ムラウチドットコム社長・村内伸弘のブログが好き

ブログ三昧♪♪ ムラゴン、にほんブログ村、スポリート、ムラウチドットコム運営の CEO(調子イイおじさん)がブログに恋し、ブログに狂う☆

muragon(ムラゴン) にほんブログ村 スポリート ムラウチドットコム  決意50才


 ⇒ おすすめ無料ブログサービス muragon (ムラゴン)

1000000!僕のブログ muragonで 100万アクセス達成

ブログ、100万アクセス達成!


祝!100万アクセス



僕のブログ muragonで 100万アクセス達成

※今日・平成30年(2018年)4月11日 0時頃に達成
この記事を書いている間にも 1,000,021から 1,000,106に数字が変わりました



湊公園(長崎市新地町)

平成30年4月 長崎の旅: 長崎中華街南門前の湊公園
春節祭に合わせて毎年行われるランタンフェスティバルのメイン会場(長崎市新地町)



100万 達成しましたー♪♪


村内伸弘です。
さっきまで 長崎にいました。


羽田空港からリムジンバスに乗って自宅に帰り muragonを見てみると
muragon引っ越し後のアクセス数、100万アクセスを突破してました~~☆



初投稿から約4年半!


書いて書いて書きまくった成果です 笑
ありがとうございます!


まあ、セレーナ・ゴメスのインスタのフォロワー数が 1億3500万人とか見ちゃうと、100万って微々たる数字なんですが。。。
ははははw



僕は今まだ 50歳なので、
そうは言っても、コレ 100歳まであと 50年ぐらい続けると面白いことになりそうです!


ブログ!
続けますよ、あと 50年!!


って力んでもしょうがんないんで、
気楽にマイペースで自分らしくブログを楽しみたいと思います(^^)


これからも僕の思いや考え、体験などを多くの人に伝えられれば嬉しいし、多くの方々の思いや考え、体験、作品などをいろいろ見させてもらえるとハッピーになれます。



それと 100万というのは一つの節目なので、特にこれからは自分自身のブログというよりも、ブログ界全体や自分以外のブロガーさんたちをバックアップしたり、サポートするような活動をメインにしてブログに関わっていきたいなと考えています。


ブログについての経験やノウハウは、僕の会社も僕自身もかなりあると思ってるので、それを社会全体や世の中の一人一人に役立てていきたいな。って思ってます!!


といいつつも、
結局は自分自身のブログも書いて書いて書きまくるんでしょうけどネ 爆笑www



私利私欲を捨てた時、人間は必ず社会から報われる。


死身弘法(ししんぐほう)
自らの身をなげうって、ブログを伸び伸びと弘める。
がんばります(^^)/



▼アクセス数の推移

アクセス数到達年到達月日
 初投稿 
 平成25年(2013年)
 11月21日 
 100,000 
 平成27年(2015年)
 11月28日 
 200,000 
 平成28年(2016年)
 7月8日 
 300,000 
 平成28年(2016年)
 11月28日 
 400,000 
 平成29年(2017年)
 3月18日 
 500,000 
 平成29年(2017年)
 6月9日 
 600,000 
 平成29年(2017年)
 8月19日 
 700,000 
 平成29年(2017年)
 10月16日 
 800,000 
 平成29年(2017年)
 12月11日 
 900,000 
 平成30年(2018年)
 2月13日 
 1,000,000 
 平成30年(2018年)
 4月11日 

※muragonダッシュボード上のアクセス数


▼アクセス数が10万増える期間と推移

アクセス数推移期間
 0→10万 
 737日 
 10万→20万 
223日 
 20万→30万 
 143日 
 30万→40万 
 110日 
 40万→50万 
 83日 
 50万→60万 
71日 
 60万→70万 
58日 
 70万→80万 
 56日 
 80万→90万 
64日 
 90万→100万 
57日 

※muragonダッシュボード上のアクセス数



▼次の目標
次のブログを書くこと


そして、ムラゴンズの皆さんの
次のブログを見ること




さあ!これからも、そしていつまでもムラゴンズの皆さんと一緒に楽しみながら大いにブログを書いたり、大いにブログを見たり、大いにブログに感動したいと思っています。


ブログは魅力的!
ブログは本当にすばらしい!!







