ムラウチドットコム社長・村内伸弘のブログ

ブログ漬け♪♪ ムラゴン、ブログ村、イエツク、スポリート、ムラウチドットコム運営の CEO(調子イイおじさん)がブログに狂う☆

muragon(ムラゴン) にほんブログ村 イエツク スポリート ムラウチドットコム  決意49才


 ⇒ おすすめ無料ブログサービス muragon (ムラゴン)

美しいヤマユリのつぼみ - アブラムシ駆除に成功した株の蕾が見事に膨らんだ~

朝日に輝くヤマユリのつぼみ

朝日に輝くヤマユリのつぼみ


ヤマユリのつぼみ(蕾)

ヤマユリのつぼみ
平成29年(2017年) 6月4日 村内伸弘撮影




ヤマユリが開花に向けて、ものすごい勢いでつぼみを膨らませています。


うっすらと皆さん感づいていると思いますが、今、僕の頭の中はこんな感じです。


ヤマユリ 9 : 1 仕事


もしかすると
ヤマユリ 10 : 0 仕事 かもしれませんwww


もう、ヤマユリにつぼみがつき始めてからというもの、午前3時とか、午前4時とかに自然に目が覚めてしまいます!!(笑)


毎朝、欠かさずおばあちゃん家の庭に行って激写、激写、激写~☆
iPhone 6でヤマユリのつぼみの生長ぶりを愛情込めて撮影する日々が続いています。


早くヤマユリのつぼみが見たい!
ああ、今日はどのぐらい大きくなっているんだろうか!?
病気に罹ってはいないだろうか。。。などなど
ヤマユリが気になって気になって仕方がありません!!



人は言います。
「酒もタバコも女もギャンブルもやらないで人生何が楽しいの?」
僕は答えます。
「ヤマユリのつぼみを間近で見つめてあげないで人生何が楽しいの!?」



▼5月8日

真上から見たヤマユリ



▼5月9日

んん?アブラムシ発見っ!!


代表的な害虫・アブラムシがついていました。。。。
ヤマユリは葉っぱがやわらかい時期やつぼみが小さい時期にアブラムシが発生しやすいようです。


アブラムシはヤマユリの大敵であるウイルス病の伝染を媒介するので徹底駆除が必要です!


住友化学園芸さんのベニカXスプレーを噴射~~っ


アブラムシが媒介するウイルス病対策として、アブラムシを駆除する殺虫剤を使用しますと、感染する可能性がかなり下がります。弊社製品では、ベニカ水溶剤やベニカベジフルスプレーが、アブラムシに対して 1か月程度効果を示しますので、お勧め致します。

住友化学園芸


シュッ、シュッ、シュッ~~っ


殺虫殺菌剤「ベニカX」をヤマユリにたっぷり噴射して、害虫・アブラムシをノックダウン効果ですばやく退治~~


アブラムシ防除、完了です。危なかったです。。。ウイルス病が発症しなければいいのですが。。。


写真下部がベニカXを噴射したヤマユリ



▼5月14日

ベニカXスプレーを吹き掛けた5日後、ヤマユリを見てみたら、見事につぼみが伸びて、大きくなっていました。


アブラムシは1匹もいません。アブラムシ防除大成功です!!


天敵アブラムシがいなくなり、ヤマユリ君、生長一直線です!




▼5月15日

つぼみが 2つハッキリと見えます。


▼5月17日

日ごとに伸びて、大きくなっていく 2つのつぼみ。




▼5月18日

手前のつぼみの生長ぶりが顕著です。



▼5月19日



▼5月20日

手前のつぼみがググググっーっと大きくなっています。すごい成長ぶりです!



▼5月21日



▼5月22日

奥のつぼみがピンチです。。。生長が止まり、色が薄くなってきてしまっている感じです。手前のつぼみに養分をぜんぶ吸い取られてしまっているかのようです。。。



▼5月23日

真上から見たヤマユリ


二方向に対になって葉っぱがついています(二列互生)。
葉のつき方は日照条件によって違ってくるようですが、「自重に耐えられず茎が斜めに傾いて伸びる場合は、二列互生となる傾向が強い(小俣虎雄)。」そうです



▼5月24日

指先の大きさと較べるとわかりますが、日に日につぼみは生長しています。



▼5月25日

手前のつぼみと奥のつぼみ。明暗が分かれました。


このみずみずしい緑色、すばらしいですっ!!
こんな若く、新鮮で生き生きとしているつぼみを見ると、こっちまで元気になってきます!心が晴れます!!




▼5月26日

雨のしずくが美しいヤマユリ。




▼5月27日



▼5月28日



▼5月29日

また大きくなりました!!




▼5月30日

またまた大きくなりました!!!!


キレイに撮れています。このつぼみが来月、大輪の花を咲かせます!


