長崎の眼鏡橋は日本三名橋!ライトアップされた美しい石造り二連アーチ橋

日本三名橋 眼鏡橋(長崎県長崎市)

ライトアップされた美しい眼鏡橋(めがねばし)

日本三名橋 ライトアップされた美しい眼鏡橋(めがねばし)
平成29年(2017年) 7月1日 村内伸弘撮影




眼鏡橋を生まれて初めて見ました!たぶん 40年前長崎に来たときは見ていないと思います(または見てても忘れちゃったw)。


眼鏡橋は 1634年(寛永11年)に架けられた日本最古の石造りアーチ橋です、日本三名橋の一つです!日本橋(東京都)、錦帯橋(山口県岩国市)、そしてこの長崎県長崎市の眼鏡橋が日本が誇る三大名橋なのです!


まっ、なんでもかんでも "3大●●"にしなくっても、美しいものは美しいし、素敵なものは素敵なんですよね~


てか、このブログ記事のタイトルを「眼鏡橋は、日本三名橋・・・・」にしたのはどこの誰だ~ 前の記事の長崎の中華街のとこでも横浜神戸、長崎なんて書きましたからw
また "3大●●"をやっちゃった~ 笑


それでは引き続き、長崎の風情を感じつつ、夜の長崎をブラタモリして眼鏡橋へトリップしてみましょう。



手前が「袋橋」、奥が「眼鏡橋」です。


長崎のシンボル・眼鏡橋~~!!国指定重要文化財~!
石造りの二連アーチ橋で中島側の川面に映る橋の姿が半円を描いて、橋そのものと合わせメガネのように見えています!!ホント眼鏡橋ですね~っ☆


この写真は「袋橋」から眺めた「眼鏡橋」です。袋橋は眼鏡橋を眺めるのにうってつけの絶景ポイント(ベストポイント)です。


ちなみに、江戸時代の長崎土産は南蛮渡来の眼鏡だったそうで、それにちなんで眼鏡橋と名付けられたという説もあるようです。


水面に映る橋や灯りが素敵です。長崎の風情を強く感じます。


手前が袋橋、奥が眼鏡橋。


袋橋(ふくろばし) 市指定有形文化財 中島川の第11橋


袋橋。眼鏡橋やこの袋橋などを合わせて、中島川石橋群と呼ぶそうです。眼鏡橋の真横にあるからあまり興奮しませんが、緩やかな弧を描くこんな橋がもし自分の街に架かっていたら最高にオシャレですよね!袋橋のある長崎のたたずまい、すばらしいです!


眼鏡橋~~☆


近づいてみましょう~


中島川石橋群の案内板


橋のたもとから撮った眼鏡橋


中島川のほとりに下りて、そこから撮影~~
アーチがとてもキレイです!!石組みもとてもステキです!!


クッキリと川面に橋が映り込んでいます。いよっ!日本三名橋!


この写真ほとんど川面ですよっ!
透き通った中島川にが幻想的です!!


本物の橋と、映り込んだ橋の境がどこかわかりますか?


安心してくださ~い
川の中に入って撮影はしてませんよ~w


長崎大水害の水害復興と友好の記念碑

長崎大水害の水害復興と友好の記念碑


昭和57年(1982年)7月の長崎大水害の時、この眼鏡橋は一部流出(一部損壊)してしまい、翌年復元されたそうです。

長崎水害時の眼鏡橋

長崎水害時(集中豪雨時)の眼鏡橋

長崎商業高等学校ホームページより引用


長崎大水害は、低気圧と梅雨前線によってもたらされた未曾有の豪雨により発生しました。この豪雨によって、河川氾濫と土砂災害が同時多発し、多くの尊い人命が奪われました。長崎市の北部にあります長与町役場では、1時間に187mmの豪雨を記録し、この雨量は日本最高記録で、現在でも破られていません。

長崎県ホームページより引用



中島川公園。眼鏡橋など多くの石橋が架かる中島川沿いの公園。


眼鏡橋(めがねばし) 国指定重要文化財 中島川の第10橋


ゆるやかに弧を描く眼鏡橋。
ああ!最高です!!


