シリコンバレー42: EVERNOTE(エバーノート)本社を見学

EVERNOTE(エバーノート)本社 - シリコンバレー・レッドウッドシティ

EVERNOTE(エバーノート)本社
平成27年(2015年)2月5日 村内伸弘撮影



今日はシリコンバレー・レッドウッドシティ(Redwood City)にある EVERNOTE(エバーノート)本社の本社にお邪魔します。


サンフランシスコ - 中華街

SWホテルから出るとどうしても中華街を通ることが多いので、サンフランシスコにいるんじゃなくって、中国とか東南アジアにいるような気分になってきます。今日も脇目もふらずレッドウッドシティへ急ぎます。


サンフランシスコ - チャイナタウン

こういうの見ると、中華系の人たちの力強さを感じますよね(^^)


サンフランシスコ - muniバス

muniバスに乗って、カルトレインステーションに向かいます。


サンフランシスコ - ストックトン・ストリート・トンネル(Stockton Street Tunnel)

このストックトン・ストリート・トンネル(Stockton Street Tunnel)はお洒落です。名前の通り、ストックトン・ストリート(Stockton Street)にあります。


カルトレインの始発駅「サンフランシスコ 4番&キングストリート駅(4th & King Street, San Francisco Station)」

カルトレインの始発駅「サンフランシスコ 4番&キングストリート駅(4th & King Street, San Francisco Station)」に到着。一路、レッドウッドシティに向かいます。


カルトレイン・サンフランシスコ駅

カルトレインの車窓

カルトレインの車窓


カルトレイン・レッドウッドシティ駅

カルトレインのレッドウッドシティ駅到着


サンフランシスコもかなり慣れてきて、カルトレインもかなり乗ったので、だんだん写真も少なくなってきました。ブログの展開が早いです(笑)


レッドウッドシティの街

レッドウッドシティの街を歩きます。


レッドウッドシティの町

レッドウッドシティ - 木

レッドウッドシティ - サワードウブレッドのお店「LeBoulanger」の看板

サワードウブレッドのお店「LeBoulanger」の看板


レッドウッドシティ - レ・ミゼラブル

レ・ミゼラブルの告知


レッドウッドシティ - フォックスシアター(FOX THEATRE)

フォックスシアター/フォックス劇場(FOX THEATRE)


レッドウッドシティ - フォックス劇場

中に入ってみたいです。がっ、エバーノート本社へ急ぎます。


レッドウッドシティ - センチュリーシアター/センチュリー劇場(Century Theaters)

すぐ横はセンチュリーシアター/センチュリー劇場(Century Theaters)


レッドウッドシティ - ペプシコーラの王冠のオブジェ

ペプシコーラの王冠のオブジェ


レッドウッドシティのメイン通り「ブロードウェイ・ストリート(Broadway St)」

レッドウッドシティのメイン通り「ブロードウェイ・ストリート(Broadway St)」


この通りは歴史を感じさせてくれて、歩いていてとても気持ちがよいんです。お洒落で、センスがよくって、かつ窮屈な感じがないので大好きな通りです。


レッドウッドシティ - レンガの建物

レンガの建物がありました!


レッドウッドシティ - 歴史的建造物(1859年建築のレンガの建物)

レッドウッドシティの初代市長のために 1859年に建てられたと書かれています。


約150年前の建物ですが、レンガってあまり古さを感じませんよね。僕の父親が昔、電気店をレンガで造った時、「レンガは古くならない」って話していたのを覚えています。


レッドウッドシティ - 建設現場

建設現場


こういうマークって日本人や日本では絶対に使わないですよねw


レッドウッドシティ - レッドウッド川につながるクリーク

レッドウッド川につながるクリーク


レッドウッドシティ - ガソリンの値段

ガソリンの値段


レッドウッドシティ - Now Leasing(入居者募集)

Now Leasing(入居者募集)


電話して借りちゃおうかな~ って思えるぐらい住みたいです!ここレッドウッドシティに!!


