ムラウチドットコム社長・村内伸弘のブログが好き

ブログ三昧♪♪ ムラゴン、にほんブログ村、スポリート、ムラウチドットコム運営の CEO(調子イイおじさん)がブログに恋し、ブログに狂う☆

muragon(ムラゴン) にほんブログ村 スポリート ムラウチドットコム  決意50才

村内 伸弘(むらうち のぶひろ)村内伸弘の彼女

玉の浦椿の実ができて、赤く染まり熟すまで

赤く染まった玉の浦椿の実
平成30年(2018年) 8月5日 村内伸弘撮影



平成30年(2018年)7月31日 村内伸弘撮影



玉の浦椿の実が大きくまんまるになりました
という記事を 7月4日に書きましたが、その後夏が過ぎ、秋になる過程での玉の浦の実の変化を写真に撮り続けましたのでぜひご覧ください。長くなっちゃったので前編、後編に分けました 笑


長崎県五島の銘花「玉の浦(たまのうら)」、花だけじゃなくって実もかわいらしいですよ~


玉の浦椿の実ができるまで

▼1月18日の玉の浦椿

1月中旬の様子です


▼2月7日の玉の浦椿

2月初旬の様子です


▼2月20日の玉の浦椿

2月下旬の様子です


▼4月6日の玉の浦椿

4月初旬の様子です
椿の花が咲いた後に雌しべ(めしべ)が残っているのわかりますか?
写真右側の上と中央に「実」の予備軍が写っています。


写真真ん中の緑色の部分が椿の「実」になっていきます。


これはハッキリわかりますよね?
咲き終わった花の雌しべの根元が緑色の膨らんでいます。順調にいけばこれが「実」になっていきます。


▼4月12日の玉の浦椿

4月中旬の様子


これは上の方の「実」です。


椿は(タネ)で子孫を増やす「種子植物」で、花びらがある花を咲かせるのでその中でも「被子植物」になります。子房が成長して果実になり、胚珠が種子(タネ)になっていくんです。
※雌蕊(めしべ)は柱頭、花柱、子房から構成されていて子房の中に胚珠があります


▼4月18日の玉の浦椿

4月中旬の様子


▼4月26日の玉の浦椿

4月下旬の様子


これも上の方の「実」です。
徐々に大きくなってきていますね!
もう誰が見ても「実」ですよね~


▼5月4日の玉の浦椿

これは真ん中の「実」です。




5月5日~7月1日の様子はこちらの記事で

椿の実

玉の浦椿の実が大きくまんまるになりました





▼7月12日の玉の浦椿の実

上の「実」、すこしづつ赤みが出てきました!


真ん中の「実」、こっちはだいぶ赤くなっています!!


下の「実」


見えないところの「実」


▼7月13日の玉の浦椿の実

7月中旬の様子
「実」があることが一目でわかります。植物の生長は速いですっ


▼7月16日の玉の浦椿の実

上の「実」


真ん中の「実」、もう赤く染まりました!!赤い実ですよね、コレはどうみても!!


下の「実」


見えないところの「実」


▼7月24日の玉の浦椿の実

7月下旬の様子


上の「実」


真ん中の「実」


下の「実」
テカテカ、ツヤツヤしていてすばらしい存在です。玉の浦は花が抜群にキレイですが、「実」もかわいらしくって愛(いと)おしいです!!


見えないところの「実」
葉っぱの下はまだ緑色のままです。やっぱり陽が当たる部分の方が色づきやすいんですね(^^)


▼7月28日の玉の浦椿の実

上の「実」、さあ 7月下旬、葉っぱよりも「実」の方が目立つようになりました!


真ん中の「実」


下の「実」


見えないところの「実」


▼7月31日の玉の浦椿の実

7月最後の日、赤と言うよりも赤銅色というか赤茶色というかシブイ感じの色に変わっています。熟し始めている様子がみてとれます。


▼8月4日の玉の浦椿の実

朝日を浴びて輝く玉の浦の「実」


うつくしー!!めちゃくちゃ美しいです!!!!!


上の「実」、見事に色づきました!自然が創った芸術です!!!!


真ん中の「実」


下の「実」
うわっ黄色ですよ!朝日を浴びて!!


見えないところの「実」


▼8月5日の玉の浦椿の実

8月上旬の様子


▼8月10日の玉の浦椿の実

「実」のついた玉の浦椿の木


上の「実」


真ん中の「実」


下の「実」


見えないところの「実」


▼8月22日の玉の浦椿の実

8月下旬の様子


上の「実」


まんまるです、まんまる!!丸という形はホントかわいらしいですね(^^)ついつい触りたくなっちゃいます。でも、変な力を加えてしまって落ちないように気をつけないと!


