ムラウチドットコム社長・村内伸弘のブログが好き

ブログ三昧♪♪ ムラゴン、にほんブログ村、スポリート、ムラウチドットコム運営の CEO(調子イイおじさん)がブログに恋し、ブログに狂う☆

muragon(ムラゴン) にほんブログ村 スポリート ムラウチドットコム  決意51才

村内 伸弘(むらうち のぶひろ)村内伸弘の彼女

夏目漱石「明暗」ゆかりの滝・不動滝 - バスに乗り湯河原の不動滝へ

不動滝は文豪・夏目漱石の未完小説「明暗」に出てくる落差15mの日本文学史を飾るうつくしい滝です

湯河原不動滝(ふどうたき)


不動滝の美しい滝姿


出世大黒尊から見えた不動滝


不動滝茶屋の味噌田楽


平成31年(2019年) 2月15日 村内伸弘撮影




上り坂だし、歩き疲れました。
バス停「温泉場中央」からバスに乗って不動滝に向かいます。


温泉場中央バス停の通過予定時刻表


湯河原駅方面へ向かう箱根登山バス
※このバスと逆方向のバスに僕は乗ります


エクシブ湯河原離宮


奥湯河原の入口にエクシブのとんでもない建物がありました!
昔この場所には夏目漱石が逗留した老舗旅館「天野屋旅館」があったそうですが、エクシブが古い建物を解体撤去して、このヤバ過ぎる建物を建てたようです。


僕が乗ったバスは不動滝へと向かっています


不動滝バス停に到着
バスは箱根方面へと走り去っていきました。


新鉱物発見の地  不動滝 (Fudo-taki Falls)

滝としては小ぶりながらも水量は豊かで、名前の由来は滝壺のほとりに不動明王を祀るに由来します。また、滝の左側には身代わり不動尊、右側には出世大黒尊が祀られています。


湯河原町の温泉場は湯河原火山が侵食をうけた深い谷間にあり、このような滝が随所にあります。かつては、この水力を活用した自家用水力発電所をもった旅館もありました。滝周辺の地層は箱根火山の基盤をなす新第三系の湯ヶ島層群とされていましたが、最近では湯河原火山の噴出物という見解が出されています。岩石中には、沸石(ふっせき)と呼ばれる無色透明もしくは白色の鉱物が含まれ、湯河原沸石という湯河原の地名が付いた沸石は、ここで発見されました。


湯河原の文学と不動滝

夏目漱石はリウマチ治療のため不動滝に近い天野屋に逗留しました。朝日新聞に連載された「明暗」には主人公が不動滝へ向かう場面がありますが、小説は漱石の死により未完に終わりました。

他にも芥川龍之介、与謝野晶子など湯河原温泉(ジオサイトY6)には多くの文人が逗留しました。



縦絞りのツバキがうつくしい


湯河原町の花はツバキです。


天然記念物 湯河原沸石(ゆがわらふっせき)


1931年桜井欽一博士によって湯河原沸石が発見されたそうです。(湯河原沸石は伊豆半島で最も古い新第三紀湯ヶ島層から発見されています)


湯河原沸石(ゆがわらふっせき)

含水率や空隙率の大きい沸石(ゼオライト)という鉱物の一種で、無色透明の頭がとがった板状の結晶です(写真)、東京大学理学博士の桜井欣一博士が少年時代(1930年頃)に不動滝で発見し、1952年に新鉱物として記載さました。沸石には多くの種類があり、温泉活動により火山岩のすきまに形成されることも多く、熱していくと水が分離して沸騰することから、この名前が付いたと言われています。藤木川をさかのぼり、奥湯河原でも発見されていますが、不動滝では他に濁沸石(だくふっせき)、モンデン沸石、剥沸石(はくふっせき)、菱沸石(りょうふっせき)などの沸石が産出しています。湯河原における沸石の産地は泉源の分布域とほぼ一致している点から、温泉の活動と密接して形成されたと考えられます。2016年に一般社団法人日本地質学会から神奈川県の石(鉱物部門)として認定されました。神奈川県立生命の星・地球博物館で現物を見ることが出来ます。


「神奈川県立生命の星・地球博物館で現物を見ることが出来ます。」って看板に書いてありましたが、この湯河原沸石は不動滝茶屋に普通に、そして無造作に置いてありました(笑)



不動滝の入口の不動滝茶屋

100%源泉かけ流しの足湯
お一人様一品ご注文(みやげ物含む) + 100円


源泉ゆでたまご


源泉ゆでたまご お茶付き・塩(キパワーソルト)  150円


暖がとれるようになってました


この地図見るとわかりますが、このまま奥湯河原の方向へ真っ直ぐ進むと箱根になります。湯河原起点で考えると、湯河原の奥は箱根ってことなんですね。初めて知りました!


箱根ジオパーク
湯河原のジオサイト


ジオサイト No.39  不動滝


不動滝茶屋  竹あかり
5月3日、4日、5日 午後7時~9時(荒天中止)


お茶屋のご主人が GWに自作した竹灯篭のライトアップをするようです。
みなさん、ぜひ GWの夜にここ湯河原不動滝に訪れてみて下さい。
※不動滝バス停下車 徒歩1分(実質0分でしたw)




じゃじゃーん!