でも、欄干がない沈下橋ほどじゃありませんが、欄干が低いので酔っ払いは渡る時に注意が必要です。



渡りたいでしょ!?正直に答えてください、あなたも渡ってみたいでしょ!?


眼鏡橋(手前)の上から見た袋橋(奥)


眼鏡橋の欄干から下をのぞき込むと、1円玉がいっぱ~い!橋の上から1円玉や 5円玉を投げて、この部分に乗せることができれば「願い事がかなう」そうです。



黙子如定(もくすにょじょう)の像


この黙子如定禅師が日本初のアーチ型石橋として眼鏡橋を完成させたそうです。


そろそろホテルに行きたいと思います。


長崎はそういえば坂本龍馬の青春の地でもありました。


二宮金次郎像も街中にありました。


有害図書類 回収ポスト
子どもに見せてはいけない図書類を入れてください。


う~む、これ昭和なら有効ですが、今の子どもはそういった類いの画像や映像はネットで見るのでは!? 笑


男子校にこだわる理由が南山にはある。
長崎南山学園(長崎南山中学校・高等学校)


南山(なんざん)は少子化で生徒数が急激に減っていく中で男子校にこだわっています。ある意味パンクな学校だと思います。ネットで調べてみたらカトリックのミッションスクールでした。


ぜひ、このまま男子校であり続け、安易な男女共学には踏み切らないでほしいと思います!こういうアナーキーな存在が長崎を長崎たらしめると僕は感じているんです(^^)



▼今回の長崎旅行
シーボルト先生の長崎へ シーボルト宅跡(鳴滝塾跡)&シーボルト記念館
長崎の昼景 360度パノラマの稲佐山展望台から望んだ長崎市内の様子
長崎 南山手の国宝・大浦天主堂 ブルーアワー、ライトアップされた日本最古の教会(世界遺産候補)が美しく煌めく!
長崎は港街&斜面都市 1000万ドルの長崎の夜景!グラバースカイロードから見た世界新三大夜景
長崎 東山手の領事館の丘 石橋電停からオランダ坂を登り、長崎外国人居留地時代の石畳の坂道と石垣へ
長崎レトロ!夜の長崎の街 鉄道発祥の地、長崎新地中華街、浜町アーケード
長崎の眼鏡橋は日本三名橋!ライトアップされた美しい石造り二連アーチ橋
長崎の風情 チンチン電車・長崎電気軌道、和華蘭文化、APAホテルで全額返金に当選~ん!
長崎から諫早へバスの旅、夏の大村湾(琴の海)、長崎ちゃんぽん

長崎レトロ!夜の長崎の街 鉄道発祥の地、長崎新地中華街、浜町アーケード

石畳の路地 - 夜の長崎の街

石畳の路地と志んみちはし(新道橋) - 夜の長崎の街
平成29年(2017年) 7月1日 村内伸弘撮影



長崎は夜が似合う。
いろんな場所を一気に歩き抜けてみて、今僕はそう思っています。


夜の長崎の街、ぶらり旅しています。
さらに歩きます。



我が国鉄道発祥の地


し、新橋じゃなかったんだ~ぁ??
長崎が鉄道発祥の地だったの~!?


我が国鉄道発祥の地跡

慶応元年(1865年)、英国人貿易商トーマス・ グラバーが、ここから松ヶ枝橋の方向にレールを敷いて、英国製の蒸気機関車アイアン・デューク(鉄の公爵)号を走らせました。 集まった人びとは驚きの歓声を上げて見物しました。この運転は営業を目的としたものではありませんでしたが、蒸気機関車の運行としては日本で最初のものでした。この試走は日本近代化の先駆けとなりました。


「蒸気機関車の運行としては日本で最初のものでした。」って書いてあります!