真ん中の「実」


下の「実」


見えないところの「実」


▼8月30日の玉の浦椿の実

矢印は上と真ん中と下の「実」です
※あともう一つ下の方の見えない部分になっています


▼8月31日の玉の浦椿の実

上の「実」


真ん中の「実」


下の「実」


見えないところの「実」


▼9月7日の玉の浦椿の実

9月初旬の様子


上の「実」の存在感がハンパないです!


上の「実」


真ん中の「実」


下の「実」


見えないところの「実」


▼9月11日の玉の浦椿の実

赤茶色の新芽に目を奪われてしまいますが、奥にシッカリと実が写っていますよ


▼9月12日の玉の浦椿の実

9月中旬の様子


ホントまんまる~


上の「実」


真ん中の「実」


下の「実」


見えないところの「実」
まだ緑色の部分が残っています。


▼9月17日の玉の浦椿の実

上の「実」


玉の浦椿の「実」、赤く染まり熟しました。弾けてタネが飛び出すまでもうそろそろです。


▼あわせて読みたい関連記事

椿の挿し木成功

椿の挿し木成功 - 冬挿しと春挿しで活着した名椿「玉の浦」


玉の浦椿(玉之浦椿)

世界に冠たる幻の椿「玉之浦 / 玉の浦(ヤブツバキ)」を植え付け。長崎県五島列島原産の幻の銘花


玉之浦 / たまのうら

玉之浦 - 白覆輪の五島の銘椿、紅白に咲きました!


濃紅地に白覆輪!名花「玉之浦(玉の浦)」

玉之浦椿 - 濃紅地に白覆輪の名花 観察日記(蕾~開花~落花の記録写真)


玉之浦椿 - ツバキのおしべ、めしべ、花弁(花びら)の数

玉之浦椿の観察 - ツバキのおしべ、めしべ、花弁(花びら)の数を調べました


世界的名花「玉の浦」 - 'たまのうら/Tama-no-ura'

世界的名花 玉の浦の生長・開花写真 - 長崎県五島のうつくしいツバキ


氷柱(つらら)と玉の浦

雪と玉の浦

つららと玉の浦、雪と玉の浦の幻想的な写真。平成30年八王子大雪のプレゼント~♪♪


長崎が生んだ名椿・玉の浦(たまのうら)

暗がりと玉の浦 - 暗闇の中の美、そして情緒。


うつくしく咲く椿「玉の浦」

春の光と玉の浦 - 春の陽射し、春の太陽。


春の雨に打たれながら美しく光る「玉の浦」

春の雨と玉の浦 - 春雨に打たれ、光るうつくしい椿の姿。


散り落ちた椿・玉の浦(たまのうら)

散り落ちた玉の浦 - 春の朝日に当たる落ち椿


最高の新緑!玉の浦の若葉

最高の新緑!玉の浦のテカテカと照る若葉、キラキラと光る若葉


椿の実

玉の浦椿の実が大きくまんまるになりました


椿の挿し木に成功

椿の挿し木の時期 - 玉の浦の挿し木失敗事例と挿し木成功事例


NHK趣味の園芸 人気品種と育て方 ツバキ、サザンカ - 日本ツバキ協会 編 NHK出版

20円で買った本: 日本ツバキ協会編 ツバキ、サザンカ(NHK趣味の園芸・人気品種と育て方)


有馬キリシタン遺産記念館(原城跡見学の前に立ち寄るのがベスト)

長崎や南島原市のキリシタン史の光と影を学べます。キリスト教伝来、天正遣欧少年使節、キリシタン弾圧、島原の乱などココを見てから原城へ!

天草四郎の想像図[島原城キリシタン資料館所蔵]


天草四郎 / Shiro Amakusa(有馬キリシタン遺産記念館)
平成30年(2018年) 8月26日 村内伸弘撮影



島原半島の一番南、南島原市に入っています。


南島原市観光案内


原城跡、日野江城跡、西望公園、吉利支丹墓碑などいろいろな見所があります。


僕は今、有馬キリシタン遺産記念館にいます。



有馬キリシタン遺産記念館


有馬キリシタン遺産記念館

有馬キリシタン遺産記念館は、世界文化遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産である「原城跡」を中心とする、南島原におけるキリシタン史を展示したガイダンス施設です。

キリスト教の伝来から繁栄の時代を示す「日野江城跡」、そしてキリシタン弾圧や「島原・天草一揆」の歴史を分かりやすく解説しています。

現地とあわせて本館にお立ち寄りいただくと史跡の価値をより理解することができます。


展示室1 南島原の繁栄とキリシタン文化

展示室2 キリシタン弾圧と島原・天草一揆


有馬キリシタン遺産記念館の入口


世界文化遺産登録決定!!原城跡


原城跡


祈る天草四郎


エントランス付近は世界遺産登録決定一色でした!



