別冊山と渓谷「尾瀬ブック」で "自然の宝石箱" 尾瀬の歩き方、代表的なコースを研究

尾瀬の花 ミズバショウ(水芭蕉)のイラスト

尾瀬の花 ミズバショウ(水芭蕉)


別冊山と渓谷 尾瀬ブック 2009

別冊山と渓谷 尾瀬ブック 2009
発行所: 山と渓谷社



前から尾瀬(おぜ)に行こう、尾瀬に行こうと思っていて、この中古本を買っておいたのですが、届いたときのままビニール袋に入って置きっぱなしになっていました。


「今年こそ尾瀬に行くぞ~!!」
ということでビニール袋をひっちゃぶり、この尾瀬ブック2009を一気に読みました。確かに、この一冊で準備はOKだと思いました。尾瀬の魅力が詰まったすばらしい本でした!さすが山と渓谷社さんの出版物です。



別冊山と渓谷 尾瀬ブック

昔、中古で買っていた尾瀬ブック2009


自然の宝石箱 尾瀬

キラキラしっとり自然の宝石箱 尾瀬


ミズバショウのイラスト

尾瀬を代表する花・ミズバショウ(水芭蕉)。
尾瀬ヶ原に行けば、水のほとりで夢みて咲いていると思います!


檜枝岐村のミズバショウ(水芭蕉)

檜枝岐村のミズバショウ

福島県檜枝岐村のミズバショウ

2014年 5月13日(火) 村内伸弘撮影


ああ、ミズバショウの群生を見られたら、なんて素晴らしいんだろう!もう、尾瀬に行くっきゃな~い♪♪


尾瀬はやっぱり よいところ この1冊で準備はOK


この本はまず、写真がたくさん載っていて、その写真がどれもこれもとってもキレイです。それから文章がとても上手で思わず吸い込まれて、尾瀬に行きたくなるような名文です!


そして、完璧な地図と代表的なコース12本の詳細な解説やガイド。専門家や尾瀬に魅せられた人々がインタビューで発する数々の言葉やうんちく。数字に基づいたデータや情報。


この本は中古で 1円だったんでホント大感激です(笑)
この~ 買い物上手~www
日本ツバキ協会編の「ツバキ、サザンカ」という名著も 20円で買ってます



さあ、この尾瀬本を読んだからには
尾瀬ハイキング、今年こそ絶対行くぞ~☆
燧ケ岳(ひうちがたけ)や至仏山(しふつさん)を望みながら尾瀬ヶ原や尾瀬沼のほとりを歩き、様々な湿原の草花を見て、植物と自然の素晴らしさに魅せられたいです!!


今現在の計画だと、5月下旬か 6月初旬に連休をとって、1泊で行くつもりです。


新宿から尾瀬高速バスで尾瀬戸倉まで行き、尾瀬戸倉から関越交通バスで鳩待峠へ行き、そこからハイキングで竜宮十字路まで歩き、山小屋で一泊。翌日、尾瀬ヶ原一帯を"ゆっくり"歩き、逆のコースで東京へ帰る感じをイメージしています。
尾瀬沼までは欲張らず、ミズバショウ中心に湿原の花々をゆったりした気持ちで愛(め)でる旅にしたいです。鏡のような池塘(ちとう)に映り込む尾瀬の空や山を楽しむ旅にしたいです。要するに自然を満喫する旅にしたいんです。


まっ、尾瀬のブログを書きたいという"ブロガーとしての本能"が尾瀬に行きたい一番の理由なんですけどネ(笑)



ヤマト渓谷じゃなくって、「山と渓谷」社さんが発行しています。




檜枝岐温泉(ひのえまたおんせん)に行ったときにもらった青いパンフレット(左)なども合わせ読んで、頭の中はもう OZE(尾瀬)でいっぱいです。


最後になりますが、このブログを見ているあなた、ぜひ心の中でいいので尾瀬を天下に知らしめた名曲「夏の思い出」を歌ってみてください(^^)


