千重咲きが美しいつばき 淡乙女(乙女椿)の植え付け

つばき/椿  淡乙女(うすおとめ)

つばき/椿  淡乙女(うすおとめ) 花期 2月~4月


淡乙女(うすおとめ)/乙女椿の蕾と葉っぱ

淡乙女(別名: 乙女椿)のつぼみと葉っぱ





先月8月に切り倒した椿(ツバキ)の木


上の記事のように庭の日当たりを良くし、特に風通しをよくするための間伐で、先月椿の木を僕自身で切り倒したんですが、生木の椿の木を "殺木" したのでなんとなく気分が悪くって、"罪滅ぼし"として日当たりや風通しに関係のない別の場所に、新たに椿の苗木を植え付けました。


淡桃色の千重(せんえ)咲きがうつくしい淡乙女というユキツバキ系の品種を購入しました(挿木/18cmポット苗/7~9年苗)。業者さんにお願いして下の写真を購入前に見させてもらって一番左を選びました。左の苗の幹の曲線がとってもキレイだったからです♪♪ 花期は 2月だそうなので、しっかり植え付けて、水をやり、来年 2月にはその淡くやさしい桃色の花を愛(め)でたいものです(^^)/


淡乙女/乙女椿の苗木(挿木/18cmポット苗/7~9年苗)

一番左の苗木(挿し木苗)を買いました。


淡乙女(うすおとめ)

うまくいけば、こんなキュートな花が咲くはずなんです ^^



段ボールで送られてきた淡乙女(乙女椿)

サルスベリ・夏祭りの記事でも登場した佐川急便さん。
左の段ボールが淡乙女(うすおとめ)/乙女椿です!


段ボールを開封~ 育成期間7年以上で地上部が 80cmぐらいの苗です。


淡乙女/乙女椿の淡桃色の花

淡乙女(うすおとめ)、すっごいステキです!!
江戸時代から栽培されている園芸品種で、淡いピンク色の千重咲きの中輪種です。花びらが重なる様は本当にうつくしいです!← ま、まだ実物は見たことないんですが(^^;
ネット上のいろいろなサイトで写真を見て、まさに一目惚れ!胸キュン状態!!なんともかわいらしい姿です!!!!


長寿の木 つばき - 庭園樹・垣根・鉢植・盆栽と、幅広い楽しみ方ができる花木

長寿の木 つばき
庭園樹・垣根・鉢植・盆栽と、幅広い楽しみ方ができる花木です。


淡乙女のポット苗

これから僕が植え付ける淡乙女


乙女椿のポット苗

淡乙女の蕾(つぼみ)

淡乙女の蕾(つぼみ)。
この蕾が開いて、あの淡いピンク色の清楚な花が見られると思うと超楽しみです(^^)


乙女椿の蕾(つぼみ)

淡乙女の葉っぱ

淡乙女の葉っぱ。濃いグリーンが魅力的~っ!


乙女椿の葉っぱ

上から見た淡乙女の写真

上から見た淡乙女


上から見た乙女椿の写真

ポット植え(鉢植え)の淡乙女の苗木

お店の人の説明だとポット植え(鉢植え)の苗木なので、地植えに較べると見劣りがするということでしたがどうしてどうしてこれから庭に植え付けちゃえば栄養満点でどんどん育っていくと思います。


ポット植え(鉢植え)の乙女椿の苗木

やったー!見てください!!この幹の曲がりよう、美しい曲線にノックアウトされちゃいますよっ☆ これからどんな樹形にしていこうかと考えるだけでも楽しいです(^^)/ 


真っ直ぐに伸びる木もいいんですが、個人的には曲がった木が大好きです。
しなっていたり、いびつだったり、左右非対称だったりするのが自然界です。芸術的なこの曲線を皆さん、ぜひよく見ておいてください。



つばき(茶花)

ポット苗から取り出した淡乙女

プラスチックの鉢からカンタンに取り出せました。


ポット苗から取り出した乙女椿

根に付いた土を崩さずに植え付けるということでしたが、ちょっとだけ切り口を入れておきました。


植え穴に植え付けた淡乙女

植え穴を掘ったときの土と腐葉土と赤玉土を混ぜてつくっておいた土でポット苗を植えていきます。


植え穴に固定するため踏みつけられる淡乙女の土

靴でギュッと踏みつけます。


ホースで水をかけられる淡乙女

ホースで水をかけます。


水浸しにされる淡乙女

水浸しにします。


腐葉土をふりかけられる淡乙女

さらに上から余った腐葉土をふりかけておきますw


腐葉土をまぶされた淡乙女

腐葉土をまぶした状態


ホースで水をかけられる淡乙女

もう一度水をかけます。


たっぷりと水をかけられる淡乙女

たっぷりとかけます。


何分か前にサルスベリの苗木を植え付けたばかりですので、要領良く植えられました。人間、経験が大切ですw


写真左:サルスベリ夏祭り 写真中央:シュロ(棕櫚) 写真右:淡乙女(乙女椿)

写真左:サルスベリ夏祭り 写真中央:シュロ(棕櫚) 写真右:淡乙女(乙女椿)


父親に聞いたら写真中央のシュロ(棕櫚)は戦前から庭にあったそうです。その割りには細いけどw 日陰者だったんだね~(笑)


写真の左右が今回僕が新たに植え付けた苗木です。会社や事業の成長と同じで、夏祭りと淡乙女がこれからどんどん成長していくのがとても楽しみです。


ブログでどんどんその様子をお伝えしていきますネ!お楽しみに~☆


PS
ちなみに淡乙女(乙女椿)は千重咲きを代表する古くからの有名品種で 1829年発表の品種だそうです!文政12年ですよ、文政12年!江戸時代ですよ、江戸時代!天皇陛下は仁孝天皇、江戸幕府の将軍は徳川家斉ですよ~!



▼あわせて読みたい関連記事


世界に冠たる幻の椿「玉之浦 / 玉の浦(ヤブツバキ)」を植え付け。長崎県五島列島原産の幻の銘花



台湾椿(タイワンツバキ)「ゴードニア/ゴルドニア・アキシラリス」を植え付け


熊本産サルスベリ 夏祭り(ペパーミントレース)の植え付け



人生初芝張り! TM9(ティーエムナイン)植え付けの様子



庭の水溜りを沓脱石(真壁小目/御影石)で改善


葉っぱの裏側は 光り輝く鮮やかなグリーン。夏の終わりの緑色!
テッポウユリ、ふきの葉、雨に濡れる緑や石、梅雨の王様・あじさい
午前3時、満月の月明かりの下で最高の庭いじり
泥。土。水。芝。石。紫蘭。そしてやわらかい朝の光。
植物たちが一斉に輝き出す素晴らしい季節!




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。