▼八王子が生んだ昭和の大ブロガー

ふだん記運動創始者&理論的指導者 橋本義夫さん

ふだん記運動 創始者&理論的指導者
橋本義夫さん(1902-1985)


▼八王子から生まれた昭和のブログサービス

ふだん記(ふだんぎ) 1974年 逢う日話す日の集い

ふだん記(ふだんぎ) 1974年 逢う日話す日の集い



▼あわせて読みたい関連記事

900000!僕のブログ muragonで 90万アクセス達成



800000!僕のブログ muragonで 80万アクセス達成


700000!僕のブログ muragonで 70万アクセス達成


600000!僕のブログ muragonで 60万アクセス達成



500000!僕のブログ muragonで 50万アクセス達成


400,000!僕のブログ muragonで 40万アクセス達成



300,000!僕のブログ muragonで 30万アクセス達成




muragon(ムラゴン)で通算ブログ 1000記事を達成!


なんと1記事で8000アクセス超え!八王子のブルーインパルスの記事



人権&博愛の記事、ムラゴンズ全員の中で No.1の人気記事になりました



努力は必ず報われる - 清宮フィーバーの記事 muragon(ムラゴン)の人気記事 No.2になりました!



僕の人気記事ベスト100 - Google アナリティクスのページビュー数


吉田松陰と高杉晋作が幕末の萩の街を笑いながら歩いているお皿

明治維新の立役者! 松下村塾塾長・吉田松陰先生と奇兵隊隊長・高杉晋作

高杉晋作と吉田松陰

高杉晋作(左)と吉田松陰(右)



20代の頃に山口県の萩に行った時、お土産で買った萩焼?のお皿です。
今もそうですけど、松陰先生と晋作は僕のアイドルです。


もう、二人の倍近くも生きていますが、まったく追いつけないですね。。。。


二人は高く高く、大きく大きくそびえているまぶしい存在です。


たまたま、部屋の整理をしていてこのお皿を見つけたのでブログに記録しておきます。


みなさんもぜひこのGWや夏休みは萩(はぎ)に訪れてみてください。そして、二人のように江戸時代の面影が色濃く残る萩の街を闊歩してみてください(^^)


萩市観光協会

萩市観光協会「ぶらり萩あるき」




萩は城下町です。そして明治維新の震源地です!この右側の男・吉田松陰の強烈なエネルギーに感染した若者たちが壮絶な生き様と死に様を見せたのが明治維新なのです。


萩(HAGI)


萩焼

当然、萩焼だと思います。


二人とも壮絶な死に方をしていますし、当時は思いつめた必死な顔をしていたと思いますが、このお皿のイラストの笑顔はなぜか二人の心根を見事に映しだしているような気がします。




二人とも壮絶ですが、充実した人生だったと思います。
松陰先生は 29歳で首を落とされたわけですが遺書の留魂録では自分自身の春夏秋冬が結実したと書いていますし、晋作は晋作で「おもしろきこともなき世をおもしろく」と歌っています。


二人は十分に生きたんだと思います。
僕と違って・・・


死はそれほど恐れることではない。むしろ不十分な生き方を恐れなさい。


だからこそ二人の笑顔はまぶしくて、ふたりの精神は永遠なんだと思います。


高杉晋作と吉田松陰


今年の夏休みは萩に行こうかな~☆



▼僕・村内伸弘の座右の書

"炎の教師"吉田松陰の遺書「留魂録」 - 二十一回猛士の死生観、ダイイング・メッセージ

吉田松陰・留魂録(講談社学術文庫)



▼あわせて読みたい関連記事

長州藩士 吉田松陰先生像 - 松陰神社境内

世田谷若林の松陰神社 長州藩士・吉田松陰先生のお墓にお参り


東急世田谷線 - 松陰神社前駅

東急世田谷線 - 東急電鉄唯一の路面電車に乗って松陰神社、三軒茶屋へ


「覚悟の磨き方」超訳 吉田松陰  編訳 池田貴将 サンクチュアリ出版

◎「覚悟の磨き方」 超訳 吉田松陰 不安と生きるか。理想に死ぬか。


図録「日本史の人物」2000 (別冊歴史読本 絵解きシリーズ)

