ムラウチドットコム社長・村内伸弘のブログ

ブログ漬け♪♪ ムラゴン、ブログ村、イエツク、スポリート、ムラウチドットコム運営の CEO(調子イイおじさん)がブログに狂う☆

muragon(ムラゴン) にほんブログ村 イエツク スポリート ムラウチドットコム  決意49才


 ⇒ おすすめ無料ブログサービス muragon (ムラゴン)

水平社博物館(全国水平社運動発祥の地)を見学 - "人権のふるさと" 奈良県御所市

水平社博物館
平成28年/2016年 8月10日(水) 村内伸弘撮影



毎月11日は人権を確かめあう日 御所市人権問題啓発活動推進本部(近鉄御所駅前)



それではいよいよ奈良県御所市柏原にある水平社博物館(全国水平社運動発祥の地)に向かいます。


近鉄御所駅でタクシーに乗って数分、あっと言う間に水平社博物館に着きました。


水平社博物館(御所市柏原235-2)
水平社博物館がある柏原は水平社発祥の地であり、人権のふるさとです。


ようこそ人権のふるさとへ


水平社博物館の横の大樹


人権のふるさとマップ


「『解放令』から 5万日目」記念碑
人権のふるさと公園の中に記念碑の石碑がありました。


碑文


穢多非人等ノ称被廃候条自今身分職業共平民同様タルヘキ事


明治4(1871)年旧暦8月28日「解放令」が発布された

だが 欣喜雀躍が許されたのは ほんのわずかな時日だけだった

権利が奪われ 貧困が後を追ってやってきた

「解放令」は五万日の日延べになった いつしかそう語られる

ようになった


その後 種々なる方法と多くの人々によってなされた吾らの

ための運動は 何らの有り難い効果を生み出さなかった およ

そ半世紀後 大和同志会と水平社が生まれた 「吾が徒の志士

決起せよ 自治を強固にせよ」「吾等は人間性の原理に覚醒し

人類最高の完成に向かって突進す」 吾ら部落民が部落民とし

ての自覚を深め 堂々差別の異議申し立てを始めたのだ


だが 最大の人権侵害であったアジア・太平洋戦争は解放を

さらに遠ざけ 戦後の「民主国家」が部落解放を「国民の課題 

国の責務」と明言し法が実現するまで幾多の年月を要した


あれから五万日 137年が過ぎ 吾々は今日この日を迎えた

吾らは吾が徒の志士 そして全国に散在する吾が特殊部落民に

問い直したい

今 なお 吾らに人間の尊厳を求め 熱と光を願求礼賛する

意思はあるかと 自治を強固に邁進する気概はあるかと


2008年9月3日 「解放令」から五万日目の日

部落解放同盟奈良県連合会

吾等 あらゆる差別を許さぬ者たち


「穢多(えた)」「非人(ひにん)」「特殊部落」などの用語は、差別的な意味で使用されてきましたが、大阪人権博物館、水平社博物館の展示資料や解説などと同様に、僕のブログではその時代の差別状況を理解するための歴史的用語としてそのまま使用しています。


