長崎の昼景 360度パノラマの稲佐山展望台から望んだ長崎市内の様子

稲佐山展望台から望んだ長崎市内の様子


稲佐山展望台から望んだ長崎市内の様子


稲佐山展望台から望んだ長崎の爆心地
平成29年(2017年) 7月1日 村内伸弘撮影



せっかく長崎に来たので、長崎の夜景を見たい!と思ったんですが、長崎とか九州って日の入りが東京より遅いんですよね。例えばこの 7/1だと八王子の日の入りは 19:03、長崎は 19:33。30分も日の入りが遅いんです。


要はなかなか日が暮れないということです。


レンタカーを返す時刻が 20:00だったので、まっ、夜景じゃなくてもいいや。とにかく長崎市全体を見に行こうと思い、車を稲佐山展望台に走らせました。


途中で見た景色、山(丘陵)の上までビッシリ住宅で埋まっています。


しばらくレンタカーを走らせて稲佐山展望台に到着しました。稲佐山は市内から近いですしたった 333mの山ですので、車で走るとすぐに到着できました。


稲佐山展望台


長崎県のテレビ放送、FMラジオ放送用の鉄塔



うわーっ!長崎市内が見えました!!


夜景もいいけど、昼間の景色もバツグンじゃ~ん!


写真下部の緑の部分は長崎水辺の森公園。写真中央部が東山手あたり。



これは良かった!来て良かった!!
たぶん夜景の時間帯だと、この展望台超満員だと思います。
この時間なら、ホラ誰もいない。
多少はいますが、問題ない程度。ゆっくり長崎の景色を楽しめました。


展望台は円形の建物なので 360度のパノラマです。


グルッと一周してみましょう♪♪


長崎市の地勢


長崎市の地勢

長崎市は、九州の西端、長崎県の南部に位置し、長崎半島から西彼杵半島の一部を占めています。

西側、南側、東側は海に面し、五島灘、橘湾、大村湾が広がっています。


市域の背骨を通るように山稜が位置し、標高 590メートルの八郎岳を最高点とする 300~400メートル級の山々が連なり、また、リアス式の長く複雑な海岸線とあいまって「海と緑」を身近に感じることができる豊かな自然に恵まれています。


長崎港内港部の造成地と、そこに注ぐ中島川周辺や、浦上川沿いの南北に細く連なる比較的平坦な地域には商業・業務機能が集積しており、長崎港に面して山腹を這い上がるように形成された斜面市街地とあいまって、独特な都市景観を創り出しています。



展望台は海や夜景を見るだけのものではありません。稲佐山山頂展望台からはこんな雄大な風景を見ることもできるんです。



角力灘(すもうなだ)。曇っていて五島は見えませんでした。


長崎港口の無人島「高鉾島(たかぼこじま)」がまんまるの可愛らしい姿で見えました。


女神大橋と八郎岳見えました!


東山手の丘陵地帯


サッシー!こと酒井圭一が通っていた長崎海星高校が見えました!
望遠鏡を使用してどアップで撮影~♪♪
"怪物" サッシー酒井は昭和51年の夏の甲子園ベスト4、予選では 16人連続奪三振の信じられないような記録を打ち立てた超高校級投手です。


おーっ!完全に長崎の中心部が一望できちゃってます!!

今さっき行ったシーボルト記念館も望めます。



浦上方面です。


長崎の原爆落下中心地(爆心地)が見えました。広島と共に世界で唯一核兵器を使用された街が長崎だということを否が応でも思い知らされます。。。


世界新三大夜景の看板がありました。長崎 NAGASAKI
The world's Top Three night Views


モナコ MONACO、香港 HONG KONG



これでだいたい 1周です。


この景色もいいでしょっ!
360度すべて最高です!!稲佐山展望台すばらしいです!!


But!やっぱり次は夜景だね~ 笑




世界新最大夜景都市長崎テーマ曲 作曲・演奏 葉加瀬 太郎



長崎夜曲~長崎 世界新三大夜景テーマ曲~Full ver



館内のスロープを下って、稲佐山展望台を後にします。



長崎の夜景(1000万ドルの夜景)
館内にあったパネル写真を撮っただけですが(^^;


山(丘陵)の方に夜景が広がっていってるのが素晴らしいですね!


