ムラウチドットコム社長・村内伸弘のブログが好き

ブログ三昧♪♪ ムラゴン、にほんブログ村、スポリート、ムラウチドットコム運営の CEO(調子イイおじさん)がブログに恋し、ブログに狂う☆

muragon(ムラゴン) にほんブログ村 スポリート ムラウチドットコム  決意50才

村内 伸弘(むらうち のぶひろ)村内伸弘の彼女

いきなり!ステーキ 八王子店で US産アンガス牛サーロインステーキをガッツリ

人生初立ち食いステーキは大感動!

立ち食いステーキ

いきなり!ステーキ 八王子店 US産アンガス牛サーロインステーキ(282g)


まず、最初にひとこと!人生初立ち食いステーキ、すっごく美味しかったです!大満足~♪



いきなり!ステーキ 八王子店

いきなり!ステーキ 八王子店にようやく行けました。「ようやく!ステーキ」


当店のスタイルは「腹ペコで、いきなり!ステーキ!」お腹がとても空いた状態で、分厚い美味なステーキをたっぶりお召し上がりください!これが本場アメリカで当たり前の食べ方です。


当店は 300g以上が基本です!薄いお肉は旨みが逃げます。厚切りカットで肉汁を閉じ込めたレアー焼きが絶対旨いっ!


分厚いステーキは大口開けて
がぶり!と噛みしめ、
お肉を味わいながら召し上がれ!
これぞ!ステーキの醍醐味!


お客様のご注文で、お好みの量を切ります。食べたいグラム数をお申し付けください。


1グラム 7円の「US産アンガス牛サーロインステーキ」を 300gいきたいと思います!!


番号札を渡されました。立ち食いステーキ初体験~ん


紙のエプロン


注文をとりにきてくださったお姉さんもとっても感じが良かったです。これならよりお肉が美味しくかんじられるでしょう!


肉だけは自分で調理場の前に並んで種類とグラムと焼き方をコックさんに伝えます。僕は「US産アンガス牛サーロインステーキ」を 300gでレアにしたんですが、コックさんが分厚く切ったら 282gになりました。


お昼時だったのでやや待たされましたが、分厚いステーキが登場!ジュージューいってます!!にんじんとかいんげんとか肉の旨さを阻害する添え物がないのもグッドです!!


スライスガーリックもたっぷり!ガーリック好きの僕にはたまりません!!


いきなりステーキ光り輝いてます!!


レア焼き最高!お肉真っ赤です!


うまい!うまい!超うまい!!程よい柔らかさ!歯ごたえ!最高です!!!!



半分食べた後、ソースをかけてみました。


ソースをかけてもまた味がちょっと変わり、旨い!


ご馳走様でした~ こんな感じで人生初立ち食いステーキ体験終了。


+200円/人で座ってゆっくり食べることもできます。僕が行ったとき、ちょうどその座る席に八王子の先輩が仲間と一緒にいて、座ってステーキを味わってましたw さすが先輩リッチ!!僕は 200円をケチって立ち食いでしたw


まあ、ステーキを立って喰うとどんな感じなんだろうというのが今回のテーマだったので、次回は +200円で「ゆっくり!ステーキ」を味わおうと思っています。確実にリピーターになります。京王八王子駅ビルの中の「紅矢」さんとこの「いきなり!ステーキ」さんをローテしたいと思いま~す(^^)/


ちなみに僕の約 10倍以上の量 3008gを平らげた人もいるようです。あんた、東京テラーか?(笑)


このお方ですw Kenz野島さん。神ですw
ネットで調べたら赤坂のプライベートジムの代表でした。どうりで日焼けしてると思った(笑)ステーキを食べるにはワイルドさは必須ですwww


こっちには 1ヵ月で 35051g喰った猛者(もさ)もいます。どんだけステーキ喰えばいいんだよっ(大爆笑)


川島なお美さん語録「私の体はワインでできている」
TAKAさん語録「私の体はステーキでできている」← たぶん(^^)



(関連記事)

知的興奮!「人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの」(人工知能を知ることは、人間を知ることだ。)

ミスターディープラーニング!東京大学准教授 松尾豊さんの AI本

人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの 東京大学准教授 松尾 豊

人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの
東京大学准教授 松尾 豊(Yutaka Matsuo)
角川EPUB選書 021


人工知能䛿人間を超えるか
-- ディープラーニング䛾先にあるもの 
東京大学 松尾 豊(pdf)


この本は人工知能(AI/Artificial Intelligence)の本なのですが、「イヴの時間」の帯にあるように「人工知能を知ることは、人間を知ることだ。」ということを実感させられる本です。同じく、「トップクラスの人工知能学者が語る、知的興奮に満ちた一冊。」とも書いてありますが間違いなくこの本を読むと知的興奮状態に陥ります!


