甲子園優勝!熱海温泉に浸かる王貞治と早実の選手たち - 昭和32年/1957年 春のセンバツ

早実  王貞治。甲子園からの帰途、熱海の温泉に浸かる早稲田実業の選手たち。王(右から3番目)の手に巻かれた包帯が痛々しい。
昭和32年(1957年)4月 写真:毎日新聞社



前回、熱海に行った時に、ここ熱海駅前 「仲見世商店街」に王選手がセンバツで優勝して、帰り道の熱海でみんなで温泉に浸かっている写真があったのを覚えていて、今回熱海を訪れたときにいの一番で写真を撮ってきました。


王選手の青春時代です!すばらしい写真だと思います!!


今日、今年の夏の甲子園の西東京大会の組み合わせ抽選会がありました。今年もまた、純粋で一生懸命な球児たちの季節がやってきました。


温泉に浸かっているような明るくて素直な若者がこの国とこの星にどんどん増えていくことを僕は願っています。



王貞治 早実


東京に忽然と現れたスターは、やがて "世界の王"になっていった。その鮮烈なスタートは、第29回大会、エースとして3試合連続完封で決勝に臨むが、左手指の爪は割れていた。それでも血染めのボールを投げ込んで完投し、優勝旗を初めて東京に持ち込んだのだ。写真は甲子園からの帰途、熱海の温泉に浸かる早稲田実業の選手たち。王(右から3番目)の手に巻かれた包帯が痛々しい。4度甲子園の土を踏んだが、優勝はこの時のみ。プロ入り後の活躍については多言を要しないだろう。今や野球人の鑑だ。



修行僧のような巨人軍・王貞治選手

修行僧のような現役時代の王選手



▼あわせて読みたい関連記事


荒川博コーチと王貞治選手の猛特訓

荒川コーチと王選手の猛特訓から生まれた一本足打法
猛特訓する故・荒川博コーチと巨人軍・王貞治選手(日刊スポーツより引用)


早実対日大三 - 18対17の 2017春季東京大会決勝戦

早実対日大三!神宮で見た18対17の決勝戦。清宮2発!
9回裏無死1、3塁 清宮幸太郎、左中間へ 同点3ランホームラン!!!!!


怪物・スーパー1年生 清宮幸太郎が甲子園に登場

怪物・清宮を聖地甲子園で生目撃!準決勝・早実対仙台育英
怪物・スーパー1年生 清宮幸太郎登場(写真中央) 高校野球100年を彩る怪物清宮が僕の目の前にその姿を現わしました!


夏の高校野球 東・西東京大会展望号

2016夏の高校野球 東・西東京大会展望号(週ベ別冊)
"僕が買った" 第98回全国高校野球選手権大会 高校野球 東・西東京大会展望号


"高校野球史上最高の試合(神様が創った試合)" 箕島対星稜のサヨナラのシーン

甲子園歴史館(甲子園球場内)で大興奮!!高校野球の歴史!
昭和54年の "高校野球史上最高の試合(神様が創った試合)" 箕島対星稜のサヨナラのシーンです!


熱海の温泉まんじゅう(泉屋のうす皮まんじゅう)

熱海駅前の温泉まんじゅう & 熱海港


熱海・来宮神社/來宮神社の大楠(大樟)

樹齢2000年!パワースポット熱海・来宮神社の大楠(大樟)
平成28年(2016年) 3月12日 村内伸弘撮影


原種椿「ムラウチイ」の突然変異のハート型の葉っぱが紫色から緑色に変わっていくまで。

ハート型の葉っぱ(ハート型の葉っぱの木)

なんと!ハート型の葉っぱのムラウチイ
平成29年(2017年) 6月8日 村内伸弘撮影


白く輝くムラウチイの葉っぱ
平成29年(2017年) 6月15日 村内伸弘撮影



6月1日

平成29年6月1日のムラウチイの一番上の枝の様子。
広がった葉っぱの色が変わり始めています。引き続き、その一部始終をどうぞご覧ください。


それにしても、見事ですね。よくぞ、ハート型の葉っぱになってくれました!


葉緑体(クロロフィル/葉緑素)が急速に増えているようです。



6月2日

朝、カーテンを開けると太陽光が当たり緑色に見え始めています。


もう緑色に見えますねっ!