宿命に翻弄された日本人たちの顔! 図録「日本史の人物」2000 別冊歴史読本


酔題馬関旗亭壁(伊藤博文の漢詩) & ポーツマスの旗(伊藤博文の名場面)
乃木坂46じゃないよ~ 乃木坂の乃木神社、正松神社、赤坂王子稲荷神社に御参拝
あゝ上野駅 → 上野公園・西郷どんの銅像 → 大いちょう
高幡のお不動さん(高幡不動尊)と新撰組、カスタードたい焼き&海老天丼
吉田松陰 留魂録、150年前の10月27日。
吉田松陰・留魂録(講談社学術文庫)
長崎・平戸 松陰青春の地を訪れるのぶひろ
松陰神社(東京都世田谷区鎮座)
「志を立ててもって万事の源とする(吉田松陰先生)」

実に鮮やかな黄緑色!禅寺丸柿の新葉が芽吹きました!!

地植えした日本最古の甘柿・禅寺丸柿(ぜんじまるがき)の成長記録です。開心自然形という樹形に仕立てます。

禅寺丸柿の鮮やかな黄緑色の若葉

まさに柿若葉!禅寺丸(ぜんじまる)の鮮やかな黄緑色の新葉
平成30年(2018年)3月29日


禅寺丸の黄緑色の若葉

禅寺丸の鮮やかな黄緑色の若葉
平成30年(2018年)4月4日


禅寺丸柿の鮮やかな黄緑色の葉っぱ

禅寺丸の鮮やかな黄緑色の若葉
平成30年(2018年)4月8日




みなさ~ん
カキ(柿)」って言葉を聞くと、オレンジ色の丸い果実を想像しませんか?


それでもちろん正解なんですが、
実はもう一つ答えがあるんですよ。
ご存じですか!?


柿のもう一つの大きな魅力は新緑です。
俳句の季語にもなっていて「柿若葉」といいます。


そうです!
カキ(柿)」って言葉を聞いたら、ぜひ黄緑色の透き通るようなみずみずしい葉っぱを想像してあげてください。


これからゴールデンウイークぐらいまでがまさに「柿若葉」の季節です。
あなたも、柿のグリーンを大いに愛でてあげてください。



▼1月19日の禅寺丸柿

日当たりや作業性を考慮して 3本の枝をバランス良く配置して育てる(開心自然形)ため、長く伸びた枝を切り詰めます。


高く伸びてしまっている枝を、他の枝と高さを揃えるため剪定ばさみで切り詰めます。


3本の主枝だけがある状態になりました。高さもバッチリ揃いました。




▼3月14日の禅寺丸柿

3月です、禅寺丸が春を迎えました。




▼3月17日の禅寺丸柿

葉芽が膨らんできています!




▼3月22日の禅寺丸柿

しっとりと濡れている禅寺丸




▼3月25日の禅寺丸柿

まもなく、柿若葉(柿の新葉)が出てきますよ~☆




▼3月28日の禅寺丸柿


禅寺丸の葉っぱ、開き始めました!!!!


感動の一瞬ですっ!!




▼3月29日の禅寺丸柿

写真を撮り続けてきた甲斐がありました 笑


禅寺丸、お日様の光が当たってワンダフルな色合いになっています!!


この黄緑色がたまりません!!


若葉が出始めた禅寺丸のうつくしい姿


禅寺丸を上から見たところ。三菱型(ベンツ型?)になっていますねw



▼3月30日の禅寺丸柿

テカテカテカテカ輝いています!




▼3月31日の禅寺丸柿



▼4月1日の禅寺丸柿

4月に入り、どんどん芽(梢)が伸びています。




▼4月2日の禅寺丸柿


見えますか!?
緑色の梢が大きく伸びています!!
たった数日で一気に梢が伸びています!!!!

急生長する禅寺丸柿の木




▼4月3日の禅寺丸柿

新梢の生長がとまりません。グググググーーっと上へ上へと伸びていってます!!





