ムラウチドットコム社長・村内伸弘のブログが好き

ブログ三昧♪♪ ムラゴン、にほんブログ村、スポリート、ムラウチドットコム運営の CEO(調子イイおじさん)がブログに恋し、ブログに狂う☆

muragon(ムラゴン) にほんブログ村 スポリート ムラウチドットコム  決意50才

村内 伸弘(むらうち のぶひろ)村内伸弘の彼女

日野江城跡とキリシタン墓碑/吉利支丹墓碑(南島原市 旧西有家町)

国指定の史跡となっているただ一つのキリシタン墓碑 - ヒリ作右衛門ディオゴ

FIRI SACYE MO DIOG XONE GOX IRAI 1610 IVG 16 QEICHO 15
ヒリ 作右衛門 ディオゴ 生年 御出生以来 1610 10月16 慶長15


吉利支丹墓碑
平成30年(2018年) 8月26日 村内伸弘撮影


▼長崎歴史文化博物館の説明

キリシタン墓碑

キリシタン墓碑

国指定・吉利支丹墓碑(南島原市西有家町)


16世紀後半以降キリスト教の広まりにともない、キリシタン信徒の墓碑として造られたものです。島原半島を中心にした長崎県や九州北部、関西などに 200基ほど残っています。天正9年(1581年)銘の「礼幡」墓碑(大阪府四條畷市/しじょうなわてし)が現在のところ日本最古の墓碑です。慶長15年(1610年)銘の吉利支丹(きりしたん)墓碑(南島原市西有家町)は国指定の史跡となっているただ一つのキリシタン墓碑です。


日野江城跡

原城のあとは、キリシタン繁栄の礎を築いた戦国大名・有馬氏の居城「日野江城」に向かいます。せっかくなので、原城と合わせて見学したいのです。


世界遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連資産」の構成資産ではないのですが、関連資産に選ばれているようです。


南島原市 国指定史跡 日野江城跡


■日野江城は中世から江戸時代初めにかけてこの地域の領主であった有馬氏の居城であり、14世紀の南北朝時代に築かれたと伝えられている。


城は、標高78m付近の本丸と、東の二の丸、西の三の丸から構成され、大手口は二の丸にあった。本丸北方の尾根つづきには堀をめぐらし、西側に浦ロ川、東側には大手川があって守りを固めた。また川を通じて海へとつづく水運に直結していた。


イエズス会の報告書に、有馬晴信が石垣や階段を造り、1590年(天正18年)に内部の建物を改築したことが記されている。また1595年(文禄4年)に城を訪れたイスパニア(スペイン)商人アビラ・ヒロンは、城内にはいくつもの部屋や茶室、庭園があったと詳しく記した。


二の丸の発掘調査では、破壊され埋められていた石垣や階段遺構、多くの陶磁器などが出土した。見つかった階段は直線で 100メートル以上に及んだ。大手口推定地から本丸下までを石段で一挙に駆け上がる構造は、織田信長が築いた滋賀県の安土城大手道にも類似した。階段の北側からは、石塔が多く出土した。宝匧印塔(ほうきょういんとう)や五輪塔(ごりんとう)などの仏教式の墓石を階段に再利用していた。有馬氏が仏教を排してキリスト教を保護したことと、その権力の強さがうかがえる。この階段の袖には、切石をつかった石垣も出土した。当時の城では類を見ない独特な技術で南方の地域との交流を物語る貴重な資料である。


出土遺物には、14世紀から16世紀の国産陶器とともに、中国や東南アジアで焼かれ、貿易によって運ばれた外国産の陶磁器が多く含まれていた。また上薬をかけずに焼いた素焼きの土師器(はじき、かわらけ)も数多く出土した。土師器は儀式や酒宴に用いたもので、有馬氏と家臣たちが儀式を通じて結びつきを深めたことを物語る。また、豊臣系の城郭で流行した金箔瓦も出土するなど、中央政権からの影響も現れている。


日野江城跡は 1982年(昭和57年)5月3日、国指定史跡となった。



スミマセン。日野江城って山なんですけど・・・


しかも、崩落とかあったみたいなんですけど・・・


日野江城跡

(国指定年月日: 昭和57年7月3日 指定面積115.992㎥)


日野江城跡は戦国大名有馬氏の居城であった。築城は 1216年(健保4年)頃と見られる。日向延岡に転封となる 1614年(慶長19年)までの約400年間、城主は有馬であった。縄張は本丸を中心として東を二ノ丸、北西を三ノ丸とした、梯郭式或いは連郭式の構造をもつ平山城と考えられ、本丸の北侧には、広大な空掘が良好な状態で残されている。


