ムラウチドットコム社長・村内伸弘のブログ

ブログ漬け!muragon(ムラゴン)、にほんブログ村、イエツク、スポリート、ムラウチドットコム運営の CEO(調子イイおじさん)がブログに狂う!

運営サイト: muragon(ムラゴン)にほんブログ村イエツクスポリートムラウチドットコム 決意49才


 ⇒ おすすめ無料ブログサービス muragon (ムラゴン)

シリコンバレー12: 夜の SFウォーターフロント、ミッション地区のタコス屋さん

夜のサンフランシスコの海辺(ウォーターフロント)

夜のサンフランシスコの海辺(ウォーターフロント)
平成27年(2015年) 1月22日 村内伸弘撮影


タクシーに乗って、フェリー・ビルディング(スー・ビアーマン・パーク)に連れていってもらいます。


行き先は「1 Market Street」の Autodesk Galleryです。 
目的は「Trends in Journalism: When Critics Become Capitalists」という Churchill Club主催の有料オープンフォーラムに参加するためです。



サンフランシスコ - タクシーの車内

タクシーの車内


サンフランシスコ - マーケット・ストリート 1番地

マーケット・ストリート 1番地につきました。


マーケット・ストリート 1番地

フェリー・ビルディングがすぐ目の前です。


THE LANDMARK @ ONE MARKET

THE LANDMARK @ ONE MARKET


ビルの中に入ってみます。


オートデスク・ギャラリー(Autodesk Gallery)

オープン・フォーラムのオートデスク・ギャラリー(Autodesk Gallery)に潜入しましたw


Nobuhiro Murauchi Murauchi.com Corporation

もらった名札シール: Nobuhiro Murauchi Murauchi.com Corporation


オートデスク・ギャラリー内部

オートデスク・ギャラリー内部


オートデスク・ギャラリーからの眺め

オートデスク・ギャラリーからの眺め


オートデスク・ギャラリーのトイレ

オートデスク・ギャラリーのトイレ


オートデスク・ギャラリーの展示

オートデスク・ギャラリーの展示


オートデスク・ギャラリー下の通りの様子

オートデスク・ギャラリー下の通りの様子


オートデスク・ギャラリー - 3Dプリントの未来都市

3Dプリントの未来都市


サンフランシスコ - 3Dプリンターを利用した未来都市

3Dプリンターを利用した未来都市


3Dプリンターのベースボールパーク

3Dプリンターのベースボールパーク



ちょっと早く来すぎたようなので、一旦外に出ます。



サンフランシスコ - 夜のフェリー・ビルディングの時計塔

夜のフェリー・ビルディングとその時計塔


夜のフェリー・ビルディング全景

昼間の時計塔もいいですが、夜の時計塔もバツグンです!


ルクセンブルク駅の時計塔を思い出しました。



サンフランシスコ・ワンマーケットビルディング

きらめくサンフランシスコ・ワンマーケットビルディング


サンフランシスコ - フェリー・ビルディング

きらめく


サンフランシスコ - スケボー

若者達がたむろしてスケボーに興じていました。


平成27年(2015年) 1月22日 午後6時12分をさす時計台の針


サンフランシスコ - フェリー・ビルディング裏側

フェリー・ビルディング裏側


きらめく夜のベイブリッジ(サンフランシスコ・オークランド・ベイブリッジ)


夜のベイブリッジ(サンフランシスコ・オークランド・ベイブリッジ)

サンフランシスコ - 光る夜の海

海面が光り輝いています!!


"光の街" サンフランシスコ


Port of San Francisco(サンフランシスコ港)

Port of San Francisco(サンフランシスコ港)


GOLDEN GATE FERRY TERMINAL

GOLDEN GATE FERRY TERMINAL


マハトマ・ガンジー


いた~、ガンジー!!!! な、なぜ、ここにガンジーが!?!?



まあ、理由はともあれ、サンフランシスコでガンジーに出会えて、良かったです。僕もガンジーのようなミニマリストを目指します。


▼死ぬ気になれば自由になれる。
Man lives freely only by his readiness to die.



サンフランシスコにはガンジーがよく似合ふ。

サンフランシスコにはガンジーがよく似合ふ。



"Non-Violence is the greatest force at the disposal of Mankind. It is the supreme law. By it alone can mankind be saved"

-Mahatma Gandhi


MOHANDAS K. GANDHI

October 2, 1869 - January 30, 1948


"My life is My Message"

-Mahatma Gandhi


"Generations to come, it may be, will scarce believe that such a one as this ever in flesh and blood walked upon this earth"

-Albert Einstein


Statue presented to the City of San Francisco and Citizens of the United States By Gandhi Memorial International Foundation


Dedicated October 3, 1988

Art Agnos

Mayor of the City of San Francisco


Sculptors Zlatko Pounov and Steven Lowe




明日死ぬつもりで生きなさい。
永遠に生きるつもりで学びなさい。
Live as if you were to die tomorrow.
Learn as if you were to live forever.