汽笛一声新橋を~♪♪
新橋説は日本で初めての鉄道が新橋〜横浜間で敷かれた時、起点となった「新橋停車場(旧新橋駅)」に由来し、 1872年(明治5年)10月14日がその日付ですので、長崎はそれよりもなんと 12年も前に鉄道が走っていたということになります!


長崎、すごい!!


イオン長崎店前


長崎のチャイナタウン「長崎新地中華街(ながさきしんちちゅうかがい)」西門


ここに中華街があったんだ~~


長崎はヨーロッパの匂いもするし、中国の匂いもする、実にインターナショナルな街なんです!


「長崎新地中華街」北門
日本三大中華街は横浜中華街(よこはまちゅうかがい)神戸南京町(こうべなんきんまち)、そしてこの長崎新地中華街です。


ス、スミマセン、また "3大●●"やっちゃった~ 笑



2階のオシャレなレストランに注目
1階のシャッターとのコントラスト(明暗w)がすばらしい 笑


石畳の道。長崎市銅座町 志んみちはし(新道橋)付近。


橋って驚いたでしょ?
上の写真よ~く見てください。左右に欄干が見えませんか?
写真中央の白いシャツを着たおじさんがちょうど橋の上を歩いています。


銀座じゃないけど、銅座町(どうざまち)という名前もグッドですねっ♪


長崎県長崎市銅座町

銅座町のまちづくり銅座町自治会 – 長崎市の銅座町は長崎くんちの南蛮船、銅座界隈のワクワク感、銅座町にはイベント盛りだくさん!



浜町アーケード(浜んまち商店街)


アーケード前のチンチン電車の観光通電停(観光通停留場)


大行列~
道路の上のホームなので、行列のうしろは道路にはみ出しちゃってます。


浜町商店街(浜の町アーケード)「浜んまち」に入ります。


浜ぶらMAP


ドン・キホーテ浜町店~
長崎一のショッピングスポットである「浜町アーケード「浜んまち商店街」にもドンキがぁ~ 日本中どこに行ってもドンキだねw


ようこそ浜んまちへ!
Welcome to Hamanmachi!


アルコア中通り(長崎 中通り商店街)
「江戸中期から続く長崎で最も古くからある商店街」といっても、時間が時間だけに、どこもやってないと思うけどね(^^;



観光客にはあまり知られてなくって、地元長崎人が多く利用する長崎度の濃い商店街だそうです。 「長崎度」っていうのが笑っちゃいますねっ


当然ですが。全部閉まってます。
ここは昼間来るべきです、大失敗。


時間があれば、こういう路地裏のカフェにも寄るんですが。。。
次はゆっくり来たいです。


電車レストラン(電車食堂) きっちんせいじ
こういう路地裏なら大歓迎~!!
ああ、長崎がまたまた好きになっちゃった~~☆



▼今回の長崎旅行
シーボルト先生の長崎へ シーボルト宅跡(鳴滝塾跡)&シーボルト記念館
長崎の昼景 360度パノラマの稲佐山展望台から望んだ長崎市内の様子
長崎 南山手の国宝・大浦天主堂 ブルーアワー、ライトアップされた日本最古の教会(世界遺産候補)が美しく煌めく!
長崎は港街&斜面都市 1000万ドルの長崎の夜景!グラバースカイロードから見た世界新三大夜景
長崎 東山手の領事館の丘 石橋電停からオランダ坂を登り、長崎外国人居留地時代の石畳の坂道と石垣へ
長崎レトロ!夜の長崎の街 鉄道発祥の地、長崎新地中華街、浜町アーケード
長崎の眼鏡橋は日本三名橋!ライトアップされた美しい石造り二連アーチ橋
長崎の風情 チンチン電車・長崎電気軌道、和華蘭文化、APAホテルで全額返金に当選~ん!
長崎から諫早へバスの旅、夏の大村湾(琴の海)、長崎ちゃんぽん