夏の思い出


夏が来れば 思い出す

はるかな尾瀬 遠い空

霧の中に 浮かびくる

やさしい影 野の小路

ミズバショウの花が 咲いている

夢みて咲いている 水のほとり

しゃくなげ色にたそがれる

はるかな尾瀬 遠い空 ♪


夏が来れば 思い出す

はるかな尾瀬 野の旅よ

花の中に そよそよと

ゆれゆれる 浮き島よ

ミズバショウの花が 匂っている

夢みて匂っている 水のほとり

まなこつぶれば なつかしい

はるかな尾瀬 遠い空 ♪ ♪



尾瀬国立公園インフォメーションマップと尾瀬檜枝岐温泉からのトレッキングガイド



▼あわせて読みたい関連記事



2014年 5月12日(月) 檜枝岐歌舞伎をナマ鑑賞 - No.1



2014年 5月12日(月) 檜枝岐歌舞伎 - No.2



"生者と死者の共存" 福島県檜枝岐村 村里歩き


釧路湿原の黄緑色のフキノトウ

釧路湿原の黄緑色のフキノトウ


長万部の静狩湿原

長万部(おしゃまんべ )の静狩湿原


石楠花(シャクナゲ)の花 - 炎のように、燃えるように、赤く咲く!

石楠花(シャクナゲ)の花

石楠花(しゃくなげ)の花

石楠花(シャクナゲ)の花
ピンボケですが、良い感じに撮れていたので載せました!
平成29年4月23日 村内伸弘撮影



会社の近くでシャクナゲの花が
炎のように、燃えるように、赤く咲いていました!!


シャクナゲのゴージャスさはヤバイです!!
一旦、咲き誇ると他の花を圧倒する存在感を遺憾なく発揮します。


見てください!この燃えさかるかのように咲くシャクナゲの花の姿を!!!!


真っ赤な石楠花(シャクナゲ)

真っ赤な石楠花(シャクナゲ)


真っ赤なシャクナゲ

真っ赤を通り越して、炎を出して燃えているようです。


シャクナゲの赤い花

シャクナゲの赤い花にぜひみなさん、みとれちゃてくださ~い!



あっ!!


鳥さんを発見~ん!!

しゃくなげの蜜を吸う鳥

ご覧ください!シャクナゲの花の前に鳥さんがとまっています。


シャクナゲの蜜を吸う鳥

くちばしを花の中に突っ込んで、シャクナゲの蜜をなめているようです!すごい瞬間を僕は目撃しちゃいました。近づくと、鳥さんに逃げられるので、ズームしてます。画像が粗いのは勘弁してください(^^)



うっ!!


蟻(アリ)さんも発見~~ん!!

しゃくなげの蜜を吸う蟻(アリ)

シャクナゲの花の中には、アリさんも陣取ってました。


シャクナゲの蜜を吸う蟻(アリ)

初夏のような日差しを浴びるシャクナゲの紅い花


真っ赤なシャクナゲの花

真っ赤なシャクナゲ!ワンダフル!!


シャクナゲの紅い花

真上から撮影したシャクナゲ


シャクナゲの雄しべと雌しべ

真横から撮影したシャクナゲ


シャクナゲの蕾

咲き始めるシャクナゲ


シャクナゲのつぼみ

これから咲き始めるシャクナゲ


シャクナゲのツボミ

シャクナゲの蕾(つぼみ)
蕾が割れて、紅いシャクナゲの花が至るところから顔を出している状況です。生命力あふれるすばらしい瞬間です!!


シャクナゲの蕾(ツボミ)

斜め上から見たシャクナゲの蕾(つぼみ)


シャクナゲの芽(花芽)

シャクナゲの芽


シャクナゲの葉っぱ

シャクナゲの葉っぱ


会社の正面玄関に植えられているのですが、この会社さんは道ゆく人に幸せを与えてくれていると思います。ありがとうございます。


その会社の名前は西東京バスさん(NTB八王子ビルさん)です♪♪



▼あわせて読みたい関連記事



江戸キリシマ系ツツジ「日の出霧島」 - 八王子駅南口 とちの木デッキ



江戸園芸ツツジ「藤万葉(ふじまんよう)」 - 八王子駅南口 とちの木デッキ



赤と白のツツジの花、朝日に輝く! ツツジとサツキの違いがさだかではありません



花の王様!牡丹(ボタン)の花 - ピンクの大輪の花


白覆輪の赤いチューリップと真っ赤なチューリップ



記録的大雪で分かった京王バスの心意気


江戸キリシマ系ツツジ「日の出霧島」 - 八王子駅南口 とちの木デッキ

江戸キリシマ系ツツジ「日の出霧島(ひのできりしま)」

江戸キリシマ系ツツジ「日の出霧島(ひのできりしま)」
植樹場所: 八王子駅南口とちの木デッキ
平成29年4月23日 村内伸弘撮影



江戸キリシマ系つつじ「日の出霧島(ひのできりしま)」が鮮やかな紅紫色で咲いていました。八王子駅南口に同じつつじの「藤万葉(ふじまんよう)」を見に行ったときに一緒に咲いていたのでついでに撮ってきました。


何度も書きますが、春はいろんな花が次々に咲き出すので、ブログを何記事書いても書ききれません!


