水平社博物館(全国水平社運動発祥の地)を見学 - "人権のふるさと" 奈良県御所市

水平社博物館
平成28年/2016年 8月10日(水) 村内伸弘撮影



毎月11日は人権を確かめあう日 御所市人権問題啓発活動推進本部(近鉄御所駅前)



それではいよいよ奈良県御所市柏原にある水平社博物館(全国水平社運動発祥の地)に向かいます。


近鉄御所駅でタクシーに乗って数分、あっと言う間に水平社博物館に着きました。


水平社博物館(御所市柏原235-2)
水平社博物館がある柏原は水平社発祥の地であり、人権のふるさとです。


ようこそ人権のふるさとへ


水平社博物館の横の大樹


人権のふるさとマップ


「『解放令』から 5万日目」記念碑
人権のふるさと公園の中に記念碑の石碑がありました。


碑文


穢多非人等ノ称被廃候条自今身分職業共平民同様タルヘキ事


明治4(1871)年旧暦8月28日「解放令」が発布された

だが 欣喜雀躍が許されたのは ほんのわずかな時日だけだった

権利が奪われ 貧困が後を追ってやってきた

「解放令」は五万日の日延べになった いつしかそう語られる

ようになった


その後 種々なる方法と多くの人々によってなされた吾らの

ための運動は 何らの有り難い効果を生み出さなかった およ

そ半世紀後 大和同志会と水平社が生まれた 「吾が徒の志士

決起せよ 自治を強固にせよ」「吾等は人間性の原理に覚醒し

人類最高の完成に向かって突進す」 吾ら部落民が部落民とし

ての自覚を深め 堂々差別の異議申し立てを始めたのだ


だが 最大の人権侵害であったアジア・太平洋戦争は解放を

さらに遠ざけ 戦後の「民主国家」が部落解放を「国民の課題 

国の責務」と明言し法が実現するまで幾多の年月を要した


あれから五万日 137年が過ぎ 吾々は今日この日を迎えた

吾らは吾が徒の志士 そして全国に散在する吾が特殊部落民に

問い直したい

今 なお 吾らに人間の尊厳を求め 熱と光を願求礼賛する

意思はあるかと 自治を強固に邁進する気概はあるかと


2008年9月3日 「解放令」から五万日目の日

部落解放同盟奈良県連合会

吾等 あらゆる差別を許さぬ者たち


「穢多(えた)」「非人(ひにん)」「特殊部落」などの用語は、差別的な意味で使用されてきましたが、大阪人権博物館、水平社博物館の展示資料や解説などと同様に、僕のブログではその時代の差別状況を理解するための歴史的用語としてそのまま使用しています。


いのち 燦燦の燈
同じく人権のふるさと公園の中にいのち 燦燦の燈がありました。3月3日には、朝日に正対するそうです。


いのち 燦燦の燈の銘板


私には夢ではなく志がある

私には夢ではなく志がある

いつの日にか ここ人権のふるさと公園・口兼間丘(ほうまがおか)で

子孫たちが陋習(ろうしゅう)を破り

共に兄弟姉妹愛のテーブルに着く佳き日が来ることを

私には夢ではなく確信がある

全国水平社創立九十周年記念の日に 川口正志

全國水平社 綱領より

一、特殊部落民は部落民自身の行動によつて絶対の解放を期す

一、我々特殊部落民は絶対に経済の自由と職業の自由を社会に要求し以て獲得を期す

一、吾等は人間性の原理に覚醒し人類最高の完成に向つて突進す

一九二二年 水平社

曙光の志 確乎不抜

水平の世への 道しるべに

デザイン 田仲敦三


人権のふるさと公園のすぐ目の前が水平社博物館


水平社博物館


アジア太平洋地域 ユネスコ記憶遺産に登録されました

「水平社と衡平社 国境を越えた被差別民連帯の記録」

アジア太平洋地域 ユネスコ 記憶遺産に登録されました


「水平社と衡平社 国境を越えた被差別民衆連帯の記録」がアジア太平洋地域ユネスコ記憶遺産に登録されました。ユネスコ記憶遺産には、国際、地域、国内の 3つの登録があり、今回登録された「水平社と衡平社 国境を越えた被差別民衆連帯の記録」(全資料5点は水平社博物館所蔵)は、アジア太平洋地域ユネスコ記憶遺産として昨年(2015年)3月に水平社博物館が申請していたもので、登録認定証が日本ユネスコ国内委員会を経て 5月25日、当館に届きました。


アジア太平洋地域ユネスコ記憶遺産の登録はこれまで 46件で、日本では初めてとなります。


水平社は 1922年に日本で、衡平社(ヒョンピョンサ)は水平社創立に影響を受け 1923年に当時、日本による植民地下の朝鮮で、それぞれの被差別民を中心に創立されました。


両社は 1924年から提携を開始し、お互いの大会で人的交流を図り、祝辞・祝電を送り合いました。日本の被差別民・部落民と朝鮮の被差別民・白丁(ペクチョン)に対する厳しい差別の中、示された資料は、人類の普遍的原理である人権、自由、平等、博愛、民主主義を基調とした記録です。


この間の日韓関係の閉塞状況の中で、日本による植民地統治時代とは言え、戦前に両国の被差別民が連帯した記録を登録することは、この閉塞状況を打破し、日韓の国民に新たな連帯と共生の道を示すことができると考えました。