築城以降、勢力を拡大していった有馬氏は、1550年代には島原半島から肥前東部一帯 21万石を領有した。また、現在の長崎県、佐賀県に十一城(といちじょう)とよばれる支城の連絡網を張り巡らせ、広大な領域を支配した。


第13代当主の有馬晴信は 1579年(天正7年)洗礼を受けキリシタン大名となった。1580年、イエズス会の中等教育機関「有馬のセミナリヨ」が有馬の城下町に創立された。1582年には卒業生による日本初のヨーロッパ派遣団「天正遣欧少年使節」がローマに派遣され、4少年は 8年半を要し帰国した。帰国の際、日野江城跡で 8日間にわたる報告会が催され、完成したばかりの屋敷に案内されたときの様子がイエズス会年報で次のように報告されている。「大小の部屋はすべて黄金の品や典雅で華麗な絵画で飾られていた。この屋敷は、最近有馬殿の手で建てられ見事な出来ばえとなった城郭の中にある。」


豊臣秀吉の天下統一以降、有馬氏は、豊臣秀吉、そして、次の天下人である徳川家康の臣下となり、島原半島 4万石を支配するにとどまるのだが、有馬氏が行ってきた南蛮貿易や、キリスト教の保護政策は有馬にヨーロッパなどからの様々な文物や文化をもたらし、国際交流の最先端地を形成させることになったのである。


平成7年度から始まった発捆調査では、鳥伏間に金箔を貼った金箔瓦が出土した。遺構では、仏教徒に対する弾圧があったのだろうか、多量の五輪塔地輪が踏石に利用されている階段遺構が検出された。また、大陸系の技術を駆使した石垣遺構が検出されたが、この石垣は当時の国内の城郭石垣では他に例を見な貴重な石垣である。


北有馬町2002



うーん、しかもメッチャ暑いんですけど。。。
平山城である日野江城跡を見るためにはこの坂道登っていかなくっちゃならないんですけど。。。


くじけました・・・


今回は見学をやめておきます。熱中症になったら終わりですから 苦笑
日野江城跡の見学、諦めます。。。。。



ごめん日野江城よ。今年の夏は暑すぎる。。。
「命に関わる危険な暑さ」だから、許せ。。。



キリシタン墓碑/吉利支丹墓碑

島原湾(有明海)岸にある吉利支丹墓碑にやってきました。

吉利支丹墓碑


墓地からは普賢岳がよく見えます!


史跡 キリシタン墓碑(昭和34年7月24日 国指定)


史跡 キリシタン墓碑(昭和34年7月24日 国指定)

・形式 カマボコ型伏碑

・法量 長 1.2メートル 高 0.38メートル 幅 0.56メートル


県内には 100余基のキリシタン墓碑が現存するが、この墓碑は背面に美しい花十字の線彫りと一方の軸部に花十字を平彫りし他方の軸部に楔形の小十字とローマ字墓表とを薬研彫りしてありキリシタン墓碑の中でもっとも高い価値を有するものである。本碑は昭和4年現在地の地下から発掘されたもので墓表はポルトガル式綴字法によるローマ字日本文で次のように翻字される。


FIRI SACYE

MO DIOG XONE

GOX IRAI 1610

IVG 16 QEICHO 15


ヒリ 作右衛

門 ディオゴ 生年

御出生 以来 1610

10月16 慶長15


これはローマ字金石文としては日本最古のものであり、グレゴリオ暦年と元号年とは併記したものとしても最古のものである。ヒリは名字と思われるが不祥 また作右衛門ディオゴについては史料はない。


昭和48年3月31日 文化庁文化財保護部


史跡キリシタン墓碑

「作右衛門ディオゴ」っていったいどんな人だったんでしょうか?
史料はないという最後の言葉が逆に僕の心を温かくしてくれました。


作右衛門ディオゴさん、ゆっくりとお休みなさい。
この有明海に臨み、普賢岳が望めるすばらしい土地で。


ヒリ作右衛門ディオゴは、1610年 慶長15年10月16日以来(83歳)まで生きた


南島原市の広報によると 

「ヒリ作右衛門ディオゴは、1610年 慶長15年10月16日以来(83歳)まで生きた」ということで昭和4年に出土した時には「83」という数字がまだ入っていたようです。



FIRI SACYE
MO DIOG XONE
GOX IRAI 1610
IVG 16 QEICHO 15




あ~、またもや雲仙が見える!!


普賢岳や平成新山(溶岩ドーム)


どの角度から見ても美しいです!


島鉄バス 向バス停


もう少し涼しい季節にこの島鉄バスに乗って島原を周遊してみたいですぅ~


これじゃあ、見えないので自分自身のため、そして島原半島をバスで旅したい方々のために拡大しておきますw




島原湾(有明海)がうつくしい!


