5月27日、陸軍輜重兵だった祖父のお墓参り

村内 村雄(むらうち むらお)

僕・村内伸弘のおじいちゃん  村内 村雄(むらうち むらお)
陸軍 輜重兵(しちょうへい)少尉時代
20代半ば - 昭和10年代前半撮影



今日は明治45年生まれの祖父の命日です。雨もちょうど上がり、朝一でお墓参りしてきました。上の写真は陸軍輜重兵(しちょうへい)少尉時代、祖父・村内村雄が 20代半ばの頃の写真です。軍歴から見て昭和11年~15年のいずれかの年に撮影されているはずです。


僕とおじいちゃんとはたった 2世代しか違わないのですが、僕たち二人の人生の大きな違いに愕然とします!おじいちゃんは戦地にはいかず、内地だったので戦死することなく天寿を全うしたのですが、それにしてもペリーが黒船を率いて浦賀にやってきた嘉永6年(1853年) 以後の日本がいかに激しく変化したのかをこの 1枚の写真が僕たちに物語ってくれていると思います。


オバマ大統領の広島訪問が自分の命日に当たったことをおじいちゃんはたぶん喜んでいると思います。



陸軍自動車学校幹部候補生隊区隊長時代の戦友会(轟会)

陸軍自動車学校幹部候補生隊区隊長時代の戦友会(轟会)での一コマ


村内村雄の軍歴

軍歴


お墓の花

お墓の石像



▼あわせて読みたい関連記事


昭和20年8月15日 皇居前広場


陸軍自動車学校幹部候補生隊第二中隊出身者で作った戦友会「轟会」の機関紙に載せるための作文



村内村雄 … 昭和28年1月撮影



京都清水寺貫主・大西良慶「人間はねぇ」



平成 為伸弘 元年初日 村雄



錦秋小鳥峠 (画: 村内村雄) 



祖父・村内村雄の弟(次男)

村内譽治


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。