近代化は長崎からはじまった。。。
長崎から世界遺産を。
明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域



▼今回の長崎旅行
シーボルト先生の長崎へ シーボルト宅跡(鳴滝塾跡)&シーボルト記念館

長崎の昼景 360度パノラマの稲佐山展望台から望んだ長崎市内の様子

長崎 南山手の国宝・大浦天主堂 ブルーアワー、ライトアップされた日本最古の教会(世界遺産候補)が美しく煌めく!
長崎は港街&斜面都市 1000万ドルの長崎の夜景!グラバースカイロードから見た世界新三大夜景
長崎 東山手の領事館の丘 石橋電停からオランダ坂を登り、長崎外国人居留地時代の石畳の坂道と石垣へ
長崎レトロ!夜の長崎の街 鉄道発祥の地、長崎新地中華街、浜町アーケード
長崎の眼鏡橋は日本三名橋!ライトアップされた美しい石造り二連アーチ橋
長崎の風情 チンチン電車・長崎電気軌道、和華蘭文化、APAホテルで全額返金に当選~ん!
長崎から諫早へバスの旅、夏の大村湾(琴の海)、長崎ちゃんぽん

シーボルト先生の長崎へ シーボルト宅跡(鳴滝塾跡)&シーボルト記念館

シーボルトの胸像

日本人と日本の文化をこよなく愛したシーボルト先生の胸像
平成29年(2017年) 7月1日 村内伸弘撮影


シーボルトの肖像(エドアルト・キヨソネ作)

生涯を日本の研究と紹介に捧げた日本研究家・シーボルト先生の肖像(キヨソネ作)


シーボルト記念館

シーボルト記念館
平成29年(2017年) 7月1日 村内伸弘撮影



長崎へ行きました。
昭和54年(1979年)以来だと思うんで、なんと約40年ぶりの長崎です。前回はおじいちゃんとおばあちゃんに連れられて長崎に行きました。正直、小学生の頃の思い出なので、おぼろげながら覚えている程度です。今回が初長崎といっても過言ではないです(^^)



4時25分京王八王子発のリムジンバスで羽田空港に着きました。羽田 7:40発 長崎 9:30着の JAL605便に乗って、これから長崎に向かいます。


飛行機は窓側に限ります。絶対窓側ですね、窓側がベストです。


海が光っています!


あっと言う間に長崎上空です。諫早市上空(橘湾近く)


諫早市上空: 井樋ノ尾岳(写真中央上部)をぐるりと巻くように走る長崎自動車道


諫早市上空(写真中央のグラウンドはなごみの里運動公園)


空から見る長崎はとても美しいです。向こう側は諫早市。


穏やかな海(琴の海)大村湾!大村湾に浮かぶ長崎空港まであと僅か。昭和50年(1975年)5 月、長崎空港は世界で初めて海の上に建設された海上空港です。


長崎空港着陸~


長崎空港


長崎空港の鐘


空港で出迎えてくれたのは中国人風の人形


長崎くんちの龍踊り(じゃおどり)の龍の張り子


長崎空港の外観


長崎空港から長崎駅前へのバスの路線図


ちょっと野暮用があったのでバスじゃなくって、今回はレンタカーを借りました。トヨタレンタカーの一番安いヤツ 笑
このあと数時間、長崎県内を走り回りました。



さあ、野暮用を終えて、待望のシーボルト記念館へレッツラゴー!


シーボルト記念館専用駐車場


県立鳴滝高校脇にシーボルト記念館専用駐車場はありました。


この狭いシーボルト通りを歩いて通り、シーボルト記念館に向かいます。


シーボルト通り


まずはシーボルト宅跡に到着。
シーボルトん家(ち)です 笑


国指定史跡

シーボルト宅跡(鳴滝塾跡)


