聖木・孔子の木~!東京・湯島聖堂の楷の木(楷樹/カイノキ)

東京・湯島聖堂の楷の木(楷樹/カイノキ)

東京・湯島聖堂の楷の木(楷樹/カイノキ)
平成29年(2017年) 6月5日 村内伸弘撮影



楷の木(カイノキ)です。存在感がすごいです!!すばらしいです!!!!


楷書の語源になったと書かれていますよ!なるほど~~


楷樹の由来


楷 かい 学名 とねりばはぜのき うるし科

PISTACIA CHINENSIS. BUNGE


楷は曲阜にある孔子の墓所に植えられている名木で初め子貢が植えたと伝えられ 今日まで植えつがれてきている 枝や葉が整然としているので、書道でいう楷書の語源ともなったといわれている。


わが国に渡来したのは  大正四年 林学博士 白澤保美氏が曲阜から種子を持ち帰り 東京目黒の農商務省林業試験場で苗に仕立てたのが最初である。これらの苗は当聖廟をはじめ儒学に関係深い所に頒ち植えられた その後も数氏が持ち帰って苗を作ったが性来雌雄異株であるうえ 花が咲くまでに三十年位もかかるため わが国で種子を得ることはできなかったが 幸いにして数年前から二三個所で結実を見るに至ったので 今後は次第に孫苗がふえてゆくと思われる。


中国では殆んど全土に生育し 黄連木黄連茶その他の別名も多く 秋の黄葉が美しいという台湾では爛心木と呼ばれている 牧野富太郎博士はこれに孔子木と命名された


孔子と楷とは離すことができないものとなっているが 特に当廟にあるものは曲阜の樹の正子に当る聖木であることをここに記して世に伝える。


昭和四十四年己酉秋日  矢野一郎 文




大成殿から築地塀沿いに下っていくと楷の木が行く手を阻みます(笑)


すんごいボリューム!!


ヤバイ!です!!樹冠がすばらしい~~☆


楷の木(カイノキ)の幹


楷の木(カイノキ)って、見たことあるかな~
たぶん、これだけシッカリ見るのは生まれて初めてかも。。。


楷の木(カイノキ)の葉っぱ


牧野富太郎博士命名した別名は「孔子の木(クシノキ)」
孔子銅像の下半分が向こう側に見えています。


かいのき うるし科
うるし科なんですねっ。カイノキ属であの僕が大好きなピスタチオと同属みたいです。


楷の木(カイノキ)の樹皮


楷の木(カイノキ)の隣の木の根元


下から見上げた楷の木(カイノキ)


空が見えない!鬱蒼とし過ぎ~!!


楷の木(カイノキ)の命が伝わってくる一枚っ!!必死で撮りました!僕の入魂の一枚です!!


湯島聖堂の楷の木(カイノキ) まさに聖木です(^^)/



これで湯島聖堂と楷の木(カイノキ)とお別れです。



昌平坂を下っていくと、その先は秋葉原です。


松住町架道橋


昌平橋から見た風景


神田川


6月、梅雨入り前の水色の空の下を中央線が通ります。




儒学のメッカ 湯島聖堂・昌平坂学問所の大成殿(孔子廟)、孔子像



▼あわせて読みたい関連記事



樹齢2000年 山高神代桜の満開を激写!(山梨県実相寺)



樹齢2000年!パワースポット熱海・来宮神社の大楠(大樟)



ケアンズ旅行: 土ボタルと神秘的な「聖堂の樹(Cathedral Fig Tree)」



紅葉で黄金色に染まる巨大なユリノキ - 百合の木が見事な東京国立博物館



品川散策: ぶどうの木「甲州三尺」、小学校の 2階に這い上がる



樹齢450年の若葉!王禅寺の禅寺丸柿の原木 柿の新緑が目に眩しい 東国の高野山「王禅寺(柿寺)」



400年の古い柿の木の若葉!岡上の禅寺丸柿/カキノキ(川崎市まちの樹50選)