また、日韓両国で申請されている朝鮮通信使の資料も世界記憶遺産に登録される可能性が高いこともあり、国家間と合わせ国民間の友好と共生の道を探ることができるのではないかと考えます。


「水平社と衡平社 国境を越えた被差別民衆連帯の記録」/ (全5

点・水平社博物館所蔵)

1. 第3回全国水平社大会協議会提出議案(1924年3月)

2. 米田富手帳(1924年)

3. 米田富名刺(水平社同人 京都市上京区鷹野北町 全国水平社連盟本部)

4. 「衡平社趣意書」(大島水平社機関誌「火箭」第1号、全国統一社、1929年1月)

5. 猪原久重名刺

※全5点の資料は当館HPでご覧いただけます。

URL▽

http://www1.mahoroba.ne.jp/~suihei/mowcap/index.html


水平社博物館(公益財団法人奈良人権文化財団)

TEL: 0745-62-5588

〒639-2244 奈良県御所市柏原235-2


博物館のテラスから見えた西光寺

西光寺は、浄土真宗本願寺派の末寺で、全国水平社創立宣言の起草者である西光万吉さん(本名・清原一隆)の生家です。


燎原の炎の如く燃え広がった水平社運動!差別のない「よき日」をめざした先人たちの熱き思いに触れてみましょう。ということで、常設展示室に入ってみます。


穢多万歳!水平社万歳!が高唱された創立大会を疑似体験(ファンタビューシアター)

ファンタビューシアター

1922年3月3日、京都岡崎公会堂で全国水平社創立大会が開催されました。堂内が熱気に満ち、参加者が感動に震えた創立大会にタイムスリップ、参加しましょう。


「三百万人の絶対解放」
「解放、団結、自由」
「特殊部落民よ団結せよ」
「特殊部落民自身の行動によって絶対の解放を期す」


水平社宣言 - 日本最初の人権宣言

宣言


全国に散在する吾が特殊部落民よ団結せよ


長い間虐められて来た兄弟よ、過去半世紀間に種々なる方法と、多くの人々によってなされた吾らの為の運動が、何等の有難い効果を齎(もた)らさなかった事実は、夫等のすべてが吾々によって、又他の人々によって毎に人間を冒涜されていた罰であったのだ。そしてこれ等の人間を勦(いたわ)るかの如き運動は、かえって多くの兄弟を堕落させた事を想えば、此際吾等の中より人間を尊敬する事によって自ら解放せんとする者の集団運動を起せるは、寧ろ必然である。


兄弟よ、吾々の祖先は自由、平等の渇迎者であり、実行者であった。陋劣(ろうれつ)なる階級政策の犠牲者であり、男らしき産業的殉教者であったのだ。ケモノの皮剥ぐ報酬として、生々しき人間の皮を剥ぎ取られ、ケモノの心臓を裂く代償として、暖い人間の心臓を引裂かれ、そこへ下らない嘲笑の唾まで吐きかけられた呪われの夜の悪夢のうちにも、なお誇り得る人間の血は、涸れずにあった。そうだ、そして吾々は、この血を享けて人間が神にかわろうとする時代にあったのだ。犠牲者がその烙印を投げ返す時が来たのだ。殉教者が、その荊冠(けいかん)を祝福される時が来たのだ。


吾々がエタ(穢多)である事を誇り得る時が来たのだ。


吾々は、かならず卑屈なる言葉と怯懦なる行為によって、祖先を辱しめ、人間を冒涜してはならぬ。そうして人の世の冷たさが、何んなに冷たいか、人間を勦る事が何であるかをよく知っている吾々は、心から人生の熱と光を願求礼讃するものである。


水平社は、かくして生れた。

人の世に熱あれ、人間に光あれ。



大正11年3月

水平社


常設展示室には上記のファンタビューシアターほか、水平社創立前史や全国水平社(全水)の展開、全国水平社を支えた人々などが詳しく説明されていて見応え満点でした。


再び水平社博物館のテラスから



1Fの玄関ホールでは "水平社運動の最高指導者(部落解放の父)"松本治一郎さんの映像も見られました。


日の丸が泣いてます!
水平社博物館内に貼ってあった黒田征太郎さんデザインの啓発ポスター
日本国憲法よ、この世の中を、どう思う?
5月1日~7日は、日本国憲法を考え、見つめなおす憲法週間です。
世界人権宣言大阪連絡会議



水平社博物館 人権のふるさとマップ


行きに乗ったタクシーの運ちゃんに、午後5時に博物館に迎えに来て下さいと伝えていたので、残り 10分ぐらいで博物館近くの水平社宣言記念碑を見ておこうと思いました。時間があまりありません、レッツらゴー!