レッドウッドシティ - クリーク(=水)

クリーク(=水)が街にあるのも嬉しいですね。


たぶん、もうエバーノートの本社は近いはずです。


ショッピングセンターがありました。少し時間があるので、ザッと中に入ってみましたが、日本にある店も多いし、日本でも買える商品ばかりだし、その意味でも世界は狭くなったと感じます。アメリカにしかない商品やアメリカにしかないサービス。逆に言うと、日本にしかない商品や日本にしかないサービスというのもどんどん減ってきている感じですよね。地球が小さくなっている証拠です。


レッドウッドシティ - トイザらス(Toysrus)

トイザらス(Toysrus)


レッドウッドシティ - ベビーザらス(Babies

ベビーザらス(Babies"R"Us)


レッドウッドシティ - Pacific Sales - Kitchen, Bath & Electronics

Pacific Sales - Kitchen, Bath & Electronics




さあ、見えました!EVERNOTE(エバーノート)の本社が~


EVERNOTE(エバーノート)本社

EVERNOTE本社

かっこいいシボレー(Chevrolet)が停まっていたので記念撮影w


レッドウッドシティ - ベイショア・フリーウェイ(Bayshore Fwy)

エバーノート本社前を通るベイショア・フリーウェイ(Bayshore Fwy)


エバーノート本社

レッドウッドシティ - EVERNOTE(エバーノート)の本社

レッドウッドシティの EVERNOTE(エバーノート)の本社です!!


「EVERNOTE」の象(ぞう)のロゴ


象さんは記憶力が非常によく、「Elephants never forget(象は絶対忘れない)」という諺(ことわざ)もあるそうです。エバーノートは情報を永遠に保存するサービスなので記憶力がよい象さんをイメージキャラクターにしているそうです。それからロゴ左上の象の耳が折れていますが「ノート(エバー"ノート")」っぽくみせているそうです。


レッドウッドシティ - EVERNOTE(エバーノート)の駐車場

EVERNOTE(エバーノート)の駐車場


レッドウッドシティ - EVERNOTE(エバーノート)の入口

EVERNOTE(エバーノート)の入口


Address

Evernote Corporation

305 Walnut Street

Redwood City, CA 94063

USA



中に入らせてもらいました。


EVERNOTE Remember Everything

EVERNOTE Remember Everything


レッドウッドシティ - EVERNOTE  Tシャツ

EVERNOTE  Tシャツ!これは帰りに買います(^^)


レッドウッドシティ - エバーノート  Tシャツ

以上、EVERNOTE(エバーノート)本社の受付横にあるショップの中でした。



それではいよいよ EVERNOTE(エバーノート)の本社の中を案内してもらいます。


EVERNOTE(エバーノート)本社のフリードリンク

キター、フリードリンク(無料ドリンク)


ムラウチドットコムの食堂や休憩室はジュースはもちろん 100円とか 130円とかですよっ。エバーノートに就職すればジュースはタダですよ、タダ!飲みたいだけ飲んでいいんです!!


前回のシリコンバレー視察の時に、一緒に行った友人がこんな風に印象を述べていたんですが、僕も同じような感情が湧いてきますね、正直なところ。良い悪いじゃなくて。


はっはっはっ、自分の会社がフリードリンクやフリーランチができないための"負け惜しみ"なんですけどね~ 自分の会社の社員さん達に食べ物や飲み物を無料で提供できない会社の社長の"ひがみ"なんです(笑)


初めてアメリカ本土上陸した私が強く感じたのは自由な国故の、貧富の差をまじかに見たことでしょうか。空港から、ホテルに向かう途中に、ガイドさんが説明してくれた、近づいてはいけないエリアにいた、たくさんの乞食の人たち。一方で視察させて頂いたユーチュブなどは、飲み放題、食べ放題最高の環境で仕事をする人たち。日本ではここまでの格差はないと思いました。



EVERNOTE(エバーノート)本社の食堂

食堂です!広くてとってもキレイです!!


EVERNOTE(エバーノート)本社のフリーランチ

EVERNOTE(エバーノート)本社のフリーランチ!
これぜんぶタダ(無料)ですよ、タダ!!興奮してきますねっ!!!!我ながら"賤(いや)しい"ですね、根性が。。。。w


アメリカ・EVERNOTE(エバーノート)本社のフリーランチ

毎日、これをタダで食べさせてもらったら社員さん達は感じるでしょうね。「ああ、会社は私たちのことを大切にしてくれているんだ。信頼してくれているんだ」ってね。ムラウチドットコムも 1日も早く、フリードリンク、フリーランチの会社にしないといけません!