まだら模様のシャラの木(夏椿)の 12月・冬の美幹


儒学のメッカ 湯島聖堂・昌平坂学問所の大成殿(孔子廟)、孔子像

湯島聖堂(昌平坂学問所) 大成殿

湯島聖堂(昌平坂学問所) 大成殿
平成29年(2017年) 6月5日 村内伸弘撮影



徳川五代将軍綱吉は儒学の振興を図るため、元禄3年(1690年)湯島の地に聖堂を創建して上野忍岡の林家私邸にあった廟殿と林家の家塾をここに移しました。これが現在の湯島聖堂の始まりです。その後、およそ100年を経た寛政9年(1797年)幕府直轄学校として、世に名高い「昌平坂学問所(通称『昌平校』)」を開設しました。


明治維新を迎えると聖堂・学問所は新政府の所管するところとなり、当初、学問所は大学校・大学と改称されながら存置されましたが、明治4年(1871年)これを廃して文部省が置かれることとなり、林羅山以来240年、学問所となってからは75年の儒学の講筵は、ここにその歴史を閉じた次第です。



湯島聖堂(ゆしませいどう)がありました。JRお茶の水駅で下車して、秋葉原方面に向かって歩いていたら、道の左側にありました。そういえば、湯島天神は行ったことあるけど、湯島聖堂は行ったことないな~と思って、急いでいたんですが入場無料の湯島聖堂に突入し、超駆け足でその重厚な雰囲気を味わって、写真だけ撮ってきましたw



湯島聖堂って、皆さんは行ったことありますか?


中央線沿いの東京23区のど真ん中なのに、鬱蒼と木が生い茂っていて、すっごく落ち着いた雰囲気の場所でした。ちょっと怖いぐらいに暗い感じでしたけど、もう初夏なので僕的には涼しくって良かったです。


五代将軍綱吉とか林羅山とかが出てくる史跡ですので、やっぱりそれなりのムードを漂わせていて素晴らしかったです。


JRお茶の水駅で下車して歩き始めます。


梅雨入り前の初夏の青空が広がっています。


道の向こう側になにやら、古式ゆかしい塀が続いています。


石垣の上に鎮座している見事な築地塀


近づいてみるとこんな感じです!どうやらここはあの幕府直轄の学問所「昌平坂学問所(湯島聖堂)」のようです。こんなところにあるとは 49年間知りませんでした。


相生坂(昌平坂/しょうへいざか)


相生坂 (昌平坂)


神田川対岸の駿河台の淡路坂と並ぶので相生坂という。


「東京案内」に、「元禄以来聖堂のありたる地なり、南神田川に沿いて東より西に上る坂を相生坂といい、相生坂より聖堂の東に沿いて、湯島坂に出るものを昌平坂という。昔はこれに並びてその西になお一条の坂あり、これを昌平坂といいしが、寛政中聖堂再建のとき境内に入り、遂に此の坂を昌平坂と呼ぶに至れり」とある。そして後年、相生坂も昌平坂とよばれるようになった。


昌平とは聖堂に祭られる孔子の生地の昌平郷にちなんで名づけられた。


 これやこの孔子の聖堂あるからに

    幾日湯島にい往きけむはや 法月歌客


文京区教育委員会   昭和53年3月



史跡湯島聖堂


■湯島聖堂と孔子

「孔子」は、2500年ほど前、中国の魯の昌平郷に生まれた人で、その教え「儒教」は東洋の人々に大きな影響を与えた。儒学に傾倒した徳川五代将軍綱吉は、元禄3年(1690年)この地に「湯島聖堂」を創建、孔子を祀る「大成殿」や学舎を建て、自ら「論語」の講釈を行うなど学問を奨励した。