文政6年(1823年)に出島和蘭商館医として来日したシーボルトは、翌年鳴滝に塾を開き、患者の診療や、門弟に対する教育活動、日本研究活動などを行いました。全国各地から集まった門弟達は、西洋の進んだ学問や科学的な思想を学び、中には幕末に活躍した蘭方医や、日本の近代化に大きく貢献した人物も少なくありません。その一方で、動物や植物をはじめとする日本のあらゆるものを対象として科学的に調査・研究を行い、後年その成果をまとめ、ヨーロッパにおいて日本を正しく紹介することに努めました。


また、開国後の安政6年(1859年)再来日を果たしたシーボルトは、この地を日本における住まいとし、日本各地の珍しい植物を取り寄せて植物園を造るなど、再び鳴滝を拠点として日本研究を継続しました。この地は、我が国における西洋近代科学発祥の地であると共に、日本が広くヨーロッパに紹介された研究活動の拠点であり、日本の近代化並びに国際交流に大きな役割を果たしました。


国指定史跡 シーボルト宅跡(鳴滝塾跡)


シーボルト宅写真

シーボルト宅写真


1859年~1861年だから、もし約160年前にこの地を訪れたならば、この家の中から「コ・ン・ニ・チ・ワ」とシーボルトが出てきたわけですね!シーボルトとかポンペ先生とか、当時の日本人からすると「神」のような人たちだったんだと思います。まだ、僕らの先輩は坂の上の雲を目指していた時期ですから。


シーボルト胸像


シーボルトはアジサイを好んだようです。


シーボルトノキ(クロウメモドキ)という木がありました!


シーボルトノキ(クロウメモドキ)


こっちにもシーボルトノキ(クロウメモドキ)がありました。


シーボルトノキの説明板


まあ、僕・村内伸弘にとっての「ムラウチイ」みたいなもんですね 笑



シーボルト先生之宅址碑
明治30年にシーボルト宅の礎石を利用して設置された石碑。


シーボルト宅跡。そんなに広くありませんよ~
大邸宅ではなかったですね。


大正13年(1924年)に製作された初代の胸像は大東亜戦争の時の金属供出で失われてしまったそうです。。。この胸像は昭和38年(1963年)に長崎図書館に残っていた石膏型を使って復元されたものだそうです。シーボルト先生、大復活~☆


シーボルト胸像


シーボルトの胸像、カッコイイですね。


DR. VON SIEBOLD


シーボルトと鳴滝塾・アジサイ


1823年(文政6年)出島オランダ商館医として来日したシーボルトは、翌年長崎奉行の許可を得て、この鳴滝の地に学塾を開きました。シーボルトは、鳴滝塾で患者の治療や、全国各地から集まった多くの門弟たちに西洋の進んだ学問や科学的な思想を教え、その一方で門弟たちの協力を得ながら積極的に日本研究を行いました。ここに学んだ門弟たちの中には、その後幕末に活躍した蘭方医も多く、鳴滝塾は、我が国における西洋近代科学発祥の地として、日本の近代化に大きな役割を果たしました。


シーボルトは、日本の植物について積極的に研究を行っており、ヨーロッパに帰った後「日本植物誌」を出版しましたが、このなかでアジサイ属に関して多く取り上げています。特に、日本における妻お滝さんにちなんで、アジサイの学名を「ハイドランゲア・オタクサ(Hydrangea Otaksa Sieb.)」と名づけたことは大変有名な話です。美しく咲くアジサイに最愛の人の面影を重ねたのか、シーボルトの人柄が偲ばれるエピソードです。



そんなスゴイ私塾(シーボルトの「鳴滝塾」)がここにあったなんて、信じられません。


シーボルト宅跡  夏草や 兵どもが 夢の跡(芭蕉)


あじさいの里 鳴滝


この短い坂道を上るとシーボルト記念館です。


少し坂を上ったところから見たシーボルト宅跡


ジャーン!この赤いレンガ建ての建物がシーボルト記念館です。


シーボルト通り(Siebold Street)


シーボルト記念館前のシーボルト通りから見た現代の鳴滝の様子。


シーボルト通りとシーボルト記念館


はい!シーボルト記念館に到着しました。


シーボルト記念館は日本の近代化に貢献したシーボルトを顕彰するために長崎市が開設した記念館です。建物はオランダ・ライデン市にあるシーボルトの旧宅を、玄関はシーボルトの祖父であるカール・カスパルの旧宅を模して造られているそうです。
平成元年(1989年) 10月1日開館。