思いもかけぬ、ガンジーとの出会いでした!



夜のエンバーカデロ通り

夜のエンバーカデロ通り


さあ、会場に戻ります。


An Open Forum Event: Trends in Journalism: When Critics Become Capitalists

An Open Forum Event: Trends in Journalism: When Critics Become Capitalists
Thursday, January 22, 2015



左から Alan Deutschman、Tom Foremski、Cory Johnson、Sarah Lacy(女性)、Josh Quittner

左から Alan Deutschman、Tom Foremski、Cory Johnson、Sarah Lacy(女性)、Josh Quittner


Speakers:
Tom Foremski, Publisher, Silicon Valley Watcher
Cory Johnson, Anchor and Editor-at-Large, Bloomberg TV
Sarah Lacy, Founder and Editor-in-Chief, PandoDaily
Josh Quittner, Head of Partnerships and Editorial, Flipboard Inc.


Moderator:
Alan Deutschman, Professor and Reynolds Chair, Business Journalism, University of Nevada Reno



Churchill Club(チャーチルクラブ)

拍手が鳴って、フォーラムが始まりました。


Journalists perform an important role as critics and watchdogs of some of the world's most powerful people and companies. How have these vital functions been affected by escalating trends such as ownership changes, the demands of 24/7 online news, and star journalists leaving major news institutions to work for other types of companies or become startup media entrepreneurs? What happens to service in the public interest when journalists accept the role of working to help people make money—or making it themselves?



みんなしゃべるの速いし、頭の回転速いし、すごいです!


特にこの女性 Sarah Lacyさん(Founder and Editor-in-Chief, PandoDaily)、もし僕が一緒に働いたら頭の回転のスピードが違いすぎてまったく相手にされないと思います(悲)


アメリカは僕が捨てた「ボイル蟹」を拾って喰う人もいる国ですが、自身に満ちあふれて立て板に水のように自説を力強く主張する人もいる国です。面白いです。


▼僕がナマで見たオープンフォーラム

1.22.15 Trends in Journalism: When Critics Become Capitalists


正直に書きましょう。彼ら彼女らの速い英語、まくし立てる英語はまったく聞き取れませんでした。かろうじて業界用語は理解できましたが、その程度です。改めて、この国に来て気がつきました。この国では英語ができないと何もできません(涙)


またまた傷つきました。。。



サンフランシスコ - マーケットストリートのサックス奏者

ディスカッションの内容が半分もわからなかった僕を慰めてくれたのがまたしてもサックス奏者のおじさんでした。


サンフランシスコ - サックス吹きのおじさん

アメリカにはサックスもよく似合う。


サンフランシスコ - バート(BART)料金表

最寄りの駅からバート(BART - Bay Area Rapid Transit / ベイエリア高速鉄道)に乗ることにしました。雑踏に身を置き、電車に揺られて英語が聞き取れず、しゃべれない悲しみを紛らわせますw


サンフランシスコ - バート(BART)券売機

バート(BART)券売機


サンフランシスコ - バート(BART)乗車券

バート(BART)乗車券


サンフランシスコ - バート(BART)改札

バート(BART)改札


サンフランシスコ - バート(BART)エレベーター

バート(BART)エレベーター


サンフランシスコ - バート(BART)ホーム

バート(BART)ホーム


BARTの駅ホーム

サンフランシスコ - バート(BART)

バート(BART)


バート(BART)

バート(BART)がやってきました。


BARTのロゴかっこいいです!右下の星条旗もかっこいいです!!


サンフランシスコ - バート(BART)路線図

バート(BART)路線図


この BARTをうまく使えば、ベイエリア中を簡単に素早く安く移動できそうです。


そろそろ乗ってみましょう。


サンフランシスコ - バート(BART)車内

バート(BART)車内
手前の黒人さん、いっちゃってますね~!現代アメリカって感じで超イカしてます!!