柏原地域は静かな街でした。小さいエリアですので、道をぐるっと一通り歩いたら、水平社宣言の記念碑が見つかりました。でも、この垣根の内側にあるので注意していないと見つけられませんでしたよ~(笑)

この垣根の内側に水平社宣言記念碑があります。


この水平社宣言記念碑は全国水平社創立50周年記念で、全国各地からの寄付金で建立されたそうです。※50周年は1972年、建立は1975年

水平社宣言記念碑

人類解放の歴史に輝く「人間宣言」として不滅の意義を持つ水平社の創立 50年を記念して発祥の地に之を建てる。

1975年3月3日 荊冠友の会


水平社宣言記念碑

右に水平社運動(部落解放運動)のシンボル・荊冠旗、左に水平社宣言が刻まれていました。


水平社運動のシンボル・荊冠旗


人間の尊厳と平等を求めて読み上げられた全水(全国水平社)創立宣言


全国に散在する吾が特殊部落民よ 団結せよ。


水平社はかくして生れた。人の世に熱あれ、人間に光あれ。


水平社宣言記念碑の近くにあった看板 お好み焼き 志津
なんとなく、「志」の字の「心」部分が笑っているようにみえました。


人権のふるさと公園
水平社創立事務所跡である駒井喜作宅跡があり、まさにこの場所で日本の"人権"が始まったといっても過言ではないと思います!


柏原に生まれた阪本清一郞さん、西光万吉さん、駒井喜作さんは、全国水平社創立の中心を担った「柏原の三青年」と呼ばれていました。彼らは、1921(大正10)年秋、駒井喜作さん宅玄関脇に「水平社創立事務所」の看板を掲げて水平社の創立準備にとりかかりました。



タクシーからの景色



御所 サンキュータクシー


片道 1290円、タクシーのお陰で助かりました。


あとは近鉄御所線、近鉄南大阪・吉野線と来た道を逆に戻り、近鉄阿部野橋駅から JR天王寺駅に乗り換えて、JR難波駅で下車。今晩宿泊する「FIRST CABIN / ファーストキャビン 御堂筋難波」にチェックインしました。


阿倍野歩道橋から見えた地上300m日本一の超高層ビル「あべのハルカス」
前回も登らず、今回も登りませんw  あべのハルカスとは縁がないのかwww


夕焼けの空と光輝く通天閣


あらゆる尺度というものは人間が作った。そしてその尺度によっていろいろな差が出てくる。絶対に差のできないものは水平である。

(阪本清一郞)



▼あわせて読みたい関連記事



人権週間&人権デー .。.:*☆ 考えよう相手の気持ち、育てよう思いやりの心。



一遍聖絵・極楽寺絵図にみるハンセン病患者 ~中世前期の患者への眼差しと処遇~


"生命力あふれる"「中世の非人と遊女」 網野善彦 - 講談社学術文庫


梅原猛の仏教の授業 法然 親鸞 一遍 "すべての人は必ず救われる!"


おすすめ本: 世界でいちばん幸せな国フィジーの世界でいちばん非常識な幸福論


マザー・テレサ 愛と祈りのことば / MOTHER TERESA IN MY OWN WORDS


ダライ・ラマ14世 いのちの言葉 写真/篠山紀信


「仏教聖典」のブッダの教え(言葉)


青空があるでしょう(青空はみんなに平等にある) 岡本太郎賞 三宅感


世界人権宣言 - Universal Declaration of Human Rights

世界人権宣言 / Universal Declaration of Human Rights



抜根: 切り株処理(根の掘り起こし)に大苦戦!全身びっしょり滝汗~ (^^;

村内伸弘 - 滝のように流れる汗

【閲覧注意w】抜根成功直後、滝のように流れる汗 (^^;
夏の甲子園で負けて 泣いているようにも見えますね!


椿(ツバキ)の木の切り株

全貌を現わしたツバキの木の切り株
村内伸弘伐根 & 村内伸弘撮影(一人二役w)



▼前回のあらすじ

のこぎりを使った木の切り方・倒し方- 自己流w




とにかく疲れました。とにかくとにかく汗が出ました。


"切り株の掘り起こし" という作業がこんなに困難を極めるものだとは知りませんでした。木を切るよりも、切株を抜く方が断然めんどうで、時間がかかって大変です。今は夏、全身滝のような汗が流れた大難航作業を今回はご紹介します。


まず木の切株ってビクともしないです。ホント、ちょっとやそっとじゃビクともしなかったです。でも、僕はチェーンブロックなどの道具無しで頑張りましたよっ!切り株の周囲を細長いスコップで掘って、太い根っこをノコギリで切ります。そして、さらに小さいシャベルで細かく土を掘り、残っている根を発見し次第 1つ1つ同じくノコギリで切っていきました。人力ですよ、人力、人力(笑)


もう、クタクタでヘロヘロでボロボロですw



抜根(根を抜く作業)する椿(ツバキ)の木の切り株

今回、抜根(根を抜く作業)するツバキの木の切り株


椿(ツバキ)の根っこ

切り株から四方八方にこういう根が張り巡らされています。土を掘っていかないと、どこに根があるのかがわかりませんので、地道に土を掘って、根を切ってを繰り返します。


ネット上だと、高圧洗浄器を使って、土を吹き飛ばし「根」だけにしてしまう作戦もありましたが、(僕電気屋の社長なのに)ケルヒャー持ってません 笑


手でやるしかありません(涙)


ノコギリで切った根っこの切り口

ノコギリで切った根っこの切り口。使っているノコギリは根切用じゃなく、剪定・枝打用なのですが、もう何でも構いません。とにかく、スムーズに切れさえすればいいので、どんどん切っていきます。※根を切るのは刈込鋏(根切鋏)でもいいと思います。