かわいらしい(いかつくない)シーボルトの銅像が立っていました。


若き日のシーボルト像(富永直樹作)



シーボルト記念館前から見た現代の鳴滝の様子。


シーボルト記念館の入口


顔はめパネルのようなのですが、はめられないようです(笑)
まあ、一人で行ったのではめる気もありませんけどね~


Siebold Memorial Museum / シーボルト記念館


タキとは楠本タキ。シーボルトの日本での奥さん(愛妻)
イネとは楠本イネ。シーボルトとタキの娘さん


ずいぶん昔、司馬遼太郎の講演録で「(吉田)松陰の優しさ」という文章を何度も何度も繰り返し読んだ時期があったんですが、確かその中でおイネさんが村田蔵六(大村益次郎)やポンペ先生と一緒に出てきたのを覚えています。だから僕はこのシーボルトとタキの一人娘を「イネ」ではなく、「おイネさん」と呼びたいです。


蘭学をやるなら宇和島へ行け」なんて言葉もこの文章の中にあったのですが、この宇和島藩の歴史を物語る言葉も 20年近くなぜかぜんぜん忘れられません。どういうわけか常に頭の中で生き続けています。



両方とも肖像はエドアルト・キヨソネ作 1875年(明治8年)

フリップ・フランツ・フォン・シーボルト(Philipp.Franz.von Siebold)は、江戸時代の日本に西洋医学や博物学を伝え、科学的な総合調査にもとづきヨーロッパに日本を広く紹介しました。シーボルトは、出島と鳴滝塾を中心に日本の研究と日本人に対する西洋医学(蘭学)教育を行いました。


記念館の中に展示され説明されていましたが、鳴滝塾には、日本全国から俊英の学者や門人が集まったそうです。ここ鳴滝はまさに日本の近代医学発祥の地と呼ぶに相応しい場所だと思います!



記念館の展示は充実していました。シーボルトという人物のことが非常によく理解できました。わざわざ長崎まで来て、訪れてみて良かったです。長崎はやっぱり奥深いです!



シーボルト記念館前から見えた鳴滝の川。


さようならシーボルト記念館。


こっち側からみても素敵です☆



▼今回の長崎旅行
シーボルト先生の長崎へ シーボルト宅跡(鳴滝塾跡)&シーボルト記念館

長崎は港街&斜面都市 1000万ドルの長崎の夜景!グラバースカイロードから見た世界新三大夜景
長崎 東山手の領事館の丘 石橋電停からオランダ坂を登り、長崎外国人居留地時代の石畳の坂道と石垣へ
長崎レトロ!夜の長崎の街 鉄道発祥の地、長崎新地中華街、浜町アーケード
長崎の眼鏡橋は日本三名橋!ライトアップされた美しい石造り二連アーチ橋
長崎の風情 チンチン電車・長崎電気軌道、和華蘭文化、APAホテルで全額返金に当選~ん!
長崎から諫早へバスの旅、夏の大村湾(琴の海)、長崎ちゃんぽん

寝台特急 サンライズ瀬戸・出雲のB寝台ソロで大阪→東京へ!

寝台特急 サンライズ瀬戸・出雲
平成29年(2017年) 6月30日 村内伸弘撮影


サンライズ瀬戸・出雲のベッドで眠る(ふりをするw)僕・村内伸弘



大阪での用事が済んで、東京へ帰ろうと思ったら

「本日の名古屋・東京方面の新幹線は、運転を終了いたしました。ご利用、ありがとうございました。」
とのことでした。ガーン!!


そうだ!と思って、なんと超久しぶりに寝台特急に乗車することにしちゃいました!夜行バスだと東京まで 1700円なんてのもあったのですが、以前夜行バスを使って八王子から金沢に行ったときに一睡もできず地獄を見たので、寝台特急に決定です!


特急券・B寝台券(個)と乗車券
大阪(0:34発) → 東京(7:08着) サンライズ出雲ソロ 個室


サンライズ出雲ソロ 3号車 4番 個室!