旧西有家町の海岸から須川港方面を望む


南島原の海はすばらしい!
南島原の太陽はすばらしい!
南島原の空はすばらしい!
南島原の雲はすばらしい!
南島原の風はすばらしい!
南島原の磯の香りはすばらしい!!


さあ、長崎市内にこれから戻ります。


南島原市のみそ五郎やん


民話 みそ五郎やん


島原・天草架橋を実現しよう! 南島原市


せっかくなので南島原市の観光プロモーション動画をご覧ください。



▼第7回観光映像大賞 観光庁長官賞 - 国内部門最高賞




南島原から長崎市内へ向かう途中の風景です


小浜温泉


小浜温泉まであとわずかというところで見た光景



島鉄バス 石合浜付近の光景


興奮します!夕日の名所、小浜ならではの光景です!!


島鉄バス 石合浜



▼今回の長崎旅行


笠雲の富士山&上空の白い雲を抜けるとそこはハウステンボスであった


長崎古版画(長崎絵)のオランダ人と長崎県営バスターミナル


長崎・本河内ルルド(前編) ルルド参道のロザリオの十五玄義レリーフ


長崎・本河内ルルド(後編) ルルドの洞窟 / ルルドの泉


長崎・聖母の騎士の聖コルベ像 「コルベ神父は美しい魂を神に返した。」


長崎・聖コルベ記念館(聖者コルベ師資料室)で "愛の殉教者"コルベ神父の生き様と死に様を知る


九州の絶景!雲仙(雲仙岳)と橘湾を海辺の集落から望む


和泉屋 長崎カステラランドはカステラ夢の国!海の見えるトイレも気分いい~!


島原半島ドライブ 赤い土、軍神!橘中佐の銅像、千々石ミゲル生誕の地


冬瓜をくれた雲仙の優しいおばさんと猿葉山、緑の棚田、橘湾の夕陽


雲仙地獄めぐり - 清七地獄、お糸地獄、大叫喚地獄、キリシタン殉教記念碑など


雲仙温泉 - 九州・長崎の人気温泉地を歩く


カステラの切れ端と温泉レモネード(うんぜんレモネード)が雲仙温泉での朝食


日本の棚田百選の地!清水棚田展望台(雲仙市千々石)&目付石棚田。長崎は棚田が美しい


雲仙地獄の温泉たまご。雲仙名物!地獄蒸しだからウマい!


雲仙岳と緑の田んぼの最高のコラボレーション!


北村西望記念館/西望生誕之家(西望公園)- 北村西望の彫刻、水彩画、書などなど


有馬キリシタン遺産記念館(原城跡見学の前に立ち寄るのがベスト)


「雲仙普賢岳大噴火」の生々しい話を原城のお土産物屋さんで聞けました


世界文化遺産 原城跡 - 天草四郎の墓碑・天草四郎の像


日野江城跡とキリシタン墓碑/吉利支丹墓碑(南島原市 旧西有家町)


絶品!長崎・牛右衛門のワンポンドステーキ(450g)


2018長崎とっとっと祭り 花火と荻野目洋子、長崎のシャネルズ!


夜の長崎港、出島ワーフとちりんちりんあいすの移動販売車(屋台)


三八ラーメンで皿うどん。うま甘い~!長崎の夜のシメうどんw


真夏の長崎市内散策 - 気分は遠藤周作?野口彌太郎?


長崎歴史文化博物館で長崎の歴史や文化のすべてが体系的に、時系列で理解できる


長崎・上野彦馬の写真館「上野撮影局」で撮った坂本龍馬と僕のツーショット写真


長崎おきあがりこぼし展(長崎歴史文化博物館)が実にすばらしかった!


続・真夏の長崎市内散歩、これぞ長崎さるく。


「身代わりの愛」 大浦聖コルベ館でコルベ神父の「愛」を知る


長崎和牛バーガー「白バーガー」と世界遺産ホットドッグ「そろばんドッグ」


世界遺産 大浦天主堂(キリシタン博物館)は歴史文化都市・長崎のシンボル


長崎空港よかとこばい 長崎の夕焼けと長崎の鐘「幸せの鐘」



▼平成29年7月の長崎旅行


シーボルト先生の長崎へ シーボルト宅跡(鳴滝塾跡)&シーボルト記念館


長崎の昼景 360度パノラマの稲佐山展望台から望んだ長崎市内の様子


長崎 南山手の国宝・大浦天主堂 ブルーアワー、ライトアップされた日本最古の教会(世界遺産候補)が美しく煌めく!