いのち 燦燦の燈
同じく人権のふるさと公園の中にいのち 燦燦の燈がありました。3月3日には、朝日に正対するそうです。


いのち 燦燦の燈の銘板


私には夢ではなく志がある

私には夢ではなく志がある

いつの日にか ここ人権のふるさと公園・口兼間丘(ほうまがおか)で

子孫たちが陋習(ろうしゅう)を破り

共に兄弟姉妹愛のテーブルに着く佳き日が来ることを

私には夢ではなく確信がある

全国水平社創立九十周年記念の日に 川口正志

全國水平社 綱領より

一、特殊部落民は部落民自身の行動によつて絶対の解放を期す

一、我々特殊部落民は絶対に経済の自由と職業の自由を社会に要求し以て獲得を期す

一、吾等は人間性の原理に覚醒し人類最高の完成に向つて突進す

一九二二年 水平社

曙光の志 確乎不抜

水平の世への 道しるべに

デザイン 田仲敦三


人権のふるさと公園のすぐ目の前が水平社博物館


水平社博物館


アジア太平洋地域 ユネスコ記憶遺産に登録されました

「水平社と衡平社 国境を越えた被差別民連帯の記録」

アジア太平洋地域 ユネスコ 記憶遺産に登録されました


「水平社と衡平社 国境を越えた被差別民衆連帯の記録」がアジア太平洋地域ユネスコ記憶遺産に登録されました。ユネスコ記憶遺産には、国際、地域、国内の 3つの登録があり、今回登録された「水平社と衡平社 国境を越えた被差別民衆連帯の記録」(全資料5点は水平社博物館所蔵)は、アジア太平洋地域ユネスコ記憶遺産として昨年(2015年)3月に水平社博物館が申請していたもので、登録認定証が日本ユネスコ国内委員会を経て 5月25日、当館に届きました。


アジア太平洋地域ユネスコ記憶遺産の登録はこれまで 46件で、日本では初めてとなります。


水平社は 1922年に日本で、衡平社(ヒョンピョンサ)は水平社創立に影響を受け 1923年に当時、日本による植民地下の朝鮮で、それぞれの被差別民を中心に創立されました。


両社は 1924年から提携を開始し、お互いの大会で人的交流を図り、祝辞・祝電を送り合いました。日本の被差別民・部落民と朝鮮の被差別民・白丁(ペクチョン)に対する厳しい差別の中、示された資料は、人類の普遍的原理である人権、自由、平等、博愛、民主主義を基調とした記録です。


この間の日韓関係の閉塞状況の中で、日本による植民地統治時代とは言え、戦前に両国の被差別民が連帯した記録を登録することは、この閉塞状況を打破し、日韓の国民に新たな連帯と共生の道を示すことができると考えました。


また、日韓両国で申請されている朝鮮通信使の資料も世界記憶遺産に登録される可能性が高いこともあり、国家間と合わせ国民間の友好と共生の道を探ることができるのではないかと考えます。


「水平社と衡平社 国境を越えた被差別民衆連帯の記録」/ (全5

点・水平社博物館所蔵)

1. 第3回全国水平社大会協議会提出議案(1924年3月)

2. 米田富手帳(1924年)

3. 米田富名刺(水平社同人 京都市上京区鷹野北町 全国水平社連盟本部)

4. 「衡平社趣意書」(大島水平社機関誌「火箭」第1号、全国統一社、1929年1月)

5. 猪原久重名刺

※全5点の資料は当館HPでご覧いただけます。

URL▽

http://www1.mahoroba.ne.jp/~suihei/mowcap/index.html


水平社博物館(公益財団法人奈良人権文化財団)

TEL: 0745-62-5588

〒639-2244 奈良県御所市柏原235-2


博物館のテラスから見えた西光寺

西光寺は、浄土真宗本願寺派の末寺で、全国水平社創立宣言の起草者である西光万吉さん(本名・清原一隆)の生家です。


燎原の炎の如く燃え広がった水平社運動!差別のない「よき日」をめざした先人たちの熱き思いに触れてみましょう。ということで、常設展示室に入ってみます。


穢多万歳!水平社万歳!が高唱された創立大会を疑似体験(ファンタビューシアター)

ファンタビューシアター

1922年3月3日、京都岡崎公会堂で全国水平社創立大会が開催されました。堂内が熱気に満ち、参加者が感動に震えた創立大会にタイムスリップ、参加しましょう。


「三百万人の絶対解放」
「解放、団結、自由」
「特殊部落民よ団結せよ」
「特殊部落民自身の行動によって絶対の解放を期す」


水平社宣言 - 日本最初の人権宣言

宣言


全国に散在する吾が特殊部落民よ団結せよ


長い間虐められて来た兄弟よ、過去半世紀間に種々なる方法と、多くの人々によってなされた吾らの為の運動が、何等の有難い効果を齎(もた)らさなかった事実は、夫等のすべてが吾々によって、又他の人々によって毎に人間を冒涜されていた罰であったのだ。そしてこれ等の人間を勦(いたわ)るかの如き運動は、かえって多くの兄弟を堕落させた事を想えば、此際吾等の中より人間を尊敬する事によって自ら解放せんとする者の集団運動を起せるは、寧ろ必然である。