バート(BART)路線図

路線図を見ると、リッチモンドとか、フリーモントとか、ピッツバーグとか、ダブリンとかぶらっと行ってみたいですねっ。それぞれ一体どんな街で、どんな人が暮らしているのかなぁ~


16番ストリート・ミッション(16番街ミッション駅/16Th St Mission) 駅

せっかくですので、ちょっと冒険ということで、治安があまり良くないと書いてあった「 16番ストリート・ミッション(16番街ミッション駅/16th Street Mission) 駅」に降りてみることにしました。


サンフランシスコ - 16番ストリート・ミッション駅構内

16番ストリート・ミッション駅構内


サンフランシスコ - 16番ストリート・ミッション駅出口

16番ストリート・ミッション駅でギターを弾くおじさん

16番ストリート・ミッション駅でギターを弾くおじさん


16th Street Mission

少し聴かせてもらってチップをはずんでおきましたw


下から上がってきました。ギターおじさんがかすかに見えます。


ここはサンフランシスコのはずれ 16番ストリート・ミッション駅。


駅からでると、黒人やヒスパニック系の若者がたくさんたむろしてました。薄暗くって、汚くって、明らかに市内とは異なる怖い感じが漂ってます。油断しないで歩きます。


16番ストリート・ミッション駅前に停まっていた車両

16番ストリート・ミッション駅前に停まっていた車両


サンフランシスコ - TAQUERIA VALLARTA

TAQUERIA VALLARTA


サンフランシスコ - メキシコ料理店

せっかく、ヒスパニックな雰囲気溢れるエリアに来たので、タコスを食べようと思いついてタコス屋(メキシコ料理店)に入りました!


おーっ、うまそう~


サンフランシスコ - タコス屋さんのでっかい鉄板

でっかい鉄板


サンフランシスコ - タコス

タコスこんな感じです!


サンフランシスコ - メキシコ料理店のタコス

うまいっす!シンプルですけど、うまいっす!!安いのも有り難いです!!タコスバンザイ~☆ 多様性バンザーイ☆


サンフランシスコ - タコス屋さんの壁画 MEXICO(メキシコ)

タコス屋さんの壁画 MEXICO(メキシコ)って書いてありますっ


Muchas gracias(Thank you!)


ホテルで食べる分もテイクアウトしました(笑)



サンフランシスコ - MISSION DISTRICT(ミッション地区)

写真左上の黒シールが 「16TH ST STATON(駅)」で、薄いブルーで 「MISSION DISTRICT(ミッション地区)」と書いてあります。この地区はパッと見ですが、間違いなく治安が悪いと思います。僕も散々海外行って、スラムとか繁華街とか歩きまくってますからすぐにわかります。間違っていないはずです。この辺りは用心しないとまずい地区だと思われます。


ミッション地区(MISSION DISTRICT)地図 - サンフランシスコ


たぶん昼間はそうでもないんだと思いますが、夜はヤバいです。タコス屋に立ち寄る前にミッション・ストリートをすこし歩いてみたんですが、道がだんだん暗くなって、明らかに貧しそうな黒人やヒスパニックの人がたくさん立っていてヤバかったです。


写真をバチバチ撮ってると観光客ともろバレですので、写真は撮りませんでした。そして、駅から百数十メートルぐらい歩いた頃、これ以上奥に進むとまずいと直感が働いて、早足で戻ってきました。一人歩きだし、怖かったです。冒険はこの程度でやめておいた方が無難です。


ロンドン行った時も、ロンドンのはずれにそんな街があって同じ雰囲気を味わったことを思い出しました。
ロンドン旅行記: 移民と労働者階級のちょっと危ない街


フィリピンのマニラのマビニ通りもかなりヤバかったですけどw
マニラ旅行記 夜の一人歩きは危険、危ない雰囲気がプンプン!



サンフランシスコ - トルティーヤと具

宿泊しているホテルに戻って、またまたタコスを味わいます。トルティーヤ(皮)もうまい、具もうまい!


サンフランシスコのタコス

何と言っても、外国での一番のたのしみはその土地土地の料理ですよね。グルメが一番の楽しみです。サンフランシスコのタコス、うまかったです!!



さあ、明日 2015年 1月23日(金)はサンフランシスコを後にして、サンノゼに向かいます。


サンノゼ - アリーナホテル(Arena Hotel)

サンノゼで宿泊するホテルは「アリーナホテル(Arena Hotel)」 9泊の予定です。


アリーナホテル・Arena Hotel
817 The Alameda San Jose, CA 95126


カルトレイン(Caltrain)の「サンノゼ駅」

カルトレイン(Caltrain)の「サンノゼ駅」 から歩いて数分の立地です。


さあ、カリフォルニア・サンノゼへ


▼今回のシリコンバレー視察


▼前回のシリコンバレー視察

▼関連記事

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。