ムラウチドットコム社長・村内伸弘のブログ

ブログ漬け♪♪ ムラゴン、ブログ村、イエツク、スポリート、ムラウチドットコム運営の CEO(調子イイおじさん)がブログに狂う☆

muragon(ムラゴン) にほんブログ村 イエツク スポリート ムラウチドットコム  決意49才


 ⇒ おすすめ無料ブログサービス muragon (ムラゴン)

シリコンバレー3: サンフランシスコ デモ行進 - キング牧師の誕生日

マーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師の写真

マーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師
黒人差別の撤廃運動を指揮したキング牧師の写真
平成27年 / 2015年 1月19日(月) 村内伸弘撮影



サンフランシスコ市内のケーブルカー

サンフランシスコ市内のケーブルカー


マーケット・ストリートのケーブルカー乗り場

市内中心部のマーケット・ストリートのケーブルカー乗り場


"霧の街"、"坂の街"、そして"ケーブルカーの街" サンフランシスコ


思い出しました!たしか昭和56年(1981年)の夏、おじいちゃんとおばあちゃんに連れられてこの場所からケーブルカーに乗りました。おぼろげに覚えていました!この場所とこの雰囲気を!!


サンフランシスコの情緒 - ケーブルカー

ケーブルカーのない街はサンフランシスコじゃないし、サンフランシスコにケーブルカーがないことは想像もできません。このケーブルカーがサンフランシスコの情緒なんだと思います。すべての観光客がこのケーブルカーに乗るのもうなづけます。


The San Francisco Cable Car

The San Francisco Cable Car


とその時、大きな音を出しながら、サンフランシスコの街中をデモ行進が進むのを見つけました!!



サンフランシスコ - デモ行進

サンフランシスコ市内(マーケット・ストリート)を進むデモ行進


サンフランシスコ市内 - デモ行進

こういうデモが行われているのはアメリカらしいと思いました!日本ではデモはほとんどないですし、シンガポールでは禁止されていますから。自由の国、アメリカの面目躍如!デモこそが自由な国の証明です。


IT TAKES THE HOOD TO SAVE THE HOOD


United Playaz


United Playaz is a violence prevention and youth development organization that has worked in San Francisco for 20 years.



黒人を中心にいろんな人が楽器を鳴らしたり、声を張り上げたりしながら行進しています。


Martin Luther King, Jr.(キング牧師)の写真

Martin Luther King, Jr.(キング牧師)の写真を掲げながら行進する人もいます。


サンフランシスコ - デモ行進する黒人の子ども

子供たちもデモ行進しています。


自由の国を体感する絶好のチャンス、デモ行進に紛れてこのままどこへいくのか知りませんがついていくことにしました。っていうか、こういうの大好きなんですよね~、僕は(笑い)


BLACK LIVES MATTER ALL LIVES MATTER!


とても賑やかです!


ポリスがデモを誘導(監視)しています。


4thストリート(4th Street)の AMC IMAX前を通過(左折)




カトリック教会の「パトリック教会(St. Patrick Church)」前を右折


サンフランシスコ - パトリック教会(St. Patrick Church)

パトリック教会(St. Patrick Church)


イェルバ・ブエナ・ガーデンズ(Yerba Buena Gardens)

イェルバ・ブエナ・ガーデンズ(Yerba Buena Gardens)になだれ込みました!


POWER to the PEOPLE


イェルバ・ブエナ・ガーデンズに集結するデモ隊

イェルバ・ブエナ・ガーデンズに集結するデモ隊


サンフランシスコ - デモ音楽隊

一層賑やかに演奏する音楽隊


体中にバッジをつけたデモ参加者の黒人

体中にバッジをつけたデモ参加者の黒人


盛り上がっています!


イェルバ・ブエナ・ガーデンズのデモの様子

イェルバ・ブエナ・ガーデンズのデモの様子


バッジおじさん

バッジおじさんもがんばってます(^^)


Stand Up For Justice

Stand Up For Justice


マーティン・ルーサー・キング・デー
1月第3月曜日はマーティン・ルーサー・キングと彼の業績を称える祝日のようです。


全員黒人。そうです、この日はアメリカの祝日「マーティン・ルーサー・キング・ジュニア・デー」なのです。本音ベースではまだまだアメリカには黒人差別があるようですし、少なくとも黒人が白人と同じ豊かさを享受しているとは言えない状況なんだと思います(僕の浅薄な知識の範囲ですが)。


There is not a liberal America and a conservative America - there is the United States of America. There is not a black America and a white America and latino America and asian America - there's the United States of America.


このデモや日頃の行動で、アメリカという国がオバマが演説したように、白人も黒人もラテン系も、アジア系もみんな仲良く平和に豊かに暮らせる日が来るとすばらしいですね!司馬遼太郎が巨大な人工国家と言ったように、この国がうまくやれれば、世界もうまくやれると思います。"人種のるつぼ" アメリカが文字通り、自由で、平等で、平和な国になることを祈っています。



マーティン・ルーサー・キング・ジュニア

マーティン・ルーサー・キング・ジュニア


黒人女性のドレッドヘア

黒人女性のドレッドヘアが超似合ってます!素敵です!!