兄弟よ、吾々の祖先は自由、平等の渇迎者であり、実行者であった。陋劣(ろうれつ)なる階級政策の犠牲者であり、男らしき産業的殉教者であったのだ。ケモノの皮剥ぐ報酬として、生々しき人間の皮を剥ぎ取られ、ケモノの心臓を裂く代償として、暖い人間の心臓を引裂かれ、そこへ下らない嘲笑の唾まで吐きかけられた呪われの夜の悪夢のうちにも、なお誇り得る人間の血は、涸れずにあった。そうだ、そして吾々は、この血を享けて人間が神にかわろうとする時代にあったのだ。犠牲者がその烙印を投げ返す時が来たのだ。殉教者が、その荊冠(けいかん)を祝福される時が来たのだ。


吾々がエタ(穢多)である事を誇り得る時が来たのだ。


吾々は、かならず卑屈なる言葉と怯懦なる行為によって、祖先を辱しめ、人間を冒涜してはならぬ。そうして人の世の冷たさが、何んなに冷たいか、人間を勦る事が何であるかをよく知っている吾々は、心から人生の熱と光を願求礼讃するものである。


水平社は、かくして生れた。

人の世に熱あれ、人間に光あれ。



大正11年3月

水平社


常設展示室には上記のファンタビューシアターほか、水平社創立前史や全国水平社(全水)の展開、全国水平社を支えた人々などが詳しく説明されていて見応え満点でした。


再び水平社博物館のテラスから



1Fの玄関ホールでは "水平社運動の最高指導者(部落解放の父)"松本治一郎さんの映像も見られました。


日の丸が泣いてます!
水平社博物館内に貼ってあった黒田征太郎さんデザインの啓発ポスター
日本国憲法よ、この世の中を、どう思う?
5月1日~7日は、日本国憲法を考え、見つめなおす憲法週間です。
世界人権宣言大阪連絡会議



水平社博物館 人権のふるさとマップ


行きに乗ったタクシーの運ちゃんに、午後5時に博物館に迎えに来て下さいと伝えていたので、残り 10分ぐらいで博物館近くの水平社宣言記念碑を見ておこうと思いました。時間があまりありません、レッツらゴー!



柏原地域は静かな街でした。小さいエリアですので、道をぐるっと一通り歩いたら、水平社宣言の記念碑が見つかりました。でも、この垣根の内側にあるので注意していないと見つけられませんでしたよ~(笑)

この垣根の内側に水平社宣言記念碑があります。


この水平社宣言記念碑は全国水平社創立50周年記念で、全国各地からの寄付金で建立されたそうです。※50周年は1972年、建立は1975年

水平社宣言記念碑

人類解放の歴史に輝く「人間宣言」として不滅の意義を持つ水平社の創立 50年を記念して発祥の地に之を建てる。

1975年3月3日 荊冠友の会


水平社宣言記念碑

右に水平社運動(部落解放運動)のシンボル・荊冠旗、左に水平社宣言が刻まれていました。


水平社運動のシンボル・荊冠旗


人間の尊厳と平等を求めて読み上げられた全水(全国水平社)創立宣言


全国に散在する吾が特殊部落民よ 団結せよ。


水平社はかくして生れた。人の世に熱あれ、人間に光あれ。


水平社宣言記念碑の近くにあった看板 お好み焼き 志津
なんとなく、「志」の字の「心」部分が笑っているようにみえました。


人権のふるさと公園
水平社創立事務所跡である駒井喜作宅跡があり、まさにこの場所で日本の"人権"が始まったといっても過言ではないと思います!