四国の高松に八王子の仲間と先日行った時、仲間の一人がサンライズ瀬戸で東京に帰ったことを覚えていたので、サンライズ出雲で帰京することをひらめきました!うれしいです!!


日付が 6月29日から 6月30日に変わり、サンライズ出雲が入ってくるホームへ上がりました。


なぜか福井、金沢、富山方面の北陸線の 11番ホームにサンライズ出雲は入ってくるようです。


特急 サンライズ瀬戸・出雲 0:34(遅れ約15分)


この青い寝台特急のマークを見るとときめきます!小学生の頃、夢中になったブルートレインの夢の世界です!!


全車寝台指定席~~


福井・金沢方面 特急列車 標準時刻
次回は大阪からサンダーバードに乗って金沢にも行ってみたいなあ~
和倉温泉に直接乗り入れるサンダーバードや高山に行くひだにも乗りたいなあ~~


誰もいないホーム♪ 南沙織の「17才」風に~歌って下さ~い


特急・急行列車の乗車口


遅れ約15分!


なんで遅れてるの?


ハイ!こんな風にアナウンスがありましたw


JR山陽線内、先行貨物列車が動物(シカ)と接触したため、サンライズ出雲に15分の遅れが出ています」だそうです 笑



急ぐ旅ではありません。待ちましょう。サンライズ号の到着を。


人、少なっ!
夜行バスに較べてかなり高いし、新幹線とそんなに変わらないので人気ないのでしょうか?


確かに、大阪から東京に行くのに、寝台特急でと考える人も少ないですよねw


ソロ個室、一体どんな個室なんでしょうか?超たのしみです!!


サンライズ瀬戸・出雲号、JR大阪駅の 11番ホームに入ってきました。


SUNRISE EXPRESS


特急 サンライズ瀬戸!


乗りました~
夜遅いので、音をたてないように気をつけながら、列車内を端から端まで歩いてみます。


階上と階下の 2階建ての車両です。


サインライズ出雲のトイレです。ウォシュレットつけてほしいな~


シャワー室!A個室ご利用のお客様専用だそうです。。僕は B個室なので使えません。


いつの日にか、ビッグになってこのシャワー室を使いたいと思います 笑


サインライズ出雲の洗面台


結構靴が置いてありますね。動くカプセルホテルとも言える感じですネ(^^)


僕の部屋がある 3号車につきました。


サインライズ出雲のミニラウンジ。
3号車の手前にこんなラウンジっぽいスペースがありました。次はかわいい彼女とでも乗車して、このミニラウンジで美しい日本の景色を眺めながら出雲にでも行ってみたいです(妄想w)


サンライズ出雲の B寝台個室ソロ 3号車4番
ここは僕の部屋。部屋はシングル(個室)です。


個室の入口の階段が結構狭くて急なんです。


上がってみましょう~


これは一時的に部屋を留守にするとき、4桁の暗証番号を入れて部屋をロックするキーです。開けっ放しで部屋を離れると、盗難の可能性がありますから、このキーがあるので安心です(^^)


サンライズ出雲の個室のカギのかけ方


これも部屋の外側のレバー


ジャーーーン!!サンライズ出雲の僕の個室(B寝台)ですっ!!!!
しかも見晴らしの良い上の部屋です!


男として、49歳にもなってこんなにワクワクするのは久しぶりですよ!!
寝台特急は男のロマンです!!!!!!!



やべえ~ サンライズ出雲のラウンドした車窓は映画のスクリーンみたいです!!
それぞれの乗客の人生が映し出される夢の世界です!!


サンライズ出雲の荷物置き場とハンガー


部屋の内側のロック


サンライズ出雲の車内のご案内


冷房の吹き出し口


横になってみました!
ウッディーな感じで、木のぬくもりを感じるインテリアです。すばらしいです!!


撮ってみましたw


眠ったふりをしてみましたw


サンライズ出雲のベッド
けっこうふかふかです。せんべい布団みたいなのを予想していたので嬉しいです。


サンライズ出雲のベッドの上に用意されていた浴衣、枕、毛布


コントロールパネル


いやー!車窓が幻想的すぎます!!!!


屋外の灯りと個室内の灯りのうつくしい共演!!