写真をバチバチ撮ってきてますので、もう皆さん、とにかくご覧ください(笑)



江戸キリシマ系ツツジ「日の出霧島(ヒノデキリシマ)」

JR八王子駅南口のペデストリアンデッキ「とちの木デッキ」に到着~


江戸のツツジでまちづくり - 東京都八王子市

江戸のツツジでまちづくり


ツツジは万葉集にも詠われた日本古来の植物です。江戸時代になり平和な時代を迎えると様々なツツジが江戸に集まり、元禄には大ブームとなりました。


その中心地は駒込染井で、江戸随一の園芸家・伊藤伊兵衛三之丞は「きり嶋屋伊兵衛」と称し元禄5年(1692年)、日本初のツツジ・サツキ図鑑「錦繍枕(きんしゅうまくら)」を発行しました。


錦繍枕にはツツジが 170あまり記載され元禄のツツジ園芸の高まりを物語ります。人々は争ってツツジを買い求めたと伝えられています。


江戸園芸ツツジはその後西欧に伝えられ、アザレアとして日本に還流するなど、江戸から東京へ伝えられた財産として貴重なものですが今日では失われがちとなりました。


当公社は八王子市と連携し、特色あるまちづくりの一助としてここに江戸園芸ツツジを植栽しました。その素晴らしさを味わい楽しんでいただければ幸いです。


日の出霧島(ひのできりしま)

日の出霧島(ひのできりしま)

鮮紅紫色丸弁一重咲き、枝が横に密生し花付きも良く、花弁もやや厚く、花持ち良く優れた特性を持つ。


ツツジ「日の出霧島」

ツツジ(日の出霧島/ひのできりしま)

江戸キリシマ系、鮮紅紫色丸弁一重咲き、嘉永年間に自然実生の中から発見されたといわれている品種。


江戸キリシマ系は、立ち性のものが多い中で、この品種は若木のうちから枝が横に密生する。


耐寒性があり、強健で花付きも良く、花弁もやや厚いので花持ちがよく優れた特性を持つため大正年間に海外へ輸出された。


ツツジ「日の出霧島」

もう、言葉はいらない。すっごく花付きがいいですね~ 満開の花が株全体を覆う光景はホントお見事の一言です!!!!


つつじ「日の出霧島」

江戸時代に爆発的に流行したっていうのもわかります(^^)/


紅いツツジ「日の出霧島」

紅いツツジ「日の出霧島」


赤いツツジ「日の出霧島」

赤いツツジ「日の出霧島」


鮮紅紫色のツツジ「日の出霧島」

鮮紅紫色のツツジ「日の出霧島」



はっはっは(笑)
もう、色の名前なんてどうでもいいです!
目の前で咲く勢いのある元気な花を愛でてあげればいいじゃないですかっ☆


品種名も、花びらの色も関係ないです。
今、この一瞬をうつくしく咲く「日の出霧島」を皆さん、ジックリと見てあげてください。


紅紫色のツツジ「日の出霧島」

実に鮮やか~~


鮮やかな紅紫色のツツジ「日の出霧島」

それにしても凄い色です!!


鮮紅紫色のつつじ「日の出霧島」

紅紫色の花びらがとにかく鮮烈です!!


鮮紅紫色の躑躅「日の出霧島」

4月下旬の汗ばむような気候の中、日の光を浴びる日の出霧島。


日の出霧島の葉っぱ

日の出霧島の緑色の葉っぱ


日の出霧島、堪能しましたっ!!



JR八王子駅南口のペデストリアンデッキ「とちの木デッキ」

JR八王子駅南口のペデストリアンデッキ「とちの木デッキ」


とちの木デッキ - JR八王子駅南口

日の出霧島は「とちの木デッキ」で見事に咲いていました!!
皆さん、GWは「とちの木デッキ」へレッツゴー!



▼あわせて読みたい関連記事



江戸園芸ツツジ「藤万葉(ふじまんよう)」 - 八王子駅南口 とちの木デッキ



赤と白のツツジの花、朝日に輝く! ツツジとサツキの違いがさだかではありません



石楠花(シャクナゲ)の花 - 炎のように、燃えるように、赤く咲く!