柏原に生まれた阪本清一郞さん、西光万吉さん、駒井喜作さんは、全国水平社創立の中心を担った「柏原の三青年」と呼ばれていました。彼らは、1921(大正10)年秋、駒井喜作さん宅玄関脇に「水平社創立事務所」の看板を掲げて水平社の創立準備にとりかかりました。



タクシーからの景色



御所 サンキュータクシー


片道 1290円、タクシーのお陰で助かりました。


あとは近鉄御所線、近鉄南大阪・吉野線と来た道を逆に戻り、近鉄阿部野橋駅から JR天王寺駅に乗り換えて、JR難波駅で下車。今晩宿泊する「FIRST CABIN / ファーストキャビン 御堂筋難波」にチェックインしました。


阿倍野歩道橋から見えた地上300m日本一の超高層ビル「あべのハルカス」
前回も登らず、今回も登りませんw  あべのハルカスとは縁がないのかwww


夕焼けの空と光輝く通天閣


あらゆる尺度というものは人間が作った。そしてその尺度によっていろいろな差が出てくる。絶対に差のできないものは水平である。

(阪本清一郞)



▼あわせて読みたい関連記事



人権週間&人権デー .。.:*☆ 考えよう相手の気持ち、育てよう思いやりの心。



一遍聖絵・極楽寺絵図にみるハンセン病患者 ~中世前期の患者への眼差しと処遇~


ディープな京都・崇仁地区: 柳原銀行記念資料館と金網フェンスに囲まれた無数の空き地


"生命力あふれる"「中世の非人と遊女」 網野善彦 - 講談社学術文庫


梅原猛の仏教の授業 法然 親鸞 一遍 "すべての人は必ず救われる!"


おすすめ本: 世界でいちばん幸せな国フィジーの世界でいちばん非常識な幸福論


マザー・テレサ 愛と祈りのことば / MOTHER TERESA IN MY OWN WORDS


ダライ・ラマ14世 いのちの言葉 写真/篠山紀信


「仏教聖典」のブッダの教え(言葉)


青空があるでしょう(青空はみんなに平等にある) 岡本太郎賞 三宅感


世界人権宣言 - Universal Declaration of Human Rights

世界人権宣言 / Universal Declaration of Human Rights


くいだおれの街! 大阪ミナミ・難波 大阪髙島屋&金龍ラーメン
"大阪の台所" 黒門市場でコロッケ、饅頭、おでん、豆乳、大トロにぎり、スティック胡瓜
大阪人権博物館(リバティおおさか)は様々な差別を学べるすばらしい人権学習施設
近鉄の車窓、そして近鉄御所駅&JR御所駅周辺の探検
水平社博物館(全国水平社運動発祥の地)を見学 - "人権のふるさと" 奈良県御所市
難波で豚まん、水掛不動/法善寺横丁まつりでどて焼き、発泡にごり酒 、冷しくずきり


夏の甲子園球場を観戦 - 第96回全国高校野球選手権大会

甲子園歴史館(甲子園球場内)で大興奮!!高校野球やタイガースの歴史!

大阪・新世界!おいしい~ 通天閣の下で串カツとたこ焼き

宗教都市・世界文化遺産 高野山の奥之院(奥の院)へ

世界文化遺産 高野山・金剛峯寺と壇場伽藍(壇上伽藍)へ

大阪: 天王寺駅前のカプセルホテルに泊まる(アーベイ天王寺ホテル)


ディープな大阪・西成: ドヤ街潜入!"日本で唯一暴動がおこる街" あいりん地区(釜ヶ崎)へ

ディープな西成区: 「はよ 死に神来んかいな?」 自由気まま、でも死にたいおじさんとの会話

大阪: 四天王寺 - 一遍上人が「賦算(人々に念仏札を配る)」を開始したお寺


神戸の中華街 「南京町(なんきんまち)」で神戸牛、タピオカ入りココナッツミルク、冷茶杏仁豆腐♪

キラめく神戸ポートタワーとキラめく神戸の夜景

ダルビッシュコートと風見鶏の館など神戸北野異人館街をぶらり散歩

真っ白な"白鷺城" 世界遺産&国宝&日本100名城の姫路城へ 36年ぶり


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。