不動滝

文豪・夏目漱石が未完の小説「明暗」の中で描いた不動滝


不動滝と夏目漱石の「明暗」

文豪夏目漱石の最後の小説「明暗」(大正5年5月〜12月朝日新聞に188回連載の未完成)の 170回から湯河原が舞台となった。この話の中に不動滝を散歩する話が出てきます。漱石自身も温泉旅館天野屋(2005年閉館)に逗留し、療養や執筆活動を続けました。


この時下から急ぎ足で階子段を上って来る草履の音が聴えたので、何か云おうとした津田は黙って様子を見た。すると先刻とは違った下女がそこへ顔を出した。


「あの浜のお客さまが、奥さまにお午から滝の方へ散歩においでになりませんか、伺って来いとおっしゃいました」

「お供しましょう」清子の返事を聴いた下女は、立ち際に津田の方を見ながら「旦那様もいっしょにいらっしゃいまし」と云った。


「ありがとう。時にもうお午なのかい」

「ええただいま御飯を持って参ります」

「驚ろいたな」

 津田はようやく立ち上った。


「奥さん」と云おうとして、云いい損そくなった彼はつい「清子さん」と呼び掛けた。

夏目漱石「明暗」 青空文庫ホームページから引用


ああ、漱石の「明暗」を読みたくなりました。


ぽつらぽつらと滝を観に来ている人がいますが、2月の平日の朝ですし基本的にはとても静かです。


温泉の湯煙が出ていました。


不動滝


迫力があるというよりも神秘的な感じの滝ですね。漱石がビビッと感じぐらいですから、文学的と言った方が良いかもしれません。


雰囲気がある滝だと僕は思いました!



不動滝

湯河原五大滝(白雲の滝、清水の滝、五段の滝、だるま滝、不動滝)の一つ。滝の名は滝壷のほとりに不動明王を祀るに由来する。滝の高さ  約15m


湯河原沸石(町指定天然記念物)

滝つぼのまわりの岩盤の中から採れた石のことで、石の中に白い結晶がまだらに入った物です。現在では殆ど見られません。ご覧になりたい方は、下の茶店に見本がありますので、お立ち寄り下さい。

(硫酸や塩酸にも溶けにくいと言われています。)

★神奈川県の鉱物に認定されています


出世不動尊


出世不動尊から見た不動滝



出世大黒尊の鳥居


この出世大黒尊の石段の味わいがすばらしいです!



出世大黒尊から見えた不動滝


どうですか!
スゴイ雰囲気でしょ~


湯河原霊山 出世大黒尊
出世大黒尊にお賽銭ゼロで「出世」をお願いしました 笑
※滝の真ん前で小銭を全部いれちゃったんですぅ~ はっはっは



出世大黒尊の反対側にあった

身代わり稲荷(巳我和利不動尊)


残念ですが、身代わり稲荷の階段には立入できませんでした。


写真左下の不動滝茶屋で休憩したいと思います。




おしること味噌田楽にしましたよー ワクワク (*゚▽゚*)



座った縁台の座布団の上から見えた光景



漱石が小説に書いた不動滝を見ながら、味噌田楽!最高の気分~ん

不動滝茶屋の味噌田楽


当然、めっちゃうまい~っ!これは絶品でした!!


続いておしるこ登場!


見るからに美味そー


お餅もほどよいやわらかさで絶品っ!


おしるこの汁も程よい甘さで最高~!


緋毛氈(ひもうせん)がうつくしい!


味噌田楽やおしるこを食べながら縁台の上から僕が見ていた景色
うまかったです!ご馳走様っ!!


不動滝のご主人が作った竹燈籠


衝動買いしそうになりました。すごい芸術的です。


芸術的な滝を楽しめて、お腹も満腹。
不動滝を後にします。


続いてバスに乗って、首大仏(福泉寺)まで行ってみます。


観梅号 - 温泉と梅林を結ぶ「梅の宴」 ご鑑賞に便利な臨時直通バス


不動滝バス停にバスがやってきました。


不動滝、漱石が魅せられたようにとても文学的な滝でした。
味噌田楽とおしるこも美味しかったー(^^)/



▼今回の湯河原旅行
早春の湯河原合宿。JR東海道線・国府津駅~湯河原駅へ


バス停名 理想郷(ユートピア)!不動滝・奥湯河原方面バスで湯河原温泉理想郷へ


湯河原温泉街を散策。湯河原を千歳川に沿ってブラブラ歩きました


湯河原温泉場の風情ある老舗旅館、高級旅館、日本旅館を写しました


夏目漱石「明暗」ゆかりの滝・不動滝 - バスに乗り湯河原の不動滝へ


福泉寺の首大仏 - 湯河原の謎の大仏さんは陶製の釈迦如来像でインパクト大!


初春の湯河原散歩。菜の花が咲く千歳川から湯河原駅へ




▼あわせて読みたい関連記事

箱根旅行記(箱根ブログ)の一覧

【箱根旅行記 決定版!】おすすめ箱根ブログ記事一覧 箱根の写真たくさん有♪♪


熱海旅行記(熱海ブログ)の一覧

【熱海旅行記 決定版!】おすすめ熱海ブログ記事一覧 熱海の写真たくさん有♪♪



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。