椿の切り株

根性でひたすら地道に小さなショベルで土を掘って、見つけた根を都度切る作業。土を掘り、根を切り、土を掘り、根を切りの永遠に続くかのような作業(苦行)。まさに「開墾」です! 8月にやる作業ではなかったです(爆笑) もう全身汗でビッショリ!ドクドクドクドク滝のように汗が流れます。


ツバキの切り株

どこまで掘ればいいんだ~(泣) まだまだビクともしません。


こんな感じで掘っても掘っても「根っこ」にあたります。


抜根作業の大穴(穴掘り)

わっはっは、こんなに深くなっちゃった。大穴です。穴掘り名人になっちゃいますよ、このままだとw


抜根作業の根っこ

恐るべし植物たち。普段は土の中の様子を僕たちは見ることができません。木々は土の下でこのように四方八方に根っこを広げ生きていたんですね。葉っぱや花など地面から上の表面上のことだけを僕らはいつも見てますがそれらをすべてこの「根っこ」たちが支えているのです!!


僕が今やってることは、その「根っこ」たちを "根絶やし"にし、"根絶"することです。だからこのツバキの木は徹底的にそれに抗戦してきます。切り株が残って、根っこが残っていれば水や養分はいくんですから芽が出る可能性はゼロとは言えず再生は可能なんですからっ!!植物も命ですから、延命を図ります。


僕は根元から下をすべて抜き取って、再び生えてこないようにしようとし、何も残らないようにしようとしてますが、ツバキさんに抵抗され、とんでもなく疲れました。


なんでこんな大穴掘らなきゃいけないの?なんでこんなに深い穴を掘らなきゃいけないの!?


でも、さっすがにそろそろ切り株君うごき始めました。細長いスコップを切り株の真下にグググと突き刺して、テコの原理で持ち上げます。


うん!グラグラしてきました!!ちょっと傾いてます。


もう少し掘り下げて、さらに細かい根っこを切っていきます。さっきからずっと掘っては切り、掘っては切りの連続ですw


オーー、かなり傾きました!


根っこに手をかけて力を入れて前後左右に揺さぶったり、大きなハンマーでぶったたいたりしていきます。あれだけビクともしなかった切り株くんも、根を切り続けると、さすがに動き始めます。あとは揺らしながら、まだ根がありそうなところを推測して、そこにノコギリを入れてその根を切っていくだけです。ゴールは近いです!!


ここでもし幹を長めに残しておけば、幹に手をかけて切り株や根っこを揺さぶることができました。次回もし同じ抜根作業をするのならば、幹は長めにしておこうと思います。← 今回の反省点です


抜けた~!!!!やった~!!!!!!!!


切り株処理(根の掘り起こし)大成功!!やり遂げました!!!!ハンパない、達成感です。すごく嬉しい、そして、すっごく疲れた~~w


掘り起こしたツバキの木の切り株(根っこ)


根っこの大きさ ※僕の紫のニューバランスのサイズは 27.0cm


ズシリと重いですっ


想定外でした、この抜根作業は朝 5時から行ったんですが、3時間近くかかりました。体力消耗しまくりました。


抜根した椿(ツバキ)の根っこ

抜根した椿の根

抜根したツバキの根

4億7000万年前、植物たちは陸地に上陸してきました。植物たちはこの星の主役です!植物たちも必死で生きているのです。木々の生命力、植物の生きようとする力はすごいです!




村内伸弘 - 最高の表情

汗だく~ 汗まみれ~ 汗みどろ~
でも、朝一で抜根作業をやり遂げて満ち足りた気持ちです。最高の表情!


村内伸弘 - 水をガブ飲み

ペットボトルに入れておいたアルカリ水をガブ飲み!!
水、超うまい!!


村内伸弘 - 恍惚の表情

幸せ~♫ 恍惚の表情


村内伸弘 - 笑い顔

笑い顔


村内伸弘 - 汗が目に入る

汗が目に入る~


キモい村内伸弘

キモっ!(大爆笑)



ペットボトルのアルカリ水



切り株を抜いたあとの穴を埋め戻したら、日当たりが良く、風通しがすごく良くなりました。僕の庭づくりのコンセプトは日当たりを良くし、風通しを良くするというものです。切った椿(ツバキ)の木には本当に申し訳なかったけど、日当たりがよく、風通しがよい土地が庭に増えました。


そして、その明るい土地には文字通り僕の汗が染みこみました。生きている感じがします!自然と一体になる、土と戯れる。やってみたらかなりの時間と体力を消費しましたが、最初から最後までやり遂げた瞬間はホント気持ちがいいです!!


平成28年夏の日、僕は "開拓者"としてw、この緑の惑星の上で、確かに生きている。



芝生・TM9(ティーエムナイン)にもついでに水やり。朝日が目に眩しい☆


汗が全身から出尽くした僕にとって、水と緑が目に眩しいです☆ 最高の気分です!!



▼平成22年/2010年 6月

八王子・今熊山 - ハイキングで玉の汗を掻く僕

休憩して、持ってきていた水をガブガブ飲んだら滝のような汗がポタポタポタポタと吹き出してきて止まりませんでした!!こんな玉のような汗を掻いたのは、本当に久しぶりです。疲れてはいましたが、すっごく気持ちが良かったです。最高の気分です!!!! 続きをみる



▼あわせて読みたい関連記事



葉っぱの裏側は 光り輝く鮮やかなグリーン。夏の終わりの緑色!