明るい駅を通過する瞬間も夢の国のようです!


寝台特急バンザーイ!!


ベッドから見た階段。写真の右上に紙コップ、写真の右下に手すりが写ってます。


コンセントもあるのでスマホの充電も枕元でできました。2個口や3個の電源タップを持っていくとより便利かもしれません。


窓の下部にペットボトル(いろはす)を置けました。ちょっとだけ凹んでいるので助かります!足を伸ばしてリラックス、リラックス。


只今、午前 1時9分です。


サンライズ出雲の浴衣


サンライズ出雲の毛布と枕
毛布もきれいでやわらかったです。
こうなると、動くホテルと言えるでしょう!


またもや寝たふり(爆笑)


ブロガーはつらいよ 笑


横になったときの目線


丸みを帯びた部屋のデザイン、とても素敵です。
居住性もいいし、次は東京から出雲市まで行ってみたいです!!


照明


個室のドアには鏡までついています。
それにしても、こんな写真をインターネットにアップしてどうするの?w


とにかく車窓がうつくしいです。寝台特急に乗っているという気分の高揚がそう感じさせるのでしょうか?ともかく窓の外の景色がうるわしいです。


降った雨が窓の外を流れているのもキレイです。


部屋の窓についているブラインドを下げてみます。


おーっ!個室感でました~


信号の音がしたり、車体の揺れがあるので、眠れないかな?とも思っていましたが、いつの間にか僕は心地よい眠りについていました。


目覚めると朝でした。静岡県西部を走っていると思われます。




僕は今、サンライズ出雲の個室に横たわっています。最高の気分です!!


個室のドアを開けた時に見える通路と向かいの部屋


トイレに行くので外側からロック完了



ブラインドを再び下げるとこの暗さ。


ブラインドを上げるとこの明るさ。


富士川通過~
平家が水鳥の羽音に恐れおののき逃げたのはどのあたりかな!?


横浜駅に停車。


まだ朝早い時間ですが、首都圏の人たちが車窓から見えて、ああ東京に帰ってきたという実感が湧いてきました。



京浜東北線


京浜東北線と併走しています。


サンライズ出雲の車内放送用のスピーカー


東京は近い。もうまもなく東京駅に到着です。


寝台特急に乗るといろいろなことが頭に浮かびます。


さまざまなことが胸に去来します。


さようならサンライズ出雲号


この方は出雲からの帰りですね(笑)
大国主命(おおくにぬしのみこと)の紙袋持ってますもんね~~


JR東京駅到着~~
サンライズ出雲の旅が終わりました。


僕が乗った B寝台(3号車)


僕が寝た上の部屋の方が下の部屋よりもいいかな~


こんな低い位置の部屋もあるようです。


ありがとうサンライズ瀬戸・出雲。幸せな時間をありがとう。


サロハネ 285-3001


早朝、JR東京駅 8番ホームにたたずむサンライズ瀬戸・出雲号。


サンライズ出雲(左)とサンライズ瀬戸(右)の連結部分


連結した状態でマークと「SUNRISE」と「EXPRESS」の文字が一体になるのがかっこいいです。


サンライズ出雲のパンタグラフ


1998年のグッドデザイン金賞、1998年のブルネル奨励賞を受賞しているようです!




どうでしたか?みなさん。
スピードと効率が重視されるこんな時代だからこそ寝台特急を使ってあなたも日本を旅してみませんか!?



▼今回の大阪旅行
大阪の怪しい路地裏 天満駅前北本通り(北錦町商店会)
日本一長いアーケード商店街!天神橋筋商店街、天神祭の天神ギャルみこし
グランフロント大阪とマックスむらい人形!

寝台特急 サンライズ瀬戸・出雲のB寝台ソロで大阪→東京へ!



▼あわせて読みたい関連記事


廃止されるブルートレイン「寝台急行銀河」、最後の雄姿


星空の下、ブルートレイン・寝台急行銀河(B寝台)


ブルートレイン「富士/はやぶさ」廃止、ラストラン!


