明治時代の義人・田中正造の「愛」文鎮を断捨離

「愛」正造


佐野が生んだ偉人 田中正造 その行動と思想



田中正造翁 生家訪問記念




断捨離」がだんだんと楽しくなってきました!



しかも、明治の義人・田中正造の「
足尾鉱毒事件と天皇直訴事件で知られる偉人・田中正造の「


でも、断捨離しました。
一番大切なのは置物ではなく、正造の精神です。
この生家を訪問した時の記念の文鎮は手放しますが、
田中正造の生き様は一生心に留めておきます。
それが真の断捨離です!


PS
正造自身は究極のミニマリストでした


▼English(英文)
I gradually feel I like doing "Dansyari."


Love.
Yes, Shouzou Tanaka's love, a man of justice in Meiji

era. "The giant" Shouzou Tanaka's love who have
known by a great mining pollution event in Ashio and
direct appeal to the then great Meiji Emperor.


However, I do "Dansyari" it. The most important thing
is not a ornament but his spirit. As I part with a
paperweight I bought at the house where he was
born, I would keep his way of life in mind forever.
I think that is the true "Dansyari" spirit.


Postscript
He himself was a supreme minimalist.



平成19年(2007年)6月、田中正造記念館にて


「断捨離」開始 - ミニマリスト(持たない暮らし)目指します
旧谷中村遺跡(渡良瀬遊水地)
足尾鉱毒事件 田中正造記念館
田中正造終焉の地、大葬儀があった佐野厄よけ大師
田中正造生家(旧宅)と佐野市郷土博物館
良寛さんの銅像 … 前回の8年前挫折した断捨離
死に臨み一切の書籍を焼き払った一遍
財宝は死をのがれさせてはくれない。道元
捨てる。捨てる。捨てる。
断捨離 やましたひでこ公式サイト

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。