テッポウユリ、ふきの葉、雨に濡れる緑や石、梅雨の王様・あじさい



泥。土。水。芝。石。紫蘭。そしてやわらかい朝の光。



植物たちが一斉に輝き出す素晴らしい季節!



人生初芝張り! TM9(ティーエムナイン)植え付けの様子



芝生植え付け 1ヶ月後 TM9(ティーエムナイン)の成長記録



庭の水溜りを沓脱石(真壁小目/御影石)で改善


伐採/間伐: のこぎりを使った木の切り方・倒し方- 自己流w

木の切り方・倒し方 - ツバキの木

ツバキの木を倒した直後。やったぁ、大成功~!!


切断したツバキの木の断面

切断したツバキの木の断面


伐採した椿(ツバキ)の木

間伐のため、今回伐採した椿(ツバキ)の木
村内伸弘伐採 & 村内伸弘撮影(一人二役w)



庭の椿(ツバキ)の木

おばあちゃん家の椿(ツバキ)の木


伐採(根元から樹木を切り倒す作業)する椿の木

今回、伐採(根元から樹木を切り倒す作業)するツバキの木



人生初芝張り! TM9(ティーエムナイン)植え付けの様子
芝生植え付け 2ヶ月後 TM9(ティーエムナイン)の成長記録


でも すでにブログに書いていますが、おばあちゃん家の庭はどことなくジメジメして、木々が生い茂り過ぎていて、暗いように僕は感じていたので、僕の庭づくりのコンセプトを「日当たりがよく、風通しがよく、明るい庭」にしました。


性格的に、一つのことに思い込んだら、気になってすぐ実行してみないと気が済まないので、8月の暑いさなかですが先日、さっそく庭の木を間引き(間伐)してみました。間伐というと、山林の手入れみたいな印象があるので言葉として正確じゃないかもしれませんが簡単に言うと、日の光が降り注ぎ、爽やかな風が渡っていく、気持ちの良い空間をつくりたい、ただそれだけです。逆に言うと、コケとかナメクジとかを見かけない空間をつくりたいんです(笑)


さあ、Do it yourself !!  業者さんには依頼せず、「メタボ対策」や「ダイエット」など運動不足解消の意味も込めて自分自身でやってみます。チェーンソーとか斧(おの)もないので、人力での作業になります。ハイ! "汗だく"決定~~ 笑


これから切り倒すツバキの木の根元


枝があると安全に倒せない感じがしたので下枝はすでに数日前に払ってしまっています。比較的スッキリしています。高さもそんなに高くないので、上部を切っておくこともしません、そのまま倒します。


使用したノコギリ(カーブソー)。一応、生木用なんですが剪定&枝打用で、伐採用ではないんですが、切ろうとしている木の幹がそんなに太くないので代用しちゃいます。



あとで大失敗だと気がつかされるのですが、切り株を土中に埋めちゃおうと思って、幹のできるだけ低い位置で切ろうと思い、まず最初に根元の土を小さいシャベルで掘っていきます。


何が大失敗だったかというと、切り株の表面が硬くて削れず、土よりも上に出てしまい、切り株を土中から掘り出す方針に転換した際に、幹がほどんど残っていなかったので、幹をつかんで(または蹴飛ばして)切り株や根っこを揺することができなかったのです。


根元の土を小さいシャベルで掘っていきます。


こんな感じですぐにけっこう太い根っこが現れます。


ノコギリで根をどんどん切っていきます。※刈込鋏(根切鋏)でもかまわないと思います。


こんな感じで根っこを切って捨てていきます。


根っこ長っ!!よく「地域に根を張る」とか「地元に根付く」とか商売の世界でも「根(ね)」という言葉が使われますが、その言葉の意味がよーくわかります。太い「根」や長い「根」、無数の「根」を持った会社は栄えますっ☆


これも根っこです。


焼き芋のような根っこ。この根っこもすんごく太いです!


このぶっとい焼き芋のような根っこもノコギリで 1本1本切っていきます。


根元の周囲 360度を掘り下げて、根っこを取り除いたのでそろそろ幹のできるだけ低い位置にノコギリを入れていきます。


この辺りかな~


ここに決めた~!


ノコギリを挽き始めます。


このノコギリ、切れ味はいいです!


大鋸屑(おがくず)が溜まります。



ここで問題が。。。


下のネット上に落ちてた画像のように、最初に受口をつくる予定だったんですが、上の斜めの切り口(受け口の斜め切り)と下の水平の切り口(受け口の下切り)が最後つながらずズレてしまい、下の画像のように受口をつくることができませんでした。。。w


(インターネット上の画像より引用)


まあ、切り込みは 2ヶ所ついたので、逆方向の追口の切り込みに入ります。



追い口切り


ノコギリが木の幹の中に深く入ってます。幹の外側よりも、幹の中側(中心部)ほど硬く切りにくいです。根気よく、ノコギリを挽き続けます。



突然、木が倒れ始める危険な状態を防ぐため、幹の直径の10%ぐらいを「つる」として切り残こすということだったんですが、コレもうまくいきませんでした(笑)


ノコギリなんて、正直、普段ほとんど使わないので、僕、超ド下手ですw


安全に木を倒すための「つる」がない状態になっちゃいました。不幸中の幸い、でも、伐採途中に倒れ始めたとか、予想していない方向には倒れるということはありませんでした。


追い口の切り込みはが受け口側の切り込みにつながりました。


手で揺するともう倒せそうになったので、右足に全体重を乗せてツバキの木を蹴飛ばしました。


ギシギシいって、ツバキの木が斜めになっていきます!!