僕は水色のマーカーを引きながら一気に読み上げましたが、ドキドキワクワク、頭グニャグニャになりました。「知能とはなにか、人間とは何か。」それが実によく理解できます。


僕の興味は "人間"なので、宗教や歴史、政治の本をいつもは良く読んでいるのですが、この人工知能の本はそれらのジャンルの本以上に "人間というもの"について僕たちにその存在や特徴を叩きつけてきました。この本を読むとどうしようもなく "人間という生き物"を意識してしまいます。


完全な人工知能を開発できたら、それは人類の終焉を意味するかもしれない(スティーブン・ホーキング)

2045年に人工知能が人間を越えて予測不能の時代に急激に突入する。今最も必要なことは「人間の再認識」である。(アルヴィン・トフラー)


2045年問題として有名な「シンギュラリティ(技術的特異点)」についても松尾さんの説明は具体的であり、その意味や影響をよく理解できました。


人工知能を知ることは、人間を知ることだ。

人工知能を知ることは、人間を知ることだ。


続々重版!「NHKクローズアップ現代」に著者出演


トップクラスの人工知能学者が語る、知的興奮に満ちた一冊。

「人間のように考えるコンピュータ」の実現へ、いま、劇的な進展が訪れようとしている。知能とはなにか、人間とは何か。トップクラスの人工知能学者が語る、知的興奮に満ちた一冊。

最新技術「ディープラーニング」へとつながる「知の格闘」の足跡


序章: 広がる人工知能 - 人工知能は人類を滅ぼすか

第1章: 人工知能とは何か - 専門家と世間の認識のズレ

第2章: 「推論」と「探索」の時代 - 第1次AIブーム

第3章: 「知識」を入れると賢くなる - 第2次AIブーム

第4章: 「機械学習」の静かな広がり - 第3次AIブーム 1

第5章: 静寂を破る「ディープラーニング」 - 第3次AIブーム 2

第6章: 人工知能は人間を超えるか - ディープラーニングの先にあるもの

終章: 変わりゆく世界 - 産業・社会への影響と戦略


最先端の人工知能技術「ディープラーニング」をめぐり、いまグーグルやフェイスブックなどが数百億円規模の激しい投資・人材獲得合戦を繰り広げている。
一方で、宇宙物理学者のスティーブン・ホーキング博士や、実業家のイーロン・マスク氏、ビル・ゲイツ氏などが「人工知能は人類を滅ぼすのではないか」との懸念を相次いで表明した。
そのテクノロジーはヒトを超える存在を生み出すのか。
人間の仕事を、人類の価値を奪うのか。答えは本書にある。

"ヒトを超える存在"!確かにこれはとても恐ろしいことですね!!



東京大学准教授 松尾 豊

東京大学准教授 松尾 豊さんが著者です。




皆さん、ロボットや自動運転車(セルフドライビングカー)、ドローン、pepper(ペッパー)、Siri、スマート家電など身近に人工知能を使ったものがたくさんありますよね!時代は AI(人工知能)ですよ!以下は、僕の印象に残った松尾さんの記述です。

生物に知能があるのも、人間に知能があるのも、「行動が賢くなると、生き延びる確率が上がる」という進化的意義によるものであろう。(松尾豊)

もともと、生物は生存のために世界を分節する。食べられるか食べられないか。敵か味方か。雄か雌か。われわれ人間はより高度な知能を持っているので、非常に細かく、一見すると無意味なくらい、世界を分節している。(松尾豊)

私は、ディープラーニングを「人工知能研究における 50年来のブレークスルー」と言っている。(松尾豊)

自己符号化器の場合は、さまざまな形でノイズを与え、それによって非常に頑健に主成分を取り出すことができる。そのことが「ディープ」、つまり多階層にすることを可能にし、その結果、主成分分析では取り出せないような高次の特徴量を取り出すことができる。入力信号に「ノイズ」を加えるのだ。ノイズを加えても加えても出てくる「概念」は、ちょっとやそっとのことではぐらつかない。(松尾豊)