■昌平坂学問所跡

寛政9年(1797年)幕府は学舎の敷地を拡げ、建物も改築して、孔子の生まれた地名をとって、「昌平坂学問所」(昌平黌ともいう)を開いた。学問所は、明治維新(1868年)に至るまでの 70年間、官立の大学として江戸時代の文教センターの役割を果たした。学問所教官としては、柴野栗山(しばの りつざん)、岡田寒泉(おかだ かんせん)、尾藤二洲(びとう じしゅう)、古賀精里(こが せいり)、佐藤一斎(さとう いっさい)、安積艮斎(あさか ごんさい)、塩谷宕陰(しおのや とういん)、安井息軒(やすい そっけん)、芳野金陵(よしの きんりょう)らがおり、このうち佐藤一斎、安積艮斎らはこの地が終焉の地となっている。


■近代教育発祥の地

明治維新により聖堂は新政府の所管となり、明治4年(1871年)に文部省が置かれたほか、国立博物館(現国立博物館・国立科学博物館)、師範学校(現筑波大学)、女子師範学校(現お茶の水女子大学)、初の図書館「書籍館(現国立国会図書館)」などが置かれ、近代教育発祥の地となった。


■現在の湯島聖堂

もとの聖堂は、4回もの江戸大火に遭ってその都度再建を繰り返すも、大正12年(1923年)関東大震災で焼失した。今の建物は昭和10年(1935年)鉄筋コンクリート造で寛政の旧に依って再建され、今日に至っている。入徳門は宝永元年(1704年)に建てられたものがそのまま残っており、貴重な文化財となっている。



昭和11年3月の説明文


それではさっそく中に入って、大成殿(孔子廟)まで行ってみます。


斯文会館


仰高門(ぎょうこうもん)


おー、JR御茶ノ水駅の真ん前でこの雰囲気!し、信じられません!!


うわーっ!すごいいい感じです。


もしかすると、この木はモッコクでは・・・?


"庭木の王様" モッコクでした!!
見事なモッコクです!このモッコクを見ることができただけでも大満足です!!


"世界で一番高い" 孔子銅像


この孔子銅像は昭和50年(1975年)台湾・台北市のライオンズ・クラブからの寄贈されたもので、世界で一番高いそうです。値段じゃないですよ、高さが高いです(笑)


いかにも、台湾っぽいつくりですね(^^)/


楷の木(楷樹/カイノキ)


楷の木は帰りにじっくり見ることにして、大成殿に急ぎます。


この築地塀の面は道から見えていた面の裏側になります。石垣の上に乗っています!この塀、裏側から見てもすごいステキです!!


いろいろ興奮しながらも、どんどん大成殿(孔子廟)に向かって早足で歩いていきます。


入徳門(にゅうとくもん)


都内って意外と緑が多いんですよね。東京って、東京砂漠とか言ってコンクリートジャングルのようなイメージもあるんですが、東京23区こそ、実は緑の楽園かもしれません。


杏壇門(きょうだんもん)


大成殿が杏壇門の向こう側に見えてきましたっ




ウォーッ!!

大成殿(たいせいでん) ※大成とは孔子廟の正殿の名称


ジャジャーーン!


日本っぽくな~い!中国みた~~い!!皇帝とか出てきそう(笑)


でも、元あった建物群は関東大震災でほぼすべて焼失したそうですので、それほど古い建物ではありませ~ん。


ここは霊廟(儒教の創始者・孔子の霊を祀った建物)ですので、手を合わせている人がいました。スミマセン、僕は特に手は合わせませんでした。儒教は宗教とは思えないからです。儒教は学問だと僕は思っています。


薄い緑色の甍と白い雲と水色の空、すべて美しいです!!


大成殿の額


こう見ると東京の空も捨てたもんじゃないと思えます。


6月初旬、もう夏が近いです。


湯島聖堂の絵馬


祈願湯島聖堂 大願成就(湯島聖堂の絵馬)



僕も江戸時代に生まれていたら、ここで「論語」とかを学んでいたかもしれませんね。歴史ロマンです。江戸時代ってけっこう面白いです。東京は江戸だったので、都内には江戸時代の史跡がかなりあるので、いつの日か、ブラタモリの如く、江戸の史跡めぐりでもしてみたいなあ~☆


▼続きを読む


聖木・孔子の木~!東京・湯島聖堂の楷の木(楷樹/カイノキ)