長崎 東山手の領事館の丘 石橋電停からオランダ坂を登り、長崎外国人居留地時代の石畳の坂道と石垣へ

活水女子大学 東山手キャンパス

活水女子大学 東山手キャンパス
平成29年(2017年) 7月1日 村内伸弘撮影



長崎の夜、歩けば歩くほど感動が増えていきます。
この NAGASAKIという街が放射する独特な雰囲気が新鮮です!僕はこの街を完全に忘れていたんです。だって 40年近くも訪れなかったんですから、アジアや日本のいろんなところに出掛けたのに、長崎だけはノーマークでした。。。


でも、よかったです!
こうやって、この美しい景観や独自の歴史や文化を持つ NAGASAKIに魅了される瞬間を持つことができたのです。


チンチン電車の石橋電停(石橋停留場)


長崎電気軌道の 5号系統(大浦支線)の終点


夜の石橋電停


ボスのチンチン電車がやってきました。


蛍茶屋電停行き


石橋(ISHI BASHI)



チンチン電車には乗らずに、東山手界隈に向かってみます。


写真右のラーメン屋さんで皿うどんとかチャンポンでもと思いましたが、もう終わってます。左側の呉服屋さんもいい味出してます。


タバコ屋さんも雰囲気なら負けてませんよ~


レンガの塀が無造作に街の中にありました!


東山手洋風住宅群まで 30mです


どうやらオランダ坂っぽいです!
オランダ坂はうつくしい石畳の坂道です。


オランダ坂は"異国"への入口です。


はりまや橋や札幌時計台と並んで、日本3大がっかり名所なんて言われているようですが、どうして、どうして、すっごく情緒があって、ノスタルジックで、すばらしい雰囲気の名所ですよ!!


長崎では欧米の外人さんのことをどうやら「オランダさん」と呼んでいたらしく、居留地時代に「外人(=オランダさん)」が歩いていた坂をオランダ坂と呼んでいて、それが定着したようです。



ほら、あっと言う間にライトアップされた東山手洋風住宅群が見えてきました!石畳の道に洋館が建ち並ぶ、長崎のイメージ通りの場所でした!!


東山手洋風住宅群 7棟。明治20年代後半の外国人向け賃貸住宅だそうです。


このエリアは古い洋館が密集していてライトアップされているのですが 7棟もまとまって残っているのは珍しいとのこと。


石垣がつながる石畳の道をどんどん前に歩いて行きます。長い年月使われ続けてきた道ならではの落ち着いた感じが素晴らしいです。


東山手のイギリス領事館


ここ東山手はイギリス、フランス、ロシア、アメリカなど各国の領事館が立ち並んでいたエリアで「領事館の丘」とも呼ばれていたそうです!



大浦居留地から見た大浦天主堂


昭和会病院前。石垣がある石畳の道が続きます。


異国情緒溢れるレンガ塀と石畳の道


蝶々さん坂。居留地時代の雰囲気が残るちょっぴり狭い石段がすばらしかったです!!


というか、ぜひみなさんここ長崎の東山手に行ってみてください。この階段を見たら、もう上らざるを得ませんよ。この絶妙な狭さ、絶妙な角度、上らないでいることは絶対にできません。



外灯に照らされたレンガの塀の雰囲気に失神寸前ですw


長崎海星高校

サッシー酒井が学んだ学校!東山手の小高い丘の上にある長崎海星高校の白亜の校舎!!
昼間、レンタカーでオランダ坂を上ってみた時に撮りました。


この界隈は次は昼間ゆっくり歩いてみたいと思います。だって、夜の東山手と昼間の東山手の雰囲気がこんなに違うんですからねっ!!でも、東山手を夜歩いたのは正解かも!?こんな坂道を夏の真っ昼間に自分の足で歩いたら、汗だく確実ですwww


(参考)昨年10月に撮影した愛媛の強豪・松山商業!の校舎

松山商業

松山商(愛媛県立松山商業高等学校)