切り倒した椿の木

ダメ押しでもう一蹴り~っ メリメリメリメリ~ スコンッ!倒れました。切れました。大成功~☆


ノコギリで切り倒した椿(ツバキ)の木

僕がノコギリで切り倒した椿(ツバキ)の木


人間も、動物も、植物も。よろず生きとし生けるものを大切に!」なんて、いつもブログには書いてるんですが、僕は何の罪もないこのツバキを蹴り倒してしまいました。罪悪感が多少あります。。。でも、切り口を入れる前に、お塩を撒いて、幹に手を当てて「ごめんね、ごめんね。許してね。」とこの木に語りかけて、感謝をしてから切ったので大丈夫だと思います。


椿(ツバキ)の切り株

チェーンソー使えば、もっとカンタンなんだろうな~ てか、チェーンソーなんて生まれてから一度も手にしたことないもん(^^) 昔、W★INGっていうプロレス団体にレザーフェイスっていうプロレスラーがいて、チェーンソーを持って入場したきたのをたぶん後楽園ホールで目撃したぐらいですよ。はっはっは


切った椿(ツバキ)の木

ノコギリを使った木の切り方も知りませんでしたが、単純に両方向から切っていったら倒れました。倒す方向も当初の予定とは 90度もずれてしまいましたが自分自身が下敷きにならないように細心の注意を払いながら倒しました。


倒した椿(ツバキ)の木

無事、倒せました。パチパチ(拍手)


僕は「木こり」じゃないんで、木なんか切ったことなかったんですが、まあこのぐらいの高さや太さの木なら、時間と道具があればできますね。ただ、季節が悪かったですw 汗ぐっしょりですwww まあ、痩せられるからいいやっ!!


ツバキの切り株

切り株。受け口の下切りは無意味だったような・・・


倒れた椿の木

倒れたツバキの木


切り倒した椿の木

でも、この程度の大きさの木でも倒れるときはけっこう迫力ありました。幹が直接頭に当れば「死ぬ」と思います。大木を切り倒す林業の方々は命がけですね。ネットとかにはヘルメットをかぶれって書いてあったんですが、万一に備えてかぶった方がいいかもしれません!


伐採した椿の木


倒れたツバキの木の切株

倒れたツバキの木の切株


椿の木の切株の大きさ

切り株の大きさ ※僕の紫のニューバランスのサイズは 27.0cm


日が当たり、風が通る、明るいスペースができました!ジメジメな暗い空間よ さようなら~~~!


ただ、問題は、切り株が土の表面よりでっぱっちゃったことです。地面より低い位置で切ろうとしたのですが、ノコギリが当てづらく、かつ、硬いので切り株が地面より高い位置になってしまいました。


あとで切り株を土中から掘り起こすことに決めました。方針転換です。



切り倒したツバキの木を広い場所に引きずっていきます。


倒木の枝払い

倒木の枝払い。燃えるゴミとして出すために、ノコギリで小さく切り刻んでいきます。


椿の倒木の枝払い

このノコギリ(カーブソー)は剪定・枝打用なので細い部分の切れ味はすさまじいです!ビックリするほどよく切れます!!生木の幹は太くて硬いのである程度力が要りましたが、土がついていないこのぐらいの枝だと、ほんとスムーズに切り落とせました。あっと言う間です!!


ツバキの倒木の枝払い

気持ちいいです。切れる切れる!幹でけっこう苦労したのでノコギリ挽くのが楽しいです (^^)


倒した木の枝払い

生木の解体完了です。


さあ、この後の作業は "切り株の掘り起こし"です。全身滝のような汗が流れた大難航作業のご紹介です。



▼あわせて読みたい関連記事



葉っぱの裏側は 光り輝く鮮やかなグリーン。夏の終わりの緑色!



テッポウユリ、ふきの葉、雨に濡れる緑や石、梅雨の王様・あじさい



泥。土。水。芝。石。紫蘭。そしてやわらかい朝の光。



植物たちが一斉に輝き出す素晴らしい季節!



人生初芝張り! TM9(ティーエムナイン)植え付けの様子



芝生植え付け 1ヶ月後 TM9(ティーエムナイン)の成長記録



庭の水溜りを沓脱石(真壁小目/御影石)で改善


夏の浅川と黄色いヘチマの花 おまけ:キューピー山

東京都八王子市 夏の浅川

東京都八王子市 夏の浅川
平成28年/2016年 8月25日(木) 村内伸弘撮影



ヘチマの花

ヘチマの花


台風も過ぎ去って、残暑が厳しい八王子ですが、会社のまわりをちょっと歩いてみれば、どうですか!夏が溢れてますよ~☆


暑いので熱中症に気をつけながらですが、みなさんもほんの 10分、15分でいいので、街中を散歩してみてくださいね。お日様、そして青空が "平等に" 祝福してくれています、人を!動物を!植物を!自然そのものを!!