▼あわせて読みたい関連記事
お茶の水のニコライ堂
新しいアキバと古い秋葉原

秋葉原でAKB48 チームBを応援しました
秋葉原・アットホームカフェ(@ほぉ~むcafe)でメイドカフェ初体験w

 

栄光はただひたむきな若者のために - 炎のストッパー!津田恒美が高校球児に送ったダイイングメッセージ

故・津田 恒実(つだ つねみ)投手 享年32 1960年8月1日 - 1993年7月20日

故・津田 恒実(つだ つねみ)投手 享年32
昭和35年(1960年)8月1日 - 平成5年(1993年)7月20日





栄光は、
ただ、ひたむきな
若者のために
用意されている。



がんばれ、燃やしつくせ
南陽工業高校球児たち
甲子園は、目の前だ!



広島東洋カープ
津田恒美




涙なくしては読めないです。。。
南陽工だけではなく、全国の高校球児に読んでもらいたいメッセージです。


享年32歳。
これは若くして天国へと旅立ったツネゴンのダイイングメッセージ(遺書)であり、未来永劫、甲子園を目指してひたむきに白球を追う少年たちの魂を揺さぶり続けると思います!!南陽工業の室内練習場に飾ってあるそうです。




▼あわせて読みたい関連記事


広島東洋カープ・前田健太投手

横浜スタジアムで今は亡き津田恒美投手の写真を
撮ったことを思い出しました。





1986年、広島が優勝を決めた試合 広島対ヤクルト 津田の締めくくり


村内伸弘とイモ欽トリオの山口良一

村内伸弘 - 昭和61年(1986年)神宮球場

昭和61年(1986年)10月12日 セ・リーグ優勝決定戦
神宮球場 広島対ヤクルトを見に行きテレビに映った僕



ことだま 野球魂を熱くする名言集

高校球児や野球少年の保護者の方へ「ことだま 野球魂を熱くする名言集」を買ってあげてください


入梅!たのしい梅雨入り。 慈雨!ありがたい恵みの雨。

椿「玉の浦」の葉っぱの上の雨の粒
平成29年(2017年) 6月13日 村内伸弘撮影


椿「玉之浦(玉の浦)」

椿 玉之浦 / たまのうら

今年4月5日に撮影した椿「玉の浦」



気象庁によると関東甲信地方が 6月7日頃に梅雨明けしているそうですが、ぶっちゃけ気象庁さんに言われなくても、毎日花や木を眺めに庭に出て空を見て、空気を吸っていれば梅雨になったかどうかはわかります。


官尊民卑の弊がまだまだ日本にはありますよね。梅雨明けなんて気象庁に教えてもらわなくても大丈夫です(笑)


さあ、それでは水玉や雨の粒をぜひお楽しみ下さい(^^)/



台湾椿(タイワンツバキ)「ゴードニア/ゴルドニア・アキシラリス」の葉っぱ

台湾椿(タイワンツバキ)「ゴードニア/ゴルドニア・アキシラリス」の葉っぱの上の雨の粒


台湾椿(タイワンツバキ)「ゴードニア/ゴルドニア・アキシラリス」の葉

台湾椿(タイワンツバキ)「ゴードニア/ゴルドニア・アキシラリス」




ヤマユリの葉っぱの上の雨の粒

ヤマユリの葉っぱの上の雨の粒


ヤマユリの葉っぱ




額紫陽花(ガクアジサイ)の葉っぱの上の雨の粒

額紫陽花(ガクアジサイ)の葉っぱの上の雨の粒


額紫陽花(ガクアジサイ)の葉っぱ



サルスベリ 夏祭り(ペパーミントレース)の葉っぱの上の雨の粒

サルスベリ 夏祭り(ペパーミントレース)の葉っぱの上の雨の粒


サルスベリ 夏祭り(ペパーミントレース)の葉っぱ




禅寺丸柿(ぜんじまるがき)の葉っぱの上の雨の粒

"日本最古の甘柿" 禅寺丸柿(ぜんじまるがき)の葉っぱの上の雨の粒


禅寺丸柿(ぜんじまるがき)の葉っぱ

大地をうるおして草木を生育させる恵みの雨です。育て禅寺丸(ぜんじまる)!!