ドレッドヘアの黒人女性

キング牧師やネルソン・マンデラ氏などのガンバリで"黒人差別"はかなりなくなっていると思いますが、もう一歩だと思います。真に差別がない社会へ、アメリカ社会よ、ぜひ生まれ変わってください。


タトゥー(TATTOO)

タトゥー(TATTOO)



FREE US

FREE US


ダイ・イン

FREE USの人、寝っ転がってます(笑)それとも、ダイ・インなのでしょうか?


あまり、時間をかけることもできないので、このデモからそろそろ離れます。



イェルバ・ブエナ・ガーデンズ - ショー

同じイェルバ・ブエナ・ガーデンズ内では芸人さんたちのショーも行われていました。


Our lives begin to end the day we become silent about things that MATTER.  - MLK
問題になっている事に沈黙するようになった時、我々の命は終わりに向かい始める  - マーティン・ルーサー・キング・ジュニア


※MLK=Martin Luther King, Jr.



モスコーン・センター(Moscone Center)

コンベンションセンターの「モスコーン・センター(Moscone Center)」


チルドレンズ・クリエイティビティ・ミュージアム(Children's Creativity Museum)

チルドレンズ・クリエイティビティ・ミュージアム(Children's Creativity Museum)


チルドレンズ・クリエイティビティ・ミュージアムの庭

チルドレンズ・クリエイティビティ・ミュージアムの庭の様子


アメリカとかヨーロッパとかはトイレが少ないのでホント苦労します。このチルドレンズ・クリエイティビティ・ミュージアムの庭の片隅にようやく見つけました。


かなり歩いているので疲れてますが、まだまだ歩きます!



4thストリートとブライアント・ストリートの交差点

4thストリートとブライアント・ストリートの交差点


サンフランシスコ - 駐車場

駐車場


カルトレインステーション(サンフランシスコ4番&キングストリート駅)

カルトレインステーション(サンフランシスコ4番&キングストリート駅)にたどり着きました!


サンフランシスコの路線図(Transit Routes)

サンフランシスコの路線図(Transit Routes)


カルトレイン

カルトレインが停まってました!!うぉーっ、アメリカ~ 車体が全然日本と違いますね!ワイルドです、ワイルド!!


カルトレイン(Caltrain)

カルトレイン(Caltrain)


カルトレイン (Caltrain) とは1987年に創業した、アメリカ合衆国カリフォルニア州のサンフランシスコを始発とし、ギルロイ (Gilroy) までの約77マイル(約124キロメートル)を結んでいる郊外向けの通勤列車である。

Wikipedia「カルトレイン」より引用




サンフランシスコ4番&キングストリート駅の駅構内

カルトレインステーション(サンフランシスコ4番&キングストリート駅)の駅構内


サンフランシスコ4番&キングストリート駅前


日本の鉄道の駅とは違って、別に駅前だから店が多いとかなさそうです。このカルトレインが走っていることはビックリですが、まだまだアメリカはぜんぜんクルマ社会なんです。


サンフランシスコ4番&キングストリート駅前のスーパー「SAFEWAY」

カルトレインのサンフランシスコ4番&キングストリート駅前のスーパー「SAFEWAY」で宿泊ホテルで食べる食糧(パン)を買いました。


「SAFEWAY」の無人レジ(セルフレジ)

「SAFEWAY」進んでる~ 無人レジ(セルフレジ)でした。試してみましたが、慣れれば速そうですよ~


サンフランシスコ - 車がなくても住める街(車がなくても暮らせる街)

バスの路線図をよく見て、47番のバスに乗ります。47番はカルトレインステーションから僕が停まっているロンバードストリートまで一本で行けるんです!サンフランシスコは大きな街ではないので、バスの路線図を頭に入れれば、かなり自由にいろんなところに行き来できます。


前回、八王子の仲間と一緒にサンフランシスコに来た時に聞いたのは、サンフランシスコはアメリカで珍しい"車がなくても住める街(車がなくても暮らせる街)"だそうです。



サンフランシスコのバス「ミュニバス」

サンフランシスコのバス「ミュニバス」


ミュニバス(MUNI BUS)




ミュニバスの運賃

ミュニバスの運賃は1回 2.25ドル


ミュニバス車内

ミュニバス車内


ミュニバス車内からの眺め

ミュニバス車内からの眺め


ホンダの営業所(サンフランシスコ・ホンダ)

ホンダの営業所(サンフランシスコ・ホンダ)、見つけた~
1980年代、自動車を洪水のようにアメリカに輸出していた僕らの国ですが、最近あんまり元気がないですよね。皆さん、日本の復興のためにがんばっていきましょう。


Amazonとか、Googleとか、FaceBookとか、Twitterとか、みんなアメリカじゃないですか!日本発の世界的なサービスを創り上げましょう!!


▼今回のシリコンバレー視察


▼前回のシリコンバレー視察

▼関連記事

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。