長崎海星高校から下っていく坂道


活水女子大学の東山手キャンパス


日本の女学校の草分け的存在!明治12年(1879年)に設立された活水学院。活水という名前の由来はヨハネによる福音書だそうです。名前の由来からして違いますね~



このゴシック様式の建物は間違いなく東山手のランドマーク的存在です!!
もし僕に娘がいたら、このキャンパスで学ばせたいと思いますよ!長崎の東山手にあって、こんな雰囲気の校舎なんですよ~ 日本最高の女学校の一つだと思います。フェリスにぜんぜん負けてません、長崎、恐るべし。


活水女子大学・東山手キャンパスの 3号館(右)と 4号館(左)


こんなにも素敵な学校はないですよ!ホント!!
夜なんで女子大生はいませんでしたけど。。。
それだけが心残りですw


活水女子大学さんのサイトによると東山手キャンパスはこんな東山手キャンパスなんだそうです!!


活水女子大学・東山手キャンパス

東山手から南山手の洋館群一帯のシンボル的存在である東山手キャンパスは、オランダ坂を上りつめた小高い丘の上に立つ伝統の学舎で、赤い屋根とゴシック様式の造りが印象的な建物です。広くとられた敷地の中庭にあふれる緑、チャペルから聞こえてくるパイプオルガンの音、教室の窓から一望できる青い海。長崎の中心街からわずか10分ほど離れたところとは思えないくらい、優しく落ち着いた雰囲気のキャンパスです。


活水女子大学(Kwassui Women's University)より引用



上の写真はこの門の間にデジカメのレンズを突っ込んで撮りましたよ! 笑
必死ですよ、必死www


男性はキャンパス内へ立ち入り禁止らしいので、なおさら撮影に燃(萌)えましたよw はっはっは(^^)/


活水女子大学 2号館(右)前の坂道


異国感ハンパないです!!
というか、ここ日本じゃな~~い
異国ですよ、異国。
ここは NAGASAKIという異国なんです♪♪


長崎は坂道がデフォルトです。そして、長崎は「美」がデフォルトです。
どこもかしこも美しいです!特に東山手は~!!


あちゃー、なんだこれは~~~

海星高校のマリア像です!!
海星の校舎の一番高いところで神秘的に白く輝いちゃってます!
サッシー酒井もビックリですよ、これは!!!!
長崎海星の大投手・酒井圭一もこのマリア像を眺めながらこの坂道を走ったりしていたのでしょうか?


ちなみに活水も海星もミッションスクールです。このエリアは昔の領事館だけではなく、今もミッションスクールが建ち並んでいるエリアなのです!


ミッションスクール

キリスト教団体によって異教徒の多い国に布教や伝道の目的で設立した学校



居留地時代の石垣が道の脇にまだそのまま残っています!


石垣の道


日本の道 100選 オランダ坂


こっちもオランダ坂。どちらかというこ活水学院に向かうこの坂の方がオランダ坂として有名なようです。


オランダ坂(活水女子大の脇道)


オランダ坂。夜なので誰もいないのがまた最高っ!


オランダ坂から見たライトアップされた活水女子大学の校舎


ライトアップされた活水女子大学の校舎(2号館)


オランダ坂通り


オランダ坂通りの坂の下には大浦東山手居留地跡の石碑がありました。


オランダ坂通りの坂の下に貼ってあったボスター


国籍の壁
人種の壁
宗教の壁
全部ぶち壊せ!