▼僕が撮った禅寺丸の古木の写真

樹齢450年の若葉!王禅寺の禅寺丸柿の原木 柿の新緑が目に眩しい 東国の高野山「王禅寺(柿寺)」 





ヤマユリの葉っぱの上の雨の粒

ヤマユリの葉っぱの上の雨の粒


ヤマユリの葉っぱ

ヤマユリの葉



入梅がなんでたのしいのか?
慈雨?なんで雨がありがたいのか?


わかりますか?みなさん!


カンタンにわかりますよ、この答え。



植物たちの身になってみて下さい。
花や樹木の立場になって考えてみてください。


PS
毎朝、みずやりをしなくてすむ僕の身にもなってみてください(笑)



▼あわせて読みたい関連記事


サトイモ(里芋)の葉っぱの上の雨の粒

サトイモ(里芋)の葉っぱの上の雨の粒
一番大きい水玉を僕は「ミセス・レインドロップ」と名付けました。
透明で柔らかくって、なんとなく、貴婦人のような気品があったからです。
雨の日でもこんな出会いがあるから楽しいですね。


テッポウユリの上の雨の粒

テッポウユリの上の雨の粒


雫(しずく)と緑のすばらしい競演♪♪

植物たちが一斉に輝き出す素晴らしい季節!
透明な雫(しずく)と緑のすばらしい競演♪♪


花火のような雨

台風16号 - 花火のような雨、線香花火のような雨。


母娘遍路像 - 国立ハンセン病資料館(東京都東村山市全生園内)

母娘遍路像 - 国立ハンセン病資料館(東村山市全生園内)
「母娘遍路像」の娘さんが泣いていました。娘さんの目から涙の粒がこぼれ落ちていました。撮影後、僕は涙を拭いてあげました。


ムラウチ電気ロゴマークのシールがついた今は亡き祖父のブランド旅行バッグ(スーツケース) 

ムラウチ電気のロゴマーク

ムラウチ電気のロゴマーク(シンボルマーク)
平成28年12月6日 村内伸弘撮影



おばあちゃん家の倉庫を整理していたら、旅行バッグが出てくる、出てくる!おじいちゃんとおばあちゃん、旅行行きまくってたみたいですね(爆笑)


隔世遺伝!?まあ、孫の僕も最近こそあまり行ってませんが、つい最近まで旅行大好きでしたから、確実に隔世遺伝です。


僕が小学生の頃、確かに祖父と祖母、ガンガン海外旅行に行っていた記憶があります。僕自身もけっこう国内旅行に連れて行ってもらった記憶があります。海外は中学生の時にアメリカ西海岸に連れて行ってもらいました。僕、かなり得してましたね~(笑)



ムラウチ電気のマークが貼られたスーツケース(旅行ケース)

ムラウチ電気のマークがデカデカと貼られたスーツケース!村雄おじいちゃんの「ムラウチ愛」はすさまじかったみたいですねw


ムラウチ電気のマークがデカデカと貼られた旅行バッグ

塩山プレジデントカントリー倶楽部

ENZAN PRESIDENT COUNTRY CLUB
「塩山プレジデントカントリー倶楽部」だと思います(たぶん)
おじいちゃん、山梨県甲州市の塩山でゴルフをしてたんでしょうか?


「伸弘、商人はゴルフはするな!」って僕に言ってたはずなんですがw
まあ、僕はこの言葉を信じてゴルフには手を出していませんよ。


それにしても、ウチのおじいちゃん、「プレジデント」って言葉に弱すぎる(笑)


村内村雄の名札(ネームプレート)



小さい旅行バッグのムラウチ電気マーク

別の小さい旅行バッグにもムラウチマークが!


