぜ、なぜ、信じる事の出来ないつらさの毎日がくり返して行きます。

生を受けてからの十八年と九カ月は親の許で大事に育てられ、それからの人生の活気のある四十八年間は、村雄という私にとりましては大きな大きな傘の下で育てられました。

五月二十七日、突如やって来た突風に村雄傘は大空へと飛んで行ってしまいました。あまりの突然さにただただ茫然としている毎日ですが、二人で共に助け合って過ごした苦しい時代ほどなつかしく、今は天国で私を見守ってくれている主人村雄に、


苦しい時代がたくさんあったから
思い出もたくさんある
思い出を たくさん ありがとう
と早く言えるように……。



おしどり人生48年 ・・・ 都内ホテルにて 平成3年/1991年6月



47歳の村雄おじいちゃんが自分の一生を想像して一枚の枠の中に表現した画

村内村雄 初期の作品 「究極の喜び」村内村雄(47歳)


究極の秋の石とも
我化せん
箱根湯本にて
石は地に生まれて
苔むしぬ
人は地に生まれて
働きて働きて
石と化しぬ
かかる自然のよころび
人のみが識り得る
よろこびならぬ
(画板の裏書)



▼あわせて読みたい関連記事

歌子おばあちゃん(村内歌子/むらうち うたこ)

さようなら&ありがとう 歌子おばあちゃん(法名 慧光院釋尼頌徳)


村内 村雄(むらうち むらお)

5月27日、陸軍輜重兵だった祖父のお墓参り


100年前の日本!大正時代の古い写真=おじいちゃんの子供の頃の写真。祖父も子どもだった


八王子情報(八王子ブログ)の一覧

【八王子情報 決定版!】おすすめ八王子ブログ記事一覧 八王子の写真たくさん有♪♪


ムラウチブログ・村内家ブログの一覧

【ムラウチ・村内家 決定版!】おすすめムラウチブログ記事一覧 ムラウチや村内一族の写真たくさん有♪♪


宗教・思想ブログの一覧

【宗教・思想 決定版!】おすすめ宗教・思想ブログ記事一覧 仏教やキリスト教の情報たくさん有♪♪



×

非ログインユーザーとして返信する