白覆輪の赤いチューリップと真っ赤なチューリップ



母校・南多摩高校正門前の黄色いチューリップ



玉之浦椿 - 濃紅地に白覆輪の名花 観察日記(蕾~開花~落花の記録写真)



玉之浦 - 白覆輪の五島の銘椿、紅白に咲きました!


カップ咲き水仙!デリベス - 黄弁にオレンジカップで咲きました



ミニ水仙!タゼッタ系水仙 ミノウ - かわいい水仙が咲いたよ




春の妖精!春の花・福寿草(フクジュソウ)が黄色く光り輝く



薄紅色♪ ハナカイドウ(花海棠)の淡いピンクの花が満開



真っ白な花!白木蓮(ハクモクレン)の季節です



菜の花畑 真っ黄色な菜の花とみつばちマーヤの冒険  - ムラウチドットコム社長・村内伸弘のブログ



春のカラフル山梨 - 甲斐駒が微笑み、色とりどりの花が咲き乱れる


江戸園芸ツツジ「藤万葉(ふじまんよう)」 - 八王子駅南口 とちの木デッキ

江戸園芸ツツジ「藤万葉(ふじまんよう)」

江戸園芸ツツジ「藤万葉(ふじまんよう)」
植樹場所: 八王子駅南口とちの木デッキ
平成29年4月23日 村内伸弘撮影



江戸園芸ツツジが見頃です!
東京都都市づくり公社では、伝統的な古品種ツツジを身近な場所に植樹し、その素晴らしさを味わい楽しんでいただくとともに、江戸園芸ツツジの種の保存と継承、特色ある緑化による緑豊かなまちづくりに取り組んでいます。


この度、八王子駅南口とちの木デッキに植樹した、江戸園芸ツツジ『藤万葉(ふじまんよう)』が、そろそろ見頃を迎えようとしています。


八王子駅周辺にお出かけの際には、是非お立ち寄りいただき、可憐な花をお楽しみ下さい。


江戸園芸ツツジの名花『藤万葉(ふじまんよう)』

リュウキュウ系の品種で藤色万葉咲き、花型は整い、花期は 4月下旬ごろで、満開時には木全体が藤色に染まる。雄しべが花弁化することで、花弁が多く、賑やかで豪華ながら気品を感じさせる花。古くから大切にされ、現代に伝えられた希少な品種。


錦繍枕(きんしゅうまくら)では、江戸まん重(「藤万葉」の当時の呼び名)について、『ふぢ色大りん まんやうなり 葉はりゅうきゅうのごとく』と記されている。


江戸園芸ツツジとは・・・

元禄時代、江戸ではツツジが大流行しました。その中心地が駒込染井です。なかでも、染井の伊藤伊兵衛三之丞は江戸随一の園芸家として名をなし、自らを「きり嶋屋伊兵衛」と称し、元禄5年(1692年)、我が国初のツツジ・サツキ図鑑「錦繍枕(きんしゅうまくら)」を発行しました。錦繍枕にはツツジがすでに 170 余品種も記載されています。江戸でブームのツツジは参勤交代などをとおして全国に伝えられ、また、その後海外にも伝わるなどして、日本の代表的な園芸の一つとして発展してきました。


庭園をはじめ公園や緑地、街路樹、施設周りには必ずといってよいほどツツジは用いられてきました。それほど身近な花木ですが、近年では、様々な理由から伝えられた豊かな品種の継承が困難な状況にあります。


公益財団法人 東京都都市づくり公社 pdfファイルより引用



という、東京都都市づくり公社さんのお誘いをネットで見つけたのでさっそく、八王子駅南口の"とちの木デッキ"へ行ってきました。


てか、"とちの木デッキ"って名前を初めて知ったんですが。。。過去に何度も通っている場所ですが、名前知りませんでした(笑)

おめでとう!振袖いいなぁ、人生これから、成人式 (八王子市・オリンパスホール)



八王子駅南口サザンスカイタワー1F東側広場

八王子駅南口サザンスカイタワー1F東側広場
「minamiguchiマルシェ」フリーマーケットというイベントがやってました。


八王子駅南口 - ペデストリアンデッキ「とちの木デッキ」

ペデストリアンデッキ「とちの木デッキ」に到着。
今日は実に良い天気!!


