ムラウチドットコム社長・村内伸弘のブログが好き

ブログ三昧♪♪ ムラゴン、にほんブログ村、スポリート、ムラウチドットコム運営の CEO(調子イイおじさん)がブログに恋し、ブログに狂う☆

muragon(ムラゴン) にほんブログ村 スポリート ムラウチドットコム  決意51才

村内 伸弘(むらうち のぶひろ)村内伸弘の彼女

神の島・久高島のイザイホーの聖地!久高島は島全体が聖域&パワースポット!

久高殿(御殿庭/ウドゥンミャー)、外間殿(ウプグイ/ホカマドゥン)、大里家(ウプラトゥ)など

久高殿(御殿庭/ウドゥンミャー)


外間殿(ホカマドゥン)


白瓦の上のシーサー


木洩れ日の道を抜けると久高島の海
平成31年(2019年)1月27日 村内伸弘撮影



レンタサイクルでの久高島散策、続きます。



白い瓦屋根の上とその上に佇むシーサー


こういうお家に住みた~い


というか、1月でこの美しさ!
これ夏に来たら、ものすごいんでしょうね!!


やっぱり自分は沖縄が好きなんだと思います。
沖縄は世界の宝物です!!!!


白瓦の上のシーサー


街角の農園


ツツジでしょうか?


赤い花は沖縄に似合います!


ピンク色のブーゲンビリアの花


ブーゲンビリアの木の下で♪♪


津波避難施設がありました


奥は地上10.7メートル、海抜21.35メートルの津波避難施設・防災タワー


久高島は海抜がかなり低い感じなのでこれ必須だと僕も感じました。2016年に完成して、島民約270人を上回る 300人を収容できるようです。観光客も津波から避難できるそうです。


沖縄らしい写真が撮れました。
濃い緑の木々がすばらしいです!


サンゴの石垣


うわっ!この家の白い屋根もすばらしいですね!!


この家では畳を干していました。


見えますか!?写真右側、女の子が歩いていました。


濃いピンクのブーゲンビリア


ブーゲンビリアはやっぱり沖縄らしい花ですね!見とれてしまいます!!


バナナ?個性的な木が無造作に街角に生えています。


久高漁港


すごーい!海の色がすっごくキレイ~♪♪


久高漁港を見おろすベンチ


久高島簡易郵便局


水色の扉の家


紅型もそうですが沖縄の色彩感覚も僕にとって合っています。カラフルな沖縄が僕は大好きです!!


猫がいました。別名「猫島」というだけあって、確かに猫をかなり見かけます。犬は見かけません。


久高島は "神の島"でもあり、"猫の島"でもあるのです(^^)


初心忘れず。自民党 ニシメ恒三郎(西銘恒三郎)


おしゃれな民家


空がとっても青いです!!


何なんだろう?
とても心が癒される。
とても気持ちが癒される。


氏神様?


サンゴの石垣から溢れ出るように顔を覗かせていた久高島の植物たち


冬でもこの勢い!夏に来たらものすごいんだと思います!!


よく整えられたブーゲンビリア


キレイですね~♪♪


商店がありました


久高島は自動販売機もコンビニも全くないんですが、この商店を見つけたので入ってみます。


黒糖ケーキ 300円を買いました


東京では見かけないものがいろいろありましたが、お腹が空いてきていたのでこれにしました。


黒糖ケーキ!うまそー!!


せっかくはるばる久高島まで来たんですから沖縄の名産品を食べなくっちゃネ~


やわらかくて、ほのかに甘くて美味しかったです!!


ところが、生産者は・・・
長野県安曇野市穂高北穂高の会社でした(爆笑)


北アルプスですねwww 参った~ =(゚〇゚)=



僕がブロガーでなければどれだけ楽なんだろう?


すばらしい風景の連続で、ずっと写真を撮り続けなければなりません 笑


久高島の美しさはブロガーには辛すぎます(大爆笑)


石敢當(いしがんどう)


魔除けの石標です。20代の頃、初めて沖縄を訪れた時にこの魔除けのことを知りました。


網があるから漁師さんのお家でしょうか!?


スルバン


Ship captaion's mansionと書いてあります


オレンジ色の美しい花がスルバンの敷地内で咲いていました


花びらのオレンジと奥の屋根の白がそれぞれ美しいです!!