▼4月4日の禅寺丸柿



▼4月5日の禅寺丸柿

わかりますか!?またまた新梢が伸びています。写真中央上部の梢、もしよかったら何日か前に戻って比較してみて下さーーい


すごい伸びですよ、コレはっ!!




▼4月6日の禅寺丸柿



▼4月7日の禅寺丸柿

後の黒と禅寺丸のグリーンとのコントラストが最高に芸術的です(^^)


春を迎え、日に日に温かくなる陽気につられ、一気に美しい葉っぱを茂らせた禅寺丸の木
上の写真、首飾りのようですね~♪♪


可愛そうですが、主枝の下の方の新梢(今年伸びた枝)を指でとって捨てます。


残したい主枝と亜主枝に養分がいくように、この新梢は指で折って捨ててしまいます。


開心自然形で仕立てている禅寺丸柿

開心自然形で仕立てることに決めたということです。
開心自然形の骨格枝になる 9本を決め整枝しました、間隔が見事に均等に配置されてますよね。上出来です。具体的には 3本の主枝にそれぞれ 2本づつ亜主枝を残したので計9本の骨格枝が残ったというわけです。庭植えなので高木にならないようにしたいので、僕はこの開心自然形がベストだと考えました。


内枝(内側に向かって伸びる枝)になりそうな枝もありますが、まあ我ながら本当にいい感じに仕上がりました(^^)/


それにしても、この日の朝の禅寺丸の新梢の緑色、素晴らしかったです!



▼4月8日の禅寺丸柿

もう、こうなると言葉は無意味です。



僕と禅寺丸との暮らしは続きます。



▼(おまけ)2月2日の禅寺丸柿

今年の八王子は大雪やマイナス8.7℃の低温など厳しい冬でしたが、禅寺丸くんよく耐えました!


▼あわせて読みたい関連記事


禅寺丸柿(別名:王禅寺丸柿)の苗木

"日本最古の甘柿" 禅寺丸柿を受粉樹として植えました。


柿「禅寺丸」の新芽/新梢

富有、次郎、禅寺丸の芽吹き! - 柿(カキ)の新芽が出て、新梢が伸びて、若葉が広がってます。


禅寺丸柿の柿の花

禅寺丸柿 - 緑色の柿のつぼみから、乳白色の柿の花が咲きました。


禅寺丸柿の実 - 丸い小さな青い実

禅寺丸柿 - 丸くて小さな青い柿の実をつけました!


柿の実(幼果)が生理落果した禅寺丸柿

禅寺丸柿 - 柿の実(幼果)、生理落果で今年はカキは食べられず


熟れ頃食べ頃、旬の柿

熟れ頃食べ頃、旬の柿


春日居果実温泉郷の柿の木

オレンジ色、初冬の柿の木 春日居果実温泉郷にて


「踊り念仏」 当麻山 無量光寺 - 神奈川県相模原市

一遍上人の「踊り念仏」を生鑑賞 - 神奈川県相模原市・無量光寺


一遍上人像(一遍上人の銅像) 無量光寺

一遍上人ゆかりの寺・無量光寺境内を散策 - 神奈川県相模原市


朝日に照らされて輝く新緑の柿の木(カキノキ)

柿(カキ)の新緑!柿生駅~柿の里「旧王禅寺村」を歩く


王禅寺地区の竹林に生えていたぶっといタケノコ

竹林のぶっといタケノコ - 柿生の里散歩道~王禅寺ふるさと公園


日本最古の甘柿 - 禅寺丸柿(ぜんじまるがき)の原木

樹齢450年の若葉!王禅寺の禅寺丸柿の原木 柿の新緑が目に眩しい 東国の高野山「王禅寺(柿寺)」


禅寺丸柿の若葉

柿若葉! 柿の葉の新緑が目に鮮やかな季節、GW 初夏の岡上へ


樹齢400年の柿古木(川崎市麻生区岡上)

400年の古い柿の木の若葉!岡上の禅寺丸柿/カキノキ(川崎市まちの樹50選)


国登録記念物の民家の柿の木 - 麻生区岡上の民家にある禅寺丸柿の古木

国登録記念物 禅寺丸柿の貴重な資料「禅寺丸柿・日本最古の甘柿」