▼今回の長崎旅行
シーボルト先生の長崎へ シーボルト宅跡(鳴滝塾跡)&シーボルト記念館
長崎の昼景 360度パノラマの稲佐山展望台から望んだ長崎市内の様子
長崎 南山手の国宝・大浦天主堂 ブルーアワー、ライトアップされた日本最古の教会(世界遺産候補)が美しく煌めく!
長崎は港街&斜面都市 1000万ドルの長崎の夜景!グラバースカイロードから見た世界新三大夜景
長崎 東山手の領事館の丘 石橋電停からオランダ坂を登り、長崎外国人居留地時代の石畳の坂道と石垣へ
長崎レトロ!夜の長崎の街 鉄道発祥の地、長崎新地中華街、浜町アーケード
長崎の眼鏡橋は日本三名橋!ライトアップされた美しい石造り二連アーチ橋
長崎の風情 チンチン電車・長崎電気軌道、和華蘭文化、APAホテルで全額返金に当選~ん!
長崎から諫早へバスの旅、夏の大村湾(琴の海)、長崎ちゃんぽん

長崎は港街&斜面都市 1000万ドルの長崎の夜景!グラバースカイロードから見た世界新三大夜景

港街!グラバースカイロードから見た長崎の夜景
平成29年(2017年) 7月1日 村内伸弘撮影


斜面都市(坂の街)!グラバースカイロードへ向かう途中から見えた長崎の夜景
平成29年(2017年) 7月1日 村内伸弘撮影




大浦天主堂に大感動した後、更に夜の長崎散策を続けます。


祈りの三角ゾーン
大浦天主堂、妙行寺、大浦諏訪神社という、教会、寺、神社が三方に存在する、長崎らしいエリアで、ここで祈るとご利益 3倍らしいです(笑)


そういえば、昔訪れた同じ長崎県の平戸でも寺院と教会が一緒に見える風景というのがありました。長崎って、こういうところなんですねっ!


平戸の寺院と教会の見える風景



国際あいさつ通り(まちぶらプロジェクト) ~あいさつは世界をつなぐ~
1859~1899 外国居留地


いいね!坂が多い街って!!


あなたも歩きたいでしょ?こんな道を。


斜面市街地!山の上までビッシリ家々が連なっています。


尾道もそうでしたが、斜面都市は情緒があって大好きです!!



新相生通り 大浦展望公園(相生花壇)← → 大浦諏訪神社


長崎の坂道は最高です。個性的な坂道ばかりなので、上るのが楽しい楽しい!
まあ、汗ダクダクですけど~ぉ w


住宅が山の上へ上へ這い上がり、その斜面を埋め尽くしています!!斜面都市中の斜面都市・長崎ならではの素晴らしい夜景ですっ!!


斜面地の住宅が長崎らしさを醸し出しています!!
星をちりばめたような住宅地です!メチャクチャ感動~!!!!


長崎市南山手レストハウス(旧清水氏住宅)


時々わざと彷徨ってみたりしながら、斜面をのぼっていきました。


グラバースカイロードに到着っ!


大興奮して、ピンボケ~


長崎の夜景です!
定番の稲佐山とか鍋冠山からの夜景ではありませんが、ここグラバースカイロードからでも香港、モナコと並んで世界新三大夜景と呼ばれる長崎の夜景を堪能できます!!


1000万ドルの長崎の夜景です!!すばらしいです!うつくしいです!


日本開国の先駆けとなった港街、その名は長崎(NAGASAKI)!!


今僕は長崎市街を一望しています!!間違いなく 1000万ドルの夜景を楽しんでいます!!!!


グラバースカイロードの案内板の夜景
プロが撮ったんでしょう!すっごく芸術的に撮れてますね~


グラバースカイロード(斜行エレベーター)


さっき登った稲佐山展望台


グラバー園(世界遺産 旧グラバー住宅/グラバー邸)


旧グラバー住宅は世界遺産「明治日本の産業革命遺産」の構成資産で、貿易商トーマス・ブレーク・グラバーが暮らしたグラバー邸を含む 3棟の国指定重要文化財と市内に点在していた 6棟の洋館を移築復元し居留地時代の面影を今に伝えているとのことです。


グラバー邸は 1863年建造の現存する日本最古の木造洋風建築ということだったのですが、夜遅いのでもう閉まっちゃってました。見られませんでした。。。
前回(昭和54年/1979年)見ているので、まあ見なくてもいいといえばいいんですが、できれば見たかったです。40年近く経ってますから 笑




ダルビッシュコートと風見鶏の館など神戸北野異人館街をぶらり散歩



写真中央、ライトアップされた女神大橋が見えています。


夢のような風景です!僕が保証します、NAGASAKIは明らかに美しい!!