スルバンの敷地内は不思議な空間でした


久高島には名字じゃなくって「屋号(ヤーンナー/家の名)」という考えがあるようです。


島のいいところは海が必ずあるところ。島とは海に囲まれた陸地のことなのです。ましてやここは "神の島"、海が本当にうつくしいのです。


暑い久高島。木陰のベンチで一休み。南国のステキな光景です。


やさしいカーブですね~


久高殿(御殿庭/ウドゥンミャー)


イザイホーとは、久高島で生まれた三十歳(丑年)から四十一歳(寅年)までの女性が、祖先のセジ(霊力)を受け、島の祭祀集団に入る儀式である。イザイホーの時には、神アシャギはビロウ(クバ)で壁が作られ、入口には現世と来世をつなぐ象徴とされる "七つ橋"がかけられ、神アシャギ後方のイザイ山には女性たちが三晚籠る "七つ屋"が建てられた。



久高殿(御殿庭/ウドゥンミャー)


イザイホーの主祭場となった神聖な場所です!
中央の建物が神アシャギ(ハンアシャギ)、右の建物が神屋(シラタルー拝殿)


久高殿

百名白樽とその娘久高島祝女の多留加那が天神地神を祭り、島の繁栄を祈った所である、久高祝女と久高根人が祭主で外間殿とおなじく午年毎に行われたイザイホー祭の祭場であった



ここ久高殿(御殿庭/ウドゥンミャー)は 12年ごとの午年に行われてきたイザイホーの祭場でした!!


イラブー(エラブウナギ)を燻製にする焙乾屋(燻製小屋)




大里家(ウプラトゥ)


大里家の入口


大里家

第一尚氏王統七代の尚徳王が鬼界島征伐後凱旋報告のため来島された時、当家の美人クニチャサ祝女に惚れ、長い間同棲した場所で、王が首里城を忘れている内に、城では革命が起こり、急いで帰途についたが内間高びしで魚つりの漁師から王朝は転覆して尚円王(金丸)が王位についたとの話を聞き、そこで尚徳王は海に身を投げたと伝えられている大里家である。第2次大戦の前は王の遺品である金の箸もあったが、戦時中献金として政府に献上された。


大里家の中に神社がありました


神社  アシャギ


お参りできるみたいなので、頭を下げ、目を閉じてお参りをさせて頂きました。


沖縄のカレンダー


さやは国司真嘉戸金(クニチャサ祝女)と書かれていました。


神社の中からの景色



内側から見た大里家の入口


地元の中学生?の女の子が 3人で歩いていました。


中学生たち、どこへ歩いていくのかなぁ~??


1月下旬の久高島、空が青いです!



外間殿・ウプグイ(ホカマドゥン)が見えてきました。

外間殿・ウプグイ(ホカマドゥン)



外間殿

天頭神(天の神様の総師)、王礼乃神(太陽の神様)、松乃美神(お月の神様)、ニレー大主神(竜宮の神様)、アマミキヨ神(国造りの神様)、百畑地方照乃神(植物の神様)、梁万神(健康の神様) 久高島の祖先百名白樽の時代より島の守護神として祭られ外間祝女と外間根人が祭主で総べての祭事が行われる祭場である。外間殿には、上記の太陽、月、竜宮など七つの神様を祀ってあり、久高殿と共に島の祭祀場としては重要な地位を占める。隣には西威王が生れたアサギ家がある。



外間殿・ウプグイ(ホカマドゥン)は立ち入り禁止です。


外間殿は神の島・久高島の中でも特に重要な聖地


ここは立ち入り厳禁なんです。非常に神聖な場所ということです。



ああ、この島は本当に神の島だと思います!

僕たちは何かを忘れてきましたね。
久高島には僕らが失った物が色濃く残っているのです!!!!




動画制作: 村内伸弘(ムラウチドットコム)





途中、公衆トイレがありました。


ウッチ小(ウッチグワー)


琉球の祖神アマミキヨが国造りを始めたと言われる歴史的な場所です


人が誰もいない静寂な空間でした。神はここに宿っているという気がしました。


写真の中央に僕が乗っている貸し自転車があります。久高島をレンタサイクルで回るのはすばらしい体験です!!僕・村内伸弘は今感動しています!!!!



▼あわせて読みたい関連記事

沖縄旅行記(沖縄ブログ)の一覧

【沖縄旅行記 決定版!】おすすめ沖縄ブログ記事一覧 沖縄の写真たくさん有♪♪



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。