カーテンを閉めると、太陽光が届かず、まだ紫色に近いです。




6月3日

朝、カーテンを開けているときの葉っぱの色。


夜、カーテンを閉めているときの葉っぱの色。




6月4日

ムラウチイの新葉の裏側




6月5日

もう紫色ではなくなりました。新しい葉っぱがどんどん深い緑色に変身していってます。



6月6日


葉っぱの大きさはもうこれ以上は大きくならないようです。葉っぱの形もこれで固まったと思われます。僕の手と較べてみてください。




6月7日

新しく伸びた枝のピンク色の部分はまだ残っています。




6月8日

原種椿「ムラウチイ(学名: murauchii)」のハート型の葉っぱ。


(参考)

ベトナム原産の黄花椿「ムラウチィ」 学名: murauchii

2/15に自宅に届いたときにはハート型の葉っぱは 1枚もありませんでした。





ムラウチイの葉っぱが、普通と違う "ハート型"になったため不安を覚えて、ムラウチイを譲ってくださった久留米の王子園さんにアドバイスを求めました。

▼質問

王子園・中野さま

こんにちは。2/15にムラウチイを譲って頂いた東京の村内と申します。


先月、葉っぱが大量に落ちてしまったのですが、水やりの頻度や量を増やしたらだんだん元気になってきました。アドバイスありがとうございました!


頂芽から 3枚の新葉が出てきたのですが、1つだけ葉っぱの形がハート形です。主脈がY字形になっています(添付写真参照)。


中野さまはムラウチイのハート形の葉っぱを見たことがありますか?この葉っぱは奇形で、何かムラウチイに問題が発生しているのでしょうか?


お忙しいところすみませんが、何か情報があれば教えて頂ければ幸いです。


▼回答

村内様

無事に育ち始めた様で一安心しました。


それにしてもここまで葉脈から二又に変化した葉は他の樹種にしても見たことありませんね

葉脈から片方だけがいびつに変化などは稀に見かける事はりますが

生育上は問題は無いと考えます

そのまま生育させて次の葉も変化してくるようなら

別品種としてその部分から先は挿し木也で苗を作られたら良いかと思います



もしかするととんでもないことが起こっているのかもしれません!!!!
ムラウチイが突然変異して、プロの園芸店の人も見たことがないような"葉脈から二又に変化した葉"に進化してしまったかもしれません!世界のどこにも存在していないムラウチイの新品種(別品種)が誕生したのかもしれませんっ!!


ムラウチイは「原種椿」ですから、もし新品種が誕生すると僕が改良したり、育種したわけではないですし、自然交雑もしていないはずなので、園芸品種ではないまったく別の新しい「原種椿」の品種が地球上に誕生するかもしれません!!!!


大興奮です!!!!



6月9日



6月10日

深い緑色に変身したムラウチイ!


紫のムラウチイもステキでしたけど、深緑のムラウチイもやっぱりステキです!




6月11日



6月12日

夜でも緑色に見えるようになってきました。



6月13日

よかったね!ムラウチイ!!見事、深緑色の葉っぱになりました!!




6月14日



6月15日

白く輝くムラウチイ!


みずみずしい緑がうつくしいムラウチイ!!




6月16日



6月17日

ムラウチイのどアップ~~☆



6月18日

見事なハート型の葉っぱです!


ムラウチイのハート型の葉っぱの裏側


それにしてもここまで葉脈から二又に変化した葉は他の樹種にしても見たことありませんね」と園芸のプロがうなった葉っぱです!


僕の自宅の中でおそらく突然変異が起こったのでしょう!突然変異こそが進化です。遺伝子の変化こそが進化なのです。


この1枚を僕は絶対に枯らしてはいけません。この奇跡の1枚から僕は「ハート型のムラウチイ」を地球上にあまねく広める使命を背負ったんだと思ってその責任の重さに打ち震えています!!



▼あわせて読みたい関連記事



到着4ヶ月後、原種椿「ムラウチイ」の新葉がグリーンに!



到着3ヶ月後、原種椿「ムラウチイ」は枯死寸前?末期的症状? いいえ 樹勢回復を目指します!! 



酷い!原種椿「ムラウチイ」の新しい葉っぱが枯れました、、緑色の葉っぱになる前に枯れてしまいました。。



原種椿「ムラウチイ」の透き通ったキレイな紫色(パープル)の若葉


原種椿「ムラウチイ」の新しい葉っぱが出てきそうです!


