映画「ガンジー(GANDHI)」の感想文

映画DVD ガンジー(GANDHI)


世界の歴史を変えた男、マハトマ・ガンジー。

世界の歴史を変えた男、マハトマ・ガンジー。


映画「ガンジー」のDVD



とうとう映画「ガンジー」を見ました。
約3時間の大作で、第55回のアカデミー賞で8部門を獲得した名作です。
何年か前にDVDを買っていたんですが、
そのまま放置していました。


オードリーヘップバーンの「マイ・フェア・レディ」や「ローマの休日」とは違い
インド独立とその後の民族対立という時代背景なので、重くシリアスな映画です。


インド民衆を、女性や子供も容赦なく皆殺しにするイギリス軍。
何度も逮捕、投獄を受けながらも理不尽なイギリスの植民地支配、
そして人種差別に抵抗するガンジーたち。
しかも、暴力に訴えることなく。
断食を終えることを決めたガンジーと泣きながら手を握るネール(のちのインド初代首相)。
こん棒で殴られたネールが「No violence」と叫ぶシーンも忘れられません。
僕たちは新しい国を作るという壮大な叙事詩を目の前に
ただただ圧倒させられます。


独立を果たした後のヒンドゥーとムスリムの血で血を洗う抗争に
再び断食をおこなうガンジー。
ガンジーの無私の心、平和を望む心が通じてお互いに武器を捨てる
ヒンドゥーとムスリムの民衆たち。
マハトマ(偉大なる魂)のすべてをいかんなく表現したすばらしい作品だと思いました。
ガンジーの博愛は僕たちの魂を激しく揺さぶります。見て良かったです。


英語字幕で見たのですが、お陰さまで英語もだいぶ理解出来るようになりました。
時々、分からない単語が出てくるのですが、
それ以外は英語字幕さえあればだいたい意味は分かりました。
英語が自分の第二の母語になりつつあることを実感しています。
英語の映画は映像つきで生きた英語が学べるので
英語力アップにとても効果的だと改めて感じました。


皆さんも、ぜひご覧ください。


溜めてあるガンジーやネールの英語の本を読み始めなきゃ~


▼English(英文)
At last, I have just watched the movie "GANDHI." This is the
great work runs for three hours and got the eight awards of
55th academy awards. As I purchased it, I couldn't see it until
just a while ago.


Unlike Audrey Hepburn's "My Fair Lady" and "Roman Holiday,"
it's thoughtful, serious cinema because its historical backdrop
is the season of the independence of India from Britain and 
ethnic conflicts after independence.


Many people of India include women and children were killed
off by British army at the protest rally. Mahatma Gandhi and
his followers were arrested and imprisoned a lot of times.
Nevertheless, they continued to resist against colonial
occupation by Britain, but they couldn't use any violence at all.


Nehru, later he became the first Prime Minister of independent
India, shook hand with tears with Gandhi who decided to finish
hunger strike by himself. I can't also forget the scene that Nehru
shouted "No violence" just after he was hit by enemy's club.
We all would be just overpowered with the imposing rhapsody
which someone create a new country. 


When the conflict between Hindu and Muslim were broke out
after India's independent, Gandhi started to fasting again.
Consequently, both were threw their weapons away by feeling 
Gandhi's selfless heart and peaceful mind.


I'd like to state that this film is obviously marvelous because
it well expressed all of his great soul. His soul makes that of
ours shake hard. That's great. It's really right that I was able
to see it indeed.


I enjoyed it with English title. Thankfully, I considerably
comprehended that English. I could understand the meaning
of it with using titles without some unknown words which
sometimes appears on the display. English may be about to
be my second mother language. I perceive so clearly. To watch
English movies is one of the superior methods of learning and
improving English skills to know living English.


Would you like to appreciate this splendid picture? 


Er, I will read some English books concerning Gandhi and
Nehru, won't I?


(参考)
「洋書・洋画(英語)」で「インド」の勉強開始? (~ヘ~;)ウーン
新iPod touch / Man lives freely only by his readiness to die.
死ぬ気があれば 自由に生きられる。
明日死ぬつもりで生きなさい。永遠に生きるつもりで学びなさい。




マザー・テレサ 愛と祈りのことば / MOTHER TERESA IN MY OWN WORDS



ダライ・ラマ14世 いのちの言葉 写真/篠山紀信



おすすめ本: 世界でいちばん幸せな国フィジーの世界でいちばん非常識な幸福論



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。