頑健な特徴量や概念を見つける方法は、ノイズを加えて「ちょっと違った過去」をつくり出すやり方だけではない。たとえば、ドロップアウトといって、ニュートラルネットワークのニューロン(神経細胞)を一部停止させる。隠れ層の 50%のニューロンをランダムに欠落させるのだ。その結果、ある特徴量がほかの特徴量をカバーするように、最適化されていく。ある特徴量に過度に依存した特徴表現がなくなる。そもそも、ある特徴量だけに依存しすぎるのは危険だ。つまり、一部分の特徴量を使えなくすることが、適切な特徴表現を見つけることに有効に働くのである。(松尾豊)

人間の脳は、さまざまな点で物理的な制約がある。たとえば普通の人より脳のサイズが10倍大きな人は存在しない。しかしコンピュータの場合には、コンピュータ1台でできることは、10台にすれば10倍に、100台にすれば100倍になる。(松尾豊)

専門家は往々にして技術の可能性を見誤る。(松尾豊)

人間は生き物なので、「自分が指令を出したから体が動き、それによって目に見えるものが変化した」というデータが入ってくるのか、それとも「身体は動かしていないのに、目に見えるものが変わったのか」を区別する必要がある。つまり、ドアを開けたからドアが開いたのか、勝手にドアが開いたのかは、人間の生存にとって非常に重要な差異である。敵が潜んでいるかもしれないからだ。(松尾豊)

もう1つ重要なのが、「本能」だ。本能といっても、能に関することであり、要は何を「快」あるいは「不快」と感じるかということである。人間の場合、生物であるから基本的に、生存(あるいは種の保存)に有利な行動は「快」となるようになっており、逆に生存の確率を低くするような行動は「不快」となるようにできている。(松尾豊)

人工知能は社会のインフラになることは確実である。(松尾豊)


この他、
・シンギュラリティは本当に起きるのか?
・人工知能が人間を征服するとしたら
・人工知能を生命化する方法(ロボット編/ウィルス編)
・人工的な生命に知能を持たせる方法
・産業・社会への影響と戦略
・近い将来なくなる職業と残る職業
・人工知能が生み出す新規事業
・人工知能と軍事
・日本における人工知能発展の課題
など日本トップクラスの人工知能研究者の圧巻の説明が続きます。


詳細はぜひこの本を買ってご自身で読んで確かめてください。素人でもわかる基礎的な説明で、文字数も少ないのでかなり読みやすいと思います(文系の人でもぜんぜん OKです)。人工知能はこれから人類全体にさまざまな影響を与えるので、この本は老若男女どんな方にも適しています。他にもいろいろな人工知能の本が出ているようですがこの本一冊でもかなり人工知能(AI)に関する理解が深まりますよ~♪


絶対お薦めの超良書です。僕は重要部分にはマーカーを引きましたので時々パパパッと読み返していこうと思っています。このどうしようもない存在・人間を知るために。



(関連記事)

AI白書 2017

AI白書 2017 - 人工知能によって人類史上最大のパラダイムシフトが起きる(孫 正義)



「国宝 一遍聖絵」展 鑑賞(2度目)。遊行寺境内の大イチョウ真っ黄色~☆

一遍上人の生き様と死に様

藤沢市・遊行寺境内の大イチョウ

真っ黄色に色づく藤沢市・時宗総本山 遊行寺境内の大イチョウ


11月6日、10月23日に続き二度目の特別展「国宝 一遍聖絵」展の鑑賞です。



▼前回 10/23の「国宝 一遍聖絵」展 鑑賞の記事
国宝絵巻「一遍聖絵」の見方(鑑賞方法)… 行きました!「国宝 一遍聖絵」展




大イチョウが真っ黄色~~☆


遊行寺(ゆぎょうじ)境内のシンボル・大イチョウ


偶然駐まっていた赤いフォルクスワーゲン・ビートル(カブトムシ)との見事なコラボレーション


座っている人と幹の太さを較べてください!



この間、じっくりと「国宝 一遍聖絵」展を鑑賞。2度目ですが、前回(10/23)と展示が変わっていて、前回見られなかった「段」がたくさん見られました。「備前福岡の市」とか「市屋道場化益(空也上人の遺跡市屋での踊り念仏)」などを興奮しながら見ました!


逆に前回展示してあった「伊予出立」、「熊野参詣」、「佐久遊行」、「京洛化益」、「一遍往生」などはすべて展示から外れてしまっていました。2回見に来て大正解です!