原種椿「ムラウチイ」のむらさき色の新しい葉っぱが広がるまで。

紫色のムラウチイの新しい葉っぱ
平成29年(2017年) 5月25日 村内伸弘撮影



5月20日

平成29年5月20日のムラウチイの一番上の枝の様子。
葉っぱが広がり始めています。引き続き、その一部始終をどうぞご覧ください。


間違いなく、誰がどう見ても葉身です。葉脈は(主脈も側脈も)ハッキリ見えています、葉縁はギザギザしています。


僕の指先と大きさを較べてみてください。


水の量をミスって、葉っぱが大量に落ちてしまいました。反省を込めて、水やりをキッチリやっていますので、新しい葉っぱたち元気そうです!!




5月21日

葉っぱの数は 3~4枚になりそうです。真ん中の葉っぱが 1枚なのか?2枚なのか気になります。




5月22日

カーテン越しに入ってくる朝の光がムラウチイをテカテカと輝かせています。


パープルがうつくしいです!!


紫色がすばらしいです!!


右下のすでに緑色になった葉っぱのように、この紫色の葉っぱもまもなく緑色になるのでしょうか?不思議です!?


夜、カーテンを閉めて撮影をしても、照明の灯りでムラウチイの新しい葉っぱはやはりテカテカ輝いています。


この光沢感がたまらないです(^^)/




5月23日

真ん中の葉っぱ、どうやら 2枚ではなく 1枚のようです。


主脈が「Y」の字に分かれているようにも見えます。




5月24日

葉っぱが 3枚。元気に育っています。信じられません。写真右下の白い枝から上はここ 1、2ヶ月で忽然と現れたのです。植物の生長力はすさまじいです!!


2枚の葉っぱがくっついたような形の葉っぱになってきています。


早く、こんな鮮やかなグリーンになってほしいです。




5月25日

真ん中の葉っぱ、ハート型のようになりました。


ムラウチイの新葉、テカってます!存在感がハンパないです!光が反射して表面が輝いています!!うつくしいうつくしいムラウチイ!!!!




5月26日

前回、枯れてしまった新葉と違って、どの葉っぱも元気そうです。これはこのままいけばちゃんと緑色の葉っぱになるような気が強くしています。


真上から見たムラウチイの 3枚の新葉




5月27日

オヤ!?光の加減でしょうか?下の 2枚の新葉がなんとなく緑色になってきました!!


ハート型の葉っぱはまだ紫色のままです。


今回、新しく出てきた 3枚の葉っぱが一番大きな葉っぱになりました。僕のムラウチイ、復活に向けて大前進です♪♪


カーテンを閉めた時の照明でも、こんな感じでキレイな紫色に透き通ります。




5月28日



5月29日

見れば見るほど、ハート型のムラウチイが可愛らしく思えてきます。




5月30日



5月31日

明らかに下の 2枚は緑色に変わってきています。
緑の葉っぱへ、ムラウチイ、レッツゴー!




▼あわせて読みたい関連記事



到着4ヶ月後、原種椿「ムラウチイ」の新葉がグリーンに!



到着3ヶ月後、原種椿「ムラウチイ」は枯死寸前?末期的症状? いいえ 樹勢回復を目指します!! 



酷い!原種椿「ムラウチイ」の新しい葉っぱが枯れました、、緑色の葉っぱになる前に枯れてしまいました。。



原種椿「ムラウチイ」の透き通ったキレイな紫色(パープル)の若葉


原種椿「ムラウチイ」の新しい葉っぱが出てきそうです!


原種椿「ムラウチイ」の枝が伸びて、新芽や新葉が出てくるまで。

原種椿「ムラウチイ」の新葉(若葉)
平成29年(2017年) 5月19日 村内伸弘撮影



3月2日

ムラウチイの一番上の枝の様子

平成29年3月2日 朝6:45のムラウチイの一番上の枝の様子。
この一番上の部分から枝が伸びて、芽が出て、葉っぱが広がっていきます。その一部始終を 3記事にわたってどうぞご覧ください。



3月15日



3月21日

真ん中がムラウチイの頂芽です。頂芽優勢 (ちょうがゆうせい)ですので、たぶんこの部分はこれから生長していくと思います。写真中心になりますが、ウォッチしていきましょう。




4月13日

ムラウチイの頂芽



4月21日

片方の葉っぱが落ちてしまいました。。。
でも、見えますか頂芽の脇から角(つの)のような腋芽が出てきました!東京の浅草にあるアサヒビールの金色のオブジェみたいな感じです(笑)



4月29日

角(つの)のような新しい腋芽、日ごとに大きくなっています。



5月3日



5月5日



5月6日

もう 1枚の葉っぱも落ちてしまい、、、ハッキリと新芽が見えるようになりました。不幸中の幸いですw


ムラウチイの一番高い位置にこの新芽はたどり着きました。これが頂芽(ちょうが)になりました。どんどん伸びそうな予感がします。



5月7日

オーッ!上に伸びるだけじゃなく、なんとなく膨らんできました!!



