ムラウチドットコム社長・村内伸弘のブログ

ブログ漬け!muragon(ムラゴン)、にほんブログ村、イエツク、スポリート、ムラウチドットコム運営の CEO(調子イイおじさん)がブログに狂う!

運営サイト: muragon(ムラゴン)にほんブログ村イエツクスポリートムラウチドットコム 決意49才


 ⇒ おすすめ無料ブログサービス muragon (ムラゴン)

シリコンバレー39: "ヒッピーの聖地" ヘイト・アシュベリーへ

"ヒッピーの聖地" サンフランシスコ ヘイト・アシュベリー
平成27年(2015年)2月4日 村内伸弘撮影




muniバスの楽しいバス停

muniバスの楽しいバス停


2月4日。さあ、"ヒッピーの聖地" ヘイト・アシュベリーにつきました。なぜ、それがわかるのかって?次の写真を見てください。僕のブログを見ているあなた!わかるでしょ!この地域が "ヒッピーたちの街"だってことが~☆


ヘイト・アシュベリー

ヘイト・アシュベリー到着!


ヘイトアシュベリー - Jammin' On Haight

Jammin' On Haight


ヘイトアシュベリー - 店が、街が、ヒッピー!サイケデリック!

店が、街が、ヒッピーです!サイケデリックです!!



ヘイトアシュベリー地区の写真どんどん見てください!


ヘイトアシュベリー - 個性的な店

個性的な店のオンパレード!


ヘイトアシュベリー - 個性的な家

個性的な家


ヘイトアシュベリー - ヒッピー文化

街並みがとにかく個性的。そして、空気がとてもヒッピーです!!


ちょっと栄養補給。


ヘイトアシュベリー - ボブ・マーリー

強烈な個性を放つヘイトアシュベリーには、強烈な個性を放つ「ボブ・マーリー」がぴったり


ヘイトアシュベリー -

DON'T GAIN THE WORLD AND LOSE YOUR SOUL
WISDOM IS BETTER THAN SILVER&GOLD..
ZION TRAIN


KNOWING IS EVERYTHING.


もうヤバいっしょ!!ヤバいんですよ、ここヘイトアシュベリーは!!


ヘイトアシュベリー - 1960年代ヒッピー文化の発祥地 -

この街おかしい(笑) この街イっちゃってる(爆笑) さすが 1960年代ヒッピー文化の発祥地~☆


バウンド・トゥゲザー アナーキストコレクティブ・ブックストア(BOUND TOGETHER  anarchist collective bookstore)

バウンド・トゥゲザー アナーキストコレクティブ・ブックストア(BOUND TOGETHER  anarchist collective bookstore)


ヘイトアシュベリー - BOUND TOGETHER  anarchist collective bookstore

boundtogetherbooks.wordpress.com



ヘイトアシュベリー - RECYCLED RECORDS

今度は 「RECYCLED RECORDS」という看板の店を覗いてみましょう~


ヘイトアシュベリー - 「RECYCLED RECORDS」の店内

「RECYCLED RECORDS」の店内が凄すぎる~


ヘイトアシュベリー - 古いレコード

古いレコードの壁!


ヘイトアシュベリー - 廃盤レコード

廃盤レコードだらけ!


ヘイトアシュベリー - 「RECYCLED RECORDS」の店長(社長)

「RECYCLED RECORDS」の店長(社長) というよりも、このおじさんの趣味そのものが店になってるのが「RECYCLED RECORDS」ってこと(爆笑)


おじさんにいろいろ話を聞きました。気さくなおじさんで、この街を愛していることがよくわかりました(^^)


ヘイトアシュベリー - LP's & CD's

LP's & CD's LPはすでに絶滅してますが、CDもそろそろ危ない感じですので、ますますこの店は貴重な存在になっていくと思います(^^)