青空はみんなに平等にある



浅川の流れ

八王子は "織物の街"でした(です)。僕が小学生の頃は、上流で染物の水洗いをしてたのか?川の色が赤かったり、青かったりしていた記憶があります。最近はかなり水がキレイになっているようで嬉しいです♪♪


キューピー山(大岳山)

キューピー山(大岳山)
キューピーちゃん人形そっくりで、地元民は"キューピー山"と言ってますw


浅川から見えるキューピー山(大岳山)

キューピー山、浅川からよく見えます。


夏空

空が夏~♫


ヘチマの花のイエロー

ヘチマの花のイエローが鮮烈っ!!


真っ黄色なヘチマの花

真っ黄色なヘチマの花はまさに夏の季語です。


真っ黄色 - ヘチマの花

ヘチマの花の黄色

この季節、ヘチマの花の黄色は遠くからとっても目立ちます。


青空に映える黄色いへちまの花は、同じく青空に映えるピンクの百日紅(さるすべり)と並んでこの季節の主役ですね~


僕の手の平の上のサルスベリ(百日紅)の花


夏の可憐なピンクの花、百日紅(サルスベリ)を大大激写! 



母校・南多摩高校前の道路

母校・南多摩高校(南多摩中等教育学校)前の道路


▼あわせて読みたい関連記事

暑い! 八王子、平成27年 夏の青い空と白い雲と緑の草。日の光。



台風一過の秋空 光輝く真っ青な青空


晩秋の空と雲のコントラスト at 八王子バイパス


浅川の真っ赤な夕焼け(iPhone 6 写真)


夏のオレンジ入道雲と甲州街道、浅川、八高線鉄橋


空(そら) - 学級通信「やまなみ」と八王子黄昏ブルー



青空と真っ黄色な花・エンジェルトランペット



息を呑むアプリコットゼラニウムのうつくしさ



力強い濃いピンクのゼラニウム



黄色いジャスミンの花、あふれんばかりに咲き誇る。



大きくて白い花 ナニワイバラ(浪花茨/難波茨)が超幻想的


美濃部達吉と吉野作造 大正デモクラシーを導いた帝大教授(古川江里子)

美濃部達吉と吉野作造 大正デモクラシーを導いた帝大教授

美濃部達吉と吉野作造

日本史リブレット 人 095 (山川出版社)
美濃部達吉と吉野作造 大正デモクラシーを導いた帝大教授
著者: 古川江里子



今年の僕の勉強テーマの中で一番最初に記載されているのが「憲法 / 民主主義 / 社会運動」です。1月に町田の自由民権運動資料館で"自由民権運動"の勉強をしてきたのですが、その後は人権や仏教関係の勉強に偏っていたので、ここで再びデモクラシー(民主主義)や社会運動の勉強に比重を移していきたいと思います。


今回は"大正デモクラシー"について上記の本を読みました。美濃部達吉と吉野作造という大正デモクラシーを主導した二人の帝大教授を考察して、当時の日本の動きを活写した内容です。


もくじ: 

美濃部と吉野を考察する意味


1. 大正デモクラシーと美濃部、吉野

美濃部の生涯/吉野の生涯/大正デモクラシーとは/大正デモクラシーの背景


2. 帝大教授としての美濃部と吉野

東京帝大法科大学/帝大教授の社会的位置/帝大法科教授、美濃部と吉野の自己意識


3. 美濃部の天皇機関説

明治憲法と明治憲法体制/美濃部以前の帝大法科大学の憲法学説/美濃部の天皇機関説/明治期の天皇機関説論争


4. 吉野作造の民本主義

民本主義とはなにか/上からの民本主義/民本主義論争


5. 大正デモクラシーの展開と挫折

第一次護憲運動から原敬内閣/第二次護憲運動以後/浜口雄幸内閣から五・一五事件前後/天皇機関説事件


今日への遺産


美濃部達吉と吉野作造

美濃部達吉(右上)と吉野作造(左下)


美濃部達吉(みのべ たつきち)

美濃部達吉(みのべ たつきち) 1873-1948  天皇機関説


吉野作造(よしの さくぞう)吉野作造(よしの さくぞう) 1878-1933  民本主義


大正デモクラシーを先導した美濃部と吉野

大正デモクラシーを先導し、議会・政党政治危機の時代には軍部に敢然と異を唱え、議会・政党政治の擁護と対外膨張阻止に全力をそそいだ美濃部と吉野。彼らの提言に従っていたら、戦争は起こらなかったはずである。なぜ、彼らの主張が危機の時代、その真価を問われるときに影響力をおよぼせなかったのか。それを問うことは,民主主義時代の私たちが、よりよき選択を行うために不可欠である。その答えを、当時の政治社会と彼らの言動から模索していきたい。


94ページの教科書のような本だったのですぐに読破できましたが、ズバリ僕が感じたことは美濃部達吉も吉野作造もあくまでも学者であって、政治家や社会運動家ではなかったということです。ましてや革命家でも扇動家でもなかったということです。


著者の古川江里子さんがカバーのそでの部分で「なぜ、彼らの主張が危機の時代、その真価を問われるときに影響力をおよぼせなかったのか?」と問題提起をしていますが、その答えはシンプルに「彼らが学者だったから」だと僕は強く感じました。


革命にしろ、国民運動にしろ、学者の理論を一般大衆や社会の中に激烈に溶け込ませていく役者(政治家や社会運動家)が必要なのですが、大正デモクラシーでは尾崎行雄、犬養毅、加藤高明らが一時的にはそれに成功したように見えるのですが、結果として彼らは国民や一般大衆から遊離してしまい軍部の台頭を許してしまいました。大正デモクラシーによる民主化が日本に根付かず、"民主の名のもとの独裁(軍部独走)というモンスター"を生み出してしまい、日本を亡国の憂き目に遭わせてしまったのは政党内閣や政党政治家たちなんだと思います。美濃部や吉野にその役を演じろというのはちょっと酷な話ではないでしょうか?