EVERNOTE(エバーノート)本社の食堂

EVERNOTE(エバーノート)本社の卓球台

ベンチャー企業の定番アイテム・卓球台


EVERNOTE(エバーノート)本社のレクリエーションルーム

EVERNOTE(エバーノート)本社のフリースナック

キタ━ +.ヽ(≧▽≦)ノ. ━━ ッ !!! フリースナック(無料お菓子)!! 個人的にこれはヤバイっす!ポテチとかガーナチョコとか置いてあったら、毎日喰っちゃいますよ~~


このフリースナックはかなり危険です(爆笑)


EVERNOTE(エバーノート)本社の社内ジム

本格的な社内ジム


EVERNOTE(エバーノート)本社の社内トレーニングルーム

こんなトレーニングルームが社内にあったら絶対僕は太ってないですよ!
ん?でもフリースナックがあると、プラマイゼロかな~(笑)


EVERNOTE(エバーノート)本社のフリー自転車

ハイハイ!自転車もタダ(無料)ですよ!レッドウッドシティ駅から僕は歩いてきましたが、歩くとやっぱり多少時間がかかりますので、この自転車を使えばカルトレインの駅まであっと言う間です、しかもカルトレインは自転車ごと乗れますから、サンフランシスコ やサンノゼまで自転車でそのまま帰れます。シリコンバレーは雨も降りませんし、空気も良いので自転車は最高ですよね!!


EVERNOTE(エバーノート)本社の無料自転車

EVERNOTE(エバーノート)本社の自転車

ほら、この自転車はカルトレインでサンフランシスコ 22番ストリート駅(22nd St., San Francisco)と レッドウッドシティ駅(Redwood City)を行き来してますよっ
※RWC(Red Wood City / レッドウッドシティ)


EVERNOTE(エバーノート)本社の電気自動車充電スタンド

電気自動車の充電スタンドもありました。こういう企業は従業員に優しいだけではなく、先端にも敏感なんですよねっ


EVERNOTE(エバーノート)本社の EV充電スタンド

EV CHARGING(電気自動車の充電)



業務に関係ある部屋は撮影禁止だったのですが、写真で見て頂いた通り、社員さん達は会社から大切にされ、信頼され、自由にのびのびと働いている感じがしました。経営陣は従業員の働きやすさやモチベーションを引き出すことを真剣に考えていると思いました。とてもすばらしい社風だと思いました!視察させてもらって本当に良かったです。とても刺激になりました。


エバーノートはシリコンバレーの企業としては珍しく「今後100年続く会社にしたい」という日本企業的な思想を持っている会社なので、エバーノートがやっていたことや彼らの考え方は僕ら日本企業も大いに参考にできると思いました。



EVERNOTE CALIFORNIA REMEMBER EVERYTHING

EVERNOTE CALIFORNIA REMEMBER EVERYTHING


EVERNOTE(エバーノート)本社のエントランス


EVERNOTE(エバーノート)本社の受付カフェ

受付に(無料)カフェもあります。まさに至れり尽くせりです!


EVERNOTE(エバーノート)本社のロビー

ロビーも清潔で明るくてすばらしいです!訪問者はこのロビーで一発でエバーノートファンになっちゃうんじゃないでしょうか?僕はなりました(^^)/


EVERNOTE(エバーノート)本社の会議室



EVERNOTE(エバーノート)本社のショップ

EVERNOTE(エバーノート)本社のロゴ入り Tシャツ

グリーンのエバーノート Tシャツ買いました!思い出にしばらくとっておこうと思いますw


EVERNOTE(エバーノート)本社のレジ

この iPadがレジですよ。出っぱっているのがクレジットカードリーダーです。小売店のレジも様変わりです!



案内をしてくださったエバーノートスタッフの方に心からお礼を申し上げます。本社の案内、ありがとうございました!とても勉強になりました。とても刺激になりました。



一緒に視察した日本語が喋れる中国人と一緒にレッドウッドシティ駅に歩いて戻りました。これからカルトレインに乗って、サンフランシスコに帰ります。


カルトレインの車窓

カルトレインの車窓


カルトレインの終着駅「サンフランシスコ 4番&キングストリート駅(4th & King Street, San Francisco Station)」

カルトレインの終着駅「サンフランシスコ 4番&キングストリート駅(4th & King Street, San Francisco Station)」に戻りました。




▼平成27年 / 2015年1月19日~2月7日 シリコンバレー視察


▼前回のシリコンバレー視察


▼関連記事


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。