有馬キリシタン遺産記念館の展示物ですが、それほど広くはないのですが、説明の内容の濃さがすばらしいです。キリシタンやキリシタンの遺産についてとてもよく理解できました。


ここは世界遺産「原城跡」のガイダンス使節で、入口から向かって左右にそれぞれ展示室があります。左の展示室1が主にキリシタン文化の繁栄と日野江城跡、右の展示室2が主に島原の乱と原城跡になっています。



映像でも理解が進められました。


南島原に栄えたキリシタン文化
平和を守る大切さと強い心



<セミナリヨ>  ヒューマニズムと幅広い教養の修得を目指した理想高き教育


<日本での宣教>  口之津会議を開催し日本の布教方針を定める


・セミナリヨ - 基礎知識を学ぶ中等教育機関
・コレジヨ - 高等教育機関(大学)
・ノビシアード - イエズス会への入会を認められた者の修練が行われる場所


ヴァリニャーノの肖像 / Portrait of Valignano


<天正遣欧少年使節>  世界を視野に入れた「天正遣欧少年使節」派遣


世界を視野に入れた「天正遣欧少年使節」派遣


資金不足や日本人のヨーロッパに対する認識の低さなど、当時の日本における宣教活動は様々な問題点に直面していました。そこでヴァリニャーノは第1次巡察を終えて帰国する際に、有馬のセミナリヨで学んだ 4人の少年をヨーロッパへ派遣する「天正遣欧少年使節」を企画、実行に移します。それは、立派なカトリック教徒に育てた日本の少年たちをヨーロッパ中に紹介し、スペイン・ポルトガル国王、そしてローマ教皇に日本での宣教活動の成果をアピールして精神的・経済的援助を得ること。さらに少年たちに偉大なヨーロッパを見せ、帰国後の語り部にするとう壮大な計画でした。


これものすごいことですよねっ!!


1582年(天正10年)ですよ、豊臣秀吉の時代ですよ、今からザッと 530年も前のことですよ!!!!


しかも、派遣当時の年齢は 13歳とか 14歳ですよ!
考えられないっ!!


サッカーのカズが 15歳でブラジルに渡ったのがスゴイと思っていましたが、この天正遣欧少年使節はガチでヤバいっす!!ジョン万次郎も真っ青っす!


<天正遣欧少年使節>  長崎港から命がけの大航海へ


少年たちは長崎を出て 2年半の 1584年(天正12年)8月10日ついにポルトガルに到着しました。

劇的です!この文章!!メチャクチャ劇的です!!


あなたも僕の文章をサッと読むだけじゃなくって、目を瞑って 1582年(天正10年)の長崎に、1584年(天正12年)のポルトガルに思いを馳せてみてください。


そして、その時 4人の少年達がどんな表情をしていたのか?どんなことを感じていたのか?ぜひ推測してみて下さい。


そういう想像ができるのは人間だけの特権ですから。



南蛮衣装 貸し出し中(ご希望の方はスタッフまで)


・無料げな~
・記念写真ば撮ろうだ~い
・よかにゃ~
・俺たちもう着とるたい



今思うと、コレ着て写真撮ってもらえばよかった!
大失敗!


コレ着て写真とれば、絶対「ブログ映え」しますよね~
大失敗、大失敗(笑)


南島原の繁栄とキリシタン文化


キリシタン弾圧と島原・天草一揆


天草四郎 / Shiro Amakusa


島原の乱の指導者(総大将) 天草四郎


"神の子" 天草四郎は 10代半ばの少年でした。



天草四郎陣中旗


一揆勢の団結の印。原城の本丸に翻っていたそうです。


箱型十字架(原城跡出土)



この「みの踊り」はヒドイです。。。

みの踊り

領主 松倉勝家は領民に重税を課し、未納の領民には蓑(みの)を背負わせ、火を放つという残酷な「みの踊り」等の罰を科した。


みの踊り。。。これは本当にヒドイです。。。


人形じゃなくって、生きている生身の人間がこうされていると思ってこの写真を見て下さい。島原の乱がなぜ起きたのか?容易に察しがつきます(涙)


領民、築城のため重税と労働が課せられ、大いに苦しめられる(涙)