5月10日



511日



5月12日

ぐわーっ!いきなり葉っぱが出てきました~っ!!枝なのか?葉っぱなのか?ムラウチイを育てるのは初めてですし、今何が起きていて、これから何が起こるのかがわかりません!!



5月12日

枝として伸び、葉っぱとして開こうとしているような感じです。



5月13日

グイグイ伸びてます。グングン大きくなっています。



5月14日

葉脈(ようみゃく)がハッキリしてきました。上側のムラサキ色の部分は明らかに葉っぱです。





5月16日

葉っぱの部分がさらに膨らんできました。




5月17日

ワーーッ!葉っぱ部分が膨らんでいたと思ったら、左右に開き始めました!展開が速いです!!


わずかな期間で、あっと言う間にこんなに枝が伸びました!ムラウチイの生長ぶりはすごいダイナミックです!!


途中、ピンク色の部分がありますが、これは天然の色ですっ!!まさかのピンク色!!!!僕のムラウチイ、今、一部分をピンク色にしています。



5月18日

葉っぱ部分が更に左右に開いてきました。


真上から見た原種椿「ムラウチイ」


上部の白い枝の部分がこの 1、2か月で伸びた枝です。




5月19日

新葉になっていき始めています。


新葉です!ムラウチイの若葉です!


僕の水やり不足で、緑の葉っぱがわずかになってしまったムラウチイですが、なんとかここで新しい葉っぱが展開してきました。うれしいです!!


立派な葉っぱに育ってくれ~~っ



▼あわせて読みたい関連記事



到着4ヶ月後、原種椿「ムラウチイ」の新葉がグリーンに!



到着3ヶ月後、原種椿「ムラウチイ」は枯死寸前?末期的症状? いいえ 樹勢回復を目指します!! 



酷い!原種椿「ムラウチイ」の新しい葉っぱが枯れました、、緑色の葉っぱになる前に枯れてしまいました。。



原種椿「ムラウチイ」の透き通ったキレイな紫色(パープル)の若葉


原種椿「ムラウチイ」の新しい葉っぱが出てきそうです!


禅寺丸柿 - 丸くて小さな青い柿の実をつけました!

禅寺丸柿の実 - 丸い小さな青い実

禅寺丸柿(ぜんじまるがき)の実
平成29年(2017年) 6月17日 村内伸弘撮影



禅寺丸(ぜんじまる)が柿の実をつけました!


ビックリしました!!
6月17日午前5時45分頃、僕が禅寺丸(ぜんじまる)を下からのぞき込んだら、なんとなんと丸い小さな青い柿の実を見つけました!!


昨年(平成28年)12月14日に植え付けたばかりなので、まさか実はつけないと思っていたのでビックリです!


やりました~!!
たった 1個だけなのですが、この実をこれからウォッチングしていきたいと思います。秋にオレンジ色の実になるのか?今から楽しみです。


柿の花というプレゼントを先月の今頃もらいましたが、柿の実という贈り物を今回はもらっちゃいました(^^)/


6月17日、青い果実(柿の実)をつけるまでの禅寺丸の姿、どうぞご覧ください。
※ちなみにほぼ同時期に植えた富有柿(ふゆうがき)は 7~8個実がついています、次郎柿は 0個です。



5月23日 - 禅寺丸

春以降、日に日に大きくなってきた禅寺丸柿の木


上3分の1ぐらいが今年生えた新梢です。



5月29日 - 禅寺丸

真上から見た禅寺丸柿。ちょうど僕の足ぐらいの高さですね。




6月3日 - 禅寺丸

禅寺丸柿の葉っぱ。葉脈(ようみゃく)が透けて見えていてうつくしいです!!




