"生者と死者の共存" 福島県檜枝岐村 村里歩き 

福島県南会津郡檜枝岐村

2014年 5月13日(火) 早朝  福島県檜枝岐村


檜枝岐村の朝



檜枝岐村の夜明け


檜枝岐村 吉田屋の朝食


檜枝岐村 吉田屋さん


尾瀬の地図


尾瀬のミズバショウ(水芭蕉)


檜枝岐村の檜枝岐歌舞伎


尾瀬を描いた絵画


檜枝岐村・吉田屋の部屋



檜枝岐村の山里



檜枝岐村温泉施設法人会員券 民宿吉田屋



檜枝岐村の山々



檜枝岐村のつくし(土筆)





檜枝岐村・愛宕神社

愛宕神社


檜枝岐村・愛宕神社の石段


檜枝岐村 - 愛宕神社


御愛宕様 - 檜枝岐村

御愛宕様(愛宕神社)


御愛宕様からみた檜枝岐村



檜枝岐村・御愛宕様(愛宕神社)の鳥居






檜枝岐川

檜枝岐川


檜枝岐川


檜枝岐川



檜枝岐村の石仏


檜枝岐村の石仏


"生者と死者の共存"  福島県檜枝岐村


苔むす石仏




檜枝岐村 - 燧の湯

燧の湯






福島県檜枝岐村の残雪

雪がまだ残っていました








福島県檜枝岐村 - 福寿草の群生

福寿草の群生


檜枝岐村 - 福寿草


福寿草



檜枝岐村の山道


檜枝岐村の様子







檜枝岐村の湧き水



福島県檜枝岐村 - 駒の湯

駒の湯


檜枝岐村・吉田屋さんから頂いたわらじのキーホルダー


檜枝岐村 - チューリップ



檜枝岐村のバス停のバス時刻表


檜枝岐村のミズバショウ(水芭蕉)


檜枝岐村のミズバショウ

ミズバショウ


檜枝岐村の黄色い花


檜枝岐村の名水


ちょっくり、ぶっちかっていがれやーと書かれたベンチ

ちょっくり、ぶっちかっていがれやー




薪が積み上がった檜枝岐村の民家


福島県檜枝岐村 - 薪


檜枝岐村のメインストリート




福島県檜枝岐村のマンホール


檜枝岐村のバス

帰りのバスが来ました。さようなら檜枝岐村!


会津バスの車窓



南会津の風景


南会津の景色



南会津奥会津物産館









会津バス


会津起上り小法師饅頭


檜枝岐の断ちそば


地酒 金紋会津(会津酒造)


野岩鉄道 普通乗車券


会津清酒 金紋会津








前の晩の檜枝岐歌舞伎鑑賞の余韻が冷めない翌朝、
僕は檜枝岐の村里を里歩きしました。これぞ、日本の農村。
コンビニもファミレスもない豊かな世界がそこには佇んでいました。


びっくりしたのは、民家のまわりに無数のお墓があって、
死者と現世の人々とが一緒に暮らしている感じなのです。
僕も、世界中、そして日本中いろいろな街や村を歩いてきましたが、
これほどまでに死んだ人間と生きている人間との距離が
近いところを見たことがありません。えも言えぬ不思議な感覚でした。
極楽のような、でもあの世への入口のようにも思える村でした。


村里歩きを終えた時、僕はその素朴な自然に癒され、
日々の疲れやストレスから見事に解放されたのでした。
平家の落人伝説の残る檜枝岐。
福島県檜枝岐村。
一生忘れられない村になりました。
いつまでも、いついつまでも村であってほしいと心から願っています。


▼English(英文)
On next morning when I felt Hinoemata Kabuki play last night
lingering on in my mind, I walked around Hinoemata village.
Japan farm village is here. The rich world without convenience
stores or family restaurants was existed here. 


Surprisingly there are lots of tombs around private houses. It
seems like the world where deceased and people in this world
are living together. As I visited and wandered many villages and
towns at home and abroad, I have never seen such place where
the dead and the living are going on well together. It's a strange,
indescribable feeling. Hinoemata village looks like heaven or
entrance to hell, I felt so there.


After finished to walk on the village, I could be relaxed by pure
nature and my tiredness or stress was released excellently.
Hinoemata where Heike no Ochudo legend is remained. 
Hinoemata where located in Fukushima prefecture. It's
unforgettable village for me as long as I live. I wish for it to
cotinue to be village forever.


▼檜枝岐歌舞伎
2014年 5月12日(月) 檜枝岐歌舞伎をナマで見てきました - No.1
2014年 5月12日(月) 檜枝岐歌舞伎 - No.2
2014年 5月12日(月) 檜枝岐歌舞伎 - No.3
2014年 5月13日(火) 世界最長の並木道!日光杉並木街道ウォーキング


(参考)
尾瀬檜枝岐温泉観光案内所
檜枝岐歌舞伎 - 尾瀬檜枝岐温泉観光案内所
檜枝岐歌舞伎 (ひのえまたかぶき) - おいでよ!南会津
檜枝岐村 ホームページ
檜枝岐村 ~温泉・特産~
檜枝岐村 - Wikipedia
檜枝岐村商工会 ~尾瀬檜枝岐温泉へようこそ~
檜枝岐村 - chakuwiki
檜枝岐の舞台 - 文化庁


「日本人の死生観」五来 重 … 死後の世界、そして人間とは何か?


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。