絶景です、長崎の夜景~~!!


But、絶景は絶景なんですけど、結局、階段や坂道を上ったり、下ったりの連続なんです。7月ですから、もう汗びっしょり~


ホント斜面だらけ、坂だらけ、階段だらけ。
長崎は「坂が多い街(斜面都市)」ということを今回は思いっきり思い知らされました(笑)
でもでも、疲れますがやっぱり個性的で情緒があってすばらしいです!
感動しました!!!!



この階段を下りてきました。こんな階段が斜面のいたるところにあります。


こんな坂道をどんどん下りていきました。


ここも平地のようにみえますが、ゆるやかに下に道は下がっていってます。やっぱり、ここも斜面のようです。


おばあさんとおばさんが階段を上っていきました。



この道路の下には今も石橋があるそうです。道路が妙に膨らんでいるんですw
膨らんでいるの分かりますか?


大浦橋

石橋バス停前の道路には大浦橋(石橋)が架かっていました。実は、今でも道路の下を川が流れていて、かつての石橋が残っています。路面が盛り上がっている所がその目印です。昔は河口からこの辺りにも小舟が入っていたそうです。



▼今回の長崎旅行
シーボルト先生の長崎へ シーボルト宅跡(鳴滝塾跡)&シーボルト記念館
長崎の昼景 360度パノラマの稲佐山展望台から望んだ長崎市内の様子
長崎 南山手の国宝・大浦天主堂 ブルーアワー、ライトアップされた日本最古の教会(世界遺産候補)が美しく煌めく!
長崎は港街&斜面都市 1000万ドルの長崎の夜景!グラバースカイロードから見た世界新三大夜景
長崎 東山手の領事館の丘 石橋電停からオランダ坂を登り、長崎外国人居留地時代の石畳の坂道と石垣へ
長崎レトロ!夜の長崎の街 鉄道発祥の地、長崎新地中華街、浜町アーケード
長崎の眼鏡橋は日本三名橋!ライトアップされた美しい石造り二連アーチ橋
長崎の風情 チンチン電車・長崎電気軌道、和華蘭文化、APAホテルで全額返金に当選~ん!
長崎から諫早へバスの旅、夏の大村湾(琴の海)、長崎ちゃんぽん

長崎 南山手の国宝・大浦天主堂 ブルーアワー、ライトアップされた日本最古の教会(世界遺産候補)が美しく煌めく!

国宝・大浦天主堂

国宝・大浦天主堂
平成29年(2017年) 7月1日 村内伸弘撮影



国宝!大浦天主堂 がトワイライトブルーの中で白く輝いています!!想像を絶する素晴らしい光景です!!これぞエキゾティック長崎~~~☆


大浦天主堂は国宝(国の宝)であり、世界遺産候補「長崎と天草の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産です。


大浦天主堂は 1864年に建築、1865年献堂された日本最古の木造ゴシック建築様式の教会です。正式には「日本二十六聖殉教者聖堂」というそうで、1597年に長崎で殉教した日本二十六聖人に捧げられたものだそうです。


なんでも豊臣秀吉によるキリシタン禁止令により、1597年2月5日フランシスコ会の宣教師 6人と日本人信徒 20人(日本二十六聖人)が処刑されたの殉教地の方を向いて建てられているそうなのです。二十六聖人の殉教地(聖なる地)は西坂の丘(西坂公園)にあります。


また、世界の宗教史に残る奇跡「信徒発見」の舞台にもなっているそうです!250年間潜伏を続けていた長崎近郊のキリシタン(隠れキリシタン)が、献堂の直後、ひそかにここを訪れ、神父と出会ってついに自分たちの信仰を告白した劇的な舞台がここ大浦天主堂なのです!!!!


