僕の金歯の値段 2,500円!14金/K14(純度:58.5%)← 断捨離は宝探し&小遣い稼ぎ

14金/K14(純度:58.5%)の僕の金歯 … 昭和54年(1979年)に詰めたものです。


「金歯を売る」のが今回のブログの主題です。
果たして金歯は売れるのでしょうか?金歯は買取してもらえるのでしょうか?




断捨離は宝探しでもあり、おこづかい稼ぎでもあると思います。昭和54年(1979年)に詰めて、何年か前に外しておいた金歯を断捨離で捨てようと思ったのですが、知人が「金歯は売れるよ」と教えてくれました。「ほんとかよ?」と半信半疑で八王子の買い取り店に持っていったらなんと 金歯2つで 2,500円で買取ってくれました。


宝物を探し当てたこの感覚楽しいです。ちょっとしたお小遣い稼ぎ状態で笑っちゃいます。買い取り店へ行く時間はもったいないんですが、世の中の仕組みや人間の欲望について思いを馳せるキッカケにもなるのでまあ良かったと思っています。


2,500円の使い道?
はっ?
もうとっくにお腹の中に入って消化されちゃってます(笑)


I think that "Dansyari" is treasure hunting as well as earning a few extra money. I was about to throw away two teeth with a gold crown which set in 1979 and then removed few years ago. My acquaintance said to me  "You can buy them." I can't believe it. As I was half in doubt, I brought them to a purchase shop in Hachioji. The shop bought them for 2,500 yen.


This feeling was funny like finding treasures out. I smiled the situation of earning some pocket money. Truly, I believe the time to go to such kind of shops is vain, but I sense that the time is not bad because I myself could knew a system of our society or a desire and greed of human being.


You all may say "How to use the money you got?" What? The money already was got in and digested in my stomach!


(関連記事)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。