野性的ななかに可憐さを漂わせ、純白の花弁に鮮やかな朱色の斑点と黄色いスジがはいった、大きな花を咲かせるヤマユリは、何年育てても飽きることがないほどに魅力的な花である。

「ヤマユリ」小俣虎雄



▼5月31日

片方のつぼみは枯れました。。。


(5月15日の様子)

枯れたつぼみが奥、大きく生長中のつぼみが手前
自然は峻烈です、明暗がクッキリ分かれました。



▼6月1日

害虫であるシロシタヨトウなどによる食害がなければ、開花までたどり着きそうです!


雨に濡れたヤマユリが可愛らしすぎる~



▼6月2日

またまたまたまた大きくなりました!!!!!!!!



▼6月3日

毎朝、眺めているとちょっとした変化に気がつきます。植物も、動物も、人間も、愛情を注ぐことが大切だということをヤマユリ栽培を通じて僕は学んでいます。ヤマユリはこんな僕にでも優しくインスピレーションをくれるのです。




▼6月4日

うわーーっ!朝5時半、やわらかい朝日がヤマユリのつぼみをやさしく照らします。


皆さん!このすさまじい色合いのつぼみをよくご覧ください!!


ぐおーーっ!まばゆいです!!実にまばゆいです!!!!うつくしさに目がくらむようです。




さあ、最後の一枚!
平成29年6月4日 午前5時30分!
朝日に照らされてまばゆいほどに光輝くヤマユリのツボミをぜひ見てあげてください!!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


6月4日 午前5時30分、僕・村内伸弘が撮影した魂の一枚!!
題して「まばゆいほどに光り輝くヤマユリのつぼみ



▼あわせて読みたい関連記事

ヤマユリ(山百合/山ゆり)- 八王子市の市花

ヤマユリ(山百合/山ゆり)八王子市南浅川町・一丁平にて


4号ポット苗のヤマユリを植え付け(庭植え)

咲け ヤマユリ! 4号ポット苗のヤマユリを植え付け(庭植え)


ユリ - NHK趣味の園芸・作業12か月 No.18 清水基夫・平城好明

ユリ - NHK趣味の園芸・作業12か月 No.18 清水基夫・平城好明


ヤマユリ -球根の増殖と花の楽しみ方、自生地復元- 小俣虎雄

新特産シリーズ ヤマユリ -球根の増殖と花の楽しみ方、自生地復元- 編著者: "ヤマユリ研究家" 小俣虎雄


ヤマユリの鱗片挿し(鱗片繁殖)

ヤマユリの鱗片挿し(鱗片繁殖)。プランターで発芽に挑戦!


ヤマユリの鱗片定植/植え付け(鱗片バラマキ繁殖)

ヤマユリの鱗片定植/植え付け(鱗片バラマキ繁殖)。レイズドベッドで発芽に挑戦!


ヤマユリの球根を大量植え付け、庭が「ヤマユリ群生地」に

ヤマユリの球根を大量植え付け、庭が「ヤマユリ群生地」へチャレンジ♪♪


ヤマユリの球根を下草や雑草の茂みの中やタイルの下に植栽

ヤマユリの球根を下草や雑草の茂みの中やタイルの下に植えました。


ヤマユリの茎切りと種子繁殖/実生(朔果から種を採り、タネまき)

ヤマユリの茎切りと種子繁殖/実生(朔果から種を採り、タネまき)


ヤマユリの種子定植/実生(種子バラマキ繁殖)

ヤマユリの種子定植/実生(種子バラマキ繁殖)。レイズドベッドで発芽に挑戦!


ヤマユリの冬越し(マルチング)のための敷きわら

敷きわら(マルチング)で霜対策!ヤマユリの冬越し準備完了


鱗片から出たヤマユリの子球

栄養繁殖: 鱗片からヤマユリの子球(小さい球根)が出ていました


球根から出たヤマユリの芽

ヤマユリの芽が出たぁ~ 地上発芽!ヤマユリの球根からついに芽が出ました!!


鱗片挿しで子球から発芽したヤマユリ

プランターで子球から発芽!!鱗片挿しでヤマユリの増殖に成功


ヤマユリの茎葉(ヤマユリの生長)

ヤマユリの茎(茎葉)が急生長!伸長期で草丈がすごい勢いで伸びてます!


ウイルス病にかかったヤマユリ

ヤマユリの病気: 害虫アブラムシ発生!ウイルス病(モザイク病、重複感染)に罹患、発病、枯死、全滅へ。。。


ヤマユリの蕾(ツボミ)

ヤマユリづくし!5月27日のヤマユリたち - 十草十色、植物も人間と同じ。


ウイルス病に感染?した選抜種のメリクロン苗ヤマユリ

選抜種のメリクロン苗ヤマユリの茎葉もウイルス病に感染か!?。。。


ヤマユリの蕾(つぼみ)- 選抜種のメリクロン苗

ヤマユリの蕾が膨らんでます、草丈も1メートルを超えました! 


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。