ムラウチドットコム社長・村内伸弘のブログが好き

ブログ三昧♪♪ ムラゴン、にほんブログ村、スポリート、ムラウチドットコム運営の CEO(調子イイおじさん)がブログに恋し、ブログに狂う☆

muragon(ムラゴン) にほんブログ村 スポリート ムラウチドットコム  決意50才

村内 伸弘(むらうち のぶひろ)村内伸弘の彼女

庭木の王 木斛(モッコク)の成長速度が意外と速い

庭木の王様は生長ぶりも王者です!

どんどん生長している木斛(モッコク)
平成30年(2018年) 6月17日 村内伸弘撮影



もっと成長が速い樹木もたくさんあるんでしょうけど、僕が去年から記録している写真を見ると木斛(モッコク)は意外と成長が速いんじゃないでしょうか?


去年、こんな感じで新しい枝が生えてきました。


▼平成29年(2017年) 5月15日

モッコクの胴吹き枝(胴吹き芽/胴芽)

モッコクの胴吹き枝


▼平成29年(2017年)5月29日

モッコクの葉っぱ(真っ赤な葉柄)

モッコクの葉っぱ



あれから 1年。


すごい生長ですよ~☆
今年のモッコクの生長ぶりをご覧ください。


▼4月15日のモッコク

雨に濡れたモッコクの幹


写真右上に新しい葉っぱが展開しています。


去年の緑色の葉っぱの上に今年の葉っぱは生えてきているんです。


この写真が一番よくわかりますが、木の幹の中央に僕が切り落とした太い枝の後があります。モッコクは僕が剪定した直後からこのように新しい枝を伸ばしてきているのです!!「やられてたまるか!」というたくましい生命力を感じます。


このモッコクの若葉の色がたまりません!新芽は去年もこんな色をしていました。深みがあるすばらしい色彩です!!


まるで宝石です。きらめくジュエリーをみているかのようです!!


「庭木の王様」という異名は端正な樹形だけではなく、この美しい葉っぱも一因だと僕は勝手に思っています。世の中にはいろいろな樹木がありますが、このモッコクの新葉の美しさはピカ一ではないでしょうか!?



▼4月21日のモッコク

去年の葉っぱと鮮烈なコントラストをなす今年の葉っぱたち


見て下さい!この艶々として滑らかな葉っぱを!そして、この色彩を!!


新葉はやわらかく触ると超気持ちがいいです。


やわらかくやさしい色に染まるモッコク君


うわーーっ!日の光を照り返してモッコクきらめいちゃっています!!


▼5月11日のモッコク

この赤がどうやったら出るんだろうと思いませんか?モッコクは今となっては地味な印象の木と思われてしまっているのですが、こうやって近くで観察しているととても魅力的な表情を見せてくれるんです。


この木は母方の祖父が、父方の祖父にプレゼントした木だそうなので大切にしたいと思います。


▼6月1日のモッコク

6月に入りました。この葉っぱの輝き見て下さい!!ものすごい色合いです♪♪


間もなく梅雨入りですが、5月の間にモッコクは元気に育ちました。


▼6月17日のモッコク

生長ぶりがすごいでしょ。この調子でいけば、数年で立派な枝に育っちゃいそうですね~
向きを整えるために写真のように枝を横に誘引しています。


すごい深い緑色です!


6月も中旬になると、葉っぱの色が濃くなってきて、赤も弱まってなんだかもう去年から存在しているかのような偉そうな感じになりました 笑


来年はまたこの上に新芽が出てきてどんどん大きくなるんだと思います。


本当は庭の風通しや日当たりを良くしたいので切っちゃいたいのですが、一度切ったら、「切らないで~」ということですぐに復活してきているのでもう可愛そうで切れないなぁ~


▼6月28日のモッコク

蘖(ひこばえ)たちも元気に伸びています。


▼7月8日のモッコク

蘖(ひこばえ)の生長も速いです!



モッコク君、しばらく自由に育ってな~♪♪


▼あわせて読みたい関連記事

東京・湯島聖堂の楷の木(楷樹/カイノキ)

聖木・孔子の木~!東京・湯島聖堂の楷の木(楷樹/カイノキ)


東京国立博物館のユリノキ(百合の木)

黄葉した東京国立博物館のユリノキ(百合の木)


夾竹桃(キョウチクトウ)の挿し木

夾竹桃(キョウチクトウ)の挿し木に成功!植え替えへ


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。