近鉄の車窓、そして近鉄御所駅&JR御所駅周辺の探検



南海電鉄に乗って世界文化遺産 高野山へ



春の熱海: 湘南カラーの JR東海道線、相模湾 etc



JR鶴見線 "海が真下に見える駅" 海芝浦駅と大川駅



JR相模線 入谷駅前の稲刈り風景。神奈川県のJR駅前で稲の収穫!



相鉄(相模鉄道) 希望ヶ丘駅 - 昭和30年代と今の違い


シリコンバレー13: カルトレインで SFからサンノゼへ



土佐電鉄。土佐のすばらしい風土の中を走る電車。


土讃本線「南風16号」と徳島線で高知から徳島へ


浜名湖を左に見ながら天浜線(天竜浜名湖鉄道)


JR身延線 特急「ふじかわ」に乗りました


アプト式森林鉄道・井川線(南アルプスあぷとライン)


チンチン電車・都電荒川線バンザイ


南アルプス!勝沼ぶどう郷駅ホームからの景色


八王子・八高線沿線ののどかな風景


夜の八高線


JR高尾駅ホームの天狗面像


SL乗ってきました(静岡県・大井川鉄道)


「急行銀河」廃止直前の動画


クーピーペンシルでブルートレイン「出雲」号の赤いヘッドマークを描く


香港旅行 - 2階建てトラム(路面電車)


愛国から幸福ゆき(愛の国から幸福へ)


切符売り場


駅の伝言板


時刻表


さいたま市・鉄博(鉄道博物館)へ行ってきました




【夏休みの宿題用 観察日記】ひまわりの写真!ヒマワリの開花までの画像、開花後の画像

満開のひまわり「タイタン」の写真

満開のひまわりの写真

満開のひまわり「タイタン」の写真
平成29年(2017年) 7月31日 村内伸弘撮影



この写真は僕が撮影していますし、このひまわり自体も僕のものですので、全国の学生諸君!この写真は自由に使って頂いて結構です。


このまま、写真をダウンロードまたは印刷して、ひまわり観察日記として先生に提出してください 笑


但し、誰か他の生徒とかぶった時の責任は負えませんwww


あと、担任の先生がこのブログを見ていた場合に起こる惨劇についても僕は一切関知しません(^^)/



7月23日朝

岡本太郎の芸術的な開花前のひまわりの蕾(ツボミ)


「ひまわりは爆発だっ!」



7月24日朝

ひまわり「タイタン」いよいよ開花時期を迎えます。



7月25日朝

おっー!黄色い花びらが見えてきました!!



7月26日朝

夏の代表的な花・ひまわり、いよいよ開花の時を迎えます!!




7月27日朝

ひまわりが咲きはじめます。




7月28日朝

ひまわり、咲き始めました!!


黄色い花がムックと立ち上がり始めています。



7月28日夜

夜までに更に多くの花びらが立ち上がってきました。




7月29日朝

まもなくすべての花びらが開ききります。




7月30日朝 - 雨

満開!でも、雨が降っていて雨粒の重みで上部の花びらが下に垂れ下がってしまっています。


雨の日の満開のひまわり。


雨で上の花びらが下向きに下がっていますが、風情があるとも言えますね。



7月31日朝

晴れました!7月最後の太陽がこのサンフラワーを照らしています!!


雨の日のひまわりもいいですが、やはり晴れた日に夏の日の光を浴びるひまわりが最高です!


日なたの部分と日陰の部分の花びらの色の違いを見てください。日が当たる部分の黄色がやっぱりいいですよね!


筒状花(とうじょうか)、まさにゴッホの色です!


舌状花(ぜつじょうか)もゴッホの世界です!!


黄色いひまわりと青い空のコントラストは美しいです!!


ビューティフルっ!




時間の経過とともに、全面に太陽が当たりました!!
ひまわり、光り輝いています!!!!


ひまわり!ヒマワリ!向日葵!日輪草~~!


太陽の花、ひまわり。今、満開になりました!!




7月31日夜

夜の黒い闇とのコントラストが美しい黄色いひまわり




8月1日朝

僕が種(タネ)を植えたひまわりの「タイタン」、見事に咲きました。


平成29年、花や植物たちは大いに夏を楽しんでいます(^^)/



▼あわせて読みたい関連記事


向日葵の王様 超巨大ひまわり「タイタン」

ヒマワリが6月に咲きました! 超巨大ひまわり「タイタン」は向日葵の王様


グランフロント大阪とマックスむらい人形!

