ムラウチドットコム社長・村内伸弘のブログ

ブログ漬け♪♪ ムラゴン、ブログ村、イエツク、スポリート、ムラウチドットコム運営の CEO(調子イイおじさん)がブログに狂う☆

muragon(ムラゴン) にほんブログ村 イエツク スポリート ムラウチドットコム  決意49才


 ⇒ おすすめ無料ブログサービス muragon (ムラゴン)

おすすめ本: 世界でいちばん幸せな国フィジーの世界でいちばん非常識な幸福論


世界で一番幸せな国フィジーの幸福論
- 南国フィジーで、のんびり退職生活


幸福は人と人との間に存在する
※フィジーは 2011年、2014年「世界幸福度調査」世界一の国
※あなたは幸せですか? フィジー国民の 93%が「幸せを実感している」



南国の楽園・フィジーに住みムラゴンズの一員である「feejeemagic」さんが 1月に書いた記事で紹介されていた本をとうとう読みました!feejeemagicさん、著者の永崎さん、すばらしい本をありがとうございました!


世界でいちばん幸せな国フィジーの世界でいちばん非常識な幸福論

幸せになるって.....カンタンだ!
南の島フィジーで見つけた人生を豊かにする 4つの習慣


世界でいちばん幸せな国フィジーの世界でいちばん非常識な幸福論 裏表紙

目からウロコの幸せの習慣!


世界でいちばん幸せな国フィジーの世界でいちばん非常識な幸福論 表紙

フィジー人の暮らし

永崎裕麻 - 世界でいちばん幸せな国フィジーの世界でいちばん非常識な幸福論

Yuma Nagasaki(フィジー共和国移住  旅幸家-永崎裕麻) | Facebook




本のタイトルは


世界でいちばん幸せな国フィジーの世界でいちばん非常識な幸福論(いろは出版)




今年元旦の僕の決意の中に勉強(人権 / 博愛 / 平等幸福社会)という誓いがありますので、「幸せ(幸福/ハピネス)」をキーワードにしたこの本を読むことは今年の僕のテーマそのものです!この本を muragonで紹介して下さった「feejeemagic」さんと著者の永崎さんに感謝しながら、さっそく、感想文を書いてみます。


高度成長期以前はそうじゃなかったのに!?
豊かなのに幸せを感じられない?? "生きづらくて他人に不寛容な経済大国(笑)"にお住まいの皆さん、とくとご覧あれ~♪♪ 



Life is short. Don't worry! Be happy!
まず最初に書きたいことはこの本を読んでいて、僕は何度も泣きたい気持ちになったことです。何に対して泣きたくなったのか?それは人間のやさしさや無垢さに対してです。自分自身の心の狭さに対してです。僕たち日本人は人に冷たくなりすぎました、知識だけがいろいろと増えて心が汚れすぎました。純真さを失ってしまいました。


「ケレケレ(giving without expectation)」
「共有」「テキトー」「現在フォーカス」「つながり」
この本を読んでいくと、ピュアでハートフルなフィジー人の生き方が本当にまぶしく感じられます。そして、物質主義にまみれた現代の日本人である僕自身の他人に対する冷淡さに心がキューーッと痛んできます。


ダライ・ラマ14世が「世界に生きている六十億の人間たちを自分の兄弟姉妹だと考える、一つの人間家族だと考える」ことが大切と語っていますが、フィジーではこのダライ・ラマの教え(「世界は一家、人類みな兄弟」笹川良一の教え?w)がごく自然に実践され根付いているようなのです。みんなで幸せを分け合って穏やかに生きるフィジー人の生き方は本当に新鮮です。みんなで助け合って暮らすフィジー人の暮らしぶりは、独り占めを目指し日々窮屈さやストレス、孤独を感じることが多いぼくら日本人にとってまばゆいばかりです。


マザー・テレサは「痛みを感じるまでに、自分が傷つくほどに他人に与えつくしてください。」と語っていますが、フィジー社会ではみんな自分より他人を優先します。フィジーの人々は困ってる人に手を差し伸べ、助けること(人助け)を何よりも優先するのです。もう、自分の生き方を恥じ、器の小ささに恥じ入るしかありません。。。。フィジー人はみんながみんなマザー・テレサなのかもしれません。人を助けるどころか、人を許すことすらできない僕たちの心の狭さが悲しいです。。。


「幸福とは愛です。それ以上の何物でもありません(ジョージ・バイラント)」



Fiji's happiness theory - 世界でいちばん幸せな国フィジーの世界でいちばん非常識な幸福論

Fiji's happiness theory
2040年頃に年間 20万人が孤独死すると言われている "無縁社会・ニッポン"と真逆?みんな一緒の "ケレケレ社会・フィジー"の笑顔の女性たち(イラスト)。



That's Fiji! - 世界でいちばん幸せな国フィジーの世界でいちばん非常識な幸福論

That's Fiji!(それがフィジーだ)
幸せばらまいてみんな笑顔に



最後になりますが、この本を読み終えて、もし僕がフィジーに生まれたフィジー人だったら一体どんな一生を送ったんだろう?と思いを馳せました。間違いなく日本人に生まれた今生よりも楽しい人生になったのでは!?
まっ、今の日本も十分楽しい社会ですけどね~(^^)


尾崎豊じゃありませんが、正直この本を読むと今までの自分の生き方の大前提が崩されてしまい、「何のために生きてるのかわからなくなる」感じです。


まあ、現実、今生は日本人として生まれているので、まずはこの本を読んで知ったフィジー人の良いところを少しでも自分の生き方に取り入れていきたいと思っています。幸せも喜びも悲しみも他人と分け合って暮らしていこうと思いました。そして、甲本ヒロトじゃありませんが、もっともっともっともっと "人にやさしく"なりたいと思いました。そして、そしてもうちょっと人に甘えちゃおうかな~(笑)
ヒトのしあわせをよろこべば アンタもしあわせ


人にやさしく

フィジー人のように、ブルーハーツのように 人にやさしく♪♪
ヒロトは歌う「世の中に冷たくされて 一人ボッチで泣いた夜~~



▼あわせて読みたい関連記事


命の言葉 - ごくありふれた日常のなかに、さりげなく、ひっそりと、幸福はかくれています。やなせたかし

「幸福」 やなせたかし   生命の言葉 - ごくありふれた日常のなかに、さりげなく、ひっそりと、幸福はかくれています。


JYMA 日本青年遺骨収集団(ガダルカナル島自主派遣)からクラウドファンディングの寄付へお礼の絵葉書



利他の心&貧困の終焉!「ソーシャルビジネス革命」 ムハマド・ユヌス(ノーベル平和賞受賞者)



名著「忘れられた日本人(宮本常一)」に深く驚嘆!感激!



死ぬときに後悔することベスト10



しあわせな結末!「曾根崎心中」 著者:角田光代(原作:近松門左衛門)を読みました



読もう!世界人権宣言(前文付き全文 & 英訳/英語)



たった一言が人の心を傷つける たった一言が人の心を温める & 一隅を照らす



生命の海<空海> 密教!曼荼羅!大日如来!即身成仏!!



西大寺会陽 - 会陽冬花火、六根清浄、裸群のくり込み、垢離取場



シリコンバレー: 愛と平和 "ヒッピーの聖地" ヘイト・アシュベリーへ



"福" が "生" まれる 福生七夕まつり



笑い文字「仲間」「ありがとう」 - レンタルスペース(貸し会議室)で幸せを呼ぶ笑い文字に出会う

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。