とちの木デッキ - 八王子市子安町

「とちの木デッキ」はサザンスカイタワーの目の前にあります。JR八王子駅直結です。


江戸のツツジでまちづくり - 東京都八王子市

江戸のツツジでまちづくり


ツツジは万葉集にも詠われた日本古来の植物です。江戸時代になり平和な時代を迎えると様々なツツジが江戸に集まり、元禄には大ブームとなりました。


その中心地は駒込染井で、江戸随一の園芸家・伊藤伊兵衛三之丞は「きり嶋屋伊兵衛」と称し元禄5年(1692年)、日本初のツツジ・サツキ図鑑「錦繍枕(きんしゅうまくら)」を発行しました。


錦繍枕にはツツジが 170あまり記載され元禄のツツジ園芸の高まりを物語ります。人々は争ってツツジを買い求めたと伝えられています。


江戸園芸ツツジはその後西欧に伝えられ、アザレアとして日本に還流するなど、江戸から東京へ伝えられた財産として貴重なものですが今日では失われがちとなりました。


当公社は八王子市と連携し、特色あるまちづくりの一助としてここに江戸園芸ツツジを植栽しました。その素晴らしさを味わい楽しんでいただければ幸いです。



江戸の人々に愛され、現代に伝えられた主なツツジ

江戸園芸ツツジ「藤万葉(ふじまんよう)」

藤万葉(ふじまんよう)

藤色、雄しべが花弁化し、にぎやかながら気品を感じさせ現代に伝えられた希少品種。


ツツジ「藤万葉(ふじまんよう)」

ツツジ(藤万葉/ふじまんよう)

江戸園芸ツツジの名花、リュウキュウ系。

藤色万葉咲き、雄しべが花弁化し、にぎやかながら気品を感じさせ古くから大切にされ現代に伝えられた希少な品種。花期は 4月下旬ごろ、満開時には全体が藤色に染まる。

「錦繍枕(きんしゅうまくら)」では、「江戸まん重(「藤万葉」の当時の呼び名)」について、「ふぢ色大りん まんやうなり 葉はりゅうきゅうのごとく」とある。



江戸のツツジ「藤万葉(ふじまんよう)」

さあ、愛でましょう。江戸のつつじ、藤万葉を!


つつじ「藤万葉(ふじまんよう)」

藤万葉、満開でした!


ツツジ「藤万葉」の藤色の花

花の色は、気品がある藤色です。


ツツジ「藤万葉」の万葉咲き

万葉咲き~☆


ツツジ「藤万葉」の花弁化した雄しべ

確かに雄しべが花弁化しています。その分、花弁が多くって、賑やかで豪華な印象です。
※花弁=花びら


ツツジの名花「藤万葉」

江戸の人々に愛された名花 - ツツジ(藤万葉/ふじまんよう)


つつじの名花「藤万葉」

駅前のペデストリアンデッキにこんなステキなつつじを植えちゃうなんて、八王子もなかなかやるな~


躑躅の名花「藤万葉」

横から見た藤万葉


藤万葉

上から見た藤万葉


藤万葉/フジマンヨウ

藤万葉/ふじまんよう

昨日の雨のせいか、もうしおれ始めている花も多かったです。


藤万葉の葉っぱ

藤万葉の葉っぱ



八王子駅南口 - サザンスカイタワー

八王子駅南口にそびえ立つサザンスカイタワー!
いつの日か、この最上階に住んでみた~い(^^)
富士山が部屋からいつでも丸見えみたいなんです!
いつかはクラウンですw


八王子駅の南口ってまだこんな感じの場所がたくさん残ってるんですよね。

八王子南口商栄会

八王子南口商栄会


八王子駅南口すぐ近くの通り

八王子駅南口すぐ近くの通り - この道をまっすぐ行くと北口側の飲み屋街(三崎町)に抜けられます。


蔦の家 - 東京都八王子市

蔦がいい感じ。


料亭風の店 - 東京都八王子市

こんなのも~ いい感じ~



▼あわせて読みたい関連記事



江戸キリシマ系ツツジ「日の出霧島」 - 八王子駅南口 とちの木デッキ



赤と白のツツジの花、朝日に輝く! ツツジとサツキの違いがさだかではありません



石楠花(シャクナゲ)の花 - 炎のように、燃えるように、赤く咲く!



白覆輪の赤いチューリップと真っ赤なチューリップ



母校・南多摩高校正門前の黄色いチューリップ



玉之浦椿 - 濃紅地に白覆輪の名花 観察日記(蕾~開花~落花の記録写真)



玉之浦 - 白覆輪の五島の銘椿、紅白に咲きました!