なにしろ「一遍聖絵」は一巻の長さが約10メートル、全長は約130メートルにもなりますので、さすがに全部は飾りきれないみたいで、2回行って大正解でした(^^)/


2回合わせて、"たった数人で始まった全国遊行の旅が、日本国中に一大ムーブメントを巻き起こす"様子をたんのうすることができました!!会期中、あと1~2回は見に行きたいと思っています(笑)


国宝「一遍聖絵」展


お薦めです。お時間が有る方はぜひ藤沢市遊行寺へどうぞ。
会期: 平成271010日(土)~1214日(月)
休館日: 毎週 火・水・木(祭日は除く)
開館時間: 午前10時~午後5時(入館は閉館30分前まで)


国宝「一遍聖絵」は、宗教者一遍の行状を描いた鎌倉時代の名品で国内最古の絹本著色絵巻です。一遍は念仏(南無阿弥陀仏)を唱えることで誰でもが往生を遂げることができると民衆に説いた僧侶です。



夕日に照らされる遊行寺境内

夕方、夕日に照らされる遊行寺境内


夕日が沈む様子(眞淨院)

遊行寺境内から見た夕日が沈む様子(眞淨院)


夕日に照らされる遊行寺の大イチョウ

夕日に照らされる大イチョウ


遊行寺(ゆぎょうじ)の由来

"遊行寺"と呼ばれ、親しまれているこのお寺は、時宗の総本山で「藤沢山無量光院清浄光寺(とうたくさんむりょうこういんしょうじょうこうじ)」というのが本当の名前ですが、"遊行寺"の方が一般に知れ渡っています。

時宗の法主(ほっす)は ”遊行上人”ともいわれているので、遊行上人のおいでになる寺ということで、"遊行寺"と呼ばれるようになりました。

「遊行」とは、僧侶が修行・勧進のため諸国をめぐり歩くことをいい、代々の "遊行上人"は、念仏をすすめ、お札を配って全国を歩かれました。

時宗は、一遍上人が開きましたが、"遊行寺" つまり清浄光寺は、遊行第四代呑海(どんかい)上人が正中二年(1325年)創始されたものです。

寺を建てた人は、後醍醐天皇の時、鎌倉幕府の御家人で地頭職にあった俣野五郎景平で、景平は遊行二祖他阿真教上人に帰依し明阿と号し、その弟呑海上人が清浄光院(のち清浄光寺)を建立したときに、その壇越(施主)となっています。

"清浄"とは、仏教では、清らかでけがれのないことをいいますが、山深き、この清浄の地に、多くの修行僧が出入りした当時のことがしのばれます。

春は桜、六月のころの花菖蒲は有名で、全山紅葉の晩鐘は藤沢の人々の平安を祈り、春秋の開山忌は老若男女の参詣で賑わいます。

時宗の開祖・一遍上人

時宗の開祖、一遍上人は、延応元年(1239年)伊予(愛媛県)の豪族、河野通広の二男として生まれ、十歳で仏門に入られました。

諸国を行脚し修行を積まれましたが、一遍上人三十六歳の文永十一年(1274年)熊野本宮証誠殿に参籠され、熊野権現より念仏賦算の神宜啓示を受けました。「往生は、ただ "南無阿弥陀仏" によってなされる」と悟りを開かれ、南無阿弥陀仏を唱え、だれ彼の区別なく、お札を渡すことが、「仏門の道」と知ったといいます。時宗ではこの時を開宗の時としています。一遍上人はみすぼらしい衣を着た貧しい僧同様の行脚の一生だったのですが、念仏をすすめて歩く一遍上人には、宗教人に徹した厳しさがうかがわれたといいます。


ノーベル平和賞受賞者・グラミン銀行総裁 ムハマド・ユヌス氏の「ソーシャル・ビジネス革命」

藤沢駅南口前の有隣堂藤沢店さんで購入したノーベル平和賞受賞者・グラミン銀行総裁 ムハマド・ユヌス氏の「ソーシャル・ビジネス革命」


「カロリーメイト(大塚製薬)」車内広告

横浜線内の車内広告「カロリーメイト(大塚製薬)」


「ポカリスエット(大塚製薬)」車内広告 - 潜在能力を引き出せ。

参考: 今年2015年4月撮影 - JR鶴見線の車内広告「ポカリスエット(大塚製薬)」


大塚製薬さんは宣伝に女子学生使うの好きみたいですね!支持します(笑)



(関連記事)
「御滅灯(一ッ火)」 遊行寺の歳末別時念仏会を厳修。尼さん(女性の僧侶)もいました。


踊り念仏 -  当麻山 無量光寺 - 神奈川県相模原市

一遍上人の「踊り念仏」を生鑑賞 - 神奈川県相模原市・無量光寺


一遍上人像(一遍上人の銅像)- 当麻山 無量光寺 - 神奈川県相模原市

一遍上人ゆかりの寺・無量光寺境内を散策 - 神奈川県相模原市