アメリカの古い写真

おじさんのお店で買った古い写真


1970年代のアメリカは

1972年秋のサンフランシスコ(たぶん) 1970年代はアメリカはまだ"白人の国"だったみたいです。


コダック(Kodak)- 1972年秋 サンフランシスコ

コダック(Kodak)も潰れちゃいましたね。LP、CD、アナログ写真。。。盛者必衰の理(ことわり)ですねっ


アメリカ人の女の子の古い写真

おじさんのお店で買ったアメリカ人の女の子の写真。これも古いと思います ^^


写真のよさは時間が経てば経つほど感じます。特に一番上の白黒の女性の写真は「永遠」って感じがしますよね!



ヘイトアシュベリーはヘイト通り(Haight Street)とアシュベリー通り(Ashbury Street)という 2つの通りから名づけられました。

ヘイト通り(Haight Street)
ヘイトアシュベリーはヘイト通り(Haight Street)とアシュベリー通り(Ashbury Street)という 2つの通りから名づけられました。


ヘイト通り(Haight Street)


ヘイトアシュベリー - マグノリア(MAGNOLIA Pub & Brewery)

マグノリア(MAGNOLIA Pub & Brewery)というお店でお昼を食べます。


Haight Ashbury(ヘイト・アシュベリー)の地図

Haight Ashbury(ヘイト・アシュベリー)の地図


ヘイト・アシュベリーでゲットしたカタログや新聞

ヘイト・アシュベリーでゲットしたカタログや新聞


Positive News

Positive News


ヘイトアシュベリー - サイケな模様

サイケな模様w


ヘイトアシュベリー - トイレ

ヘイトアシュベリー - トイレの手洗い場

トイレの手洗い場


昔のヘイトアシュベリーの写真


ヘイトアシュベリー - ポーク&チェダー ソーセージ

ポーク&チェダー ソーセージ(Pork and Cheddar Sausage)


見ただけでわかりますよね!このソーセージがどれだけおいしかったのかを!!


ヘイトアシュベリー - ヘイト通り(Haight Street)

ヘイト通り(Haight Street)


屋外の席で通り過ぎる人を見ていると全然飽きません。ヘイトアシュベリーでの人間観察、たのしいです!


17.40ドル うっ、高いっ!


ヘイトアシュベリー - 交差点でギターを弾く黒人の少年

交差点でギターを弾く黒人の少年



もう説明はいいですよね?写真だけどんどん見てください。とにかくこんなような超個性的な店ばっかりなんです(笑)


この店では古いトランプを買いました。


ヘイトアシュベリー - 裸のマリリン・モンローとインディアンの酋長

(左)裸のマリリン・モンローと(右)インディアンの酋長


メリーゴーランド(回転木馬)に乗ったアメリカ人女性

メリーゴーランド(回転木馬)に乗ったアメリカ人女性


ヘイトアシュベリー - ジャニス・ジョプリンを見たおじさん

このお店のおじさんはヘイトアシュベリーで(生きている)ジャニス・ジョプリンを見たって言ってました。ジャニス・ジョプリンですよ!ジャニス!ジャニス!すごいです!!!!



疲れましたか?
それとも慣れましたか?


要するに、ヘイトアシュベリーはこういう"個性的な"街なんです。自由なカウンターカルチャー(対抗文化)の街なんです。


ヘイトアシュベリー - スケボー

ヘイトアシュベリー - 100年間のファッションの店

100年間のファッションの店!


誰?(笑)


ヘイトアシュベリー - PEACE begins with me !

PEACE begins with me !


ヘイトアシュベリー - グラフィティーアート

グラフィティーアート、炸裂!



もうお腹いっぱいでしょ?
テーマは「自由」「愛」「平和」「自然」「セックス」ですよ。つまり"ヒッピー"なんですよ、この街は!日本語だと"フーテン"ですけどね(爆笑)


"痔主"の海外旅行のよき伴侶 - シュピューラー(携帯おしり洗浄器)



まだまだ続きますよ~ はっはっは
あなたはもう既成の価値観に縛られた生活から離れるべきなのだ!
野生生活に戻れ~っwww
ラブ&ピース!


