ムラウチドットコム社長・村内伸弘のブログ

ブログ漬け!muragon(ムラゴン)、にほんブログ村、イエツク、スポリート、ムラウチドットコム運営の CEO(調子イイおじさん)がブログに狂う!

運営サイト: muragon(ムラゴン)にほんブログ村イエツクスポリートムラウチドットコム 決意49才


 ⇒ おすすめ無料ブログサービス muragon (ムラゴン)

熊野古道8: 小栗判官の車塚、きらめく聖なる熊野川、北山川

熊野川(新宮川)

秋の日にキラキラと輝く聖なる川・熊野川(新宮川)



日本最古の湯 小栗判官蘇生の地 湯の峰温泉案内図

日本最古の湯 小栗判官蘇生の地 湯の峰温泉案内図
湯の峰温泉は、日本最古の湯!
"熊野詣で"の湯垢離場(ゆごりば)として知られ、今なお深い熊野本宮の峰々に湯煙りがのぼる。昭和32年、関西唯一の国民保養温泉に指定された。



妥協(笑い) 熊野古道の旅、2日目はレンタカーで熊野速玉大社熊野那智大社を巡ります。


車塚(くるまづか)。照手姫が動かぬ小栗判官を湯の峰温泉に乗せてきた車を埋めたところ。



車塚
えいさらえい、えいさらえい、えいさらえい
小栗を乗せた車は、相模の国から紀伊の国湯の峯へ


「一引ひけば千僧供養、二引ひけば萬僧供養 南無阿弥陀仏、一遍」


と記した土車(土を運んだ木車)を村人は一遍上人の徳を偲んで村境まで引いたとある。


目、耳、口もきけず、手足も不自由な身の小栗を乗せた土車は鎌倉街道、東海道、南海道、小栗海道を相模、青墓、近江、京都、難波そして紀伊の国・湯の峯へと照手姫と共に難渋な長旅を続けたとある。
小栗、照手は、霊泉に浴しながら熊野権現に身の快方を願い一心に祈り続けること百日余り、熊野権現の加護と薬湯の効あってみごと本復し、この地に車を埋めたと伝えられる。


本宮町
本宮町観光協会


一引ひけば千僧供養、二引ひけば萬僧供養 南無阿弥陀仏、一遍



清酒やたがらす、車塚にお供えされていました。


小栗判官遺跡 車塚


この地に車を埋めた



しばらく走ると。。。


熊野川

うわーーつ、熊野川(新宮川)キレイ!


輝く熊野川

ぐわーーっ!!熊野川輝いてる!!


まさに神が宿っている感じです!太古の昔から変わらぬ悠久の熊野川、ここにあり。


熊野川の清い流れ。大斎原のところでも書きましたが、熊野本宮にお詣りする人々は、まずこの熊野川に浸かって禊ぎ(みそぎ)をし、心身の穢れや汚れを洗い清めてから、参拝をしたそうです。


せっかくですので、車を停めて川に近づいてみます。


危い!二津野ダムの放流による増水に注意


熊野川の透明度

わーーーっ、熊野川の透明度すごいです!


めちゃめちゃ透き通ってます!!


まさに聖なる川、そして神宿る川・熊野川。神秘なる川、その名は熊野川っ!


神の川・熊野川


水見えますか?見事なまでに透き通った水。


熊野ブルー

おー、熊野ブルー!



熊野エメラルド

おー、熊野エメラルド!!


シャイニング熊野川

ぐぅわーーーーっ!シャイニング熊野川!!!!清らかで豊かな熊野川よ、永久(とこしえ)に~♪♪


きらめく熊野川

煌(きら)めく熊野川


カーナビの地図、大体この辺りの景色です。


しばらく走ると。。。


あちゃー!またまた絶景が!!北山川です!


蛇行する北山川、絶景過ぎる~っ!!


お日様が北山川を照りつける、神の国和歌山!



しばらく走ると。。。


ありゃーっ、今度は絶景名 V字谷~っ。ここは北山峡・オトノリのV字谷です。


北山峡は最大標高差650m、両岸の傾斜が 40°近い急斜面をなしたV字状の谷です。オトノリ周辺の峡谷をつくる岩石は、かつてマグマの影響を受けて、焼き物のように硬くなりました。その後、北山川による浸食によって下へ下へ削られ深いV字谷となりました。

オトノリ(音乗)とは?

筏流しは、峡谷の急流を通る危険な仕事であったので、家を継ぐ長男ではなく、「弟が乗れ」と言われ「弟乗り」となり、それが「オトノリ(音乗)」という地名になったと言われています。



しばらく走ると。。。


もうだめ~っ、絶景が多すぎる!!前に進めな~い!!(笑) 車を停めては撮影、停めては撮影状態になってしまっています。熊野速玉大社にこれじゃあたどり着けな~いwww


車を停めて、歩いて北山川の絶景に近づきます。


すばらしい!うつくしい!!


北山川に緑の木々が映り込みます。


丸太を積んだトラックが橋の上を通っていきます。


太陽が微笑む。


さあ、先を急ぎます。車に戻って出発。



北山村役場近くの橋。三重県との県境になります。


現在地はこのあたりです。


北山川


三重県に入りました。


棚田


畑地商店(三重県熊野市紀和町赤木)


こういう商店さんが残っているのは超嬉しいですね!コンビニしかしらない平成生まれの若者たちにぜひ見せてあげたいお店です。店番のおばちゃんから昼飯のパンを買いました。


畑地商店


南紀はミカンの一大産地!ロードサイドのみかんの無人販売所で停車


極早生みかん(ごくわせみかん)

極早生みかん(ごくわせみかん)。極早生は品種改良などで 9月~10月の早い時期に収穫できるみかんです。


みかんの無人販売所

こんな感じでずらりとみかんの無人販売所


極早生みかん、これ買ってみました~ 1ヶ100円じゃないですよ、1袋100円ですw


めちゃめちゃ甘かったです!!極早生みかんおいしーーい!最高~~~っ!!


▼今回の熊野・大阪旅行


(関連記事)


(関連サイト)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。