長崎は港街&斜面都市 1000万ドルの長崎の夜景!グラバースカイロードから見た世界新三大夜景


長崎 東山手の領事館の丘 石橋電停からオランダ坂を登り、長崎外国人居留地時代の石畳の坂道と石垣へ


長崎レトロ!夜の長崎の街 鉄道発祥の地、長崎新地中華街、浜町アーケード


長崎の眼鏡橋は日本三名橋!ライトアップされた美しい石造り二連アーチ橋


長崎の風情 チンチン電車・長崎電気軌道、和華蘭文化、APAホテルで全額返金に当選~ん!


長崎から諫早へバスの旅、夏の大村湾(琴の海)、長崎ちゃんぽん



▼平成30年4月の長崎旅行


空の上から見た笠雲の富士山とディズニーランド。長崎空港到着


長崎港の豪華客船、長崎新地中華街、湊公園、唐人屋敷跡、皿うどん


長崎は鎖国時代の西洋に開かれた唯一の窓口!夜の出島和蘭商館跡と出島橋


夜の長崎柳小路通り、夜の思案橋。福砂屋前でシャボン玉を吹くおねえさん


日本三大花街・夜の丸山界隈(丸山花街)、高島秋帆旧宅など


長崎電鉄(路面電車)の写真撮影会と停留場名称変更情報


死者73,884人 - 長崎平和公園で世界平和を願う。平和祈念像とチリンチリンアイス


浦上天主堂(カトリック浦上教会)は「神の家」、魂のよりどころ


祈りのゾーン。長崎の原子爆弾落下中心地と鉄輪樹の木と折り鶴 - 1945 8.9 11:02


ナガサキ: 長崎原爆資料館で涙しました 悲しき別れ-荼毘(A sad farwell)と永井隆博士の如己愛人


ナガサキ: 国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館で永遠の平和を祈りました


学びのゾーン。長崎市歴史民俗資料館(原爆殉難教え子と教師の像・長崎古賀人形)


キリシタン墓地の聖母マリア像に心打たれる。浦上天主堂を望む風渡る丘の上の経の峰共同墓地で


長崎山王神社の一本柱鳥居(原爆で片方が吹っ飛んだ二の鳥居)


被爆クスノキ 原爆の爆風と熱線に耐えた長崎山王神社の大クス


長崎・浜市アーケードを「浜ぶら」、岩崎本舗の長崎角煮まんじゅうを一気に飲み込む!うまい!!


長崎の坂 7大有名坂の地図と写真 + 長崎喧嘩騒動の天満坂


【長崎世界遺産の美しい動画】必見!祝・世界遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」



▼平成30年7月の長崎旅行


夏の真っ黒な富士山が、長崎行きの飛行機から見えました


通称「よりより」の麻花兒(マファール)、黒崎永田湿地自然公園や永田浜


ドロさまそうめん、長崎の短いしっぽ(短尾)の猫 - 道の駅夕陽が丘そとめ


世界文化遺産 外海の大野集落(大野教会堂)を訪ねました - ド・ロ壁も必見!


世界文化遺産 外海の出津集落(出津教会堂)を訪ねました


世界文化遺産 長崎市ド・ロ神父記念館(旧出津救助院 鰯網工場)


世界文化遺産 ド・ロ神父が設立した旧出津救助院(聖ヨゼフの仕事部屋など)


長崎のうつくしい夕日と長崎電鉄の納涼ビール電車


長崎の忠犬ハチ公「少女と盲導犬の像」 - JR長崎駅前


ツル茶んの真正トルコライスと元祖長崎風ミルクセーキ


ほんとうのオランダ坂と昼の丸山界隈、丸山公園の坂本龍馬像


丸見え長崎電鉄 - 長崎バスターミナルホテルの部屋から見た路面電車


日本二十六聖人殉教地&日本二十六聖人記念館(長崎市西坂公園)


長崎電気軌道 蛍茶屋車庫(蛍茶屋の長崎電鉄車庫)を勝手に見学


長崎の氏神様 お諏訪さん(諏訪神社)へ - 長崎くんちのメイン会場


元祖茶碗むしの長崎「吉宗(よっそう)」で茶碗蒸しと蒸寿しの夫婦蒸しを堪能


JR長崎駅とアミュプラザ長崎のアニバーサリー記念映像の撮影


世界文化遺産 三菱重工長崎造船所資料館(旧木型場)の外観&外部


世界文化遺産 三菱重工長崎造船所資料館(旧木型場)の内部


如己堂(にょこどう)&長崎市永井隆記念館 - 如己愛人 永井隆


長崎市立山里小学校の原爆資料室、あの子らの丘、あの子らの碑


豪華客船 マジェスティック・プリンセス号が日本三大美港・長崎港に停泊していました



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。