紅葉で黄金色に染まる巨大なユリノキ - 百合の木が見事な東京国立博物館

東京国立博物館のユリノキ(百合の木)

黄葉した東京国立博物館のユリノキ(百合の木)
別名:ハンテンボク / 半纏木
平成28年/2016年 11月27日 村内伸弘撮影



特別展 「禅 −心をかたちに−」 東京国立博物館を見るためトーハク/東博(東京国立博物館)に入った途端、僕の目は釘付けにされました。


そうです、巨大なユリノキの木にです!!!!


トーハク(東博)のユリノキ(百合の木)

11月下旬、紅葉/黄葉し黄金(こがね)色になり、落葉が始まっているユリノキ


東京国立博物館 本館前のユリノキ

東京国立博物館 本館を覆い隠すように屹立する大きなユリノキ。東京国立博物館が「ユリノキの博物館」「ユリノキの館」などと言われるのはこの存在感のためだと思います。東博の中に入った人で、このユリノキに気がつかない人は皆無でしょう。


特にこのように見事な黄金色に染まったユリノキを見たら、誰だって目を奪われるし、心打たれます!すばらしいです!!禅の入場料、一般1600円ですがこのユリノキを見るためだったらそれだけに 1600円払ってもいいぐらいですよ、マジでw


東京国立博物館 表慶館

ユリノキの左側にあった表慶館。中央と左右のドームの屋根がうつくしいです☆


ユリノキ

そして、人工的な表慶館よりも美しいのがこのユリノキ!!写真右下の歩いている人達と大きさ較べてみてくださ~い。大木でしょ、巨木でしょ。凄いでしょ。


ユリノキ

ユリノキ越しに見えた表慶館のドーム屋根


ハンテンボク(ユリノキ)

生命力あふれるユリノキ


半纏木(ユリノキ)

生きている!このユリノキは力強く生きているっ!!!!


ユリノキの由来 - 東京国立博物館 本館前

ユリノキの由来

ユリノキ

モクレン科 Liriodendron tulipifera Linn

半纏木・Tulip Tree


北米原産の密源樹

春、チューリップによく似た花が咲く


ユリノキの由来

明治8、9年頃渡来した 30粒の種から育った 1本の苗木が明治14年に現在地に植えられたといわれ、以来博物館の歴史を見守り続けている。東京国立博物館は、特に「ユリノキの博物館」「ゆりの館」などといわれる。


ユリノキの巨木 - 東京国立博物館

すごい迫力~ 写真下のベンチに座っている人と大きさ較べてみてください。


ユリノキの大木 - 東京国立博物館

左側から見ると完全に東京国立博物館 本館を覆い隠しています。本館のステキな建物が隠れてしまっているのは残念と思うかもしれませんが、僕の感想はまったく逆でこの大きな百合の木があるからこそ東博であり、東博にあるからこそこの百合の木はより耀いてみえるんだと思うんです。要するに、明治14年(1881年)以来、東博とこの百合の木は一心同体少女隊なんですw


紅葉(黄葉)したユリノキの葉っぱ

黄葉(こうよう)したユリノキの葉っぱ


紅葉(黄葉)したユリノキの黄金色の葉っぱ

鮮やかな黄金色(こがねいろ)!!


ユリノキの太い幹

ユリノキの太い幹


落葉したユリノキの葉

落ちたユリノキの葉っぱが一面に敷き詰められています!!


ユリノキの葉っぱ

落葉したユリノキの葉っぱ



最後にもう一度だけ、東京国立博物館 本館前の巨木「ユリノキ」をご覧ください!

東京国立博物館 本館前の巨木「ユリノキ(百合の樹)」

ビューティフル!!完璧でしょ~っ!!!!


▼あわせて読みたい関連記事


山梨県実相寺の山高神代桜

樹齢2000年 山高神代桜の満開を激写!(山梨県実相寺)


熱海・来宮神社の大楠(大樟)

樹齢2000年!パワースポット熱海・来宮神社の大楠(大樟)


オーストラリア・ケアンズ 神秘的な聖堂の樹(カセドラル フィグツリー)

オーストラリア・ケアンズ 神秘的な聖堂の樹(カセドラル フィグツリー)


切り倒した椿(つばき)の木

僕が切り倒した椿(つばき)の木






吉祥果!豊穣のシンボル・ザクロ(大実日本甘ザクロ)を植え付け



品川散策: ぶどうの木「甲州三尺」、小学校の 2階に這い上がる



世界最長の並木道を歩く!日光杉並木街道ウォーキング


圧倒的新緑、八王子・あったかホール

圧倒的新緑、八王子・あったかホール




あゝ上野駅 → 上野公園・西郷どんの銅像 → 大いちょう



国宝: 慧可断臂図(えかだんぴず)の達磨と慧可の覚悟 - 特別展「禅」



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。