本の裏表紙の顔写真を見てもすぐに気づきますしが美濃部達吉や吉野作造は学問に生きる学者なので、その思想を国家の血や肉にし、鮮烈で活き活きとしたものにする媒介役を演じる役者が力不足だったんだと思います。それが戦前の日本にとって最大の悲劇だったと僕は結論づけました。


民主主義や議院内閣制、議会政治がまだ未成熟だったという言い方もできますし、君権的な性格が強い明治憲法(大日本帝国憲法)の制約があったという言い方もできるのですが、すばらしい理念や概念を持っていたにもかかわらず、また政党内閣や普選(普通選挙)を実現したにもかかわらず大正デモクラシーが挫折してしまったことは疑いようがありません。あの大戦争を阻むことができなかったのですから。



自由、平等、国際協調、人類発展。今の日本はそれらを中心とした国家運営を行っていると思いますが、いつまた何時モンスターが復活するかわかりません。デモクラシー(民主主義)をさらに深く根付かせ、デモクラシーの価値を国民と真に共有できる芯の通った指導者を多数出現させることが大切です。政治家や社会運動家に対する僕たち民衆一人一人の態度や意識が政治の堕落を防ぎ、両者の緊張感を高めます。


この正常に機能しているかのように見える日本の民主主義が、実は非常に脆弱なものだということを肝に銘じていきたいと思います。危機感を持って、主権者として考え、行動していきたいと思います。


この本に詳細に書かれていた大正デモクラシーの発展とその後の凋落ぶりを見ていくと、民主主義の危うさや脆(もろ)さに体が震えます。国家や社会が雪崩を打って暴走し始める怖さに身ぶるいがします。民主主義は与えられるものではありません。民主主義は僕たち自身が日々努力を重ねて守り育てていくものなのです。



天皇機関説問題

天皇機関説(国家法人説)は、明治憲法体制を法的に説明する理論として広く認知されていた。昭和10(1935)年2月18日、貴族院本会議で菊池武夫が、憲法学者美濃部達吉らの著作を挙げて天皇機関説を排撃した。これに対して貴族院議員でもあった美濃部が、2月25日に貴族院本会議で「一身上の弁明」を行ったことを契機に、国家主義団体などが天皇機関説排撃のキャンペーンを展開した。軍部や在郷軍人会、さらに倒閣を目論む政友会もこの動きに加わり、排撃運動は激化した。


陸軍教育総監の真崎甚三郎は、林銑十郎陸相が、美濃部説は承認できず、学説としても消失を希望するが、その処置については他の関係と共に慎重に考究する、と述べたことを3月12日の備忘録に記している。この問題が単なる学説論争を超えて、様々な思惑の絡む政治問題に発展していたことが窺われる。


排撃運動には、一木喜徳郎枢密院議長の辞職要求などにより、宮中グループをはじめとする現状維持勢力を打倒する目論見もあった。政府は、4月に美濃部の著書『憲法撮要』などの発売頒布禁止処分・改版修正処分を決定し、岡田啓介首相が天皇機関説を否定する「国体明徴声明」を8月と10月の2度にわたって出すことで事態を沈静化させたが、これにより明治憲法下における立憲主義の統治理念が公然と否定されることとなった。


国立国会図書館ホームページより引用


▼あわせて読みたい関連記事

皇居・新年一般参賀

平成21年 新年一般参賀で皇居内に入りました



町田市立自由民権資料館で自由民権運動の勉強



読もう!世界人権宣言(前文付き全文 & 英訳/英語)



小林麻耶さんの朗読CD 「聴く日本国憲法」で憲法を再学習中



社会心理学の古典的名著「群衆心理(ギュスターヴ・ル・ボン)」



エリック・ホッファーの名著「大衆運動」



SEALDs(シールズ)… 国会前デモ、日本の学生や若者が立ち上がった



八王子生まれ・育ち!国会前デモの美人女闘士・菱山南帆子さん


世界人権宣言(全文)
燃え上がる若者たちの憲法
板垣銅像 「板垣死すとも自由は死せず」
自由萬歳!「板垣死ストモ自由ハ死セズ」
年寄りの冷や水? 自由の国・日本
五日市憲法が眠っていた深沢家土蔵 (東京都あきる野市)
日本国憲法 前文
「国籍法」違憲判決に思うこと
日本国憲法 第13条「個人の尊重と幸福追求の権利」
all men are created equal と 日本国憲法第14条
憲法記念日: 日本国憲法の感動的な条文
「憲法講話」宮沢俊義 / 岩波新書
「憲法(第三版)」芦部信喜 / 岩波書店

「憲法の力」伊藤真 / 集英社新書