マックスむらい人形
平成29年6月29日 グランフロント大阪にて村内伸弘撮影





グランフロント大阪|GRAND FRONT OSAKA



バスで大阪駅前に戻り、再開発エリア「うめきた」エリアの複合商業施設「グランフロント大阪」に向かいました。


ヨドバシ梅田
大勢の人が「ヨドバシ橋」の開通準備をしていました。


大阪はどうしてもディープな場所に気がいってしまうんですが、こうやってモダンな場所ももちろんありますよ。ディープとモダン、最新とレトロがバランスよく混じっているのが大阪の素晴らしいところだと思います!


グランフロント大阪の外観


グランフロント大阪に向かいます。


マックスむらい
等身大マックスむらいをご自由に撮影してください。


誰なんだこのおっさん(笑)


よくわかんないwww


一つだけ言えること。「さすが大阪~」



このマックスむらいも充分キモいですが、くいだおれ太郎とかだるま大臣の人形のインパクトには負けますよねw 大阪は人形のレベルがとても高いです!!www

大阪・道頓堀の人形たち

大阪: 道頓堀の看板やオブジェを鑑賞



ウェスティンホテル大阪から見えた梅田スカイビル


この梅田スカイビル最上部の空中庭園の展望台が人気らしいんですが、時間がないので今回は登りません。


タリーズコーヒー グランフロント大阪北館1F店で一仕事(^^)
自分のブログ見てるだけじゃんw


大阪の夜景(中央は梅田スカイビル)。ウェスティンホテル大阪から撮影。


グランフロント大阪を後にします。


ライトアップされたグランフロント大阪の外周の木々たち


夜のモダンな大阪。


こういう大阪も素敵ですね~
と言いたいところなんですが、やっぱり通天閣の下とかのコテコテの大阪がいいな~ 笑


GRAND FRONT OSAKA


今風~


さようなら!グランフロント大阪さん



▼今回の大阪旅行
大阪の怪しい路地裏 天満駅前北本通り(北錦町商店会)

日本一長いアーケード商店街!天神橋筋商店街、天神祭の天神ギャルみこし

グランフロント大阪とマックスむらい人形!

寝台特急 サンライズ瀬戸・出雲のB寝台ソロで大阪→東京へ!



▼あわせて読みたい関連記事



ディープな大阪・西成: ドヤ街潜入!"日本で唯一暴動がおこる街" あいりん地区(釜ヶ崎)へ



ディープな西成区: 「はよ 死に神来んかいな?」 自由気まま、でも死にたいおじさんとの会話



大阪人権博物館(リバティおおさか)は様々な差別を学べるすばらしい人権学習施設



大阪: 道頓堀、雨の夜のグリコネオンサインと子供たちが描いたグリコの看板



大阪: 道頓堀、雨の夜のグリコネオンサインと子供たちが描いたグリコの看板



大阪: ジャンジャン横丁で かすうどん!油かすが超ミルキー☆



大阪: 朝昼寝する猫おばさん&国際劇場の手書きの絵看板(映画看板)



大阪: 四天王寺別院・愛染さん(勝鬘院愛染堂)と多宝塔脇の曲がった青いもみじ



大阪: 情死事件の現場・お初天神(露天神社)へ... 曽根崎心中のお初徳兵衛に会いに



"大阪の台所" 黒門市場でコロッケ、饅頭、おでん、豆乳、大トロにぎり、スティック胡瓜



大阪・新世界!おいしい~ 通天閣の下で串カツとたこ焼き



大阪: 四天王寺 - 一遍上人が「賦算(人々に念仏札を配る)」を開始したお寺



大阪万博の時の100円白銅貨(昭和45年/1970年)



ディープな京都・菊浜地区: 五条楽園(遊廓跡、旧赤線地帯)を探索



ディープな京都・崇仁地区: 柳原銀行記念資料館と金網フェンスに囲まれた無数の空き地