ムラウチドットコム社長・村内伸弘のブログ

ブログ漬け!muragon(ムラゴン)、にほんブログ村、イエツク、スポリート、ムラウチドットコム運営の CEO(調子イイおじさん)がブログに狂う!

運営サイト: muragon(ムラゴン)にほんブログ村イエツクスポリートムラウチドットコム 決意49才


 ⇒ おすすめ無料ブログサービス muragon (ムラゴン)

庭木の王様!三大庭木&江戸五木! 木斛(モッコク)の胴吹き枝

モッコクの胴吹き枝(胴吹き芽/胴芽)

モッコクの胴吹き枝(胴吹き芽/胴芽)
平成29年(2017年) 5月15日 村内伸弘撮影


三大庭木の一つ「モッコク」

三大庭木の一つ「モッコク」
※三大庭木=モッコク、モチノキ、モクセイ


江戸五木の一つ「モッコク」

江戸五木の一つ「モッコク」
※江戸五木=モッコク、アカマツ、イトヒバ、カヤ、イヌマキ




おばあちゃん家の庭にある「モッコク(木斛)」の幹から、新しい枝が吹き出していました!この「モッコク」は僕の母方のおじいちゃん(母親の父親)が、この庭を作った父方のおじいちゃんに造園記念で贈ったもののようです。※母親談


モッコクの幹

モッコクの幹から芽生えていた小さな枝(写真右下)


モッコクの胴吹き

ヤマユリ禅寺丸柿に気をとられていて、まったく気がついていませんでした。胴吹きの芽が出て、あっと言う間に胴吹きの枝になったと思われます。
白っぽい灰色の滑らかな樹皮も美しいです!


栗色、赤銅色のモッコクの新葉

栗色というか、赤銅色(しゃくどういろ)というか言葉では言い表せない絶妙な色合いの若葉が木の幹からダイレクトに吹き出していました!


庭木の王様・木斛(モッコク/もっこく)

さすが庭木の王様!!他の木とは風格や存在感が違います!超絶カッコイイです!!!!


モッコクの胴吹き枝(幹吹き枝)

写真上部の癒合剤が塗ってある切り口部分は、昨年夏頃、太い枝をノコギリでぶった切ったところなのですが、そのすぐ近くからモッコクは胴吹き枝を出してきました!木全体のエネルギーが足りなくなり、急いで葉っぱを出し、失った分のエネルギーを光合成で補おうとしているかのようです。


モッコクの新葉の艶

それにしても新葉の艶(つや)がすばらしいです!こんなにも美しい葉っぱはなかなかありませんよ!!


庭木の王・木斛(モッコク/もっこく)

庭木の王・モッコクの葉はすごい重厚感がありますね!そして、まるで濡れているかのようなみずみずしさです!!


モッコクの新しい枝(胴吹き枝/幹吹き枝)

勢いがあるモッコクの胴吹き枝(幹吹き枝)
モッコクの枝は上ではなく横へ横へと張り出していきます。


黒光りするモッコクの葉っぱ

黒光りするモッコクの葉っぱ。自分で撮影しておいて言うのも変ですが、この写真、メッチャかっこいいです(^^)/



さあ!せっかく幹から直接伸び出してきた新しい枝ですので、しばらくこのまま放置して、様子を見ていこうと思っています。


そもそも、この部分にあった太い枝を庭全体の風通しをよくするために容赦なくぶった切ったのはこの僕なので、「この枝たちは樹形を乱す不要枝(ふようし)である」と断定して剪定しちゃってもいいんですが、やっぱりこの新しい息吹を見ちゃうとこのまま自由に伸びていってもらいたいな~と思います。


ガンバレ庭木の王様・モッコクよ!!
思い通りに生長していきな~☆


▼あわせて読みたい関連記事


モッコクの葉っぱ(木斛の真っ赤な葉柄)

庭木の王!木斛(モッコク)の真っ赤な葉柄が芸術的



樹齢2000年 山高神代桜の満開を激写!(山梨県実相寺)



樹齢2000年!パワースポット熱海・来宮神社の大楠(大樟)



ケアンズ旅行: 神秘的な「聖堂の樹(Cathedral Fig Tree)」



400年の古い柿の木の若葉!岡上の禅寺丸柿/カキノキ(川崎市まちの樹50選)



樹齢450年の若葉!王禅寺の禅寺丸柿の原木 柿の新緑が目に眩しい 東国の高野山「王禅寺(柿寺)」


品川散策: ぶどうの木「甲州三尺」、小学校の 2階に這い上がる


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。