そして、1933年(昭和8年)に国宝となったのですが、原爆で被害を受け、1953年(昭和28年)、日本最古の教会として国宝に再指定されたのです。この天主堂そのものの存在が劇的でもあるのです!!



それでは長崎市の海岸通りや南山手の散策の様子をご覧ください。


重要文化財 旧長崎税関下り松派出所(長崎市べっ甲工芸館)
レトロですね~


おーっ!またまたレトロな建物が!!


旧香港上海銀行 長崎支店記念館
この風格ある石造りの洋館は明治37年(1904年)建築で 110年以上の歴史があって長崎市に現存する最古の石造りの洋館だそうです。コリント式の柱を配したファサードが特徴的です!なんとベランダから港が眺められるそうなんですが、時間がないので次回にします(^^)



道の反対側にこんな像がありました。

孫文と梅屋庄吉夫妻の像



長崎港松が枝観光埠頭(長崎港松が枝国際ターミナル)


長崎湾(長崎港)とその向こうに三菱重工の長崎造船所が見えます。


美しい長崎港


向こう側は長崎水辺の森公園




南山手界隈を歩いてみましょう。
まずは大浦天主堂に向かってみます。


大浦天主堂に向かう道


見えました!大浦天主堂!!


やったー!大興奮~ん!!!!


というか、すでに閉まっているからとはいえ、正面にこんな軽自動車が停まっているとは。。。メジャーなのか?ローカルなのか?(笑)


中世ヨーロッパ建築を代表するゴシック調の教会。国内に現存する最古の教会です!さすが長崎~!!


ちょうど日没後の黄昏時で、最高にうつくしい大浦天主堂と出会えました!!



国宝 大浦天主堂

国宝 大浦天主堂(おおうら てんしゅどう)


みとれました。しばしの間、みとれました。


トワイライト大浦天主堂!


ライトアップされた大浦天主堂!!


この水色の空も劇的です!!おお神よ!!


気がつきますか?
空の色がどんどん濃くなっていってます!!


国宝 大浦天主堂

大浦天主堂はプティジャン司教の指導をもとに 1865年2月19日に献堂式が行われた現存する日本で最古の教会です。1597年2月5日、西坂の丘で殉教した日本二十六聖人に捧げられた教会で、殉教地の方向に向けて建てられました。現在、殉教地である長崎駅前に位置する西坂には、二十六聖人を記念する聖フィリッポ教会、および二十六聖人に関連する資料を収蔵した記念館が整備されており、日本のカトリックから公式巡礼地に指定されています。


ブルーアワーです!長崎の空が濃い青色に染まりました!!


見事なブルーアワーです!!大浦天主堂がどんどん濃くなっていく青色に静かに包まれました。


大浦天主堂の屋根


大浦天主堂の「天主堂」と漢字で書かれた額


大浦天主堂のマリア像



▼今回の長崎旅行
シーボルト先生の長崎へ シーボルト宅跡(鳴滝塾跡)&シーボルト記念館
長崎の昼景 360度パノラマの稲佐山展望台から望んだ長崎市内の様子
長崎 南山手の国宝・大浦天主堂 ブルーアワー、ライトアップされた日本最古の教会(世界遺産候補)が美しく煌めく!
長崎は港街&斜面都市 1000万ドルの長崎の夜景!グラバースカイロードから見た世界新三大夜景
長崎 東山手の領事館の丘 石橋電停からオランダ坂を登り、長崎外国人居留地時代の石畳の坂道と石垣へ
長崎レトロ!夜の長崎の街 鉄道発祥の地、長崎新地中華街、浜町アーケード
長崎の眼鏡橋は日本三名橋!ライトアップされた美しい石造り二連アーチ橋
長崎の風情 チンチン電車・長崎電気軌道、和華蘭文化、APAホテルで全額返金に当選~ん!
長崎から諫早へバスの旅、夏の大村湾(琴の海)、長崎ちゃんぽん