ムラウチ電気の M字のロゴマーク

ムラウチ電気のロゴマーク(シンボルマーク)
なかなか良いデザインですよね。赤と青じゃなくって、銀色の社章にこのマークが使われていたんですが、全部銀だともっとカッコイイですよ。人が笑っているようにも見えて、ステキなロゴマークだと改めて思います。


宇佐神宮のねずみのキーホルダー

ねずみのキーホルダー


宇佐神宮のお守りキーホルダー

日本三大八幡宮!宇佐神宮のお守りキーホルダーでした。


宇佐神宮といえば、道鏡の事件(宇佐八幡宮神託事件)を思い出しますね~




昭和18年 宮崎県鵜戸神宮社前にて 中村肇少将(輜重兵監)と陸軍輜重兵学校の仲間たち



古いムラウチ電気のロゴマークがついた革製のスーツケース

別の革の旅行バッグには古いムラウチ電気のロゴマークが!


革の旅行バッグ(スーツケース)


古いムラウチ電気のロゴマーク

古いムラウチ電気のロゴマーク(ロゴタイプ)


日本電気専門大型店協会(NEBA) 副会長 村内 村雄

日本電気専門大型店協会(NEBA) 副会長 村内 村雄


NEBAの名刺: MURAO MURAUCHI  VICE PRESIDENT - NIPPON ELECTRIC BIG-STORES ASSOCIATION

MURAO MURAUCHI  VICE PRESIDENT
NIPPON ELECTRIC BIG-STORES ASSOCIATION


NEBA(日本電気大型店協会)の解散について
希望あふれる新しい期に望ん家電小売業界の歴史(NEBAの変遷)で
NEBAの精神よ、永遠に
全日電(NEBAの前身)会長・第一家電創業者 永長左京「寸語録」



三洋堂海外渡航部

三洋堂海外渡航部
八王市じゃないんです、八王市です!w


三洋堂の旅行バッグ

てか、この旅行バッグカッコイイです!シブいっす!!


三洋堂のスーツケース

右下の MURAUCHI の銀地に黒文字のシールもカッコイイっす☆


MURAUCHIの銀色のシール

MURAUCHI


シッカリとした造りの旅行バッグ

シッカリとした造りの旅行バッグ


三洋堂の旅行バッグの中身

三洋堂の旅行バッグの中身


三洋堂の旅行バッグの鍵(カギ)



ムラウチ電気のマークが貼られた旅行バッグ

平成28年12月18日 村内伸弘撮影


株式会社ムラウチ 社長 村内むらお

株式会社ムラウチ 社長 村内むらお


ムラウチ電気のロゴマーク(シンボルマーク)

ムラウチ電気のロゴマーク(シンボルマーク)


ノースウエスト・オリエント(ノースウエスト航空)

NORTHWEST ORIENT
ノースウエスト・オリエント(ノースウエスト航空)


1976年(昭和51年) 4月2日 - ノースウエスト・オリエント(ノースウエスト航空)

1976年(昭和51年) 4月2日にロスにこのバッグで行ってるみたいです


ロサンゼルス シェラトン・ウェストホテル(Los Angels Sheraton - West Hotel)

Los Angels Sheraton - West Hotel
宿泊したのはロサンゼルス シェラトン・ウェストホテル。


おじいちゃん、いいな~
てか、後に生まれた僕よりぜんぜん海外行ってる~(笑)


NORTHWEST ORIENT



今回写真を撮った旅行バッグは全部もう使えそうじゃなかったので、バラバラに解体して捨てました。倉庫整理は「断捨離」が基本です(^^)/


ああ、最近海外に行っていないので、旅行したくなっちゃいました~~


▼あわせて読みたい関連記事



村内テレビの社章とムラウチ電気のネクタイピン(倉庫整理で発見!)



ムラウチジョーシンさん 完全閉店(大和田町からムラウチの名前が消える)



青空の下、閉店したムラウチ電気の初午祭と八王子夢街道駅伝



第一家電 → ソニー → 家電市場 → ムラウチ電気。昔の名刺を一部断捨離。