ヘイトアシュベリー - 街角で何かの撮影をしてました。


ヘイトアシュベリー - 愛と平和

これまずいっしょ(笑い) 愛と平和、愛と平和~


ヘイトアシュベリー - スカイブルーの民族衣装

目のさめるような民族衣装!スカイブルーがヴィヴィッド過ぎる!!この色大好き!!!!


ヘイトアシュベリー - スカル(頭蓋骨)

スカル(頭蓋骨)


ヘイトアシュベリー - 鮮烈な赤い扉

この扉の鮮烈な赤を見よ!!


ヘイトアシュベリー - 缶バッジ  ALL YOU NEED IS LOVE

缶バッジ 2つ買いました!
ALL YOU NEED IS LOVE!


ヘイトアシュベリー - ピースマークステッカー

このステッカーも買いました!!
愛と平和!


ヘイトアシュベリー - ブルー・フロント・カフェ(Blue Front Cafe)

ブルー・フロント・カフェ(Blue Front Cafe)で一休み


ヘイトアシュベリー - レモネード(LEMONADE)

アメリカと言えば、レモネード(LEMONADE)。レモネードを頼みます。


アメリカでは夏の風物詩として「レモネードスタンド」が有名ですよね。アメリカの子供たちは自分でつくったレモネードをスタンドで売るそうです。お金の使い方や大切さを学びつつお小遣いもしっかり稼げるそうで一石二鳥なんだそうです。だからアメリカと言えば、レモネード(LEMONADE)なんです。


ヘイトアシュベリー - ブルー・フロント・カフェ(Blue Front Cafe)の店内

ブルー・フロント・カフェ(Blue Front Cafe)の店内


ブルー・フロント・カフェ(Blue Front Cafe)のメニュー

ブルー・フロント・カフェ(Blue Front Cafe)のメニュー


レモネードよし!


巻きサンド(ラップ)よし!


おいしかった~~!!


SINCE 1961 1961年から営業しているようです。もしかすると、ジャニス・ジョプリンもレモネードを飲んだかも?w



ヘイトアシュベリー - 網タイツオブジェ

やられた~!これヘイトアシュベリーの極めつけでしょ!網タイツオブジェ万歳~☆




そして、極めつけだと思ったら、今度は個性的なファッションの人たち、個性的な雰囲気を持つ人たちがたまっているのを見つけました!


ストリートでギターを弾き始めました!


真ん中の人、キリストかジョン・レノンにしか見えませんよね(笑)


彼らはギターを弾いてました。そして歌ってました。


彼らはギターを弾いてました。そして歌ってました。マリファナを吸いながら。


写真左の人は口から煙出してますが、今まさにマリファナを吸った瞬間です。


ヘイトアシュベリー - マリファナ

僕が立ち止まって歌を聴いたり、写真を撮っていたら、「君も吸いな。」とマリファナを差し出してくれました。アメリカはマリファナが合法らしいし、誰も見ていないので、せっかくだから吸ってみようと思って。「ギブ・ミー(ちょうだい)」って言いました。


というのはウソです。
「ノー・センキュー(いりません)」と言って断わりました。はっはっはw


でも、もし僕の意思がもう少し弱かったら、人生初麻薬になってたかもしれません(笑)


ヘイトアシュベリー - 麻薬


この人たち、でもとっても自由な感じでした。何者にも、誰にも囚われていない感じでした。1960年代のヒッピー時代を彷彿させるような人たちでした。僕はしばしヒッピー文化の余韻に浸らせていただきました!ヒッピー発祥の地で色濃く残ったヒッピー文化の面影を満喫させていただきました。現代のヒッピーのみんな、ありがとう!!




▼今回のシリコンバレー視察


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。