「処刑」から「転び」へ

命を絶つ「処刑」から

拷問によって棄教させる「転び」へと

弾圧は厳しさを増していった



中浦ジュリアン穴吊りの図 「日本殉教精華」より


一揆勢を束ねたカリスマ / 天草四郎


一揆勢を束ねたカリスマ / 天草四郎

両親は天草の大矢野出身で、父親の益田甚兵衛は小西行長の家臣だった。四郎の署名が残る「四郎法度書」の文面は他のものが書いたとされる説があるが、カリスマ性を持った利発な少年だった。「海を歩いて渡った」「鳩の卵から聖書を出した」など伝説も多く残り、一揆の首謀者達が不死身だと神格性を描き出し、一揆勢を束ねる存在だった。しかし戦いの表舞台にはほとんど登場しない。


一揆勢は複雑な混成集団だった


天草四郎陣中旗


2月28日 原城陥落


箱型十字架(原城跡出土)


原城からは十字架の他にもメダイやロザリオなどキリスト教関連のものが多数出土しています。


そして、

十字架とともに無数の人骨が出てきたそうです。。。



有馬キリシタン遺産記念館のスタンプ



原城跡に行く前に立ち寄って大正解でした。
ここ有馬キリシタン遺産記念館でキリシタンや島原の乱のことを事前に勉強すると、原城の見学がより中身の濃いものになるはずです。


ぜひ、世界遺産だけを見るのではなく、この記念館も一緒に(事前に)見てください。




動画制作: 村内伸弘(ムラウチドットコム)





▼平成29年7月の長崎旅行


シーボルト先生の長崎へ シーボルト宅跡(鳴滝塾跡)&シーボルト記念館


長崎の昼景 360度パノラマの稲佐山展望台から望んだ長崎市内の様子


長崎 南山手の国宝・大浦天主堂 ブルーアワー、ライトアップされた日本最古の教会(世界遺産候補)が美しく煌めく!


長崎は港街&斜面都市 1000万ドルの長崎の夜景!グラバースカイロードから見た世界新三大夜景


長崎 東山手の領事館の丘 石橋電停からオランダ坂を登り、長崎外国人居留地時代の石畳の坂道と石垣へ


長崎レトロ!夜の長崎の街 鉄道発祥の地、長崎新地中華街、浜町アーケード


長崎の眼鏡橋は日本三名橋!ライトアップされた美しい石造り二連アーチ橋


長崎の風情 チンチン電車・長崎電気軌道、和華蘭文化、APAホテルで全額返金に当選~ん!


長崎から諫早へバスの旅、夏の大村湾(琴の海)、長崎ちゃんぽん



▼平成30年4月の長崎旅行


空の上から見た笠雲の富士山とディズニーランド。長崎空港到着


長崎港の豪華客船、長崎新地中華街、湊公園、唐人屋敷跡、皿うどん


長崎は鎖国時代の西洋に開かれた唯一の窓口!夜の出島和蘭商館跡と出島橋


夜の長崎柳小路通り、夜の思案橋。福砂屋前でシャボン玉を吹くおねえさん


日本三大花街・夜の丸山界隈(丸山花街)、高島秋帆旧宅など


長崎電鉄(路面電車)の写真撮影会と停留場名称変更情報


死者73,884人 - 長崎平和公園で世界平和を願う。平和祈念像とチリンチリンアイス


浦上天主堂(カトリック浦上教会)は「神の家」、魂のよりどころ


祈りのゾーン。長崎の原子爆弾落下中心地と鉄輪樹の木と折り鶴 - 1945 8.9 11:02


ナガサキ: 長崎原爆資料館で涙しました 悲しき別れ-荼毘(A sad farwell)と永井隆博士の如己愛人


ナガサキ: 国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館で永遠の平和を祈りました


学びのゾーン。長崎市歴史民俗資料館(原爆殉難教え子と教師の像・長崎古賀人形)


キリシタン墓地の聖母マリア像に心打たれる。浦上天主堂を望む風渡る丘の上の経の峰共同墓地で


長崎山王神社の一本柱鳥居(原爆で片方が吹っ飛んだ二の鳥居)


被爆クスノキ 原爆の爆風と熱線に耐えた長崎山王神社の大クス


長崎・浜市アーケードを「浜ぶら」、岩崎本舗の長崎角煮まんじゅうを一気に飲み込む!うまい!!


長崎の坂 7大有名坂の地図と写真 + 長崎喧嘩騒動の天満坂


【長崎世界遺産の美しい動画】必見!祝・世界遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」



▼平成30年7月の長崎旅行


夏の真っ黒な富士山が、長崎行きの飛行機から見えました


通称「よりより」の麻花兒(マファール)、黒崎永田湿地自然公園や永田浜


ドロさまそうめん、長崎の短いしっぽ(短尾)の猫 - 道の駅夕陽が丘そとめ


世界文化遺産 外海の大野集落(大野教会堂)を訪ねました - ド・ロ壁も必見!