6月4日 - 禅寺丸



6月6日 - 禅寺丸

梅雨の朝の禅寺丸柿(ぜんじまるがき)
ちなみに気象庁は今年平成29年(2017年)は関東甲信地方は 6月7日ごろ梅雨明けしたと発表しています。


今にもしたたり落ちそうな雨つぶ


禅寺丸柿の葉っぱと雨つぶ


雨のしずくがうつくしいです!!




6月9日 - 禅寺丸

この頃は禅寺丸を下から覗かなかったのが大失敗です。写真も全部この角度からになっています。もし下から覗いていれば、たぶんもうこの頃にはちっちゃな柿の実がなっていたと思います。


まだ、柿の実はならないという思い込みに邪魔されて、僕はこの禅寺丸に柿の実がなる瞬間の写真を取り損ねました。。。



6月11日 - 禅寺丸



6月13日 - 禅寺丸



6月14日 - 禅寺丸

このみずみずしさ!!どうですかっ!!
GW頃の柿若葉も美しかったですが、梅雨時の柿の葉も負けず劣らずうつくしいです!!!!



6月17日 - 禅寺丸

いよいよ運命の日が、運命の時がやってきました!




うわーーっ!!


柿の実がなっていた~!!!!
僕の禅寺丸、丸い小さな青い柿の実をつけました~っ!



上から見た柿の実


下から見た柿の実


横から見た柿の実。UFOのような禅寺丸柿の実w


僕の左手の人差し指と大きさを較べてみてください。この禅寺丸の柿の実がいかにちっちゃいかがわかります!かわいいです~~♪♪


枝の色がまだ緑色の新梢から柿の実は生えてきました!奇跡的です!!
※左側の茶色い枝が購入した時の枝


禅寺丸柿の実(青い柿の実)

朝日が当たり始めました!写真撮影用に、ちょっと周りの葉っぱや枝を除いてから撮ってみました。


禅寺丸柿の実(小さな柿の実)

朝日に照らされる禅寺丸柿の実(小さな柿の実)


今年はたった1個だけしか実がついていないので、この果実がなんとか無事に肥大し、成熟するように祈っています!果実と枝葉との栄養分の取り合いなどが原因で、栄養不足になった幼果が落果してしまうこともあるようなので、よく注意して状況を日々チェックしていきたいと思います!


それにしても、柿若葉の透き通るようなみずみずしさに感動したり、柿の花の純粋な色合いにうっとりとしたり、柿の実の可愛らしさに心癒やされたり。。。
禅寺丸(ぜんじまる)柿の木を植え付けて本当に良かったです。富有や次郎の受粉樹というマイナーな役割で植えた禅寺丸でしたが、今僕の中ではシンボルツリー的な存在になってきています(^^)


今、僕はステキなステキな柿の木にゾッコンですっ!!



朝日に輝く小さな青い柿の実


梅雨の合間の青空と禅寺丸柿の木


禅寺丸柿の株元


大きくなあれ!禅寺丸~ぅ



▼あわせて読みたい関連記事



柿の花 - 富有の花が咲きました!次郎の花は咲きませんでした。。。



禅寺丸柿 - 緑色の柿のつぼみから、乳白色の柿の花が咲きました。



富有、次郎、禅寺丸の芽吹き! - 柿(カキ)の新芽が出て、新梢が伸びて、若葉が広がってます。



完全甘柿「富有柿」と「次郎柿」をエスパリエ仕立て(超低樹高一文字仕立て) で栽培



"日本最古の甘柿" 禅寺丸柿を受粉樹として植えました。


熟れ頃食べ頃、旬の柿

熟れ頃食べ頃、旬の柿


春日居果実温泉郷の柿の木

オレンジ色、初冬の柿の木 春日居果実温泉郷にて



柿若葉! 柿の葉の新緑が目に鮮やかな季節、GW 初夏の岡上へ



400年の古い柿の木の若葉!岡上の禅寺丸柿/カキノキ(川崎市まちの樹50選)



国登録記念物 禅寺丸柿の貴重な資料「禅寺丸柿・日本最古の甘柿」



柿(カキ)の新緑!柿生駅~柿の里「旧王禅寺村」を歩く



竹林のぶっといタケノコ - 柿生の里散歩道~王禅寺ふるさと公園



樹齢450年の若葉!王禅寺の禅寺丸柿の原木 柿の新緑が目に眩しい 東国の高野山「王禅寺(柿寺)」



里見梨の甘い梨「南水」 - エンジョイ♪ 秋の果物&旬のフルーツ!