カップ咲き水仙!デリベス - 黄弁にオレンジカップで咲きました



ミニ水仙!タゼッタ系水仙 ミノウ - かわいい水仙が咲いたよ




春の妖精!春の花・福寿草(フクジュソウ)が黄色く光り輝く



薄紅色♪ ハナカイドウ(花海棠)の淡いピンクの花が満開



真っ白な花!白木蓮(ハクモクレン)の季節です



春のカラフル山梨 - 甲斐駒が微笑み、色とりどりの花が咲き乱れる


赤と白のツツジの花、朝日に輝く! ツツジとサツキの違いがさだかではありません

紅白のツツジの花

赤と白のツツジの花

朝日を浴びる赤と白のツツジの花
平成29年4月23日 村内伸弘撮影



ツツジの花が咲きました~!!


母親はたぶんサツキと言っていますが、咲いた時期や枝の先に複数の花をつけているところから考えると僕はたぶんツツジだと思います。サツキだったらごめんなさい(笑)


ツツジとサツキの違い

サツキとツツジの違いがさだかではありません(母親)




まあ、白覆輪の赤いチューリップの時の近所のおばさんもそうでしたけど、品種はどうでもいいんですよね。そんな野暮なこと言ってないで、目の前でステキに咲く花々を愛(め)でましょう。


真っ赤なツツジの花

真っ赤なツツジ


真っ赤なツツジ

ここ数日で一気に咲きました!


紅いツツジの花

朝日に照らされる紅いツツジの花


赤いツツジの花

日の光を浴びて輝いています!!


真っ赤なツツジの花びら

赤いツツジの花言葉は「恋の喜び」だそうです(^^)/


赤いツツジの花の蕾(ツボミ)

これから咲こうとしている赤いツツジの花のつぼみ


ツツジの葉っぱ

ツツジの葉っぱ


白いツツジの花

白いツツジの花もステキです。


真っ白なツツジの花

清楚に、可憐に、白いツツジが咲いています。真っ白です!


白いツツジの花

真っ白なツツジの花

真っ白なツツジの花!


白いツツジ

朝日を浴びて右半分は白く、日陰になって左半分は黒くなっています!


白いツツジの花の蕾(ツボミ)

これから咲こうとしている白いツツジの花のつぼみ
ご覧のように一つの枝に 3輪の花がついていることが多いようです。



紅白のツツジの花

さあ、紅白入り交じって咲くツツジの登場です!!


赤と白のツツジの花

源氏(白)も、平家(赤)もガンバレ~~☆
この木は紅白で咲き分けちゃってます!


赤と白のツツジの花びら

ツツジが咲くと、春が終わり、初夏が近いって感じますよねっ♪♪


紅白のツツジ

昨夜の雨がまだ花びらに残っています。それが逆にうつくしいです!!!!


絞り咲きのツツジ

絞り咲き~ この花は絞りが入ってます!



▼あわせて読みたい関連記事



江戸園芸ツツジ「藤万葉(ふじまんよう)」 - 八王子駅南口 とちの木デッキ



江戸キリシマ系ツツジ「日の出霧島」 - 八王子駅南口 とちの木デッキ



石楠花(シャクナゲ)の花 - 炎のように、燃えるように、赤く咲く!



白覆輪の赤いチューリップと真っ赤なチューリップ



母校・南多摩高校正門前の黄色いチューリップ



玉之浦椿 - 濃紅地に白覆輪の名花 観察日記(蕾~開花~落花の記録写真)



玉之浦 - 白覆輪の五島の銘椿、紅白に咲きました!


カップ咲き水仙!デリベス - 黄弁にオレンジカップで咲きました



ミニ水仙!タゼッタ系水仙 ミノウ - かわいい水仙が咲いたよ




春の妖精!春の花・福寿草(フクジュソウ)が黄色く光り輝く



薄紅色♪ ハナカイドウ(花海棠)の淡いピンクの花が満開



真っ白な花!白木蓮(ハクモクレン)の季節です



ヒメウラナミジャノメ - 菜の花に止まる茶色い蝶



菜の花畑 真っ黄色な菜の花とみつばちマーヤの冒険  - ムラウチドットコム社長・村内伸弘のブログ



春のカラフル山梨 - 甲斐駒が微笑み、色とりどりの花が咲き乱れる