世界文化遺産 外海の出津集落(出津教会堂)を訪ねました


世界文化遺産 長崎市ド・ロ神父記念館(旧出津救助院 鰯網工場)


世界文化遺産 ド・ロ神父が設立した旧出津救助院(聖ヨゼフの仕事部屋など)


長崎のうつくしい夕日と長崎電鉄の納涼ビール電車


長崎の忠犬ハチ公「少女と盲導犬の像」 - JR長崎駅前


ツル茶んの真正トルコライスと元祖長崎風ミルクセーキ


ほんとうのオランダ坂と昼の丸山界隈、丸山公園の坂本龍馬像


丸見え長崎電鉄 - 長崎バスターミナルホテルの部屋から見た路面電車


日本二十六聖人殉教地&日本二十六聖人記念館(長崎市西坂公園)


長崎電気軌道 蛍茶屋車庫(蛍茶屋の長崎電鉄車庫)を勝手に見学


長崎の氏神様 お諏訪さん(諏訪神社)へ - 長崎くんちのメイン会場


元祖茶碗むしの長崎「吉宗(よっそう)」で茶碗蒸しと蒸寿しの夫婦蒸しを堪能


JR長崎駅とアミュプラザ長崎のアニバーサリー記念映像の撮影


世界文化遺産 三菱重工長崎造船所資料館(旧木型場)の外観&外部


世界文化遺産 三菱重工長崎造船所資料館(旧木型場)の内部


如己堂(にょこどう)&長崎市永井隆記念館 - 如己愛人 永井隆


長崎市立山里小学校の原爆資料室、あの子らの丘、あの子らの碑


豪華客船 マジェスティック・プリンセス号が日本三大美港・長崎港に停泊していました



完全保存版 - ブログを始める前に見るべき 12本の動画

【ブログ開設前の注意点】ブログ初心者の方は僕の動画とブログ記事で "ブログ開設の目的"をまずは必ず理解してください♪♪


ブログとは?
ブログを始めるとどうなる?

ブログを開設する前に必ず見て頂きたい動画をまとめました。できれば 12本全部見てください。もちろん何本か気になる動画だけでも OKですけど(笑)


ブログはおもしろい!
ブログはすばらしい!!
muragon(ムラゴンブログ)やにほんブログ村など各種ブログサービスを長い間運営し続け、自分自身のブログ歴も 14年を超えた "ブログ愛あふれる"僕・村内伸弘の話をぜひブログを始める前の参考にして頂ければ幸いです。



【ブログ愛あふれる動画】ブログの魅力とすばらしさを語った動画をご覧ください


あなたの生き様や足跡をこの世に残せるのがムラゴンです



自分の心を見つめる写経であり、心のノートがムラゴンです



本心が書ける場所、そしてあなたの個人美術館がムラゴンです



あなた自身の可能性やチャンスを無限に広げてくれるのがムラゴンです



共感してくれる様々な人たちとつながりや交流ができるのがムラゴンです



他人に良い影響を与え、誰かのために役立てるのがムラゴンです



気持ちが落ち着いて、精神的に安定できるのがムラゴンです



生きがいや喜びがあふれ出すのがムラゴンです



世界が広がり、夢や目標が叶うのがムラゴンです



毎日の生活や人生が変わるのがムラゴンです



好きなことで、楽しくて幸せな気分になれるのがムラゴンです


動画制作&出演: 村内伸弘(ムラウチドットコム)



【ブログ愛あふれる文章 / テキスト】ブログの魅力とすばらしさを綴った文章もお読みください

あなたの生き様や足跡をこの世に残せるのがムラゴンです


自分の心を見つめる写経であり、心のノートがムラゴンです


本心が書ける場所、そしてあなたの個人美術館がムラゴンです


あなた自身の可能性やチャンスを無限に広げてくれるのがムラゴンです


共感してくれる様々な人たちとつながりや交流ができるのがムラゴンです


他人に良い影響を与え、誰かのために役立てるのがムラゴンです


気持ちが落ち着いて、精神的に安定できるのがムラゴンです


生きがいや喜びがあふれ出すのがムラゴンです


世界が広がり、夢や目標が叶うのがムラゴンです


毎日の生活や人生が変わるのがムラゴンです


好きなことで、楽しくて幸せな気分になれるのがムラゴンです




ブログを始める前に見ておくべき 12の動画

ブログ投稿: 村内伸弘(ムラウチドットコム)